毎月家計を悩ませている携帯電話の料金。

スマホ時代の到来と共に、月々5000円以下だった時代は終わり、みなさん月1万円前後、携帯電話にお金をかけているのではないでしょうか。

格安スマホなら3000円程度に抑える事も可能ですが、大手キャリアと違って手続きが面倒なので、諦めている方もいると思います。

少しでも携帯電話料金をお得にしたいなら、まずは支払い方法から見直すべきなのです。

今回は、携帯料金を支払うのにオススメのクレジットカードを、ランキング形式でご紹介します。

クレジットカードは月々の支払いに上手く利用する事で、ポイントが貯まりますよ。

カードによって違うポイントの利用方法を知っていれば、賢い使い方も簡単です。

このランキングで、みなさんの生活にぴったりなクレジットカードが見つかりますように。

1位:dカードGOLD【ドコモ限定】

dカードGOLDは、ドコモユーザーにおすすめのクレジットカードです。

ドコモショップで手続きをすると、スタッフからの紹介を受けやすいので、よく分からないから断ってしまったという方もいるかもしれません。

ポイントカードとして利用されているdポイントカードとは別で、dカードGOLDはドコモユーザーが更にお得になれるクレジットカードです。

ドコモなら毎月の携帯料金の10%がdポイントに貯まる

dカードGOLDでドコモの携帯料金を支払った場合、ポイント好きな方にとても嬉しい特典として10%もポイント還元されます。

1000円利用につき100ポイントで、更にドコモ光に加入していれば、その利用分もポイント還元可能なんです!

例えば…

ドコモで毎月8000円の携帯料金
ドコモ光で毎月4000円支払っている場合

携帯料金:800ポイント
ドコモ光:400ポイント
___________
合計:1200ポイント!

1200ポイント×12か月=14400ポイント

一般的に、機種変更の周期は2年と言われています。

上記の例のように利用すれば、2年で28800ポイント貯まり、スマホの機種代金にポイントを利用すれば、かなりお得感を得られますね。

dポイントはPontaポイントとも相互交換可能

dポイントが貯まっても使い道が分からない方に朗報です。

dポイントは、共通ポイントの中で貯めやすく使い道の多いPontaポイントと相互交換が可能なのです。

街ナカでのショッピングだけでなく、ネットでのお買い物、ローソンで人気のお試し引換券にも利用できます。

各ポイント交換の利用条件

【Pontaポイントからdポイントへ交換】

  1. Pontaポイントは100ポイント以上で交換可能
  2. PontaWebで利用手続きをしたPonta会員IDの取得
  3. dポイントクラブの会員番号を用意

【dポイントからPontaポイントへ交換】

  1. dポイントは5000ポイント以上で交換可能
  2. dアカウントの取得(もしくはドコモ携帯のネットワーク暗証番号の用意)
  3. Ponta会員IDの取得

dアカウントやPontaWebの会員IDは、普段ネットでポイントの管理や利用をしている方なら、既に作成済みの方も多いでしょう。

アカウントを持っていなくても、ポイント交換前に作成する事ができるので、焦る必要はありません。

気をつけたいのが、交換する前に用意するポイント数です。

Pontaポイントは100ポイントと手軽ですが、dポイントは5000ポイントからです。

しかも、Pontaへのポイント交換には、5000ポイントとは別で250ポイント分の手数料が必要なので注意しましょう。

dカードGODで携帯料金を支払えば、そんなに時間をかけず5250ポイント貯める事ができそうですけどね。

さらに50%レートでJALマイルに交換可能。携帯代1万円なら年間6000JALマイル貯まる!

dカードGOLDなら、貯めたdポイントをJALのマイルにも交換できます。

日々のお買い物でコツコツ貯めるマイルも楽しいですが、どうせなら携帯料金のように毎月の大きな出費もマイル交換の為に利用してしまいましょう。

どうしても支払わなければならない携帯料金がマイルに還元できるなら、月々の支払いの苦痛も少しは和らぎそうです。

dポイントからJALマイルへ交換

・レート

dポイント:5000ポイント=JALマイル:2500マイル

(例)ドコモの携帯料金が毎月1万円かかっている場合
月々のdポイント:1000ポイント×12か月=12000ポイント

5000ポイント以上なら、2500マイル単位で交換可能なので、一旦5000マイルへの交換が可能
(残った500ポイントは、次回の交換や他のポイント利用に充てるorそもそも12500ポイント貯めてからマイル交換する事で、無駄なく使えます。)

