同じJACCSが発行する人気のカードである「漢方スタイルクラブカード」「Extreme Card(エクストリームカード)」!ともに高還元率を誇るカードとして人気も高く、カード選びをしている方々が必ず比較対象として並べたくなるラインナップだと思います。

これらのカードのキャッチコピーは以下の通り。

  • 漢方スタイルクラブカードポイントで人生3倍トクするカード
  • エクストリームカード使い方は自由自在 かつてないポイントライフをあなたに。

パッとみた印象、どちらもついカードの詳細が気になってしまいますね。漢方スタイルクラブカード&エクストリームカードともに、JACCS系なので「Jデポ」の利用ができます。

各カードの基本スペック

まずは、漢方スタイルクラブカードとエクストリームカードの基本的なスペックをご紹介します。

漢方スタイルクラブスタイルカード

漢方スタイルクラブカード

  • 提携ブランド:JCB、VISA(発行元:JACCS)
  • 支払日:月末締め/翌月27日払い
  • 年会費初年度無料/次年度以降1,500円(税抜)
  • ポイント名称:KAMPO STYLE CLUBポイント
  • ポイント還元率1.5%(2,000円=6ポイント)
  • ポイント有効期限:ポイント付与月から起算して24ヶ月
  • ポイント優遇対象サービス:薬日本堂、JACCSモール
  • ポイントの提携:Jデポ、ANAマイレージ
  • 利用可能最低ポイント数300ポイント以上300ポイント単位
  • ボーナスポイント毎年2月~翌年1月の獲得ポイントに応じて算あり
    2,000ポイント~3,499ポイント250ポイント(Jデポ利用時の換算:1,250円相当)
    3,500ポイント以上350ポイント(Jデポ利用時の換算:1,750円相当)
  • 電子マネーチャージ:nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCA(nanacoチャージは2,000円=1ポイント)
  • 家族カード:3枚まで発行可能(本会員が初年度の場合は無料/次年度以降400円(税抜))
  • ETCカード発行手数料・年会費ともに無料
  • 旅行保険:海外旅行傷害保険(自動付帯)/国内旅行傷害保険(利用付帯)
  • ショッピング保険:無
  • 提携サービス薬日本堂

エクストリームカード

エクストリームカード

  • 提携ブランド:VISA(発行元:JACCS)
  • 支払日:月末締め/翌月27日払い
  • 年会費初年度無料/次年度以降3,000円(税抜)・ただし条件付無料(当年度のカードショッピング利用計金額が30万円以上の場合は次年度無料
  • ポイント名称:Extreme Cardポイント
  • ポイント還元率1.0%(1,000円=10ポイント、還元率アップについては後述)
  • ポイント有効期限:ポイント付与月から2年間
  • ポイント優遇対象サービス:JACCSモール
  • ポイントの提携:Jデポ、Gポイント
  • 利用可能最低ポイント数2,000ポイント以上2,000ポイント単位
  • ボーナスポイント:無
  • 電子マネーチャージ:モバイルSuica、SMART ICOCA
  • ※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外
  • 家族カード:3枚まで発行可能(本会員が初年度の場合は無料/次年度以降400円(税抜)、ただし条件付無料)※当年度のカードショッピング利用合計金額(本会員と合わせて)が30万円以上の場合は次年度無料
  • ETCカード:発行手数料・年会費ともに無料
  • 旅行保険:海外旅行傷害保険(自動付帯)/国内旅行傷害保険(利用付帯)
  • ショッピング保険:無
  • 提携サービス宇佐美サービスステーション

それぞれのカード機能の比較

1. 提携ブランド

提携ブランドについては、漢方スタイルクラブカードJCB・VISAブランドから選択することができますが、エクストリームカードVISAのみです!VISAは使えるところが多いので、特にデメリットにはならないと思います。

2. 支払日

漢方スタイルクラブカード・エクストリームカードともに月末締め/翌月27日払いです。JACCS発行のカードはこの締日・支払日設定がメジャーのようですね!

