今回はクレジットカード界最大のYahoo!JAPANカード新規作成15,000円プレゼントキャンペーンを、誰よりも上乗せしてキャッシュバックを受けるための裏技について徹底的に解説します。

よくある申し込みを促すためだけに「そんなの無理だよ」という条件でやたらめったら大きい額を提示しているのではなく、大多数の方が実行可能な条件に限って15,000円分のキャッシュバックという上記数字を算出しているので、ネットあるあるな誇大広告で肩透かしをくらうこともないと補償します。(ただし期間限定的なもの、既に利用済みサービスがない前提)

15,000円相当(条件によって2万円分)のポイントとなれば、同額の現金を受け取るのも同じことなので、まだヤフーユーザーではない方は絶対に読んで損をしない内容です。

ぜひマウスを止めて読んでみてください。

追記:紹介するキャッシュバックポイントの中には2017年10月2日(月)12:00~2017年11月4日(土)23:59までの超期間限定キャンペーンが含まれていますので、目に留まった方はとりあえず読むことをおすすめします。

具体的な記事の内容は、Yahoo!JAPANカードのキャンペーンでもらえるポイントの内訳ポイントサイトを経由してさらにお得に申し込むための方法、またはポイントを確実に受け取るための条件などです。

今回、この記事を書いている私自身、長年Yahoo!JAPANカードを利用しているユーザー(最大プラチナ、現シルバーランク)であり、本カードの酸いも甘いも経験しつくしている自負があります。

なので、新規利用者として申し込んだ視点、既存ユーザーとしての視点両方からタメになる情報を皆さんにお届けできればと思います。

本記事はポイントサイトを経由して如何にキャッシュバックを最大限受け取れるか?を念頭においていますので、その他Yahoo!JAPANカードの情報について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

記事後半でも、Yahoo!JAPANカード以外に新規入会キャンペーンでお得なキャッシュバックを受け取ることが可能なおすすめクレジットカードを紹介しているので、そちらもぜひ覗いてみてくださいね。

最大8000円分のTポイントもらえる入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

Yahoo!JAPANカードのキャンペーンでもらえるポイント数について

大前提となるYahoo!JAPANカードのキャンペーンは以下の3つが今回の大黒柱となるキャッシュバックです。

  1. Yahoo! JAPANカード新規入会キャンペーン 10,000円分
  2. Yahoo!プレミアム会員登録(最大2カ月分無料)とYahoo! JAPANカードを使ったお買い物でTポイント3,000ポイントがもらえるキャンペーン 3,000円分(上記付与ポイント含む)
  3. Yahoo! JAPANカード新規入会キャンペーン(Y!mobile連動企画)

となっており、正式名称掲載のため若干名前が長いのはご了承ください。

今回は実質2番目と3番目のキャンペーン利用+ポイントサイトによる上乗せキャッシュバックなので、2と3について概要と詳細を本項で説明し、次項でポイントサイト経由の申し込みについて解説していきます。

まず、Yahoo!プレミアム会員登録は、Yahoo!プレミアム月額会員費462円(税抜)が最大2カ月分無料になるうえ、会員登録に加えてYahoo! JAPANカードを使って買い物するだけで3,000円が付与される簡単優良キャンペーンです。

わかりやすく言うならば、動画配信サイトが利用料金を数日間無料でお試し利用出来るのに加え、現金として消費可能なポイントを獲得出来るサービスと言えば良いでしょうか。

それでは、どんな内容なのか詳しく見ていきましょう。

キャンペーン期間 2017年10月16日(月)~2018年1月31日(水)
特典内容1 Yahoo!プレミアム月額会員費462円(税抜)が最大2カ月分無料 (登録月を含めた2カ月分の会員費が無料)
特典内容2 Tポイント3,000ポイント(期間固定Tポイント)
特典1の条件 該当キャンペーンページよりYahoo!プレミアムの会員登録を行う
特典2の条件※ 同月内に下記2点の特典条件を満たした場合、条件達成月の翌々月の下旬にTポイント3,000ポイントを進呈

条件1 Yahoo!プレミアム会員本キャンペーンページ内よりYahoo!プレミアムの会員登録を行い、Tポイント進呈時期まで継続をされた方
条件2 Yahoo!ショッピング1回の買い物でYahoo! JAPANカード決済の注文合計金額が2,000円以上(税込)買い物をした方(注文合計金額には送料も含まれる)

Tポイント3,000ポイント特典について ポイント通帳にはYahoo! JAPANカード特典(プレミアム入会&お買い物)と記帳される

本キャンペーン参加月を含む3カ月後の下旬に付与される

ここでもらえるポイントはポイント付与月の翌月末まで使える期間固定ポイント

※条件を満たす順番はどちらからでも大丈夫

Yahooプレミアム会員になるとどんなメリットがあるのか?