・条件

  1. dPOINTCLUBの交換商品として手続きする為、dアカウントやネットワーク暗証番号が必要
  2. 交換可能なポイントの上限は、月40000ポイントまで

・注意点

交換の手続きから、マイルに積算されるまで2か月かかる為、早めの手続きが必要です。

dカードGOLD
国際ブランド 電子マネー
年会費 (初年度) 年会費 (2年目~) 家族カード ETCカード
10000円+税 10000円+税 無料 無料
ポイント還元率 JALマイル還元率
1% (100円=1P) 0.5% (500P ⇒ 250 mile)

最大12000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式ページへ移動します

2位:リクルートカード

ホットペッパーやじゃらんなど、TVでも取り上げられる身近なサービスを提供しているリクルートが発行するクレジットカードです。

リクルートカードは、これらのサービスだけでなく、普段のクレジットカード使いも、便利でお得にしてくれます。

携帯料金を支払いながらも、リクルートの様々なサービスで更にお得にポイントを貯める事ができるので、スマホでどのキャリアを使っていても、1枚は持っていて損はないクレジットカードです。

年会費無料なのにポイント還元率1.2%と最強!

リクルートカードの素晴らしいところは、なんと言っても1.2%のポイント還元率です!

「ポイント付与は1000円以上から」「200円利用につき1ポイント」というクレジットカードが多い中、利用金額の1.2%がポイント還元され、さらに年会費無料という最強還元率です。

例えば…

毎月1万円の携帯料金
毎月1万円程度のショッピング利用の場合

携帯料金+ショッピング代金=2万円

月々240ポイント×12か月=2880ポイント

月2万円程度の利用でも年間3000ポイント近く貯まり、しかも年会費無料なので、どうやって元を取れば良いか考える必要がありません。

ちなみに、リクルートのサービスで利用すれば、更にお得になります。

  • じゃらんの決済で3.2%還元
  • ホットペッパーのネット予約で人数×50ポイント進呈
  • ポンパレモールはポイント2倍以上になる事も

出費の大きめな旅行や、自宅で便利なネットショッピングの利用でもお得にポイントを貯められます。

キャリア関係なく格安スマホの支払いにももちろん使える!

リクルートカードは、ドコモ、au、ソフトバンクと、キャリアに関係なく支払いに利用できます。

最近では、格安SIMを利用して、携帯料金をより安く抑えようという方も増えてきていますが、このような格安な料金プランを提供している会社でも、ほとんどがリクルートカードを利用する事ができます。

特に、格安スマホの場合、支払い遅延や延滞者を防ぐための保険として、支払いはクレジットカードがマストです。

リクルートカードをこれから発行する方は、VISAかJCBのブランドを選んでおくと、様々なキャリアに使えて無難でしょう。

最大6000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

リクルートカード


※クリックすると公式ページへ移動します

3位:楽天カード

クレジットカード業界での知名度はナンバー1とも言えるのが楽天カードです。

楽天カードはただ有名なだけでなく、携帯料金の支払いにもおすすめできます。様々な支払いに対応している使いやすさに加え、収入に不安のある学生や主婦でも発行しやすいというメリットもあります。

それでは、第3位にランクインした楽天カードのおすすめポイントをご紹介しましょう。

ポイント還元率1%で楽天市場で何でも買えるから最も無難な選択!

楽天カードでまず知っておきたいのが、ポイント還元率1%という点です。

基本的に100円で1ポイント。

月々の利用額に応じて、100円という細かい単位でポイントがつくので、利用額の端数も無駄になりません。

しかも、何でも揃う楽天市場のショッピングは、ポイント2倍~商品によっては10倍以上になる事もあります。

通常楽天カードで決済すれば4倍になりますし、楽天市場アプリからの購入で更に倍率UP。

楽天グループの利用をすればするほどポイントがもらえるというシステムです。

例えば毎月の支払いが…

携帯料金:1万円=100ポイント
楽天市場:1万円=400ポイント(楽天カード決済でポイント+1倍)
_______________
毎月500ポイントゲット!

500ポイント×12か月=年間6000ポイント!

