今回は無印であるQUICPayと上位版であるQUICPay+違いについてそれぞれの特徴と、スペックの違いについて比較解説しています。

電子マネーなのに上位版があるとはどういうことか?何がグレードアップしているのか、疑問の多いクイックペイを丸裸にしていきます。

純粋にプラスの方が上位互換のクイックペイだと思っていると「こんなはずではなかった」なんて事態が起こるかもしれませんので、認識があやふやな方は必ず読んで頂きたい内容です。

また、こんなユーザーならば無印、これ目的の人はQUICPay +とケースに応じたおすすめも紹介

名前だけは知っている、興味はあったが手を出しずらかった方は、ぜひ本記事を足がかりとしてください。

もちろん、無印とプラス共に利用するのにおすすめなクレジットカードにも言及しているので、読み終えてそのまますぐに最適なクレカ申し込みに移ることも可能ですよ!

QUICPayの特徴

QUICPayの特徴は、後述のQUICPay+と共有している部分も多いので、しっかりと頭に入れてください。

クイックペイの特筆すべき特徴は以下の通り。

  • 電子マネーの決済方法
  • 支払いに利用されるのはクレジットカード
  • 電子マネーなのに二重取りが可能
  • 様々な媒体で利用出来る
  • 電子マネー自体のキャンペーンが豊富
  • チャージ入らずでスピーディ&シームレス

筆者としてもマイブームとなっているクイックペイは電子マネー界の革命児であり、少し考えただけでもこれだけ他電子マネーと画一した特徴があります。

電子マネーの決済方法

クイックペイは後述する特性からクレジットカードと混同されがちですが、支払い方法としては電子マネー決済にあたります。

有名どころで言うと、交通系のSuicaやコンビニ系のnanacoカードと同じです。

支払時に名称を告げて、タッチ、ないしはカード読み取り部にスラッシュして手軽に支払うことが出来るものです。

QUICPayは電子マネーとしては新参者ですが、高スペックでそのユーザビリティ(利便性)の高さから徐々に利用者が増えている電子マネーとなっています。

決済時に機械電子音のような音で「クイックペイ」と鳴るのが特徴的で、一度や二度、街中で聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

支払いに利用されるのはクレジットカード

そして、クイックペイが取っつきにくい、あるいは分かりにくいと言われる最大の原因は、利用した代金がクレジットカードに請求される仕組みのためです。

前項の通り、電子マネーとして決済出来るのですが、事前にチャージしておく必要や支払の都度利用代金を入金する必要はありません

設定、利用登録したクレジットカードのショッピング枠を利用して、電子マネー決済を行うのがQUICPay最大の特徴です。

どんな電子マネーも現金ありきで利用するので、カードと紐付いて利用するのがやや難解に思うユーザーも多いのではないでしょうか?

しかし、ふたを開けてみれば至って簡単で、ただカードの利用枠を自動的に支払いへと充当しているだけと認識してください。

逆を言えば、QUICPay自体には現金からのチャージやあらかじめの入金が出来ないので、単体としてみれば支払い能力はありません。

電子マネー自体のキャンペーンが豊富

nanacoなどは系列のお店、具体的例を挙げるとセブンイレブンなどで優遇されていますね。

特定商品の購入、決済利用で何ポイントプレゼントというものです。

しかし、Suicaをはじめとする大体の電子マネーではあまり大きなキャンペーンは開催されません。

多くが利用で景品の抽選、あるいはちょっとした専用グッズのプレゼントが関の山です。

対してクイックペイは、マツモトキヨシグループ毎日もれなく7%キャッシュバックキャンペーン(2018年3月31日まで)など、太っ腹な還元サービスを提供しています。

この現金にまつわる還元というのが電子マネーの中では大きな武器で、前述の通り支払い請求元だけではなく、全体のキャンペーン規模感もクレカに近いものがあるのです。

また、キャッシュバック以外にも割引サービスがあるのもQUICPayの特徴。

今現在はマックフライポテトが全サイズ150円のキャンペーンも合わせて開催されています。

私調べでは、通常マックフライポテトは270円なので、週に3回、一カ月で12回利用しただけでも、差分の120円×12=1,440円分得をすることになります。

電子マネーなのに二重取りが可能

私が電子マネーでQUICPayをメイン利用しはじめた理由の一つに、電子マネーであるにも関わらず様々な二重取りが出来る点があります。

わかりやすいところで言えば、利用金額に対して掛かるキャッシュバックです。

通常の電子マネーの決済と言えば、可もなく不可もなく利便性が高いだけの支払い方法でした。

しかし、クイックペイの場合は支払い額がカードへ請求されるという仕組みのため、カード会社によってはクイックペイの支払いにもカード本体の利用還元率を適応する会社も存在します。(セディナ、JCBなど)