月額462円と聞くと、サービス内容も小粒に思えますが、私が知っている中ではこれだけのメリットがあります。

  • ヤフーオークションで出品が可能に(ほぼ前提条件)
  • 同時に入札予約が利用出来る
  • 落札時にTポイントが付与される
  • 適宜専用キャンペーンでプレゼントあり
  • Yahoo!ショッピングでプレミアムとしてポイント5倍付与
  • 一部の漫画が無料読書可能
  • 限定クーポンの利用
  • ヤフー系のサービスで何かトラブルにあった際の補償サービス

と、一部ではありますが、ワンコインでこれだけのサービスを受けることが出来ます

しかも今回のキャンペーンでは2ヶ月無料+3,000円分のポイントまで獲得出来てしまうので、継続利用するかはともかく、キャンペーンを利用しない理由はありません。

私も何かと便利ですし、ヤフーオークションを利用するためには半ば前提条件のようになっていますので、yahooカード作成以来ずっと加入しているサービスです。

プレミアム特典として恒常的に付与される5倍ポイントが強烈で、年間を通して10万円ちょっと利用するユーザーであれば、これだけで元が取れてしまうほどお得です。

ぜひ、皆さんもお試し2ヶ月利用でプレミアムなヤフー生活を体験してみてください。

内容だけ見てみると月額有料のサービスが2ヶ月も無料で利用できるうえ、2,000円の買い物で3,000円相当のポイントがもらえてしまうので、キャッシュバックとしては3,000+462×2=3,924円となり、額面以上に利益の大きいキャンペーンです。

2ヶ月利用が無料となるのでポイントだけいただいてすぐに退会してしまえばよさそうなものですが、付与されるタイミングに注目

本キャンペーン参加月を含む3カ月後の下旬に付与されるとヤフー公式に書かれていることから、無料2ヶ月+有料1ヶ月の利用が必須と思われます。

つまり、Tポイント進呈時期まで会員状態を継続することが条件の一つなので、3,000ポイントが付与される以前に退会してしまうと、無料2ヶ月の特典だけで終了してしまいます。

もちろん、その恩恵だけで十分という方は良いですが、3,000円もらえるつもりが462円を惜しんだために獲得権利を失効したとならないようにしてください。

さらにお得なキャンペーンには諸々注意事項が付加されるのが世の常で、以下の場合は対象外となります。

合わせてチェックしてみてください。

  • LOHACOを含む提携パートナーでの購入
  • プリペイドカード、ギフト券、貨幣、メダル、切手、はがき、自動車車体カテゴリーでの商品購入
  • 1年以上先の予約商品
  • Yahoo!プレミアムに会員登録した月からポイント進呈までに1度でも退会した場合
  • 複数のストアで税込2,000円未満の商品を複数注文し、注文合計金額が2,000円以上となる場合
  • 1ストアで複数回に分けて注文合計金額2,000円以上の買い物をした場合
  • 合計金額のうち、各種ポイント充当などにより支払い金額合計が2,000円未満となった場合(つまり、総額ではなく実費としていくら支払ったか)
  • このキャンペーンからYahoo!プレミアム会員に登録したYahoo! JAPAN IDとショッピングで利用したYahoo! JAPANカードのYahoo! JAPAN IDが同一でない場合

上記注意事項でも特に気を付けてもらいたいのが、Yahoo! JAPAN IDを使いまわさないこと。

平素からヤフーサービスを利用している人の中には、いくつかのIDを使い分けているユーザーもいると思いますが、今回のキャンペーンでは会員登録からショッピング利用の確認まで同一のIDでなければなりません。

仮にAのYahoo! JAPAN IDでプレミアム会員登録をし、Bでショッピング利用をしたとしても条件クリアーとは行きませんので、頭の片隅にでも覚えておいてください。