3. 年会費

  • 漢方スタイルクラブカード初年度無料、次年度年会費が1,500円(税抜)
  • エクストリームカード初年度無料、次年度年会費が3,000円(税抜)※条件付き

年会費はエクストリームカードが高いので一見、漢方スタイルクラブカードのほうがお得?と思いますが、エクストリームカード当年度のカードショッピング利用合計金額が30万円以上の場合は次年度無料という条件を達成すると年会費が無料です!普段使いしている方は年会費無料の条件は既に到達しそうです。家族会員がいれば利用金額も合算できるので、なお効率アップ。

このような条件付きでの年会費優遇は漢方スタイルカードにはないので、年会費の面ではエクストリームカードが優位ですね。ただし、年会費発生しないよう年間30万円以上の利用前提で決済を心がけましょう!

年会費部門:エクストリームカード(※条件付き無料)>漢方スタイルクラブカード(JCB/VISA)

4. ポイント

漢方スタイルクラブスタイルカードの場合

年会費がかかる漢方スタイルクラブカードですが、還元率の部分では1.5%(2,000円=6ポイント)Gポイント交換で還元率が1.5%まで引きあがるエクストリームカードに匹敵。しかし、Jデポ利用に限ってはエクストリームカードでは1.25%なので漢方スタイルクラブカードに軍配が上がります。

エクストリームにはないサービスポイント獲得数に応じてボーナスポイントが付与されることで更なる加算も狙えるのがこのカード強いところです!このボーナスポイントの付与を上手く利用&Jデポへの交換年会費相当を実質無料に近づけることもできます!下記ボーナスポイント獲得の条件を満たすようにガンガン使い倒していきたいですね。

毎年2月~翌年1月の獲得ポイント
  • 2,000ポイント~3,499ポイント250ポイント
  • 3,500ポイント以上350ポイント 
ポイント交換先(300ポイントの場合)
  • 薬日本堂商品割引券3,000円分
  • Jデポ1,500円
  • ANAマイル900マイル(移行手数料無料)

薬日本堂商品割引券として利用するのもかなり良い還元率ですが、利用する場面が限られてしまいますね。しかし、薬日本堂を利用している方にとってこのポイント還元率はかなり凄いものと感じるでしょう。

KAMPO STYLE CLUBポイントはANAマイルへの交換も一応可能ですが、還元率がイマイチなのでこのカードを使ってANAマイルをためている方は稀だと思います。どうしてもANAマイルを補填する必要がある!という場面のときには重宝しそうです。

有効期限としてポイント付与月から起算して24ヶ月が設定。ほぼエクストリームカードと同条件です。その間に上手く交換を行えればそこまで気にする必要のないところです。しかも、ポイント交換単位がエクストリームカードより小さい300ポイント以上300ポイント単位という部分はメリット。エクストリームカードの場合は2,000ポイント以上2,000ポイント単位なのでこの点では漢方スタイルクラブカードが優位ですね!

エクストリームカードの場合

還元率の部分では1.0%(1,000円=10ポイント)です。エクストリームカードは高還元率がウリですが、1%の還元率では別のカードでも同じくらいポイント獲得できるものは多数存在します。

実はエクストリームカードの秘密は、交換先ポイントである「Jデポ」「Gポイント」にあります!

ポイント交換先(Extreme Cardポイント2,000ポイントの場合)
  • Jデポ 2,500円分(還元率1.25%)
  • 3,000Gポイント還元率1.5%

クレジットカードを使ってたまるExtreme Cardポイントでは還元率1.0%(1,000円=10ポイント)ですが、提携先へ交換することで一気にアップするのです。

Gポイントは、様々なポイント交換先・提携先がありショッピングやサービス利用でポイントをためることができるポイントサイトです。このGポイントへの交換こそ、エクストリームカードの大きなアドバンテージとなります!Gポイント交換先の充実度が非常に高いです。他社ポイント、航空マイル、電子マネーなど…その利便性の高さも相当なもの。Jデポがキャッシュバックと同様の利用が可能ですが、こちらも電子マネーに換えたりすると同様に現金扱いで使えますね。

主なGポイントの交換先
  • ポイント系:Tポイント、リクルートポイント、dポイント、au WALLET など…
  • 電子マネー系:nanaco、楽天Edy、メトロポイント、Suica、WAON など…
  • 航空マイル系:JAL、ANA、デルタ航空、ユナイテッド航空
  • その他:Amazonギフト券、LINEギフトコード など…

Gポイント交換先

これだけ提携先があれば、普段の暮らしで使えるポイントはほとんど網羅しているのではないでしょうか。Gポイントをためたポイントをどこで消費しようか選ぶ楽しみがあるのは良いことだと思います!

