今回はQUICPayをApplePayで利用するメリット、デメリットについて重点的に解説します。

QUICPayはどんな利点があるのか、はたまたApplePayの欠点は何かといった特性を本記事でバッチリ把握することが可能です。

クイックペイは便利で高性能な反面、知名度や浸透率の部分で言えばまだまだ隠れた存在。

少しだけ先にお伝えしておくと、クレカと電子マネーを複数枚簡単に管理出来ることで実現可能な特典の2~3重取り携帯(iPhoneやApple Watch)の電子マネー化QUICPayのスペック強化と気になる内容目白押しです。

ぜひ、これを機会にクイックペイでのアップルペイ利用のすごさを認識してもらえればと思います。

ちなみにApplePayをQUICPay利用出来るクレジットカードの種類にもまとめているので、アップル(クイック)ペイを利用するためにすぐ申し込みや設定することが出来ます。

QUICPayをApplePayで利用すると得られるメリット

決済手段としてのメリット

クイックペイをアップルペイで利用すると得られるメリットには大きく二種類あり、決済手段としてのメリットクイックペイ自体に付与されるメリットの二つです。

まず、決済手段のメリットは以下の通りです。

  • 携帯が電子マネーになる
  • 手持ちの支払い方法で無駄がなくなる(使い分け)
  • 他の電子マネーが使える
  • アップル製品で楽に利用可能
  • 高いセキュリティ

携帯が電子マネーになる

Appleの名を冠している通り、アップルペイはアップル製品で有効なサービスです。

体表的なiPhone系列ももちろん例外ではなく、iPhoneのアップルペイ経由で利用することで、携帯から電子マネー決済を行うことが出来ます。

具体的にはウォレットアプリを利用し、そこに登録してあるクレジットカードや電子マネー情報をあらかじめ認証させておくことで、IC機器(読み取り装置)による簡易決済が行われます。

例えば、便利だからと10枚のクレカ、電子マネーをお財布に入れておくと、そこそこかさばる上に取り出すのも一苦労ですね。

ApplePayであれば、それらを携帯というかさばらないお財布にデータとして取り込めるもの、と認識してください。

同じような馴染みのあるプログラムとしては、スマフォ初期から存在するおサイフ携帯に近いでしょうか。

手持ちの支払い方法で無駄がなくなる(使い分け)

そのため、複数種類の支払い方法を一つの媒体で管理出来るので、無理にメインの支払い方法に依存することや、バラバラに使わなければならない場面の心配もありません。

支払のカテゴリーに合わせて適宜最適な支払い方法を携帯(アップルペイ)から自由に取り出すことが可能です。

私もやってしまうのですが、普段よく利用している手段があると、お財布の中にさらにポイントがもらえてお得な決済方法が控えていたとしても、面倒くさいのでぞんざいに買い物をしてしまうことが多々あります。

言うなれば自分から損をしている、せっかくの機会を損失していると言えるので、その点で言えば負担なくお得な要素を取りこぼさないメリットも。

他の電子マネーが使える

今回はクイックペイをメインに紹介していますが、ユーザーの本音を言えば、出来るだけ多くの電子マネーが使えたら嬉しいと考えますよね?

アップルペイであれば、一元管理できるのみならず、交通系電子マネーのSuicaQUICPayと類似点の多いiDなど、他社マネーとも共存して利用可能です。

なので、それぞれのカード利用にお得なクレカを利用することも出来ます。

例えば、SuicaであればJR東日本が発行のビューカード、QUICPayであれば利用額にキャッシュバックの付くオリコカード、iDであれば相性抜群のdカードと言った具合です。

アップル製品で楽に利用可能

アップルペイはiPhone以外にもアップルウォッチと言ったアップル製品媒体でも利用が可能で、スマフォで利用するよりもより近未来的な使用感を味わえます。

アップル製品によって決済する際のアクションは異なるのですが、Apple Watchの場合はあらかじめ本体となるスマートフォンで設定をし、内容をAppleWatchに飛ばす必要があります。