続いて、Yahoo! JAPANカード新規入会キャンペーン(Y!mobile連動企画)は、Yahoo! JAPANカードと共にY!mobileの月々の支払をクレジットカード決済に設定して申し込むと、1のキャンペーン1万円分に加えて2,000円分のポイントが上乗せされる内容です

提供するヤフーとしては、自社サービスに一貫して利用してくれるのなら、その分お得にポイントでキャッシュバックしますよということですね。

なので、必然的にY!mobileで契約している携帯端末が必要となりますが、仮にこのキャンペーンを利用せずとも最大18,000円分のポイントが獲得可能となるのでご安心ください。

具体的な概要は以下の通りです。

特典内訳 対象 特典内容 進呈時期
入会特典5,000ポイント(期間固定Tポイント) 開催期間中、Yahoo! JAPANカードを申し込み、入会した方 5,000ポイント(期間固定Tポイント)
※有効期限は2018年3月15日(木)
原則、申し込みから最短2分で進呈。ただし、審査に時間がかかる場合があり、その場合は審査終了後にポイントが進呈される
利用特典2,000ポイント(期間固定Tポイント) 申込月を含む2カ月目の末日までに、1回でもYahoo! JAPANカードでカードショッピングを利用した方 2,000ポイント(期間固定Tポイント)
※有効期限は2018年3月15日(木)
入会と同時に仮ポイントで進呈される(付与されるがすぐに使えない状態) 特典進呈条件を満たした場合、申込月を含む4カ月目の末日に利用可能ポイントとして使用できるようになる
上乗せ特典3,000ポイント(期間固定Tポイント) 申込月を含む2カ月目の末日までに、2回Yahoo! JAPANカードでカードショッピングをご利用された方 3,000ポイント(期間固定Tポイント)
※有効期限は2018年3月15日(木)
利用料金支払い設定特典

2,000ポイント(期間固定Tポイント)

本キャンペーン期間中に該当ページから新規でYahoo! JAPANカードに入会し、Y!mobileの通話料および、通信費を入会したカードで支払い設定をした方 2,000ポイント(期間固定Tポイント)
※有効期限は特典進呈月の翌月15日
特典進呈条件を満たした場合、申込月を含む4カ月目の末ごろに進呈される
どこでも+1倍特典

(期間固定Tポイント)

Yahoo! JAPANカードで買い物をすると、申込月を含む2カ月末までの買い物100円につき1ポイントを進呈
※有効期限は特典進呈月の翌月15日
特典進呈条件を満たした場合、申込月を含む5カ月末ごろに進呈される
期間固定Tポイント

期間固定Tポイントとは、今回のような特別なポイントキャンペーン、またはサービスの利用で獲得できる期間限定のTポイントのこと。

通常のTポイントは貯める、使う、交換するアクションを起こしてから1年間有効です。

しかし、この期間固定Tポイントは定められた期間を逃すとポイントが失効となり、上記アクションを行っても利用期限が更新されることはありません。

まさに利用する期限が固定された限定ポイントなのです。

その代わり、付与されるポイント倍率も大きく、期間内に消費してしまえば通常のTポイントと同じように利用することが可能です。

ちなみに通常のTポイントと期間固定Tポイント両方を持ち合わせた場合、Yahoo! JAPAN系列での支払いにTポイントを活用すると、期間固定Tポイントから優先して消費されますので、期間固定Tポイントだけ残って通常のTポイントないという事態は起こりません。

例えば、期間固定Tポイント200ポイント、通常ポイント100ポイントを持っている場合に200円分の商品を購入する場合、消費されるポイントは期間固定Tポイント200ポイントのみで、通常ポイント100ポイントは一切消費されません。

 

