今回はQUICPayを最大限活用するための賢い使い方をまとめてみました。

いくらクイックペイが便利と言っても利用者によっては切れ味の鋭い刀になることもあれば、場合によってはナマクラ刀になることもあります。

どうすればQUICPayの性能を最大限発揮できるのかどんな場所で使えるのかなど、QUICPayユーザーならば知っておかなければならない情報てんこ盛りです。

もしかするとあなたのお持ちのクイックペイは、まだその真価を発揮していないかもしれません。

利用上の注意点についても触れているので、せっかくの高スペック電子マネーを無駄にしないためにも、ぜひ所持、利用している方は最後まで目を通してみてください。

QUICPayを最大限活用するにはどうすればいい?どんな使い方をすればいい?

QUICPayを最大限活用するための三箇条と題しまして、以下のポイントに気を付けて利用するとクイックペイのメリットを余すことなく受けられます。

  1. クイックペイは電子マネーとしてクレジットカードの代位弁済であること
  2. 最大限お得になる利用パターンを把握する
  3. 制限の少ない上位電子マネーQUICPay+を導入

1.クイックペイは電子マネーとしてクレジットカードの代位弁済ではない

本記事を読まれている方のほとんどはクレカ、クイックペイユーザーだと思うので、仕組みをある程度理解している前提で進めさせていただきます。

初心者です!な方は以下の記事を読んでから戻ってきてもらうとバッチリです。

QUICPayとクレジットカードの違いについて

クレジットカードのショッピング枠を利用してクイックペイという電子マネーに置き換えて決済する仕様上、QUICPayはクレカの代位弁済(立て替えて払う)ではありません。

あくまでもカードを使って電子マネーにチャージして支払うといった一連の流れを簡略化させたものと認識してください。

工程 一般的な電子マネー QUICPay クレジットカード
現金、クレジットカードによる入金 1手順
電子マネー(カード)決済 2手順 1手順
カード払い請求 3手順 2手順

上記の表の通り、いきなり電子マネー決済が来て、カード払いの請求が来る流れです。

ということは、利用感としてはまさにクレジットカードを使っている感覚で利用するのが正しいのです。

やや、遠回しになりましたが何が言いたいかと言うと、クレジットカードを最大限活用するイメージで、ユーザーにとってメリットが働くように利用してください。

例えば、クイックペイと紐付けているカード会社で超還元なキャンペーンが開催されていれば、重点的に利用する、今月は現金がピンチだからクレカの利用可能額でしのぎたい、と本体と何ら変わりない目的でガンガン使うことで、結局はQUICPayも有効活用していることになります。

具体的にどんな点に気を付ければ良いかと言えば、ポイントが優遇されるショップ、QUICPay決済時に活用できるポイント交換プログラム、対応クレカの中で基本還元率の高いものの用意が出来れば言うことなしです。

一応説明して手前、おすすめカードを紹介しておくと、JCB系列のクレジットカードは特におすすめです。

JCBではクイックペイTMと呼ばれる、nanacoとQUICPay一体型のサービスが提供されており、200円に1ナナコポイントに加え、クレジットカードのポイントやマイルまで貯まってしまう優れモノ。

少し間接的にはなってしまいますが、JCB特有のポインオプログラムであるOkiDokiポイントからnanacoカードへの交換も可能なので、互換性は抜群です。

2.最大限お得になる利用パターンを把握する

クレジットカードと同じ使用感で良い!と啖呵を切ったわけですが、必ずしもすべてを同じように利用すれば良いかと言うとそれもまた違います。

クレカ単一ではない複数サービスを利用している利点を最大限活かすように立ち回ることも重要です。

今回の例で言えば、キャンペーンなどで最大公約数を見つけると言えば良いでしょうか?

