電子マネーQUICPay最大の疑問としてよくあがるのは、クレジットカードとの類似点

どちらも後払い形式であるのにもかかわらず、片や電子マネー、片やクレジットカードという枠組みで存在しています。

そのため、利用したいけど「正直よくわからない」とままうやむやにしてしまうユーザーも多いはずです。

実はクレカとクイックペイは繁栄共存するものであり、お互いに良い効果(相乗効果)をもたらします。

そこで両者の類似点明確に異なる点をあげ、QUICPayの魅力について詳しく解説していきます。

きっと本記事を読み終えた頃には、はっきりとクレジットカードとQUICPayの違いがわかるユーザーになっていることでしょう。

もちろん、前述の相乗効果にも触れているので、カード&電子マネー利用でお得に使いたい方はぜひ読んでみて下さい。

QUICPayは後払い方式だけどクレジットカードも後払い方式

そもそもクイックペイとは?

まず、クイックペイとクレジットカードを語るうえで、大前提として認識していなければならないのが、クイックペイ自体に支払い能力がないということ。

電子マネーなのに何で?と疑問に思われるでしょうが、あくまでも何か支払う手段(クレカなど)があって、それを電子マネーの形で利用するのがQUICPayです。

電子マネーが主に現金から利用額を引っ張ってくるのに対し、QUICPayはクレカの利用枠から支払い額を引っ張ってくると認識してください。

例えば、クイックペイを申し込むには対応しているクレジットカード、プリペイドカード、デビットカードが必要で、それぞれクイックペイ利用から代金が請求されるまでをさかのぼると以下のようになります。

手順 クレジットカード プリペイドカード デビットカード(対応予定)
電子マネー決済 クイックペイに請求
クイックペイ利用 クレジットカード利用分計上 入金分から引き落とし 口座から利用代金引き落とし
カード利用 カード払い請求日に支払い

※プリペイドとデビットカードはQUICPay+にて将来対応されると公式よりアナウンスあり、現在は未対応の模様

予め代金をカードに入金しておくプリペイドと、口座残高を利用するデビットカードはクイックペイ利用時に直接支払いを求められるので、本当の意味で後払い方式とは言えません。

むしろ、先払い方式に近い仕様でしょう。

対するクレジットカードは、電子マネー利用してから一旦クレカに請求が入り、クレカからユーザーに利用額を支払うようなシステムです。

つまり、何が言いたいかと言うと、クイックペイが後払い形式と言われるゆえんは、背後にカード払いが控えているからと認識してください。

ちなみにクイックペイの支払い方式としてプリペイドとデビットカードを選べるのは上位カードであるQUICPay+のみです。

こちらに無印との違いや新たなメリットについてまとめているので、気になる方はこちらをご覧ください。

QUICPayとQUICPay+の違いについて比較した結果

QUICPayとクレジットカードの共通点

クイックペイもクレジットカードも後払い方式の決済方法だと言いましたが、前述の通り内容は似て非なるもの。

サービスの提供の仕方や在り方は微妙に異なります。

そこでまずは、QUICPayとクレカの共通点をご覧下さい。

  • 支払い後すぐに代金が請求されない
  • 現金払いより手順がスムーズ
  • カード(またはスマフォ)があれば財布を持つ必要がない
  • キャッシュバックや特典がある

支払い後すぐに代金が請求されない

本見出しの題名となっているように、どちらも後払い方式のため、利用額を支払うタイミングは1ヶ月後以上先となります。

最終的にカード払いとして請求されるため、電子マネーで支払いたいのか、クレカを利用したいかの差でしかありません。

逆に言えば、クレジットカードを電子マネー利用出来る利点を考えれば、クイックペイのメリットがわかるはずです。

個人的にはクレジットカードを利用する一番のメリットとして、支払いのモラトリアム(猶予)を上げるので、同様の支払い期間が担保されているクイックペイは大変優秀な認識です。

現金払いより手順がスムーズ

次にどちらも現金払いと違って小銭が出ず、カード読み取り部にタッチ、またはスライドするだけで決済が完了するので大変スムーズ

決済時間を短縮すると共に、お財布も持たずに自由に行動できる利点があります。

コンビニで支払い額ちょうどに支払おうとして後ろのお客や店員を待たせるといった嫌な経験をすることもないですし、一分一秒が大事な場面では救世主な支払い方法。

私もクイックペイなどの電子マネーをメインの決済手段に据えてから、お財布が無駄に膨らむことも、小銭が貯まっていくこともなくなりました。

カード(またはスマフォ)があれば財布を持つ必要がない

クレカまたは、カード形式のクイックペイであればポケットに忍ばせておくだけで良いですし、携帯付帯型の場合はいつも身に着けているスマフォさえあればすべて対応可能です。