となっていて、内訳で見ると実質5つの特典を享受出来ることがわかります。

進呈される時期や条件対象となる時期が加算される内容によって異なるので、上記表をよく参照したうえで利用してもらえればと思います。

特に利用特典と上乗せ特典は混合して達成するものではなく、1回目と2回目でそれぞれ利用条件を達成する必要がある点に留意。

また、総じて付与されるポイントは期間固定Tポイントなので、付与されて利用出来る状況になったらすぐに使うことをおすすめします。

せっかくお得なキャンペーンで大量のポイントを獲得しても眠らせていたり、失効させてしまっては元もこうもありません。

例えば、15,000円分の総額ポイントが集まるまで待つのではなく、適宜消費していくと間違いありません。

さらにY!mobileの利用料金をクレジットカード決済するためには以下の注意事項が存在します。

  • 携帯電話の契約者名義が個人名義の場合のみ利用可能
  • クレジットカードの名義と携帯電話の契約者名義、または請求先名義が同一である場合にのみ申し込み可能
  • 複数回線契約している場合、申し込んだ携帯電話番号に含まれる請求先の番号すべての支払い方法変更となる
  • 特別契約者が支払いの解除や変更を行わない限り、毎月登録したクレジットカードにて利用料金が引き落としされる
  • 発行会社の判断によって会員資格を喪失した場合、クレジットカード払いが解除されて携帯電話会社から直接代金を請求される
  • 本人確認を目的として、クレジットカード会社に各種個人情報を通知する場合がある
  • 利用料金の支払い方法設定は、当月利用分からの適用となる。ただし時期によって翌月分から適用となる場合も

この中で特に気を付けたいのが家族で回線契約を結んでいる場合

複数回線を契約している場合でも申し込んだ携帯電話番号に紐づけてすべての支払い方法が変更となってしまいます

個人でそれぞれ契約していると思ったら家族でひとまとめだったというケースもあるので、気になる方は事前に問い合わせしてみましょう。

どうでもいい公式間違い探し

企業の公式ホームページやキャンペーン要綱は一字一句間違いがないのが当たり前です。

しかし、コンテンツを作るのが人間である以上些細な誤字もあれば、後々重大な問題へと発展するミスも起こりえます。

今回Yahoo関連の公式情報を食い入るように見つめていたのですが、なんと公式掲載の情報で誤字を発見しました

言ってしまえば本当にどうでも良い話ですが、せっかく珍しいものを見つけたので皆さんに寄り道小話として共有出来ればと思います。

下記見開きに答えを張っておきますので、クイズ間隔で探してみてください。

※観覧時に既に修正、または私の勘違いの場合もありますのでご了承ください。

ヒント:Y!mobileからのご注意 ~クレジットカード支払に関する注意事項

問題の公式ホームページ

https://card.yahoo.co.jp/campaign/ymobile/

上記間違い探しの答え

Y!mobileからのご注意 ~クレジットカード支払に関する注意事項項目にある上から3つ目、

お申込みいただいた携帯電話番号が含まれる請求先番号のご利用料金すべてが支払い方法変更となります。(複数回戦ご契約いただいている場合等)

答え:回戦→回線(恐らく)

最後にしれっと、どこでも1倍特典というキャンペーンも付属してきますが、こちらは約2ヶ月間+1%のポイント倍率が通常分に上乗せして獲得出来る特別なプログラムです。

どこでもと表記されているようにかなり広範囲のサービスで適応される凡庸性のある特典なので、直接キャッシュバックされるポイントとは関係ありませんが、新規作成後に今回のキャンペーンで特別お得に利用出来るメリットの一つです。

あなたは大丈夫?特典進呈対象外となるケース

実は記事中で紹介しているキャンペーン特典を授受するために満たさなければならない条件のほかに、該当するとシャットアウトとなる特典進呈対象外条件というものもあります。

内容は以下の通りです。

  • 過去にワイジェイカード株式会社が発行するYahoo! JAPANカードの新規入会キャンペーンに申し込みを行い、既に新規入会特典を獲得している方
  • 過去に同一のYahoo! JAPAN IDで申し込みしている場合も特典進呈対象外となる
  • Yahoo! JAPAN JCBカードからYahoo! JAPANカードへの切替発行について、2016年8月12日までに「カード切り替え不要届出書」を株式会社ジェーシービーに返送しなかったユーザー
  • 過去にワイジェイカード株式会社が発行するYahoo! JAPANカードに申し込み、発行を見送られた方(否決)は6ヶ月間再度申し込みすることが出来ない

内容としては過去にYahoo! JAPANカードに申し込んでいる場合に引っかかるケースが多く、申し込んだが審査に通らなかった、実は既に新規入会キャンペーン対象扱いにならないなど、過去のアクションによっては本キャンペーンの恩恵に預かれない可能性もあります。