条件を満たして年会費無料にし、JデポやGポイントへの交換で還元率が上がるというユニークなカードです。還元率を考慮すると、Jデポへの交換より、Gポイントへの交換のほうがよりお得度が増します

Extreme Cardポイントにも有効期限があり、ポイント付与から2年間と設定されています。随時タイミングをみて交換してうまく消費していくのが良いでしょう。しかし、ポイント交換については2,000ポイント以上2,000ポイント単位とやや高め設定なのが弱点です。

ポイントではないですが、提携先である宇佐美サービスステーションを利用する方はエクストリームカード決済でいつでも「リッター2円引き」というサービスも覚えておくといいですね。

二つのカードに共通しますが、ネットショッピングを行う際にはJACCSモール経由でというのは外せません。ここを経由していくとJデポの還元がありますので、お得度アップには利用必須ですよ!

  • 交換単位は大きいが、Gポイントへの交換で1.5%へ還元率をアップ出来るエクストリームカード
  • 交換単位が小さくポイント還元率は常に1.5%!更にボーナスポイント制度ありで+アルファが強い漢方スタイルクラブカード

どちらもかなり魅力的なのですが、やはり「ポイント」の面をみると漢方スタイルクラブカードが上でしょうか。

ポイント部門:漢方スタイルクラブカード≧エクストリームカード

5. 電子マネーチャージ

クレジットカード×電子マネーチャージは、ポイントGETには必ず考えなくてはならない重要な判断材料です。同じJACCSの発行でも、漢方スタイルクラブカードとエクストリームカードでも違っています。

楽天Edyへのチャージはポイント付与対象外なのは共通ですが、漢方スタイルクラブカードではnanacoへのチャージでわずかながらポイント付与はあります。

漢方スタイルクラブカード
  • nanaco(2,000円=1ポイント)、モバイルSuica、SMART ICOCA
    楽天Edyへのチャージはポイント付与対象外
エクストリームカード
  • モバイルSuica、SMART ICOCA
    nanaco・楽天Edyへのチャージはポイント付与対象外

少しでもnanacoチャージでポイントを加算できるので、取りこぼしがない漢方スタイルクラブカードが一歩上ですね!

電子マネー部門:漢方スタイルクラブカード>エクストリームカード

6. 家族カード・ETCカード

家族カードETCカードは効率的なポイント獲得の強力な味方となります。この二つのカードで大きく違うのは年会費の有無ですね。家族会員でもエクストリームカードでは条件付きで年会費優遇が用意されていますが、漢方スタイルクラブカードには家族会員にも必ず年会費が必要です。

漢方スタイルクラブカード
  • 家族カード:3枚まで/本会員が初年度の場合は無料/次年度以降400円(税抜)
  • ETCカード発行手数料・年会費ともに無料 
エクストリームカード
  • 家族カード:3枚まで/本会員が初年度の場合は無料/次年度以降400円(税抜)※ただし条件付き無料
    →当年度のカードショッピング利用合計金額(本会員と合わせて)が30万円以上の場合は次年度無料
  • ETCカード発行手数料・年会費ともに無料
家族カード部門:エクストリームカード>漢方スタイルクラブカード
ETCカード部門:エクストリームカード=漢方スタイルクラブカード

7. 保険

旅行保険やショッピング保険の点では、どちらも同じですね。

  • 海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険(利用付帯)

となっていますよ!

ショッピング保険(購入した商品を保障してくれるもの)は漢方スタイルクラブカード・エクストリームカードともに付帯は無しなので、他のカードでカバーする必要がありそうです。保険内容についてはどれも差異がないので他の部分の判断材料にするとよいでしょう。

Jデポとは?