これで何が便利なのかと言えば、自宅から徒歩数分圏内のお店に着の身着のまま行けることです。

出先であっても、わざわざお財布を入れるカバンを持たずに行動できるうえ、持ち歩く貴重品が一つ減るので盗難や紛失といったリスクを減らすことにも一役買います。

キャッシュバックや特典がある

また、クレジットカードはもちろんのこと、QUICPay利用でも適応されるキャンペーンがよく開催されています

例えば、電子マネー利用分に充当されるポイントコンビニ代金の3%引きなど、クイックペイ→クレカ支払いという流れを考えれば、一粒で二度おいしい仕様と言えるでしょう。

これが記事冒頭でも触れていたクレジットカードとクイックペイのシナジー(相乗効果)です。

クレジットカードとQUICPayを合わせて利用するとこれだけ美味しい!?

どれだけお得感を味わうことが出来るのか一例を紹介すると、クイックペイを発行することの出来るカードにセディナ系列のクレカがあります。

セディナカードでは、下記のように様々なキャンペーンや特典が付与されています。

  • マツモトキヨシ(グループ各店舗)毎日もれなく7%キャッシュバック
  • カード利用と同等の扱いでポイント貯蓄
  • カード会員保証制度の付帯
  • 4つの利用形態

マツモトキヨシ(グループ各店舗)毎日もれなく7%キャッシュバック

まず、数値から見ても一目で目玉キャンペーンとわかるであろう、マツモトキヨシのキャッシュバック

2018年1月1日~3月31日までの間、系列店舗でクイックペイ決済を利用した合計金額から7%還元するというユーザー歓喜のイベントです。

強調しているように利用合計金額の7%と明記されているので、期間中であれば分割して利用してもすべてカウントされるのが素晴らしいですね。

しかも、本キャンペーンは特別な参加手続きは必要なく、クイックペイユーザーすべてが享受可能な特典となっています。

カード利用と同等の扱いでポイント貯蓄

さらにセディナではクイックペイの利用分は直接のカード決済と同等の扱いとしていて、本体カードと同じように200円につき1ポイントの還元率が付帯されています。

マツモトキヨシの還元と合わせれば、電子マネー利用で7%+0.5%の還元の両方を利用可能と言えるので、まさに一粒で二度おいしい仕様です。

電子マネーを利用出来るクレカは数あれど、チャージや利用で一切ポイント還元率を持たないものも多いですから、これは大変うれしいポイントです。

還元率0.5%と考えるとやや心もとないですが、他のクレカでは一切利用(チャージ)によるキャッシュバックが期待できないことを考えれば大きな差と言えます。

カード会員保証制度の付帯

また、珍しいサービスとして、セディナではクレジットカードの盗難や紛失の保証を電子マネーであるQUICPayにも適応しています。

「クイックペイ便利だけど、クレカの情報が紐付くのは怖い」といったユーザーの声を汲み取った良識あるサービスではないでしょうか?

純粋に電子マネーに無料の付帯保険が付くと考えれば、お得感があるうえにそのすごさもわかるというものです。

ちなみにセディナカードには、カードの種類にもよりますが海外旅行国内旅行保険動産総合保険の3つの保険が付帯されていて、そのうちの一部の保険がクイックペイに適応されるイメージです。

4つの利用形態

もう一点セディナのクイックペイの素晴らしい点は、4つの利用形態が選択できる点です。

以下にまとめましたので、参考にしてください。

名称 形態 年会費 発行手数料
セディナ QUICPayカード 専用カード 無料※
セディナ QUICPayモバイル カード付帯型
QUICPay nanaco 電子マネーnanaco一体型
スピードパスプラス キーホルダー一体型 無料 300円

※nanacoカード自体の年会費と発行手数料は別

ポピュラーでシンプルなクイックペイ機能だけが付いたカードや、携帯に情報が紐付けられている形態、さらには他の電子マネーであるnanacoと2in1になっているハイブリッドな状態でクイックペイを利用出来ることが出来ます。

特に2in1されている形態は、利用先によって決済方法を変更でき、その時々で美味しい電子マネーを利用出来る点は大いに評価できるポイント。

加えて、スピードパスプラスという電子キーホールダーにクイックペイを入れることができ、より電子マネーのメリットを伸ばし、さらにサイフ入らずのサービスを提供しているのもユーザーにとって嬉しい内容と言えます。

QUICPayとクレジットカードってどう違うの?