特に一度否決されると6ヶ月間は発行を見送る旨を公式でアナウンスされているので、短期間で何度も申し込むのだけはやめておきましょう。

いたずらに心象を悪くするばかりか、いつまで経っても半年経たないため、スタートラインにすら立てなくなってしまいます。

超追記 11月5日(日)00:00~11月11日(土)23:59を対象期間として、いい買い物の日というヤフー史上類を見ない最強キャンペーンが開催されます。

なんと、本記事でも紹介しているyahoo!プレミアム会員は対象2.9億商品(記載間違いではありません)がポイント11倍となる良い意味でぶっ飛んだキャンペーンです。

他にも同会員限定で6時間限定タイムセール(クーポン利用で20%オフ)の開催が予告されていたり、最大21倍~42倍のポイント付与が実現可能とのこと。

この内容を見た時わが目を疑いましたが、ポイント42倍とは単純に考えたら1万円購入したら4,200円もキャッシュバックされます。

ますます本キャンペーンと共に申し込まない理由がなくなってしまいました。

もう一つ皆さんのためにお得な情報を紹介すると、こっそりとヤフーオークションでもいい買い物の日と題して11月12日までエントリした方を対象に、出品デビューをすると1,111ポイント獲得することが可能です。

もはや諸々獲得出来るポイントをひっくるめると、理論上21,111円分相当ゲットすることが出来ます。

既に私はyahooカード会員なので、申し込むことは出来ませんが、まさに履歴を削除して新たに新規キャンペーンの恩恵に預かりたいくらい、10月11月は激熱のヤフービッグウェーブが来ている時節と言えます。

ポイントサイトを経由して申し込むと+5000ポイント前後がさらにもらえる!

Yahoo! JAPAN カード自体のキャンペーンを把握したところで、いよいよ確信に触れると、ポイントサイトを経由してYahoo! JAPAN カードを作ることによって、既出キャンペーン15,000円分に上乗せして5,000円分相当のポイントを獲得することが出来ます

ヤフーとは別に獲得することになりますが、基本的にポイントサイトの方が付与されるタイミングも速いですし、現金化も手軽に行うことが出来ます。

やはり、付帯ポイントとして利用するのも良いですが、現金で手元にもらえればもっと嬉しいですね

比率にすると3対1ですが、もしかするとこちらのポイントの方が喜ばしい方もいるかもしれません。(yahooも限定的ではありますが、Tポイントから現金化することが可能)

クレジットカードをポイントサイト経由で申し込み、作成すると利用したサイトで現金、またはその他サービスに交換出来るポイントがもらえることは、ネットユーザーであれば周知の事実ですが、同じ案件であっても獲得ポイントはまちまち。

例えば、案件によってはAサイトは3,000円分であればBサイトは5,000円、Cサイトに至っては利用額の3%をキャッシュバックするケースもあります。

別項では皆さんが付与されるポイント単価の低いポイントサイトで申し込みをしてしまわないよう、私調べでYahoo! JAPAN カード申し込み高ポイント上位3サイトを紹介しています。

ポイントサイトでポイントを確実にもらう為の条件(各ポイントサイトで共通する条件について)

ポイントサイトを利用するうえで気を付けなければならいのが、各案件、サイトのルールです。

有名なもので言うと必ず同じブラウザー上で申し込みから手続き完了まで終える何か問題があった場合は利用サービス先ではなくポイントサイトの方に問い合わせをするなどがありますね。

ここでは、せっかく利用したのにレギュレーションに違反し、いたずらにポイントを失効させてしまわないよう、どのポイントサイトでも共通して存在する条件を紹介します。

  • サービスを利用する場合は必ずポイントサイトにログインした状態で利用する
  • 利用時はしっかりとリンク(広告)を踏んで申し込み画面に移行する
  • ブラウザー間で移動しない(サファリからグーグルクロームへなど)
  • cookie関連の許可設定を済ませておく
  • 必ず利用した証となる明細やメールはポイントが有効になるまで取っておく

基礎の基礎として、ポイントサイトからの申し込みを運営側が確認するためには、ある程度申し込み者の情報を読み取る必要があります。

例えば、インターネットの郵便番号であるIPアドレスなどです。

言ってしまえば利用状況を追跡するわけなのでガチガチにセキュリティを張り巡らせすぎても運営側に情報が届かず、ポイントサイト経由の申し込みではなくただの利用になってしまうケースもあります。

