一概に消費者金融にお金を借りると言っても、漠然としていて具体的な行動が思い付かない方もいますね。

それこそ、公式ホームページや専門情報を取り扱っているサイトでも様々な方法を見かけます。

中には申し込みを検討しているけど、何だか面倒くさそうだと敬遠している場合もあるのではないでしょうか。

今回はずばりどの方法での申し込みがご自身にあっているのかがわかるように、それぞれ申し込み方法をピックアップし、特徴や実際の申し込み手順を紹介します。

種類としては、有人店舗、無人契約機、ネット、またはコンビニや銀行ATM、さらには郵送等すべての手段を網羅しているので、この記事一本で本申し込みまでご利用いただけるはずです。

すぐにお金を借りたい場合や自分の環境ではどうすれば無駄なく借りられるのかという状況別の対応策もしっかり載せているので参考にしてください。

あらかじめ準備しておくと安心な書類リストチェック項目などのお得情報もお届けしています。

モビットに申し込んでから借り入れ完了までの申し込みの流れ

最終的に読んでいる方がどの方法が自分にとってぴったりな申し込み方法、流れなのかわかってもらえるように、カテゴライズして細分化したものを作ってみました。

分類 申し込み方法 備考
自宅にいながら申し込める インターネット 現代に即して大変便利
電話 人と話すことが焦点
郵送 モビットでは難しい
外出して申し込む 銀行、コンビニATM どちらのATMも差異はなし
無人契約機 ネットに次いで主力の申し込み方法

 

ざっと分けると自宅でほとんどの手続きが行え、借入までたどり着けるものと、申込者自身がどこかに出向いて申し込む方法の2種類となっています。

だったら自宅にいながら申し込める方が良いと考えるのが普通ですが、それぞれ長所と短所があるので順を追って紹介していきます。

モビット窓口の借り方

モビット窓口での借入がおすすめな人はこのような方です。

  • ・スタッフと話しながら申し込みしたい
  • ・質問をすぐにできる環境がよい
  • ・その場で内容を確認してほしい

逆にこんな方はやめておいた方が良いというのは

  • ・対面して話すのが苦手、または人自体が不得意
  • ・わざわざ店頭窓口まで出向くのが面倒くさい
  • ・消費者金融でお金を借りることを知られたくない

デメリットにあてはまる方はほかの方法で申し込むのが無難でしょう。

逆に人がいることを魅力的、強みと考える方はこちらの申し込み方法がバッチリです。

さて、ここで一点謝らなければならないことがあるのですが、実はモビットではリアル店舗型の店頭窓口は存在しません。

他の消費者金融であれば、無人契約機に比べて少ないながらも全国に点在しています。

しかし、残念ながらモビットはローン契約機と呼ばれるもの、またはコンビニなどで使える提携ATMしか利用できないのです。

モビットの有人店舗で申し込みを考えていた方には大変申し訳ない限りです。

ですが、さきほどのおすすめな人、そうでない人の内容自体は、他消費者金融のリアル店舗でも同じことが言えますので、ぜひ以下のリンク先も参考にしてみてください。

一応、実店舗での申し込みの注意点を軽く紹介しておきます。

スタッフがその場で対応してくれるとは言え、ユーザー側にしか用意できない必要書類などを忘れてしまうと手続きができません。

取りに戻るのも二度手間で労力がかかってしまうので、忘れ物がないか気を付けましょう。

ただし、申込書類など店舗側が用意してくれている書類もあります。

一般的な窓口での借り方 凡例

店頭窓口

受付で申し込みしたいと告げる

申込書に必要事項記入

必要書類提出

その場で審査(在籍確認など)

審査結果の通知

合格した場合は併設してある、もしくは近くのローン契約でカード発行

消費者金融発行のカードで借入、もしくは振込融資

無人契約機の借り方

実はさきほどモビットに店頭窓口がないにもかかわらず、一部借り方の流れを紹介したのは無人契約機での借り方や手続きの流れが似ているためでもあります。

例えば、自宅では手続きが不可能なことや書類の不備が審査時間や融資スピードの直結する点です。

もちろん異なる部分もあり、インターネットなどの他の申し込み方法と一緒に利用することが出来るのは無人契約機の強みと言えます。(他でも一部可)