つまり、本体カードの還元率が100円につき1ポイントキャッシュバックの還元率1%の場合、上記の通りであればクイックペイも利用額に対して1%の還元率を持つことになるのです。

マツキヨとマック(あるいはマクド)のキャンペーンを例に言えば、両者クイックペイ決済で7%還元+120円引きを電子マネーで享受し、合計した利用金額の1%はカードの方でキャッシュバックを受けることが可能となります。

利用先 利用金額 還元分
マツモトキヨシ 30,000円 30,000×7%=2,100円
マクドナルド 150×12=1,800円 120円×12=1,440円
カード利用額(クイックペイ利用) 31,800円 31,800×1%=318円
支払合計(最終還元額) 31,800円 3,858円

このように多方面で様々な特典を受けられるのがクイックペイの強みで、キャンペーンやキャッシュバックで見れば3重取りしていることになりますね。

最終的にカードへの請求は31,800円でしたが、3,858円の還元を受けているので10%以上も得をしたことになります。

様々な媒体で利用出来る

電子マネーと言えば、カード形式、あるいは携帯のICに紐付けて利用するのが一般的です。

クイックペイであれば上記媒体に加え、他の電子マネーであるnanacoと合わさった状態での利用や、スピードパスプラスと呼ばれるキーホルダー型の電子マネーとして利用することも可能です。

電子マネーというのは決済方法以前に、自社へ入金してもらってお金を使った貰うことが大前提のサービスだと思うので、ライバルとも言えるnancoと共存している時点で驚きが禁じ得ません。

純粋にユーザー目線で見れば、複数の電子マネーを無駄なく持ち歩けるうえに、利用シーンで制限なく活用出来る点は評価すべきところでしょう。

また、キーホルダー型でQUICPayを持ち歩けるのもユニークで、私もスピードパスプラスで決済している姿を見かけたことがありますが、その姿は斬新過ぎて二度見してしまうほど衝撃的でした。

チャージ入らずでスピーディ&シームレス

他の電子マネー、請求先であるクレカと比べると早くて手間がかからない利点があります。

既にお伝えした通り、カードのショッピング枠さえあれば入金といった手間は皆無ですし、形式によっては無造作にポケットから取り出すだけで支払いが終わります。

クレジットカードも十分利便性の高い支払い手段と言えますが、サインが必要、サイフから取り出す、手元を離れるといった要素があることを考えれば、クイックペイ決済が最速と言えます。

特に代金を端数ぴったりに請求してくれるので、現金を利用した時の小銭のじゃらじゃらとおさらばできる点は個人的に気に入っています。

QUICPay(無印)の特徴簡易まとめ!
  • QUICPayは電子マネー
  • 決済後の請求はクレジットカードのショッピング枠
  • そのため、現金、入金(チャージ)入らず
  • 一般的な電子マネーと比べるとキャンペーンの還元が強め
  • ポイント還元やキャッシュバックを複数同時に利用出来る
  • 利用形式もカード、携帯、2in1の電子マネーカードと様々
  • 決済手段としての利便性が高い(特に速さ)

QUICPay+の特徴

QUICPay+を一言で言えば、無印をより便利に使いやすくした電子マネーです。

基本的にちょっとした少額の買い物に向いていたクイックペイを、高額利用にも耐えうるようなサービスの構築

さらにQUICPayの決済手段(請求先)をクレジットカード以外にデビットカードやプリペイドカードを利用出来るようにしたのが大きな変更点です。(デビットカードは今のところ未対応)