同様にサイト側が掲載しているサービスリンクを選択せずに申し込んだ場合も当然無効となってしまうので気を付けてください。

よくある失敗例としては、最初はしっかりとポイントサイトから飛んだ画面で遷移していたものの、途中で更新や手続きを進めていつの間にか違うページ扱いになっていたというパターンも。

私もポイントサイトを利用する際は十分に気を付けているつもりですが、この失敗だけは今も繰り返してしまうほど再現性の高い問題です。

個人的な対策方法としては、少しでも不安がある場合はリンクから遷移する場面からやり直す、クリックを連打して情報を何度も送信しないといった手段が有効だと思っています。

また、こちらもポイントサイトではよく見かける記述ですが、必ず利用した証となるものは手元に残しておくことです。

サイト側も利用してもらったのであればなるべく補償してくれる姿勢ではありますが、利用判定が付かない=ネット情報だけでは確認が付かない状態です。

メールや利用明細などの実証を用意することで、不意のトラブルも補償してもらえる可能性が高くなります。

上記条件によるミスを防ぐためには以下の点に意識を向けると失敗が少なくなります。

  • 必ず各案件の詳細を確認する
  • 口コミ情報があれば参照する
  • 同案件の利用履歴がないか確認する(二重利用防止)
  • 手順が提示されていれば文字通り守る

この4点を意識して実行するだけでも大分成果率は変わると思いますので、ぜひこれから活用してみてください。

ポイント獲得の重大要素cookieとは?設定の仕方など

cookieと一口に言ってもわからない方も居ると思うので簡単に補足すると、cookieとはネット上の足跡です。

どのサイトを見たのか、どのサイトへ飛んだのか、またはどんなパスワードを保存しているのかという情報が入っているものと考えてください。

おおむねこの情報からポイントサイトは案件の履行を確認し、ポイントを付与しているわけですが、cookieは情報の塊なので利用すればするほど蓄積していきます。

一つ一つの情報はまさに塵という程度のもので、塵も積もれば山となるという言葉もあります。

塵が貯まってしまったら掃除が必要ですね。

定期的に情報を削除しておくだけでもポイントサイトだけではなく、様々なネットトラブル回避に貢献してくれます。

具体的な方法は利用しているブラウザーにより様々なので、有名どころのインターネットエクスプローラーとFire fox、google chromeのやり方のみ紹介します。

インターネットエクスプローラーのcookie削除方法

右上歯車のインターネットオプションを選択

全般タブを表示

閲覧履歴項目にある削除を選択

クッキーとwebサイトデータにチェック

※適宜選択する必要がありますが、よくわからなければとりあえずサイトデータにチェックを入れておけばOK

削除で完了

Firefoxのcookie削除方法

右上カスタマイス選択

選択画面で忘れると表示されているアイコンをタブへ移す

同アイコンをクリック

削除する項目を選択できるので実行すると完了

Google Chromeのcookie削除方法

右上の設定から履歴をクリック

閲覧履歴データの消去選択

消去するデータを選択

※適宜選択する必要がありますが、よくわからなければとりあえずサイトデータにチェックを入れておけばOK

閲覧データを消去するを押下で完了

ポイントサイトによってもらえるポイントが違う!一番多くポイントもらえるサイトはどこ?

私調べではありますが、2017年10月現在ではYahoo! JAPAN カード案件の獲得ポイントサイトランキングは以下の通りです。

  1. げん玉 5,100円
  2. ECナビ 5,000円
  3. ライフメディア 4,500円

となっていて、信頼と安全の大手ポイントサイトげん玉経由でのYahoo! JAPAN カード申し込みが一番獲得できるポイントが高いというリサーチ結果が出ました。

げん玉には私も度々お世話になっていて、今回のYahoo! JAPAN カードではないのですが、クレジットカードをいくつか作成し、大量ポイントを現金化した経験があります。