ちなみにモビットでは無人契約機という表記、表現は行っておらず、ローン契約機と称しています。

そんなローン契約機の申し入れがおすすめな方と他の方法が良いかもという方は以下の通り。

おすすめ

  • ・ATMのような感覚でサクサク手続きを進めていきたい
  • ・とにかく店舗型で申し込んだという実感、確証が欲しい
  • ・出先でも時間のある時に申し込みをしたい

おすすめできない人

  • ・自宅で手続きを終えたい
  • ・そもそも機械操作が苦手
  • ・無人とは言え、中に入る姿を見られたくない

普段から利用しているATMでのあのタッチ操作の感じが嫌でなければ特にローン契約機での申し込みを禁忌する必要もないでしょう。

目につく可能性があることにはありますが、自動ドアで周りに人がいない時にさっと入れば問題ありません。

何度が私も無人契約での申し込みをしたことがありますが、別途会社側が申し込み専用に用意しているだけあって利便性は悪くないと感じました。

ローン契約機での大まかな流れは以下の通りです。

下記で紹介している手順はすべて店舗で完結していると言えるので、出先のみで申し込み開始から融資まで終えたい場合も心配の必要はなしです。

モビットのローン契約機(無人契約機)での借り方

ローン契約機へ

申込み画面で申し込み

必要事項入力

必要書類提出

その場で審査

審査結果の通知

合格した場合はカードをその場で発行

ATMで借入

インターネットの申し込みと合わせて利用できると紹介したので、複合方法と手順も紹介しておきます。

メリットとメリット(デメリットを打ち消した)を掛け合わせたような工程を踏むことになるので、個人的にはおすすめです。

無人契約機での借り方 確実手順

ホームページから申し込み(リンク先申し込み選択画面)

項目を入力

必要事項入力

モビットから申し込みの確認電話(本人確認)

必要書類提出(ネットはアップロード、契約機は読み取り)

在籍確認、審査

審査合格

ローン契約機でカード発行

ATMで借入

※ローン契約機での手続き部分相当を色付き表示

 

通常の黒字で表記している部分が自宅、または自分で行うもの、契約機(店舗)で行うものに関しては橙色で表記しています。

このように全行程をひとつの方法で行うのではなく、パート分けしてよりメリットのある方法を掛け合わせて行う方法と思ってもらえば問題ありません。

いわざ良い血統と血統を合わせるサラブレッドのようなものです。

モビットの10秒簡易審査は積極的に利用しよう

 

私も特段お金が喫緊で必要ではない場合はそれぞれ状況にあった申し込み方法を利用しますが、本当に当日にはお金が欲しいという場合にはこの複合した方法をよく利用します。

詳しい理由と具体的な手順は後ほど紹介します。

ただし、モビットでは最速の手順方法として次の方法を推奨しています。

ネットから借りる方法

その最速手順とは、web完結申し込みというものです。

ありきたりなネット申し込み自体を指すものではなく、電話連絡など本当にネットを介して以外の手順を省くことが可能なモビットのユニークサービス。

これは私も目から鱗で、あのなんとも嫌な在籍確認をらくらくスルー出来るなんて!と喜んだ覚えがあります。

 

しかし、そのためには一部条件をクリアーしなければならず、

  • ・三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行普通預金口座を持っている(申込者名義)
  • ・全国健康保険協会発行の保険証、つまりは社会保険証、または組合保険証を持っている

の要件に該当する方のみしか利用できません。

上記2つを満たしていない場合は、自然と在籍確認のある一般的なネット申し込みと相成ります。

そもそも申し込み画面で選択画面が出て、はじかれるという具合です。

せっかくモビットに申し込むのであれば、この快適な申し込み方法の利用を検討してみてください。

以上のことからネット申し込み(web完結申込含め)がおすすめな人、そうでない人は以下の通りです。

おすすめな人

  • ・自宅にいながら悠々自適に申し込みをしたい
  • ・自分のペースでゆっくり申し込みたい
  • ・モビットが推している方法で申し込みたい

おすすめではない人

  • ・インターネット関連が苦手
  • ・またはネット環境がない

とにかく移動したくない、つかれたくない方はこの方法がベストだと言えるでしょう。

何かと利便性が重視される昨今ですから間違いのない申し込み方法です。

対しておすすめ出来ない理由を何とか挙げてみましたが、正直、こちらに関してはないと言っても過言ではありません。

今時ネットを利用したことがない人の方が稀な世の中ですし、ネット環境がなくともインターネットカフェなどいくらでも手段の取りようがあります。

 