もし、プラスで保険料やネットショッピングを楽天カードにまとめれば、月3万円アップしたとすれば、年間9600ポイント…年会費もかからないのに、1万ポイント近く貯める事ができます♪

旅行は楽天トラベル、フリマアプリはフリル、電子書籍やチケット購入も楽天に統一すれば、更にじゃんじゃんポイントが貯まっていきますね。

ただし、期限が過ぎれば失効してしまう期間限定ポイントもあります。

ポイント管理はアプリで簡単にできるので、チェックする事を忘れないようにしましょう。

キャリア関係なく格安スマホの支払いにももちろん使える!

楽天カードも、docomo、au、ソフトバンク、キャリアに限らず携帯電話の料金支払いに利用できます。

VISA、JCBはもちろん、今人気のパンダデザイン楽天カードは、国際ブランドがJCBかマスターカードになりますが、大手キャリアの支払いには何の問題もありません。

また、格安スマホの支払いもほとんどが楽天カードで支払い可能になります。

特に、格安スマホの会社は、基本使用料やデータ通信料は安く設定されていますが、通話料が意外とかかってしまいます。

あまり電話をしない人が珍しく長電話をすると、格安スマホの場合びっくりするほど通話料が高かったという話もよく聞きます。

そんな時、基本使用料もなく通話料も平均より半額で利用できる楽天でんわを一緒に利用するのもおすすめです。

楽天カードを持っていれば、楽天でんわの手続きも簡単なので、併用してお得なスマホライフを送ってみて下さい。

楽天カード
国際ブランド 電子マネー
年会費 (初年度) 年会費 (2年目~) 家族カード ETCカード
無料 無料 無料 500円+税
ポイント還元率 楽天Edyチャージ
100円=1P 200円=1P

5000円分の楽天ポイントもらえる入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式ページへ移動します

まとめ 携帯料金は毎月絶対に必要になる出費。口座引き落としはもったいない!

このようにクレジットカードのメリット並べてみると、携帯料金を口座引き落として行っている事がどれだけもったいない事かよく分かります。

クレジットカード支払いは、何と言ってもポイントが貯まる事でのお得感が並みではありません。

特に、携帯料金のように、毎月どうしても支払わなければならない出費に関しては、少しでもポイント還元させましょう。

例えば、毎月1万円の携帯料金を口座引き落としにしている場合、年間12万円の出費です。

もし、還元率1.2%のクレジットカードで支払いすれば、1年間で貯まるポイントは1440ポイント。

これを5年間続けていれば、7200ポイントゲットできなかった事になります。

この先も口座引き落としを続ければ、更に損する事になるでしょう。

また、カードを発行する際、クレジットカード会社によっては5000ポイント以上のキャンペーンポイントがゲットできます。

楽天カードマンのCMが特に有名ですね。

このようなポイントを逃すのもかなり惜しい事ですよね。

もらったポイントで欲しかった家電を購入したり、旅行費用の割引に充てたり、使い方は様々です。

クレジットカードへの支払い切り替えには2か月必要な事もあるので、手続きはできるだけ早い方がよいでしょう。

カード払いの良さに気付いたあなたは、今すぐにでもお得なキャンペーンの多いクレジットカードへの切り替えを急ぎましょう!

ピックアップ記事
JALカードを持ってるだけで先得を先行予約できる今なら年会費初年度無料 アメックスカードのステータス性はどういう状況で実感できるのか?
アメックスグリーンとゴールドで迷ってるあなたに伝えたい後悔しない選び方 ANAマイルを貯めると得られる5つのメリットと4つのプチ贅沢
Yahoo!JAPANカードとファミマTカードを徹底比較!2枚発行して二重取りできる? 楽天カードの審査を確実に通すために準備すべきこと&よくある質問まとめ
総量規制これからどうなる?銀行カードローンも総量規制対象になったけどチャンス? 家族カードとは?私が抱いていた9つの疑問について調べてみた
 
カード比較特集
楽天カード vs Yahoo!JAPANカード 楽天カード vs リクルートカード
Yahoo!JAPANカード vs ファミマTカード イオンカードセレクト vs WAON一体型イオンカード
【JAL】CLAB-Aカード vs CLUB-Aゴールドカード アメックスグリーン vs アメックスゴールド