案件をこなさなくとも毎日ミニゲームや簡単なクリック作業でポイントがモリモリ貯まっていくのも高評価です。

系列の会員数が1,000万人を突破しているようなので、普段ポイントサイトを利用しない初心者の方でも安心してポイントを上乗せ獲得することが出来ます。

私の利用感としては、ポイントのハブ的なPointExchangeへの交換は即時反映300円相当のポイントから交換可能と利便性が非常に高いサイトに思います。

この交換先で利用するためには交換手数料が必要になるのですが、定期的に交換手数料0円券を配布してくれるので、ほとんど気にしたことはありません。

次にこちらも有名なECナビはわずか100円の僅差で惜しくも2位となってしまいました。

ECナビは会員登録自体していたものの、利用した覚えはないので改めてログインしてみたところ、ぱっと見でどこに何があるのかがわかりやすく、膨大なコンテンツでごちゃごちゃしがちなポイントサイトにあって、利用のしやすさに好感を持ちました。

げん玉と同じく300円からポイントが交換可能で、失効するポイントが目についてうっかり忘れを防止してくれる親切なポイントサイトです

ただ、1点気になるのが交換先が3社しかないこと

利用出来るのがPex、amazonギフト券、iTunesしかなく、Pexを利用すればさらに現金化や他社ポイントへ交換する道も開けるので、お好みといったところ。

最後に少し間を空けられて3位となったのがライフメディア。

恥ずかしながら初めて目にしたポイントサイトで、口コミをググってみたのですが、おおむねユーザーの皆さんから好評な良質サイトのようで安心しました。

運用実績も私が知らないだけで20年以上、累計登録数315万人とのことで、中には詐欺めいたポイントサイトもある中、このように目に見えて信頼出来る要素があるのはプラスポイントです。

ページ下部にリアルタイムで誰が何のサービスを利用して何ポイント獲得したかというツイッターの利用履歴版があり、トレンドがわかるのが面白いと思いました。

追記 さらに調べてみたところ、ハピタスというポイントサイトでYahoo! JAPAN カードを作成すると5,200円という案件を発見しました。

わずか100円ですが、どうせ新規利用するなら少しでも高い方が良い方はハピタスをのぞいてみてください。

個人的には100円差であれば、やはり、馴染みのあるげん玉がおすすめです。

ハピタスはこちら

 

こちらにポイントサイトで重要な交換先を一部紹介しておきますので、自分にはどの交換先だと便利なのか確認してから利用するポイントサイトを選ぶのも良いですね。

げん玉 ポイント交換先

現金

  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • その他全国金融機関

ポイント

  • ANAマイレージクラブ
  • ニッセンお買物券
  • Tポイント
  • ベルメゾン・ポイント

ギフト

  • Suicaポイントギフト
  • LINEギフトコード
  • Mobageモバコインカード
  • Vプリカ発行コード
  • iTunesギフト
  • nanacoギフト
  • Amazonギフト券
  • TSUTAYAonlineギフト
  • DMMギフト

電子マネー

  • ビットコイン
  • ちょコム
  • Webmoney
  • 楽天edy
  • G-MONEY
  • Bitcash

商品券

  • お米券(1kg)
  • マックカード
  • 図書カード
  • クオカード
  • ジェフグルメカード(いわゆる全国共通お食事券)
  • ハーゲンダッツギフト券
  • VJAギフトカード

※他にも募金することが可能。上記掲載一覧はげん玉自体ではなく、経由して交換することになるPointExchangeのもの

ECナビ ポイント交換先
  • Amazonギフト券
  • Pexポイント
  • iTunesギフトコード

ライフメディア ポイント交換先

ギフトコード系

  • Amazonギフト券
  • nanacoギフト
  • EdyギフトID
  • iTunesギフトコード

他社ポイント

  • ノジマスーパーポイント
  • ドットマネー

銀行振り込み

  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行

追記 ハピタス ポイント交換先
  • ポレット
  • Amazonギフト券
  • 楽天スーパーポイント
  • iTunesギフト券
  • nanacoギフト
  • 楽天edy
  • Webmoney
  • Bitcash
  • Pexポイント
  • NetMile
  • Mobageモバコインカード
  • ドットマネーギフトコード
  • 現金に交換
  • ハピタス堂書店
  • zoto

ポイントサイトでもらったポイントはすべてTポイントに交換可能!