意外と皆さんが引っかかって疑問に思う保険証の種類とその内容についてもまとめてみました。

モビットのが言うところの保険証とは

上記4つのうちどれかに該当していれば、提出物として問題ありませんので、自分の所持している保険証は有効かどうか心配な方は確認してください。

ネットから借りる方法 スマホ、携帯ver

携帯からの申し込み方法はインターネットブラウザを使っての申し込みであれば、さきほどの項目と同様ですが、アプリを使って手続きを進める場合は若干特殊です。

ネットでの借り方 スマホアプリver

モビット携帯サイトへ

申込み画面で申込

必要事項入力

必要書類提出に伴い、アプリをダウンロード※

アプリを起動

必要書類を発行されたユーザーIDとパスワード(登録時の)を元に提出

審査、在籍確認(web完結時はなし)

振込融資、またはカードの発行から借入

※アプリのダウンロード方法は携帯サイトのURLリンクか、各種携帯契約会社対応のgoogle play、App storeにて

となっていて、ネット申し込みから途中分岐するイメージとなっています。

もちろん、さきほど紹介した側の手順通りに進めることも出来ますので、好きな方を選択してください。

契約後にモビットのアプリがあると何かと便利だと思いますので、特に要望がなければこちらで手続きを進めるとよいでしょう。

さらに便利なモビットのMyモビ機能

電話での借り方

また、携帯、スマートフォンと言えば電話ですね。

もちろん、融資の申し込みも電話から申し込むことが可能です。

モビットのコールセンター(0120-03-5000)へ電話をし、申し込みたいです、言うだけでOK。

手続き自体もオペレーター主体で進めてくれるので、確実で手間もかかりません。

ですが、私はこの方法が好きではないというか、オペレーターと接するのに抵抗があるので、おすすめはできないです。

というよりも電話で申し込むことだけで発生する利点を感じづらいと言いましょうか、これだったらネット申し込みでいいかなっと思ってしまいます。

郵送での借り方

皆さん想像が付くと思いますが、まずは申込用紙をモビットから取り寄せなければなりません。

ホームページ、またはモビットのコールセンターから問い合わせ郵送してもらう形です。

郵送された申し込みキットが届いたら内容を記入し、投函します。

それに加えて必要書類の提出と在籍確認、モビット側の審査を進めるのが一般的です。

わかっていると思いますが、どうやっても時間のかかる申し込み方法です。

特別な事情がない限りはこの方法で申し込むのは控えた方が良いでしょう。

ちなみに私は一度もこの方法で消費者金融に申し込んだことはありません。

私が利用したことがないから何だという話しですが、そこそこ今までに消費者金融を多数利用してきたという自負があるので、それだけ申し込む方法として旨味がないことを示しているのではないかと思います。

銀行ATMとコンビニATMからの借り方

ほぼ内容が同じなうえにそれぞれ書くことも短いので一つにまとめさせていただきました。

まず、最初にお伝えしなければならないのが、直営のATM、つまりローン契約機ではない提携ATMでは申し込みができません。

提携ATM=銀行とコンビニに設置されているモビットの使えるATMと思ってください。

利用用途としては通常の借入や返済に限られます。

申込みをしたい場合は他に紹介した申し込み方法でご検討ください。

では、全く関係ないかと言えばそうではなく、申し込んでお金を受け取るには口座が必要になりますね。

そこで仮に審査に通ったとして振り込みで融資を受けるパターンを想定し、どこであれば利用できるのかモビットの提携先口座を確認してみましょう。

 

提携金融機関(銀行系)

なんとプロミスとも提携しており、互換性があることがわかります。

これはすでにプロミスユーザーの方には大変うれしい要素ですね。

実は私もその喜びに打ち震える一人です。(利用場面は多くないですが)

同じくモビットだけではなくプロミスの利用を検討してもいいという方はこちらの記事が参考になると思います。

プロミスも実はモビットに負けず劣らずユーザビリティの高い消費者金融で、私のおすすめな借入先の一つです。

ぜひお手すきの際に足を運んでみてください。

コンビニ系 ATM
コンビニエンスストア メディア端末
全国の信用機関 共通系
全国の駅 共通系

有人のリアル店舗がない代わりに相当数提携先があるので、メジャー所はほとんど抑えていると言えそうです。

地方では事情がわかりませんが、関東近辺では提携先で困ることはないと思われます。

ただし、それぞれ方法によっては入金だけ、出金だけと制限がある場合もあるので、利用予定のある場合はしっかり事前確認することをおすすめします。

その他モビットの提携ATMに関する注意事項

 

