楽天Edyを使う時は、まず現金をチャージするというのが基本。

でも実は、ポイントサイトなどで頑張って貯めたポイントも、楽天Edyにチャージして使う事ができるのです。

楽天ポイントだけではなく、他社で貯めたポイントがチャージできるなんて、次回のお買い物にも使えるし、なんだか得した気分になりますよね。

しかしこのポイント移行、実際やってみたら、受け取りにかなり面倒な手順を踏まなければならなかったのです!

ポイントから楽天Edyへ移行した際の楽天Edyギフトの受け取り方法

まずは基本の、楽天Edyギフトの受け取り方法からご紹介します。

ポイントサイト独自のポイントを楽天Edyに交換する手続きは、概ねパソコンやスマホがあれば交換画面から行う事ができるので、各ポイントサイトごとの手順を参考にして下さい。

 

交換したポイントは楽天Edyギフトと呼ばれます。

楽天Edyギフトは、ポイントサイトでの交換手続きだけでは利用する事ができず、受け取り手続きを行わなければなりません。

  • 間違った解釈:
    ポイントサイト ⇒ 楽天Edy
  • 正しい解釈:
    ポイントサイト ⇒ 楽天Edyギフト ⇒ 楽天Edy

このような流れになり、楽天Edyギフトから楽天Edyに移行するための手続きが必要になります。

 

ここでは、3種類の受け取り方法をご紹介します。

持っているスマホの種類やパソコン周辺機器によって、受け取れる方法が限定されるので、しっかりチェックしましょう。

コンビニや空港で受け取る

コンビニや空港に設置してある機器で楽天Edyを受け取る事ができます。

  • ファミリーマート(Famiポート)
  • サークルKサンクス(Kステーション)
  • 空港(ANA国内線チェックイン機)

各種楽天Edyメニューから操作して下さい。

機器によって多少の違いはありますが、基本的には以下のような手順です。

【受け取り手順】

  1. 楽天Edyギフト受け取りを選択
  2. 楽天Edyカードやおサイフケータイをかざす
  3. 受け取る楽天Edyギフトを選択通信中を待ち、受け取り完了

ANA国内線チェックイン機は、基本画面がチェックイン画面なので、最初の画面は「その他のお手続き」からスタートして下さい。

スマホで受け取る

楽天Edyギフトは、スマホでも受け取る事ができますが、できるのは一部のAndroidスマホのみで、iPhoneは対応していません。

Androidの対応機種であれば、Edyチャージアプリをダウンロードする事で、スマホで楽天Edyの残高確認や利用履歴も確認できます。

Androidアプリで楽天Edyギフトの受け取りができて、さらに楽天Edyへの移行もできるので、一番簡単でラクチンな方法です。

ポイントやクレジットカードからのチャージもできるので、楽天Edyをスマホで使いたい人にはぴったりです。

【受け取り手順】

  1. Edyチャージアプリをダウンロードし、カードを登録
  2. 受け取れる楽天Edyギフトがある時は、アプリ右上にプレゼントマークが表示されるので、タップ
  3. チャージしたいカードを選択し、スマホに楽天Edyカードをかざす

パソコンで受け取る

パソコンで楽天Edyを受け取る場合は、楽天Edyを読み取る事ができる、以下のような専用の機器がいずれかひとつ必要です。

  • 楽天Edyリーダー
  • パソリ(RC-380)
  • 2.0以降のFelicaポートやNFC搭載ポート搭載パソコン

楽天Edyリーダーやパソリは、ネットや家電量販店で2000円前後で購入できます。もちろん楽天市場でも購入ができます。

(特にパソリは、SuicaやWAONなど他の電子マネーにも対応し、主にネットで確定申告をする際のマイナンバーカードの読み取りにも使えるので、人によってはおすすめです。)

面倒ですが、最初に専用機器のセッティングが必要になります。

ちなみに、専用機器を利用する際は、Windowsのパソコンのみで設定可能で、Mac系のパソコンには対応していません

しかも、インターネットを見る際に、最近のWindowsパソコンに標準設定されているMicrosoftEdgeは非対応で、InternetExplorerに切り替えて利用する必要があります。

更に、専用機器を使用する為のソフトをソニーのホームページからダウンロードし、設定するという一手間がかかってしまいます。

機器の初回利用の際に設定してしまえば、2回目以降は専用機器をパソコンに接続するだけなので、最後までめげずに設定作業、頑張りましょう。

【受け取り手順】

  1. 楽天Edyの公式マイページ(EdyViewer)でEdyの受け取りをクリック
  2. 受け取りたい楽天Edyギフトが一覧で表示されるので、選択内容確認をして、受け取り完了

楽天Edyの受け取りが壮絶面倒くさいと感じた理由

ここまでの受け取り方法を確認して頂いて、お分かり頂いたでしょうか。

楽天Edyの受け取りは、iPhoneユーザーにはすごく面倒な作業なのです。

 

Androidスマホでれば、アプリをダウンロードするだけで簡単にできます。

しかし、iPhoneは一筋縄ではいかないのです。

一番手っ取り早い方法だとしても、ファミリーマートへ行って、受け取りの手続きをしなければなりません。

Famiポートに向かって慣れない作業をし、何も買わずに帰るのも悪い気がして、受け取ったばかりのEdyで結局何か買ってしまう…なんて事で、結局無駄な出費してしまうという性格の方もいるのではないでしょうか。

