沖縄県内で使える交通系ICカードOKICA。

OKICAの出現によって、割引率の高かったバス回数券が利用できなくなるという悲しい出来事もありましたが、バスやモノレールで通学・通勤している県民にとって、OKICAは欠かせない電子マネーです。

しかしこのOKICA、交通機関での利用のみの為、コンビニでの支払いに利用できないんですよね。

今回は、OKICAユーザーが知りたい、OKICAのコンビニ利用についてまとめます!

1.OKICAはコンビニで使える?支払いできる?

OKICAはコンビニで利用する事ができません。

唯一OKICAを販売している沖縄ファミリーマートも、一部店舗で無記名OKICAの販売はしていますが、支払いに利用できるのは、モノレール・バスの乗り降りのみとなります。

また、SuicaやICOCAのように、全国の交通系電子マネーとの相互利用もできないので、沖縄県外でのコンビニ利用もできません。

というのも、OKICAが独自の規格を採用しており、Suicaのような全国で使える電子マネーと同じ規格だと、導入にも維持にも費用がかかってしまうのです。

沖縄はバスの路線が新しくできたり、変更になったりする事が多いので、その度にかかる費用を考えたら、独自の規格で沖縄県内の人々が使いやすいICカードを採用しようという事になったようです。

2.OKICAはコンビニでチャージできるのか?

県内の一部ファミリーマートでは、無記名OKICAを販売しています。

しかし、デポジット500円+チャージ1500円の2000円を購入時に支払う以降、ファミリーマートでのチャージはできません。

もちろんセブンイレブン(沖縄にセブンイレブン自体ありませんが)や、ローソンでもチャージ不可です。

チャージしたい場合は、モノレール駅やバス営業所、バス車内、銀行等のチャージ機で行う必要があります。

まとめ

  • OKICAはコンビニで使えず、モノレール・バスでの利用のみ。
  • Suicaのような全国での交通系電子マネーの相互利用もできない。
  • OKICAを買えるファミリーマートはあるが、チャージは不可。

OKICAの利用は交通機関のみに留まりますが、今後は離島へアクセスできるフェリーや、県内を走るタクシーでの利用が検討されています。

費用の都合で県外での利用は今後も期待できませんが、沖縄県民が頻繁に利用する施設や沖縄ファミリーマート、ローソン沖縄での導入が可能になれば、モノレール・バスを利用しない人でもOKICAを持つようになるかもしれませんね。

相互利用できないからには、県内独自の発展を期待したいところです(^^)

更新日:2017/05/01

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い