一度設定してしまえば、電子マネーよろしくかざすだけで支払い完了です。

iPhone7~8Plusまでの系列では電子読み取り部にかざすだけで利用可能。

さらに最新世代機であるiPhoneXは顔認証機能が搭載され、カメラから顔をのぞかせるだけでアップルペイを利用出来るまさに未来の快適さです。

システムそのものを呼び出すのも、サイドボタンをワンタッチのみという簡便さとなっています。

高いセキュリティ

アップルペイの副次的なメリットとして挙げられるのが、アップル社ならではの高いセキュリティ性

少し専門的な話となりますが、アップルペイはデバイスアカウント番号というカード番号とは別のナンバーが割り振られます。

直接カードの番号を利用しないことで、万が一の時もカードの情報が流出しないような仕組みが構築されています。

合わせて指紋認証機能であるTouchIDを決済時に求められるので、総合的なセキュリティは抜群です。

また、海外で利用が盛んなMastercard、JCB、American Expressの三つのContactless(QUICPayのようなもの)が利用でき、日本国内外、世界的に利便性の高いサービスが特徴的。

少し余談となりますが、皆さんがよく利用するであろうApple storeは、Android系のGoogle Playよりもアプリ申請に時間がかかるそうです。

それは高いセキュリティを保つために、時間をかけてじっくりと精査しているために、同時期に申請してもApple側が数週間遅くなります。

このようなユーザーの利益を守るための姿勢がアップルペイにも反映されているのです。

QUICPayとしてのメリット

次にクイックペイの電子マネー的側面から生まれるメリットは3点です。

  • 上位カードであるQUICPay+が利用可能
  • 2万円までの制限がなくなる
  • 携帯で疑似疑似的なカード払い

上位カードであるQUICPay+が利用可能

クイックペイは言わば無印のスタンダードカードであり、さらに高性能で使い易さを求めたQUICPay+が存在します。

無印は携帯、カード、キーホルダー、電子カードと様々な形式で利用可能ですが、このクイックペイプラスは、なんとApllePayを利用しなければ使えません。

実質アップルペイ独占の特別なクレカ電子マネーカードと言えます。

やや利用可能な選ぶユーザーを仕様のため、内容も大幅にグレードアップしています。

カード払いを元とする場合は利用店舗が拡大され、電子マネー自体の決済手段として口座決済のデビットカード事前チャージ型のプリペイドカードで支払うことも可能です。

ちなみにデビットとプリペイド型のみ無印と同じ媒体で利用出来ますが、対応店舗数はプラスverよりも限られてしまいます。

2万円までの制限がなくなる

他にも無印にある一度の支払いは2万円までという制限もQUICPay+には無関係な話になります。

一度に好きなだけ何回でも電子マネー利用することが出来ます。

ただし、無印からプラスになると制限がクレジットカードの利用枠に付随するので、ショッピング枠がクイックペイの上限です。

カードによってクイックペイのスペックも変わると言えるので、非常に面白い特性を持った電子マネーです。

携帯で疑似疑似的なカード払い

アップルペイ、ひいてはクイックペイが何だかよくわからないと言う方の多くは、二重にも三重にもサービスを通している感覚があるためと思われます。

実際に今回の例で言うと、大まかな流れとしては

クレジットカード

アップルペイ

クイックペイ

となるので、3サービス通して利用していることになりますね。

しかし、一言で言えばアップルペイは携帯(iPhone)で疑似疑似的なクレカ決済(QUICPayが既に疑似的なため)を行うためのものだと思ってもらえれば大丈夫です。

