名鉄(名古屋鉄道)や名古屋の地下鉄が発行する交通系ICカード、manaca。

名古屋近辺で生活していると、まんまるで黄色いキャラクターを度々目にします。

すごく可愛いんです。

地図上でも名古屋は日本の中心に位置しています。

日本の真ん中をつなぎ、くらしの真ん中をつなぐという由来からmanacaという名称になりました。

カード発行枚数は現在400万枚を超えるというところまで、拡大を広げています。

現在、交通系ICカードの相互利用により、manacaはKitaca、PASMO、Suica、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAエリアの鉄道・バスで利用できるので、ほぼ日本全国をカバーしています。

もちろん、上記エリア内であれば交通機関以外の街ナカでのお買い物にも利用できます。

1.manacaカードはどこで購入できる?manacaカードの作り方

1-1.manacaの種類

よく使われているmanacaには、記名式manaca無記名式manacaがあります。

記名式manacaは氏名が印字されていて、登録の際、性別・生年月日・電話番号を申告し、本人のみが使用できます。

このように個人情報を登録している為、紛失や盗難に遭った際はmanacaの利用ストップをする事ができ、ストップした時点での残高を新しいmanacaに移行できるので安心です。

無記名式manacaは個人情報の登録をしないので、家族みんなで1枚を共有するなど、誰でも利用する事ができます。

しかし、こちらはmanacaと利用者の情報が紐づいていないので、紛失しても残高の保証はされません。

その他、定期券としても電子マネーしても使えるmanaca定期券や、小児運賃になる小児用manaca、特別な支援が必要となる方々用の割引用manacaも発行しています。

1-2.券売機

名古屋市交通局圏内にある、manaca対応券売機にて新規購入する事ができます。

500円のデポジット(=一時的に預かるお金で、manacaの返却時には500円も返金される)が必要で、新規購入の際はチャージ1500円分をプラスした2000円から購入する事ができます。

地下鉄の券売機では記名式と無記名式のみ購入可能で、小児用や割引用は購入できません。

また、名鉄の券売機では無記名式しか発行されないので、記名式を希望する場合は改札窓口かサービスセンターまで足を運ばなければいけません。

1-3.サービスセンター

券売機では自分で項目を選択して手順を進めていかなければならず、機械が苦手な方には少々面倒かもしれません。

そのような場合は、名古屋駅、栄駅、金山駅にある交通局サービスセンターでは、担当係員と対面な上に、全種類のmanacaを発行しているので、分からなければここに駆け込むのが一番です。

小児用manacaには健康保険証やパスポート、割引用manacaには身体障害者手帳等を必要証明書を持参する必要があるので、忘れないようにしましょう。

1-4.駅長室

駅長さんが仕事をしたりお茶を飲んだりしているイメージの駅長室ですが、名古屋地下鉄には駅情報コーナーとして地下鉄駅長室があり、こちらでも全種類のmanacaを購入できます。

※上小田井、上飯田駅では割引用manacaを購入できません。

1-5.改札窓口/市バスセンター

地下鉄の改札窓口では無記名式manacaのみ、名鉄の改札窓口では記名式も無記名式も発行しています。

また、市バスの車内や営業所でも購入できますが、購入金額が2000円(デポジット500円+チャージ1500円)以上になるので、1000円しか持っていない!という場合にバス車内で買おうとすると、まごまごして他の乗客の迷惑になってしまいます、気をつけましょう。

2.manacaカード単体の発行は損?デメリットについて

2017年、ついにmanacaがオリコのクレジットカードと一体型になるとの発表がありました。

これで便利な点も多くなり、これからますます提携クレジットカードが増えていくといいですね。

今はmanaca利用者の100%がカード単体で利用していますが、クレジットカード一体型への切り替えにあたって、切り替えずにそのまま利用するデメリットは一体なんでしょう。

切り替え時期が目前に迫った今だからこそ、今一度考えてみましょう。

2-1.カードの所持枚数が減らない

クレジットカード、電子マネー、ポイントカード、会員証、診察券…

日々生活していく中で、カバンやサイフの中のカードは増え続ける一方です。

できるだけ手持ちのカードは少なくしておきたいし、どうしても必要なカード以外は断捨離したいものですよね。

manacaとクレジットカードが一体になれば、必然的にカードは1枚減ってすっきりしますし、複数あるクレジットカードの中で、持ち歩きは1枚に絞ってしまえば、自ずとサイフもスッキリするでしょう。

2-2.ポイントを有効利用できない

manacaのポイント制度において、相互利用サービス等はまだまだこれからです。

現在は、エリア内運賃の利用金額に応じて貯まるmanacaマイレージポイント。

名鉄のポイント加盟店でのmanaca利用で貯まるミュースターポイント。

この2種類のポイントがあります。

このポイントはちょっと複雑で、どこでmanacaを発行したかによって使える範囲が異なってしまいます。

どこで発行したかはカード裏面で確認できます。

図のように、manacaの主要発行会社は以下の2つ。

①名古屋市交通局を代表とした地下鉄・市バス・あおなみ線・ゆとりーとラインの(株)名古屋交通開発機構

②名鉄と呼ばれる名古屋鉄道(株)を代表とした名鉄バス・リニモ・市内線・渥美線の(株)エムアイシー

どこで利用してもmanacaマイレージポイントは貯まりますが、名鉄加盟店利用で貯まるミューズスターポイントは、②の(株)エムアイシー圏内で発行されたmanacaでしか貯まりません。