自宅から一歩も出ずに受け取る手段と言っても、楽天Edyの読み取り機器を購入して、パソコンで作業する方法。

しかし、そのような機器を持っている人は少ないですよね。

ネットで購入しても、届くまでに数日かかり、更に細かい設定をしなければなりません。

楽天Edyの受け取りは、iPhoneユーザーにとってはかなり面倒である事を実感しました。

  • iPhoneを使ってる人
  • Macのパソコンを使ってる人

この条件に当てはまる人は、楽天Edyギフトを楽天Edyに移行するために、毎回ファミマに行く必要があります。これが面倒くさい…。でも現時点ではこれしか方法が無いので仕方ないですね。

だけど楽天Edyは電子マネーで最も普及されているから便利っちゃ便利

楽天Edyの受け取りに関しては、様々な面倒が重なる事は分かって頂けたかと思います。

とは言え、楽天Edyのチャージできる他社ポイントは多数あるので、受け取りさえクリアすれば、貯めたポイントを毎日の生活でお得に使う事ができます。

また、いくつかのポイントサイトや、クレジットカードの利用で貯めたポイントを、まとめて楽天Edyに移行して利用できるのも魅力的です。

 

ポイントサイトA

モニターやアンケートで年間3000ポイント

→楽天Edyギフトで2800円チャージ(移行手数料で-200ポイント)

ポイントサイトB

モニターやアンケートで年間3000ポイント

クレジットカードポイントの移行で、年間20000ポイント

→楽天Edyギフトで22000円チャージ(移行手数料、各-200ポイント)

ポイントサイトA+B=年間24800円楽天Edyにチャージ可能!

 

毎月貯まるポイントは、各サイトやクレジットカードで微々たるものかもしれません。

しかし、年間を通して換算すると、数種類のポイントサイトやクレジットカードで貯めたポイントを楽天Edyにまとめてチャージすれば、意外と貯まっていた事に気付きます。

楽天Edyはコンビニやレストラン、様々なお買い物で使えるので、休日の外食が実質無料で楽しめるというメリットも、充分にあるのです。

楽天Edyの利用でポイント貯まる+楽天カードからチャージでポイント貯まる

楽天Edyギフトの受け取りは面倒でも、楽天Edyは実際にお得で使いやすい電子マネーです。

特に、楽天カードとの併用はおすすめ。

楽天カードには楽天Edy機能が付いているので、これから発行したいと思っている方は、是非参考にしてみて下さい。

楽天Edyの利用でポイントが貯まる

楽天Edyで支払いをすると、200円につき1ポイント貯まります。

更に、ポイントアップ対象店舗では200円で2ポイント貯まったり、楽天ポイントカードを併用する事で、200円で3ポイント貯める事も可能です。

対象店舗やサービスに限りますが、基本的に200円で1ポイントは貯まるので、現金払いよりお得です。

電子マネーは、現金で支払うよりお金が動いている実感がないので、無駄遣いを危惧して利用しないという人もいるかもしれません。

しかし、逆を言えば、先にチャージする事で「今月はこの金額までしか使わないぞ!」という決意も生まれるので、家計の管理に役立てる事もできます。

楽天カードからチャージでポイント2重取り

楽天Edyへのチャージは、スーパーやコンビニでチャージするのも簡単ですが、楽天カードからのチャージがお得です。

楽天カードでチャージした分は、200円で1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

つまり、チャージでも貯まり、利用でも貯まり、ポイントの2重取りができるのです♪

楽天カードからのチャージには、今回ご紹介した楽天Edyギフトのような受け取り作業が必要ですが、手数料無料でポイント2重取りができるので、おすすめです。

少し手間をかけてでも、お得さにはかないませんね。

レジでタッチするだけなので、スピーディに支払いできる

楽天Edyの支払いは、電子マネー初心者でも簡単でスピーディです。

レジで小銭を用意したり、おつりをもらう手もありません。

クレジットカード支払いのような、サインも暗証番号入力も不要です。

欲しいものを買ったらレジはサッと済ませて帰りたいところですよね。

楽天Edyを活用すれば、支払いの時短術もお手の物になります。

まとめ

  • 楽天Edyギフトの受け取りは、iPhoneユーザーには不便
  • でも楽天Edyはチャージも利用もポイントが貯められる
  • 各種ポイントサイトから、まとめて楽天Edyへのチャージで使いやすい

ポイントを貯める事に慣れてくると、ポイントサイトで貯めたポイントも、上手に活用したいと思います。

いろんなサイトで貯めてしまうと、少額ずつしか貯まらずに、結局大した使い方もできずに終わってしまう事もありますよね。

目標ポイント数に達したら、一括して楽天Edyに移行すれば、まとめて使えて無駄にもなりません。

更に、楽天カードとの併用で、チャージと利用のポイント2重取りを活用すれば、そこで貯まったポイントを、また楽天Edyにチャージする事もできます。

上手に使えば、無駄なくお得に楽しいポイントのサイクルが可能になるのです。

楽天Edyの受け取りは確かに面倒ですが、この記事を読んだあなたは、それを上回る程の楽天カード×楽天Edy活用術が身についているはずです。

5000円分の楽天ポイントもらえる入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

【このページをシェアする】