Jデポ:カードショッピング利用金額から、Jデポ金額分を自動的に差し引いて請求されるシステム)※年会費、キャッシング、Jデポ有効期間外の利用分は値引き対象外。

このJデポへの交換で購入した商品やサービスなど対象を問わず、キャッシュバックのような使い方ができるのが強み。

  1. KAMPO STYLE CLUBポイント・Extreme Cardポイントをためる&Jデポへ交換する
  2. Jデポの利用案内が届く(明細書に表示あるいは書類で案内)
  3. Jデポには有効期間を確認
  4. Jデポ有効期間内にカードでショッピング
  5. ショッピング利用金額より値引きされて請求を受ける

Jデポの有効期限は3ヶ月ですが、カード利用を行っていれば有効期限内に請求金額から自動的に値引きされるのであまり気にせず利用することが出来ます。それぞれ魅力的なところがいっぱいありますので、ポイントの使い方や貯め方を比べてライフスタイルに合った1枚を選ぶようにしたいですね!

漢方スタイルクラブカードとエクストリームカードの改悪?

漢方スタイルクラブカードのかつての還元率は驚きの1.75%(2,000円=7ポイント)!明らかに他のカードに比べて突出した高さが人気でした。
改悪の変遷は下記の通り。

  • 2015年6月:nanacoへのチャージでのポイント付与率の改悪(1.75%0.25%/2,000円=7ポイント→2,000円=1ポイント)
  • 2015年12月:通常還元率1.75%→1.5%改悪(2,000円=7ポイント→2,000円=5ポイント)
  • 2016年2月:毎年2月~翌年1月の獲得ポイント3,500ポイント以上で付与されるボーナスポイント改悪(ボーナス500ポイント→350ポイント)

昔のサービスのままですと、エクストリームカードより優位だったのは間違いありません。エクストリームカードはまだ最大1.5%(Gポイントへの交換時)の還元率を堅持していますが、カード会社であるJACCSのみならずGポイントの制度の変更などにも要注意です。定期的に確認したほうがよさそうです!

結局どちらがおトク?

この二つのカードで違う点・比較したい部分は、下記の5つに絞られるかと思います。

  • 年会費が発生するかどうか
  • Jデポで使うか、Gポイントで使うか
  • ポイント最低交換数と単位
  • nanacoへのチャージをするかどうか
  • 薬日本堂を使うか、宇佐美サービスステーションを使うか

どちらのカードにも共通することは、メインカードとして決済を集中させることが大前提というところです。中途半端な使い方で年会費の発生あるいは還元されるポイントが年会費を下回ってしまう…という事態を避けることが必要になってきます。

漢方スタイルクラブカードが向いている人
  • 年会費は気にしない
  • 薬日本堂を利用する
  • メインとして使い倒す予定
  • ポイント提携先の充実度よりJデポ一本
  • ポイント交換単位は小さいほうが良い
  • nanacoへチャージする
エクストリームカードが向いている人
  • 年会費はなるべくおさえたい
  • Gポイントサービスを利用している、ポイント交換先の幅を広げたい(TポイントとANAマイルはGポイント経由で高い比率での交換が可能)
  • ポイント交換単位は多少大きくても気にしない
  • 特にTポイント・ANAマイルをためているは必携!(Gポイントからの交換で高い還元率!)
  • 宇佐美サービスステーションを利用する人(カード決済でいつでもリッター2円引き)
  • 専門性(Jデポ)の高い=漢方スタイルクラブカードか?
  • 汎用性(Gポイント)の高い=エクストリームカードか?

好みで選んでみるとよいでしょう!どちらも良いカードです!

↑一番最初に戻ってもう一度読み直す↑

5000円分の楽天ポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式ページへ移動します

キャッシュバックキャンペーン中のクレジットカード
※クリックすると表示されます
【楽天カード】5000円分の楽天ポイントもらえる
【Yahoo!JAPANカード】1万円分のTポイントもらえる
【エポスカード】8000円分のポイントもらえる
【三井住友VISAカード】最大1万円分キャッシュバック
【dカードGOLD】最大12000円分キャッシュバック
【アメックスカード】合計15000ポイントもらえる
【アメックスゴールド】合計30000ポイントもらえる
"いざ"という時の救世主カード
※クリックすると表示されます

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い