また、ミュースターポイントをmanacaにチャージするにはミューズポイントサイトや店舗端末での会員登録が必要になるので、一手間かかってしまします。

これからmanaca一体型クレジットカードを発行しようとしているオリコは①の名古屋交通局との提携を行うとの事なので、こちらがポイント制度を整備すれば、②の(株)エムアイシーが現在発行している名鉄ミューズカードも、負けじと還元しやすいポイント制度を導入していく事になるでしょう。

今後、交通機関とお買い物との両方で貯まったポイントが、まとめてmanacaにチャージできれば、更に有効利用できるようになる事が期待できます。

2-3.毎回現金チャージしなければならない

現在、manacaにチャージできるクレジットカードは名鉄ミューズカードのみ。

手持ちのmanacaが名鉄系列で発行したものであれば、ジョイント登録というmanacaとクレジットカードを繋げる申し込みをしれば、クレジットからチャージできますが、オートチャージはできません。

今回新しく発行される予定のmanaca一体型クレジットカードは、名古屋市営地下鉄改札機でのオートチャージサービス導入予定。

地下鉄ユーザーに浸透していってほしいものです…毎回券売機に並んで現金チャージするのは面倒ですよね。

3.manaca一体型クレジットカードがお得な理由

manaca一体型クレジットカードの全貌は明らかになっていませんが、既に地下鉄ユーザーにはお得な予感がしているので、発表されている範囲でご紹介していきましょう。

3-1.オートチャージできるようになる!

待ちに待っていたオートチャージ機能。

現金チャージは使っているうちに残高が気になってひやひやしていたものですが、その心配がなくなります。

オートチャージ設定によるポイント還元率がどれくらいのものになるかは未定ですが、チャージでも利用でもmanacaマイレージポイントが貯まる事になれば2倍嬉しいですね♪

3-2.定期券としても利用できる!

manaca定期券を利用の方は、現在定期と電子マネーが一体となっていて、2枚持ちする必要がないというのがメリットです。

そこに更にクレジットカード機能がつくので、1枚で3つの役割をしてくれる効率の良いカードになります。

3-3.年会費を無料にしやすい!

通常、年会費1250円の予定のmanaca一体型クレジットカードですが、1年に1回以上の利用で年会費無料になる予定です。

1年365日あるうちの1回でも駅での買い物をクレジットで払えばいいわけですから、条件が厳しくないというのがいいですね。

4.manaca関連クレジットカードの比較

名鉄ミューズカード

国際ブランド:VISA・Master
年会費:1250円(初年度無料で次年度から年間5万円以上の利用で無料)
ETC:〇
旅行保険:〇
ミュースターポイント:200円利用につき1P
クレジット利用やmanacaへのチャージ、定期券の購入分もポイントになる!
ポイント利用:manacaへチャージ・名鉄百貨店やオンラインショップでの利用・カタログ商品や商品券への交換
≪備考≫
名鉄ミューズカードはmanaca一体型ではないので、相互利用する場合は2枚持ちが必須となります。
名鉄百貨店でのお買い物は最大10%OFF
エリア内交通機関の利用でmanacaマイレージポイントも貯まる!

manaca一体型オリコカード

国際ブランド:VISA・JCB・Master
年会費:1250円(初年度無料で次年度から年間1回以上の利用で無料)
ETC:未発表
旅行保険:未発表
manacaマイレージポイントポイント:月2000円以上の利用で利用金額の10%以上をポイント還元
クレジットカード利用ポイントについてはまだ未発表だが、現在は月額運賃によってポイント還元制度があり、利用金額が高ければ高いほどポイント還元率も高くなる。
ポイント利用:manacaへチャージ
≪備考≫
今までのmanacaにはなかったオートチャージ機能を搭載
新たな加盟店やクレジット優待加盟店を募集しているので、今後の利用範囲の拡大が望ましい。

5.まとめ

・manacaは全国の交通系ICカードとの相互利用が開始しているので、日本各地の鉄道・バス・電子マネー対応店舗での買い物に利用できる。

・1か月の利用金額に応じてポイント還元される独自のマイレージ制度がある。

・(株)名古屋交通開発機構と(株)エムアイシーの2社の発行会社によって制度が微妙に違う。

・これから発行されるmanaca一体型クレジットカードの方が年会費を無料にできそうなのでおすすめ!

クレジットカードにおいては、年会費の問題がネックでしたが、オリコカードが解決してくれそうです。

名鉄ミューズカードは年間5万円のお買い物をしなければ年会費無料にならず、その5万円にmanacaチャージ分は含まれません。

オリコカードは年1回の利用で無料になるという事なので、地下鉄や市バス運賃とお買い物のポイントの相互利用で、私達の生活に密着した使い方ができそうですね。

今後の拡大が楽しみなmanacaは名古屋近辺以外でも幅広く利用でき、加盟店が増えればポイントももっと有効活用できるようになるでしょう。

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い