説明する必要もない程度ですが、銀行、コンビニ提携ATMの審査が終わったあとの一連の流れも一応紹介しておきます。

申し込んだ後の銀行、コンビニATMでの借り方

いずれかの方法で申し込む

審査に取ったら振込処理をしてもらう

口座に入金

提携銀行ATM、コンビニATMにて引き出し

 

どの方法で借りるのがおすすめ?すぐに借りたい場合はどれがいい?

今まで紹介した中だと、おすすめなのがネットを介しての借入です。

やはり、web完結申し込みのアドバンテージは大きく、モビットの中で最強と言っても過言ではありません。

過言ではありませんが、あくまでも単一での申し込みの場合です。

申し込み方法の中には、A+Bと何通りか絡めて進めることが出来るものもあるとお伝えしましたね。

さて、ここでとっておきのモビット最速手順を紹介したいと思います。

それは、ネット+電話+ローン契約機のトリプル複合申込です。

少し想像が付きにくい部分があると思うので、まとめたものを用意しました。

どうすれば無駄をなくして、お金を受け取る時間を短縮できるかについて考え組み立てたものなので、これは良い!と思っていただけたらご活用ください。

極力無駄と手間を排除したスマート手順

ところどころ普通では使わないような小技を取り入れています。

既出であるネットの申し込み方法を行ったかと思えば電話をし、こちらの状況を伝えたかと思えば、今度はローン申し込み機へという感じです。

少しあわただしいですが、借入を急いでいればいる時ほど効果が高いと考えていますので、金銭的に窮地に陥った際は頑張って手順を行ってみてください。

申し込み時に必要な書類ってどれ?何を事前に準備しておけばいい?

モビットで申し込み時に求められる書類は以下の通りです。

モビットで公式に認められている書類

 

どの消費者金融でも提出物は同じだろうと高を括っていると、微妙な基準の違いで面食らってしまうことも少なくないので(実話)、ここでしっかりと確認してください。

あえて、それぞれおすすめの書類を挙げるとすれば、私は運転免許証と源泉徴収票です。

なんだやっぱりか、と思われるかもしれませんが、やはり、それだけ消費者金融のみならず、どこの会社でも使いまわされている信頼性の高いものと言えます。

また、個人事業主の方は、別途「営業状況確認のお願い」や「事業計画書」を求められる場合もあるので、直接モビットのホームページで確認すると確実です。

次に私がモビットに申し込む時に気を付けて確認したことを箇条書きで紹介します。

あくまでも個人的なチェック項目なので、参考程度に眺めてみてください。

個人的に重要な準備項目チェックリスト

割とお金がとにかくほしくて申し込む場合は何も考えなしに行動してしまうことが多いですね。

どうしても頭の中がお金を借りることのみに集中しているためです。

なので、どうか一度落ち着いていただき、上記項目を改めて見直してもらえればと思います。

特に必要書類、申込日時、手続きの把握は重要です。

 

利用できるものは何でも利用する

本記事を読んで活用することもそうですが、身の回りのもので使えるものがあったら猫の手でも利用しましょう。

今回紹介したおすすめどNo1のweb完結申し込みはもちろんのこと、公式ホームページから利用できる簡易審査機能、多機能過ぎてこれ一つあれば他はいらないとまで言えるMyモビなど、モビットは特にユーザーを手助けするサービスがたくさんあります。

しかし、いくら有能なものがあっても利用しなければ意味がありません。

まさに宝の持ち腐れになってしまうので、どんどん活用して他の人よりも上手に申込み、借入をしてください。

書き手としては、各種必要書類表や後半に記載したチェックリスト、考えに考え抜いたスマートな申し込み手順も利用してくださるとうれしいです。

楽天カード入会キャンペーン実施中!
5000円分7000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーンもうすぐで終わっちゃう!

楽天カード(年会費無料)
▼申し込みはこちら▼

クレジットカード
ランキング特集

クレジットカード 総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い