加えて言うと、電子マネー利用分をカード利用から引き落とすので、クレカを電子マネーに変換するシステムとも言えます。

クレジットカードという一つのサービスでありながら、iPhoneでしかも電子マネーとして使えたらこれほど便利なことはありませんね。

QUICPayをアップルペイで利用すると生じるデメリット

私としてはそこまで気になるものではありませんが、一般的に3つのデメリットがあると言われています。

  • 直接的なポイント二重取りは不可
  • 使い方によって還元率低下も
  • モバイルSuicaに制限が入る

それぞれの理由とデメリットを打ち消す対策と合わせて紹介します。

デメリット:直接的なポイント二重取りは不可

一つ目は、直接的なポイントの二重取りが出来ないこと

直接とは、さきほどのチャートで言うと、クイックペイ(あるいはアップルペイ)とクレジットカード両方を利用することになるため、それぞれポイントが取れるのではないか?と勘違いしてしまう人が多いのです。

しかし、ほとんどの場合は最終的な請求先であるクレジットカードの利用額に対する還元率のみキャッシュバックされます。

今回のQUICPayには他社電子マネーであるnanacoと一体型になったカード形式が存在します。

そちらであればnanaco+クレカ利用でダブルでポイント付与もありえますが、ApplePayだからと簡単に複数の還元が受けられるわけではありません。

ですが、次の対策方法でお得度に関しては問題なく二重取り、三重取りが出来るので問題なく美味しい思いが出来ます。

対策:キャンペーンや特典を併用する

では、ApplePayがお得ではないのかと言うとそうではありません。

やはり、複数の電子マネー、クレジットカードを利用出来る利点は強く、キャンペーンや特典と言った面でいくつも併用利用出来るのは大きなメリットです。

例えば、今ならアップルペイ経由のクイックペイ利用で7%も還元してくれるマツモトキヨシキャンペーンが開催されています。

2018年1月~3月までの期間限定ですが、対象店舗でアップルペイ(クイックペイ)を利用すれば、上記の通り7%バックとカード利用分のポイントを獲得出来ます。

加えてカード会社側でもキャンペーンが開催されていれば、ペイキャンペーン+カード利用還元+カードキャンペーンと特典の3重取りが実現可能です。

確かに直接的な複数還元は難しいですが、このようにユーザーのテクニック一つで無限にお得度が増していくのがApplePayの面白いポイントの一つです。

デメリット:使い方によって還元率低下も

気を付けなければならないのが、ポイントカードとしての機能を持っているクレジットカード群です。

例えば、本サイトで紹介しているもので言えば、dカードやファミマTカード系、ローソンponta系のクレジットカードが該当します。

これらはカード利用としてポイント還元があるのはもちろん、提示するだけでポイントを獲得出来るサービスが付帯しています。

提示で1%+カード利用で1%というシステムの場合、ApplePayを利用すると提示部分のキャッシュバックが入らないため、場合によっては損をしてしまう可能性があるのです。

また、dカードで言うローソンでの買い物で3%引きのように、カード特典として特典サービスの割引機能の対象外となる場合があるので気を付けてください。

※dカードのApplePay利用時は適応される

ポイントが通常よりも貯まりやすい特約店といったサービスも同様です。

皆さんには一ミリも損をしてほしくなく、少しでも得をしてほしいと思いますので、必ず利用、適応条件は確認したうえで楽しくご活用ください。

対策:ポイントカードを利用する

提示形式で+αでポイントが貯まる場合の対策は至ってシンプルで、別途ポイントカードを持ちましょう。

それだけで万事事足ります。

ポイントの貯まる先は、サービス内でカードとポイント会員のように分かれることはあっても、結局同じポイントなのでわざわざ統合する必要もないはずです。

例えば、スマートフォンケースによく使うポイントカードを忍ばせておいて、決済時にすっと出せば大した手間ではありませんね。

もしくは会員カードの提示によるポイント付与は多くても1%~2~ほど。

「多少のキャッシュバックよりも利便性を取る!」という猛者はいっそのことあきらめてしまうのも手です。

デメリット:モバイルSuicaに制限が入る

Apple Payを使うと発生するデメリットの一つに、モバイルSuicaの機能が一部制限されるものがあります。

制限される機能とは、銀行からのチャージauなどのキャリア決済チャージネット決済サービスといったもの。

確かに利用出来ない点では制限であるものの、そもそもアップルペイに移行している時点で銀行もキャリア決済も必要ありません。

ネット決済がしたいのであれば、Suicaではなく、メインに紹介しているQUICPayやiD使えば済む話です。

対策:SuicaだけではなくQUICPay(iD)もしっかり使う

さきほど言ってしまったので対策と言うほどではありませんが、Suicaだけではなく、多様性や制限で壁にぶつからないために利用出来る電子マネーはすべて登録しておきましょう。