2018年2月現在、大変良い事例があるのですが、以下のキャンペーンをご覧ください。

QUICPayのキャンペーン
マクドナルドでQUICPay!マックフライポテトを楽しもう
キャンペーン期間 2018年2月1日(木)~2月28日(水)
特典 マックフライポテト全サイズいずれかひとつが150円
条件 マクドナルドでクイックペイ専用クーポンを提示のうえ、クイックペイで支払うこと
マツモトキヨシグループで毎日もれなく7%キャッシュバックキャンペーン
キャンペーン期間 2018 1 1 日(月・祝)〜 2018 3 31 日(土)
特典 クイックペイ利用金額の7%をキャッシュバック
条件 対象期間中に全国のマツモトキヨシグループ各店舗でクイックペイを利用
JCBカードのキャンペーン

【JCB CARD W / JCB CARD W plus L】WがWでポイント4倍キャンペーン

キャンペーン期間 2017年12月20日(水)~2018年3月31日(土)
特典 どちらもポイント常時2倍に加えて、キャンペーンで2倍の計4倍還元
条件 キャンペーン期間中にJCB CARD W、JCB CARD W plus Lを利用するだけ

注目してほしいのは最初の2キャンペーンはどちらもクイックペイの支払いが対象であり、3つ目はJCBカードが対象となるキャンペーンであること。

両者を掛け合わせて利用することで、電子マネー支払いで美味しい、その利用額がカード払いとなって美味しい、とまさにキャッシュバックの最大公約数です。

純粋にクイックペイかJCBカードのキャンペーン条件を満たすだけならば、どう使おうと達成できますが、しっかり両得を望むにはある程度リサーチや情報を得ているうえで有効活用することが大事なのです。

JCB CARD Wは1,000円で1ポイントたまる通常のJCBクレカよりもポイントが2倍貯まる最強カードですが、そこへ某特典の2倍を掛け合わせてマツキヨキャッシュバックと合わせると面白いほどポイントが還元されます。

キャンペーン キャンペーン適応(クイックペイ・クレジットカード) キャンペーン無適応
マツモトキヨシ 100,000×7%=700円
WがWでポイント4倍キャンペーン 100,000×0.4%=400P 100,000×0.1%=100P
合計 2,700円 500円

※1Pを5円換算した場合

okidokiポイントは還元率が低い分、1P5円程度の価値があるので換算すると、キャンペーンフル攻略で利用した場合と普通に使った場合では5倍以上の差が出る結果になりました。

これがさらに高額の利用となれば損得の差はさらに開くので、最大限カードと電子マネーがお得になるような運用が如何に重要であるかは如実にわかってもらえたはずです。

3.制限の少ない上位電子マネーQUICPay+を導入

クイックペイのメリット、特性を活かすためにはあらゆる面で上位的な性能を持つクイックペイプラスを利用することをおすすめします。

QUICPay+では、クレジットカードの利用可能額を一回の決済の上限とすることができ、一度に2万円までという少額利用が強いられる無印よりもはるかに利便性は増します。

また、無印とプラスでは利用出来るお店にも差があり、クイックペイプラスはすべての対応店舗で利用可能ですが、無印は無印対応の利用先でしか使えません。

その他特典として、現金払いにも対応できるデビットカードや、一般的な電子マネーと同じ感覚で利用出来るプリペイドカードを支払い方法として導入可能です。(デビットは未対応)

これはQUICPay+のみの特典なので、カードの利用限度額がいっぱいになった後もクイックペイで決済したい方にはうってつけの内容です。

しかし、クイックペイを紐付けられる媒体ではカード払い設定はスマフォのみとなっています。

カード、携帯、キーホルダーと複数の媒体から選べる無印はこの点のみ優っていると言えるでしょう。

逆に2万円の利用上限や対応店舗数の少なさ(自分の使うお店があれば良い)が気にならないユーザーはあまり気にしなくても問題ありません。

普通のQUICPayで十分クレカ電子マネーライフを送ることが出来るでしょう。

QUICPayが使える場所って主にどこ?