げん玉から順に3つのポイントサイトを紹介しましたが、実はすべてTポイントへと交換が可能なのです。

有名なことわざをもじると、“すべての道はTポイントに通ずる”です。

そして、Tポイントは件のYahoo! JAPAN カードの付帯ポイント。

ということはどうなるかと言うと、ポイントサイトで獲得した約5,000円分のポイントも上手に交換すればメインのYahoo! JAPAN カードへと編入することが可能になります。

二重取りしたうえで同じポイントとして利用出来るのですから、この上ないお得感ではないでしょうか。

各サイトによってそのままTポイントへと交換できる場合と、ドットマネーというハブポイントサイトを経由してまとめる方法の2パターンがあります。

例えば、紹介したげん玉は実質交換元となるPointExchangeの利用先一覧にTポイントがあるので、直接交換可能なケースです。

PointExchangeでは、手数料が5%、交換可能なポイント数が100~10,000ポイント、交換日数は約5営業日となっています。

次にドットマネーを経由してのTポイント統合が可能なポイントサイトはライフメディアが該当します。

ライフメディア→ドットマネーが最低交換500ポイントから500ポイントずつ、1日1回の条件10,000ポイント制限があり、交換手数料は今ならなんと無料キャンペーン中です。(12/31まで)

交換予定日は申し込んだ日の翌営業日中と比較的早めの対応で、すぐに二重取りポイントをまとめたい場合にも安心です。

そこからドットマネー→Tポイントは、手数料無料のレート1,000→1,000ポイントで上限は10,000ポイント、交換予定日数は4営業日となっています。

交換元 交換先 手数料 交換レート 交換上限 交換予定日数
げん玉 Tポイント 実質無料(5%) 10→10 100~10,000 5営業日
ライフメディア ドットマネー 期間限定で無料(12/31まで) 500→500 10,000(1日1回) 翌営業日
ドットマネー Tポイント 無料 1,000→1,000 月間100,000ポイント 4営業日

ドットマネーでは定期的に交換先へと選択するとポイントが増量されるキャンペーンが実施されています。

例えば、ライフメディアから1,000ポイント分交換申請すると、実質1,100円分のポイントの付与が受けられるのです。

今回のように5,000ポイントなど高額な場合は増額%が馬鹿にならないので、積極的に狙っていくと良いですね。

付与されたタイミングでキャンペーン情報をチェックしてみることをおすすめします。

Yahooとポイントサイトで二重取りした特典はTポイントにまとめるのがおすすめ!

期間限定で超が付くほどお得なキャッシュバックがもらえる新規入会キャンペーンとポイントサイト経由での申し込みをお伝えしましたが、二重取りしたポイントはTポイントにまとめてしまうのがおすすめです。

Yahoo! JAPAN カード側でもらえるポイントは15,000円越えと大きな額ですが、内訳をみれば一つ一つは数千円クラスで付与タイミングもバラバラです。

既に注意を促しているように、Yahooでの特典獲得をすべて待っていては有効期限に限りのある特性上、十全に活用することが困難になる場合も考えられます。

そこで、比較的ポイント承認と交換の早いポイントサイト側獲得のポイントと統合することで、万単位でのキャッシュバックを支払いに充てることが出来ます。

つまりは即戦力にしやすくなり、ポイントが足らずに現金消費してしまう心配がありません

今回紹介したげん玉から直接Tポイントへ移すのでも良いですし、さきほど紹介したドットマネー経由で各種ポイントをまとめて利用するのもおすすめです。(個人的な押しサイトはげん玉)

何度もしつこいようですが、今回のYahoo! JAPAN カードメリットマシマシ特大キャンペーンは期間限定です

この記事を読んでいる一分一秒が命取りとなってしまうかもしれません。

ぜひ、読んでいただいて少しでも魅力を感じてもらえた場合は、今すぐに申し込むことを強く推奨します

本キャンペーンを逃すと、同等のキャッシュバックが受けられる補償もないので、チャンスを逃さないようにしてくださいね。

クレジットカードの新規入会キャッシュバックが病みつきになった、他のキャンペーンも知りたいという方は下記の記事も読んでみると幸せになれるかもしれません。

大阪在住の20代男性。クレジットカードを使ったポイント活用術の魅力にハマり、現在は15枚のカードを所有。使う場所や組み合わせを変えたりなど、いつもポイントを貯めることばかり考えている。(累計30万ポイント、累計20万マイル以上を保有)貯めたポイントを使ったプチ贅沢が大好き。貯めたポイントやマイルを使った旅行が趣味。新幹線や飛行機に乗るのも大好き。