「JTB旅カード」にはゴールドカードも用意されており、それなりのサービスが装備されています。ゴールドカードにはどのような特徴があるのでしょうか?

年会費は一般カードが1,600〜2,000円(基本カードとJMB・スーパーロードによって違う)であるのに対し、さすがのゴールドカードは10倍違い年会費がかかってきます。

その年会費を支払うだけの価値はあるのか?一般カードと比べてのお得度は?それではまず一般カードとの違いから、見ていきましょう!

スポンサードリンク

JTB旅カードのゴールドカードしかない特典

  • ショッピング利用によるポイント還元率1.5%!(提携店では2〜5%)
  • 海外旅行保険が充実!(死亡保障・後遺障害は最大5,000万円、個人賠償責任は最大1億円)
  • 隔月発行の会員紙には7,500円分の旅行に使えるクーポンが毎号付録
  • 国内旅行でも通院・入院保険金が保障される!

ゴールドカードの年会費は15,000円+税(家族会員1枚目無料)となっているため、会員紙に付録されているクーポンを利用すれば、旅行を2回するだけで年会費が相殺されてしまうということになります。

また、ショッピング利用のポイント還元も並行することによって、「旅行したい!」という楽しみと情熱に充分応えてくれる度量があるカードであると思います。

ちなみに、一般カードとも共通する他のサービスについては下記にまとめてみます。

  • ショッピング利用によるポイント還元率1%(提携店では2〜5%)
  • 旅行保険完備(国内・海外)
  • カードで購入した商品の損害を補償してくれる「ショッピング保険」
  • 旅行先でのトラブル対応、レジャー・交通機関などの手配をサポートしてくれる「旅カードデスク」
  • 国内のレジャー施設を割引利用できる「えらべる倶楽部」
  • 旅行先でまとまった現金がなくても治療を受けられる「キャッシュレス・メディカルサービス」

基本装備でもこれだけの充実度です。ゴールドにすることによって、まるで旅の玄人になったような気分でより身軽に、旅行を楽しむことができそうですね。

JTB旅ゴールドカードのブランドは何が良い?

クレジットカード選びの際に意外と重要ポイントになるのが、ブランドなのではないでしょうか。ブランドの違いによっては利用代金の締め日と支払い日が違ったり、支払い方法が違ったりということもあります。

それでは、旅ゴールドカードのJCBとVISAの2つのブランドを比較してみましょう。

  • 利用代金はともに、毎月15日締め翌月10日払い
  • 1回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いなど、各種支払い方法に対応している
  • ポイント付与・使用
  • クレジットカードのポイント付与
  • 海外・国内旅行傷害保険
  • 海外旅行取消料補償
  • 国内航空機欠航補償
  • 旅のインフォメーションサービス
  • 会員専用サイトサービス
  • えらべる倶楽部レジャーサービス
  • トラベル&ライフ

ここまでは違いはありません。ですがJCBだけにしかない機能はこんなにもあります

  • カードのデザインを「ディズニー」にできる!
  • ショッピングガード保険あり
  • 付帯保険補償金
  • ライフアクシデントケア
  • 旅プリカ特約店

JTB旅ゴールドカードの場合、ブランドによる支払い方法などの違いはないため、特にVISAにする理由がないようであれば、より機能豊富なJCBにしておいた方がお得感があるかもしれません。

JTB旅カード入会キャンペーン情報まとめ

キャンペーン内容もなかなか魅力的です。JTB旅ゴールドカードの入会キャンペーンをまとめてみました。

JTB旅ゴールドカード入会キャンペーン
キャンペーン対象

(詳細はリンクをクリック!)

キャンペーン特典
JCBゴールドカード 8,000ポイント
VISAゴールドカード 8,000ポイント
ご結婚・ハネムーンのご夫婦(JCBゴールドカード) 8,000ポイント
一方が50歳以上のご夫婦(JCBゴールドカード) 15,000ポイント

キャンペーンの種類で見てもJCBブランドの方が充実していて、「JTB旅ゴールドカード」として推されている印象を受けます。

キャンペーン期間は2017年3月31日までとなっています。ご入会は、お早めに!