むしろ、交通系の支払はSuica、普段の買い物にはQUICPayと使い分けることで利便性や、付随するサービスの還元率も上昇します。

リアルな形式のままで、一々用途分けしていたら面倒かもしれませんが、アップルペイであれば簡単で手間いらずです。

ApplePayをQUICPayとして使えるクレジットカードの種類について

それでは、最後にApplePayをQUICPayとして使えるクレジットカードの種類を紹介します。

手元にあれば今すぐにも利用出来ますし、なければカード発行して新規カード特典のキャッシュバックと一緒にお得に始めるのも一興です。

実は、ひとえにアップルペイと言ってもそれぞれの電子マネーで登録利用出来るクレジットカードは定められており、例えば、片方のみ対応、複数対応の場合で異なります。

QUICPay利用可能のカードは公式によると以下の通りとなっています。

ApplePayをQUICPayとして使えるクレジットカード
  • アプラス
  • アメリカン・エキスプレスエポスカード
  • オリエントコーポレーションクレディセゾン
  • KDDIフィナンシャルサービス
  • ジェーシービーグループ
  • 静銀セゾンカードジャックス
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン・カードサービス
  • セブンCSカードサービス大和ハウスフィナンシャル
  • 高島屋クレジット
  • トヨタファイナンス
  • ビューカード
  • 三菱UFJニコス
  • UCSカード
  • 楽天カード
  • りそなカード
  • ワイジェイカード
  • auWALLETプリペイドカード

ブランドの面から見ると、昔はVISAブランド対応のカードが手薄だと言われていた時期もありましたが、今では100社以上対応しているので特別不安に思う必要はありません。

日本国内に馴染みのある楽天カードや外資系のアメリカンエキスプレスなど、幅広く対応しています。

中でも個人的なおすすめはJCBオリコカードで、QUICPayとApplePayにおいてシナジー効果が高いのでおすすめです。

QUICPayを利用するならApplePayも利用しなければ損!

アップルペイは、各種電子マネー、クレジットカード情報をまとめて管轄する面でも便利なツールですし、それぞれ利用する手間を省かせてくれるサービスです。

ApplePay自体には、キャンペーン対象としてくらいしかお得な点はないですが、カード会社とカード会社、電子マネーと電子マネーを摩擦なく掛け合わせてくれるだけで様々な相互効果が得られます。

むしろ、その点がアップルペイの素晴らしいところ。

シーンごとの決済方法の最適化、複数利用による還元の多目取り、QUICPay+への移行による性能アップといいことづくめです。

Apple社提供ならではの、アップル製品の高い適応性も見逃せませんね。

特にiPhoneユーザーは自分の一部ともいえるスマフォで活用出来るので、導入も使用時もストレスフリー。

ただ、複数のサービスを介してこれだけのメリットが利用出来るわけなので、まずは一丁目一番地である対応クレジットカードの発行からApplePay利用を目指すのが吉です。

そして、それが済めばQUICPayとApplePayの導入、最後に日常生活で実際に体験してみる流れで取り入れてみて下さい。

大阪在住の20代男性。クレジットカードを使ったポイント活用術の魅力にハマり、現在は15枚のカードを所有。使う場所や組み合わせを変えたりなど、いつもポイントを貯めることばかり考えている。(累計30万ポイント、累計20万マイル以上を保有)貯めたポイントを使ったプチ贅沢が大好き。貯めたポイントやマイルを使った旅行が趣味。新幹線や飛行機に乗るのも大好き。