クイックペイは便利だが利用対応店舗が少ない印象を持たれることが多いですが、それは今や過去の話し。

今では順調に提携店舗が拡大し、リアル、ネット問わずに大抵のお店で利用出来るようになっています。

公式では12カテゴリーに渡る利用先を挙げており、それぞれ主な使えるお店を紹介します。

コンビニエンスストア
  • サークルK
  • サンクス
  • スリーエイト
  • セーブオン
  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
ガソリンスタンド
  • ENEOS
  • エッソ・モービル・ゼネラル
  • 昭和シェル石油
スーパーマーケット
  • アコレ
  • アピタ
  • イオングループ
  • イトーヨーカドー
  • ピアゴ
ドラッグストア
  • アメリカンドラッグ
  • ウェルシア薬局
  • 救命堂
  • キリン堂
  • ツルハドラッグ
  • ドラッグセイムス
  • マツモトキヨシ
グルメ
  • 藍屋
  • 海鮮三崎港
  • ガスト
  • かっぱ寿司
  • カレーハウスCoCo壱番屋
  • 珈琲所コメダ珈琲店
  • ジョナサン
  • すき家
  • マクドナルド
タクシー
  • 朝日交通株式会社
  • 国際自動車
  • 東京無線タクシー
  • 日本交通
  • 昭和グループ
家電、本、服飾
  • エディオン
  • コジマ
  • コナカ
  • TSUTAYA
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
百貨店、モール
  • 近鉄百貨店
  • アリオ
  • ゲートウォーク
  • ジェイアール名古屋タカシマヤ
  • ディアモール大阪
  • LOFT
レジャーアミューズメント
  • キッザニア東京、甲子園
  • 快活CLUB
  • 京セラドーム
  • 東京タワー
  • 富士急ハイランド
空港施設
  • ANA FESTA
  • 大分空港
  • 新千歳空港ターミナルビル
  • 中部国際空港セントレア
その他ショッピング
  • auショップ
  • カクヤス
  • ドンキホーテ
  • メガネスーパー
その他サービス
  • アップルストア
  • APAホテル
  • ホームセンタータイム
  • モッズ・ヘア
  • ダイヤクリーニング

例え、QUICPayユーザーであってもここまで利用出来るカテゴリー、お店が多いというのは驚きではないのでしょうか?

もっとも気軽に利用するシーンが想定できるコンビニでは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートと有名なお店は抑えつつも、サークルKやヤマザキなどややマイナーなコンビニも網羅。

スーパーマーケットに目を向ければイオングループで利用出来ますし、イトーヨーカドーといった違う会社系列でも利用出来る凡庸っぷり。

また、電子マネーを利用するうえで欠かせない飲食店も全国区のお店から地域密着型のお店まで対応しているので、読者の方の周りに該当店舗が一つもない事態はめったに起きないことでしょう。

家電のような利用金額が大きいお店でも利用出来るので、このような対応点ではぜひとも利用上限のないQUICPay+が欲しくなるところですね。

面白い利用先と言えば、快活CLUBや富士急ハイランドのようなレジャー施設でもクイックペイが使えること一部空港施設内の決済に活用できる点は興味深いポイントです。

もちろん、紹介しているのはごくごく一部なのでさらに多くの利用先があります。

全店舗詳しく知りたい方はコチラの公式サイトでご確認いただけます。

QUICPayを最大活用するコツはキャンペーンにあり!

QUICPayの賢い使い方ということで、三箇条を目安に紹介してきたわけですが、やはり、クイックペイを最大活用したいのであれば、キャンペーンの利用は欠かせません。

表でも示した通り、2サービスを利用するのに決済元は1つという特性、利点を上手に活用すれば、一石を投じるだけで鳥も果物も複数の美味しい部分を頂くことが出来ます。

特に記事中で紹介した期間限定キャンペーンは、まさに象徴とも言っていいほど相互効果が高いので、既に利用しているユーザーはすぐに利用してみましょう。

クイックペイを利用したくて本記事へと辿り着いた方は、一番おすすめなクレカJCBカードの作成から検討してもらえれば、後のクイックペイ利用時の快適さは折り紙付きです。

とても紹介しきれない対応店舗、利用先からもわかる通り、電子マネーでありがちな「作ったけど使い道がない・・・」ということもありません。

生活スタイルが一変するほどユーザーにメリットがある電子マネーなので、ぜひクレジットカード共々利用を考えてみて下さいね。

大阪在住の20代男性。クレジットカードを使ったポイント活用術の魅力にハマり、現在は15枚のカードを所有。使う場所や組み合わせを変えたりなど、いつもポイントを貯めることばかり考えている。(累計30万ポイント、累計20万マイル以上を保有)貯めたポイントを使ったプチ贅沢が大好き。貯めたポイントやマイルを使った旅行が趣味。新幹線や飛行機に乗るのも大好き。