「今月ピンチ!」

給料日前に嘆く人、結構いると思います。恥ずかしながら、私自身も冠婚葬祭や飲み会などが重なったタイミングで給料日が待ち遠しくて仕方がない経験を何度もしております。常日頃から収入と支出のバランスに気を付けていれば問題にならないのですが、そうはいってもなかなか難しいこともありますよね…。

「お金が足りない!どうしよう!」といった状況になったときにどのように乗り切るか。今回はそんなピンチを乗り切るための手段とあれこれについてまとめてみました。

残高足りず引き落としできなくてヤバい…!
  • あと1万円だけ足りない!
  • 次の給料日まで間に合わないかも…
  • たまたま今月だけ出費が重なった…

お金が足りない時に頼りになる5つの救世主

消費者金融

「消費者金融」とは、個人を相手にお金の貸付を行う小口融資のことです。また、特徴として「無担保」であることも挙げられます。

かつてはTVコマーシャルが非常に活発で、世代によっては有名なCMなどは今でも鮮明に覚えている方もたくさんいらっしゃるかと思います。もちろん、現在でも消費者金融として大手の会社が存在し、TVコマーシャルもそれなりに放送されているので有名な大手金融グループ会社の名前と併せて目にする機会も多いでしょう。

消費者金融では法律で定められた範囲内での金利で貸し付けが可能となっています。専業会社やクレジットカード系列、銀行系列、外資系など形態も様々なのが特徴です。

「利息制限法」という法律で借りるお金にかかる金利に対して上限が設けられており、最高で元本の20%が上限となっています。元本が大きくなればなるほど上限金利が小さくなっていきます。(借りているお金が大きければ大きいほど金利負担も厳しくなりますが…)

また「総量規制」という名の下で、原則として年収の3分の1を超える貸し付けをしてはいけませんというのもあります。

消費者金融は「いざというときに現金が必要!」というとき、とくに短期間での借り入れに役立ちます。主な特徴は…

  • 利息は高めだが短期借入&返済では安くつくケースも。
  • 無担保
  • 審査・融資スピードがとにかく速い!即日完了もあります。
  • 審査は他の銀行カードローンなどに比べて易しめ!
  • WEB・自動契約機・店頭窓口・電話など利用方法は様々(カードが発行され、コンビニATMなどで利用できるようになる場合も)

すぐに現金が必要な場合に、短期で返済できる見込みがあるなら便利に使える手段として最適なのが消費者金融です。

ちなみに「消費者金融=現金(キャッシュ)を貸し付ける(借りる)」というのが通例ですが、広義の範囲では携帯電話の分割購入であったり、キャッシング、ローンなども含まれます。

クレジットカード

クレジットカードは、ご存知の通り後払いでショッピングやサービスの決済が出来るもの。クレジットカードで家計をやりくりしている人も多いと思います。

私も日々の決済手段として一番利用しているのがクレジットカードです。ネットショッピングでの利用はもちろん、店頭での決済でも小銭なども要らず且つ使った分ポイントやマイルなどで還元されるのも特徴。生活をする上で必携となっています。

キャッシュフローに余裕が出来るので、手持ちで現金をキープしておきたいときには便利に使えるものです。給料・ボーナスなどが先に見込めることを前提に、計画的に使うことが大事です。

また、ショッピングだけでなくクレジットカードに「キャッシング機能」がついている場合もあります。キャッシング機能があれば「現金が急に必要になった!」というときに短期の借り入れに便利なものです。海外旅行時にも現地通貨を引き出すことが出来るのもいざというときに助かるものです。

しかし、キャッシング=借り入れなので金利手数料に注意し、計画的な利用をすべきです。

リサイクルショップ

家にある不要な家具・雑貨を売るというのも手です。模様替えや断捨離を通じて部屋スペースもスッキリしますし、気持ちの切り替えも出来ますね。

無駄なものを買い足さない・何かを購入する際には慎重に考える、ということに越したことはないですがリサイクルショップの利用で手持ちのキャッシュの足しにする、というのも有効な手段ですね!

お小遣い稼ぎ

「お小遣い稼ぎ」といっても様々な方法がありますが、ポイントサイトの利用でコツコツとポイントを貯めたり、着る機会が減った洋服などをオークションへ出品するといった方法もいざというときに家計を助ける手段としてアリだと思います。

また、実際に本業として一定の職業に就いている方も、「副業」という形で別の仕事をスポット的・継続的にやることもお小遣い稼ぎのカテゴリーに含まれますね。

私もネットショッピングやサービス利用時にポイントサイト経由をすることが多く、コツコツと貯めたポイントをキャッシュバックするなどの工夫をしていますが、なかなか「塵も積もれば山となる」を実感することが出来ます。

家族や友人に…

出来れば避けたい方法ですが、本当に困ったときに家族や友人にお願いしてお金を借りられるか相談してみる、という手段もないというわけではありません。

しかし、人間関係・信頼関係にお金が絡むことで様々なところ与える影響は計り知れません。個人の信用に関わる複雑な問題として挙がることも、容易に予想出来ます。困ったときに頼れる人がいることはとても有難いことですが、たとえ身内であってもそれに甘えることは良いことではないですよね。