下記に無印との相違点についてまとめましたので、各項目の詳細と一緒にご覧ください。

  • 2万円以上の高額利用に対応
  • 決済手段にデビットカード、プリペイドカードの追加
  • 無印とプラスで対応店舗が異なる
  • 紐付けられる形式の変化

2万円以上の高額利用に対応

クイックペイは大変便利な反面、一度に利用出来る制限額が2万円までと定められていました。

そのため、少額を数回に分けて利用するならば最強の決済方法なのですが、一度に大きな金額を利用するには不向きな電子マネーです。

クイックペイプラスは、一度に2万円までの制限が取っ払われ、電子マネーによる制限ではなく、利用しているクレジットカードの制限に準拠する仕様となっています。

なので、お得だから5万円分買い物したいがために、2万円と3万円の二度に分けて支払っていたシーンで、一度に用事が済む点がプラスのメリットと言えるでしょう。

ただし、あくまでもクレカの利用限度額には縛られる点、後述する対応店舗によっては利用出来ない点は覚えておいてください。

無印とプラスで対応店舗が異なる

記事の冒頭で同じクイックペイだと考えると、ケガをすると言っていたのはこの変更点があるためです。

どちらも俯瞰でみればクイックペイなので、クイックペイ対応店に加えてプラスの対応点が利用出来るように思ってしまいますが、QUICPayの決済手段によっては別物扱いです。

もちろん、無印もプラスにも対応している利用先はありますが、意外や意外、請求先がクレカか、デビットとプリペイドかで対応の店舗が分かれています。

無印はクイックペイマーク、クレカ決済のプラスは無印対応先とロゴに+マークのあるお店で使えます。

しかし、前述のデビットプリペイドは+マークのあるお店のみで利用可能です。

利用先の範囲に差はあれど、2万円以上の高額利用が出来るのは同じです。

わかりやすく、公式サイトで真っ先に紹介されている利用店舗を例にまとめましたので、参考にしてください。

QUICPayマーク
対象店舗 クイックペイ クイックペイ+(クレカ) クイックペイ+(デビット、プリペイド)
 イズミヤ ×
LOFT
ENEOS
APAホテル
QUICPay+マーク
対象店舗 クイックペイ クイックペイ+(クレカ) クイックペイ+(デビット、プリペイド)
マクドナルド  ×
セブンイレブン
TSUTAYA
イオングループ
藍屋
ガスト

無印とデビット、プリペイド由来のクイックペイは制限があり、カード利用のQUICPayであれば制限がなしと覚えておけば大丈夫です。

決済手段にデビットカード、プリペイドカードの追加

説明が前後してしまいましたが、今までクイックペイの支払い方法としてカード払いのみしか選択できなかったのが、プラスではデビットカードとプリペイドカードが請求先として選択可能です。

どちらも事前に入金する、あるいは口座にお金を用意しておく必要があるので、前払いと後払いを足したような利用感になるのが特徴的です。

クイックペイの個性であるクレカに基づく個性を無くし、他の一般的な電子マネーと同じように運用が出来るようになる仕様と思ってもらえば間違いないでしょう。

ただし、既出の表の通り、カード請求よりも制限があり、クイックペイのメリットをすべて味わい尽くしたいのであれば、クレジットカードを作って利用することをおすすめします。

紐付けられる形式の変化

また、唯一の改悪点言える変化として、QUICPayを利用出来る形式の減少が挙げられます。

無印であれば、クイックペイ機能だけを付与したカード、携帯に導入可能であったりキーホルダー型の電子マネーとして保持することが可能でした。

しかし、現段階ではクイックペイプラスは携帯のみに紐付けて利用することができ、QUICPayの強みであった利用形態の多様性が失われています。

これはQUICPayを利用するための条件の一つに、iPhone(またはApple Watch)で利用出来るApplePayに登録して利用しなければならないためです。

ApplePayとは、ざっくり言うと数種類の電子マネーを利用登録し、アップル製品で利用出来るようにするシステムです。

こちらもクレジットカードを登録して各種電子マネーを利用出来るという似た性質を持っています。

今のところ対応しているのは、SuicaとiD、件のQuicPayの三種類。

ややこしい!という方は単純に、QUICPay+はスマフォでしか利用出来ないと思っておいてください。

QUICPay+の特徴簡易まとめ!
  • 無印では不可能だった一度に2万円以上の高額利用が可能に
  • 決済手段(請求方法)にデビットカードとプリペイドカードが仲間入り
  • クレジットカードはすべてのクイックペイ対応店舗で利用出来る
  • デビットとプリペイドは+マークのお店のみ
  • 携帯形式でのみ利用可能に
  • ApplePayに登録する必要あり