では、支払い方法としてのクイックペイとクレジットカードは何が違うのでしょうか?

以下に相違点をまとめてみました。

  • 決済時の認証
  • 単体で完結しているか否か
  • シームレスの違い
  • 対応店舗のバラエティ

決済時の認証

まず、クレジットカードは本人が利用していることを確認出来ることが前提で利用するものです。

カードの裏面に名前の明記や暗証番号が求められる、あるいは飲食店などに行けばサインが求められることもしばしば。

その点、クイックペイは決済の仕様として電子マネーに本質が近いため、そういった煩わしいプロセスは一切ありません。

支払の大本はどちらもクレジットカードの利用枠と言っても、支払いに至るまでの道のりは似て非なるものと言えます。

単体で完結しているか否か

プロセスの違いで言えば、既に触れましたがカードの利用枠あってのクイックペイです。

単体の支払い手段としてみれば自己完結していない存在です。

カードと紐付いていなければ支払いが出来ないので当たり前ですね。

クレジットカードは自分自身がと言えば良いのか、言いえて妙ですが、カード払い自体がカードの支払い元となっています。

なので、他社に依存している支払方法、それのみで完成している支払方法という違いがあります。

シームレスの違い

クレジットカード払いも電子マネー払いも、現金での支払いに比べたらスムーズであることに変わりありません。

しかし、決済を追えるまでの内容が異なり、例えば、カードの場合は店員へ渡して決済してもらうシーンが出てきます。

コンビニでレジに通す際や、居酒屋でカード払いをする時ですね。

そうなると、必ず個人情報のつまったクレジットカードを他人に手渡して、返却してもらう動作が入るので完全にシームレスな決済手段とは言えません。

対する電子マネーは、携帯であればかざすだけ、カード形式でもタッチするだけで自己完結します。

つまり、自分の動作で支払いが完了するので、真にシームレスな決済手段と言えます。

対応店舗のバラエティ

結論から言えば、クレジットカードで利用した方が全体的な利用可能先は多く、電子マネー、ことクイックペイに至っては対応店舗数は少ないものとなっています。

QUICPay自体が割と新しい決済方法なのでしょうがありませんが、支払方法として未対応のお店があることも事実です。

しかし、私が感じている限りでは、昔よりも随分利用出来るお店が増え、クレカの提携ブランドであるJCBブランド利用不可の場合に、クイックペイが重宝する場面に遭遇することも。

有名どころには大体浸透しているかなという印象で、マクドナルドやロフト、ガストやセブンイレブンなど、日常生活で身近に利用する会社、お店では大抵使えるようになっています。

特にコンビニはファミリーマート、ローソン、サンクスと主要な会社はすべて対応しているので、今からクイックペイユーザーになる方にはいらぬ心配かもしれません。

こちらからクイックペイの使えるお店が検索できるので、気になる方は一度調べてみると良いですね。

QUICPayの使えるお店

クレジットカードあってこそのQUICPay

如何にクイックペイが便利でユーザーにとって利益をもたらしてくれるものか理解してもらえたでしょう。

そして、クレジットカードとは切っても切り離せない、カードの性能あってこそのQUICPayという認識にもなったはずです。

記事中一例として取り上げたセディナを鑑みれば、基礎還元率キャッシュバック適応の有無補償やサービスなど、電子マネーとして利用しながらどれだけカードに近い環境の提供が受けられるかが肝です。

クレジットカードとの違い、または類似性をしっかり把握した今だからこそ、正しいカード会社選びを行って順風満帆なクイックペイライフを送ってください。

また、紹介したマツモトキヨシの超還元7%キャッシュバック3月31日までとなっていますので、利用されたい方はお早めに申し込むことをおすすめします。

条件はありますが、対象期間中すべてのQUICPay払いが対象となるので、ぜひお見逃しなく!

今回紹介したセディナカード以外ではJCB系列カード(ブランドではなく)、もしくはOricoカードがQUICPayとの相性抜群なので、詳しく知りたい方は下記の記事を読んでみて下さい。

 

JCBカードの詳細について

JCBカードWの詳細について

オリコカードの詳細について

大阪在住の20代男性。クレジットカードを使ったポイント活用術の魅力にハマり、現在は15枚のカードを所有。使う場所や組み合わせを変えたりなど、いつもポイントを貯めることばかり考えている。(累計30万ポイント、累計20万マイル以上を保有)貯めたポイントを使ったプチ贅沢が大好き。貯めたポイントやマイルを使った旅行が趣味。新幹線や飛行機に乗るのも大好き。