積極的に推奨できることではありませんが、お金が必要な理由などをしっかりと伝えることで相談内容や交渉次第では「借りる手段」として成り立つこともあるでしょう。

思い切って借りちゃおう!数万円だけ借りるメリットと注意点

どうしても困ったときには、誰にも迷惑をかけずに…という点を考慮すると、消費者金融を利用してお金を借りてみる選択はどうでしょうか。

金銭的不安から解放される

友人や家族の結婚式に「手持ちがない」という理由で断ることは心苦しいですよね。飲み会やイベントであっても、次に同じような機会があるとは限らないですし、お金以上に大事なことが得られることもあるでしょう。

「お金を使うべき」と判断できる場面でや機会、金銭的な不安を取り除くという点で便利なものですね。

利息は短期返済であれば抑えられる

例えば、「5万円を年利18.00%、返済回数は6ヶ月(6回)」の場合…

  • 月々の返済額:8,776円
  • 返済総額:52,658円

支払利息:2,658円

となります。

また、「1万円を年利18.00%、30日間の借入」の場合は…

  • 1万円×0.18÷365日×30日=支払利息:147円 となります。

つまり、借りて(返す見込みがある前提で)すぐに返す、を心がければ意外と利息は抑えられます。利息の発生は避けられませんがこの利息分がかかってでもお金を借りたほうが良い、という場面で役に立つと思います。

クレヒスが育つ

借り入れを行った場合、クレジット・消費者金融・信販会社や個人信用情報機関に情報の登録がされます。そして、借りたお金であってもしっかりと返済しておけば、クレヒス(クレジットヒストリー=クレジットの利用履歴)が育ちます。

「この人はお金を借りても、しっかりと期日に支払(返済)を行っている=管理が出来ている人」とみなされます。「お金を借りること=悪いこと?」と思われがちですが、それは利用の仕方次第で、計画的・ルールを守ったものであれば個人の信用が育つ一面もありますよ。クレヒスを育てるという意味では、自動車ローンや住宅ローン、クレジットカードの利用と同じになります。

デメリット・注意点

消費者金融を利用することのデメリットは、やはり「利息」がかかることでしょう。金利は決して低いものではありません。

利用しやすい・迅速な取引が可能なことから使い方次第で便利な反面、借入金額・日数が大きく・長くなればなるほど、金利負担が膨らみます。利用のしやすさが起因して、何社からも借り入れを行う多重債務に陥る人もいます。

下記の点に注意しながら、利用にあたり「無理のない返済計画を立てること」これに尽きます!

  • 毎月返済日と返済額を把握しておくこと
  • 給料日やボーナスなどの収入の見込みをチェックしておく
  • 金利負担を増やさないよう、過剰な借り入れは避ける
  • 繰上返済を上手く利用し、短期間での完済を目指す 

審査最短30秒!即日で借り入れできるオススメの店舗

もし消費者金融でお金を借りる場合、審査~融資における利用のしやすさと対応のスピードがポイントです。

そこで候補に挙がるのが、専業大手であるアコムとプロミスです!老舗の専業会社としての安心感もあるため、もしもの時に相談してみるのはいかがでしょうか。

アコムのサービス特徴

  • 利用が初めてであれば最大30日間金利無料
  • 無担保&連帯保証人不要
  • 申込~契約完了まで最短30分!
  • クレジットカードが最短即日発行が可能&年会費は無料
  • 来店不要でWebや電話で24時間で借り入れのタイミングが自由
  • 店頭・アコムATM・銀行・コンビニ・ショッピングセンター・郵送などでの借り入れも可能
  • 楽天銀行の口座への振込であれば24時間、しかも最短1分!
  • 返済方法は24時間利用可能で、スマホやインターネット、コンビニATM、振込や口座振替対応など様々なオプションがあり。
  • 35日ごとの返済期間や好きな返済指定日など融通が利く 

プロミスのサービス特徴

【プロミス公式】
▼申し込みはこちら▼

プロミス

女性オペレーターを希望する方は、以下のバナー先のページからお申込みください


  • メールアドレスの登録とWeb明細利用で30日間無利息!
  • 担保・保証人は不要
  • Webでは24時間申込OK&即日融資も可能(最短30分!
  • 三井住友VISAプリペイドカードの発行が可能&振込キャッシングでのチャージも出来る
  • Web・電話・店頭・郵送といった様々な申し込み方法
  • 返済オプションも様々。口座振替・振込・プロミスATM・三井住友銀行ATM・コンビニATMなど
  • 返済期日は、5日、15日、25日、末日から選ぶことができる!

さすが大手老舗の専業会社ということもあり、借入・返済ともに様々な方法があることや利用において返済期日の設定に融通が利くこと、「即日」「最短30分」「Webであれば24時間申込可能」といったところが共通の提供サービスとなっていますね。初回利用に限り30日間は無利息というキャンペーンも利用のきっかけになる一つのポイントでもあるでしょう。

両社とも実質年利:3.00%~18.00%(アコム)・4.5%~17.8%(プロミス)と借入金額によりますが上限金利ではあまり大差ないようですね。

まとめ

出来ればお金のやりくりに苦労はしたくないところですが、仕方のない場合もたまにあるでしょう。もちろん、あてにすることばかりを考えることは良くありませんが、計画的な利用であれば消費者金融やカードローンの利用は全く問題はありません!返済額などを十分検討し、やみくもに借り入れを重ねてしまう事は避けるようにすれば上手く付き合えるものだと思います。

ただし、くれぐれも法律などのルールから外れた借り入れルートやクレジットカードのキャッシング枠の現金化といったものに手を出してはいけません。

そして、利用する前にもしっかりと家計の見直しやお金の使い方の振り返り・見直しを行い、冷静かつ慎重に考えるようにしたいですね!