どんな違いがあるのか比較した結果

さて、元となる無印、上位互換であるプラスの特徴がわかったところで、両者の具体的な違いについてまとめてみましょう。

今までのことから、シンプルに違いをまとめると以下の通りとなります。

  • 利用額の制限
  • 決済方法の種類
  • 利用店舗
  • 使える形式

凝縮して4行にまとめます。

まず、無印は一度に2万円までの制限がありましたが、クイックペイ+では電子マネー自体の制限が撤廃され、カードの利用上限が基準となりました。

さらにクイックペイの利用料金を払う手段がクレジットカードのみから、事前入金型のプリペイドとデビットカードの導入

無印とプラスで対応するお店が異なり、事前入金型はプラス対応のお店のみクレカ型はすべての対応店舗で利用可能です。

ただし、QUICPay+はApplePayに登録してiPhoneやAppleWatchとでなければ利用出来ないといったデメリットも付与された、とまとめることが出来ます。

QUICPayに向いてる人

 以上のことからQUICPayの利用に向いているのは以下にあてはまるユーザーです。

  1. 一回の利用が2万円を超えることはまずない
  2. 代金の請求、支払いはクレジットカード
  3. クイックペイ対応の全店舗で利用出来ずともよい
  4. カード形式でもnanacoと2in1でも利用したい

コンビニなどで一度に数千円程度の買い物で利用し、なおかつ支払いはクレジットカードで済ませたい方は無印のQUICPayで十分対応可能です。

とりあえず電子マネーの利便性のみ求めるのであれば、対応店舗が少し限られても問題ないでしょうし、nanacoと併用できる点もGOODでしょう。

対応するクレジットカードがあって、今すぐにクイックペイを試してみたい方に特におすすめです。

QUICPay+に向いてる人

対してQUICPay+の利用が最適な方は以下にあてはまるユーザーです。

  1. 2万円を超える高額利用をすることがある
  2. 代金の請求、支払いでプリペイド、デビットカードを利用したい
  3. クイックペイ+対応店舗を利用したい
  4. モバイルタイプで利用出来れば問題ない

やはり、プラスを利用するメリットとしては利用制限がほぼないプリペイド、デビットで支払いが出来ることに尽きます。

電子マネーで数万円単位で買い物する、あるいはカードの利用枠ではなく、あらかじめ現金を使って利用したい方は間違いなくこちらです。

対応店舗数から言ってもクイックペイが利用出来るお店すべて利用したいという欲張りなユーザーもプラスがおすすめしょう。

ただし、iPhoneでアップルペイに利用が縛られることが苦にならない方という但し書き付きです。

クレジットカードユーザーは無印のQUICPayで十分メリットがある

上位互換のQUICPay+との違いをメインに取り扱ってきましたが、私の個人的な見解としては無印を強くおすすめします

というのも、皆さんの一般的な日常シーンで利用することを考えた場合、2万円を超える金額を電子マネー決済する場面はあまり想像できません。

加えてデビットやプリペイドで事前入金するならば他の電子マネーでいいよね、となってしまうため、nanacoと2in1で利便性の高いQUICPayが良いと思案することが出来ます。

複数種類の電子マネーをぶつかることなく利用出来ることで、あるある問題である利用先の制限キャンペーンの違いもある程度緩和できるうえに、手持ちのクレジットカードも無駄になることはありません。

例えば、本サイトで紹介しているクレカで言えば、nanacoには還元率1.2%のリクルートカード、QUICPayには還元率0.5%の付くセディナカードと、カードでも電子マネーでも使い分けることが可能。

クイックペイはごり押ししたくなるほど便利で魅力的ですが、やや特徴的な仕様です。

まずは無印から入門編として利用し、慣れてきたり物足りなくなったらApplePayにクレジットカードを登録してプラスへとグレードアップすると良いのではないでしょうか?

まだ対応するカードを持っていない方は、まずはこちらのクレカの申し込みから検討して、ぜひ最先端のQUICPayユーザーの仲間入りを目指してみて下さいね!

最大6000円分のポイントもらえる入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

イオンで買い物すれば還元率1.5%!イオンカードよりもオトク!


※申込みにかかる時間:5~10分前後

最大11000円もらえる&ポイント4倍になる入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

大阪在住の20代男性。クレジットカードを使ったポイント活用術の魅力にハマり、現在は15枚のカードを所有。使う場所や組み合わせを変えたりなど、いつもポイントを貯めることばかり考えている。(累計30万ポイント、累計20万マイル以上を保有)貯めたポイントを使ったプチ贅沢が大好き。貯めたポイントやマイルを使った旅行が趣味。新幹線や飛行機に乗るのも大好き。