スポンサードリンク

↓8種類のカードを厳選しました↓

今月のおすすめカード一覧

スポンサードリンク

クレジットカード13枚利用した私がたどり着いたポイント貯まりやすいカードはこの3枚でした

管理人管理人

2018年5月の段階で発行した枚数は13枚!

でも正直ハズレと思うカードもいくつかありましたし、全然ポイント貯まらないカードもありました。実際に使ってみないとわからないものです…。

その中で、私が実際に13枚のカードを使ってみて、ポイント貯まりやすいと思ったカードがこちらの3枚でした。

  • 楽天カード
  • dカード
  • Yahoo!JAPANカード

なかでもこの3枚は、かなりポイント貯まりやすいので、どのカードにすればいいかわからない場合はこの3枚からひとつ選んでおけば間違いないです。

ちなみに、3枚ともすべて年会費無料なので、カードを作って損することは一切無いので、気軽な気持ちで1枚持っておいて大丈夫です。

1位:楽天カード
管理人管理人

楽天カードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • 楽天市場で使うようにすれば、100円で4ポイント貯まる
  • 楽天ポイント貯まる
  • ETCカード発行可能
  • 楽天ポイント、楽天Edyが一体型

楽天カードは100円につき1ポイント貯まります。ETCカードを発行すれば高速料金に対しても楽天ポイント貯まります。

楽天市場で買い物をすれば、100円につき2~5ポイント貯めることもできます。楽天市場ってほぼすべてのジャンルの商品が揃っているので、普段の買い物を楽天市場で買うようにするだけでポイントはものすごく貯まりやすくなります。

実際に私も、生活用品や日用品、家具や家電なども楽天市場から買うようにしています。家電量販店や薬局などで商品を目で確認して型番やサイズを確認して、最終的に楽天市場で買うという流れです。

私の場合、楽天市場で買い物をすれば、100円につき4ポイント貯まるようになっています。

他の店舗で楽天カードを使えば、100円で1ポイントしか貯まりませんが、楽天市場で購入すれば100円で4ポイント貯まります。4倍もの差があるので、楽天市場を利用しない理由はありません。

しかも、店舗で買うよりも楽天市場で買った方が安い場合もありますしね。メリットだらけです。

貯まった楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルといった楽天関連のサービスで使えますし、楽天Edyという電子マネーに交換すれば、スーパーやコンビニでも楽天ポイントを使うことができます。

なにより、入会キャンペーンでたくさんポイントもらえるのが嬉しいですね。カード発行は無料なのに5000円分もポイントもらえるなんて、発行する価値十分アリです。

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

2位:dカード

管理人管理人

dカードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • dポイント貯まる
  • ドコモ携帯料金の1%ポイント貯まる
  • dポイントを電子マネーiDの支払いに充当できる
  • カード提示でローソン、マクドナルドで割引
  • カード提示でdポイント貯まる店舗も急増中

ドコモが発行しているdカードですが、ドコモユーザーじゃなく誰でも申込可能のカードです。100円につき1円分のdポイントが貯まります。

正直、ポイント業界の中では楽天ポイントがダントツで優位な位置にいると思っています。ポイントも貯まりやすく使い道も広く、対応店舗も多いので、利用しやすい環境がバッチリ整備されています。

それに続いて、dポイントはここ数年で急速に普及が広がっており、楽天ポイントと同等レベルぐらいまで対応店舗が増えております。

支払いをすべてカード払いに切り替えるなら、dカード1枚にまとめるのもアリです。

年会費実質無料!
最大9000円もらえる入会特典実施中!

dカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

管理人管理人

私の場合は、年会費無料のdカードではなく、年会費1万円(税別)のdカードGOLDを持っています。 ドコモユーザーであれば、携帯料金の10%が毎月dポイントとして貯まっていくので、毎月1500円分のdポイントが勝手に貯まり続けています。 dカードGOLDの特徴はこちら

  • 年会費1万円(税別)
  • ドコモ携帯料金の10%のdポイント貯まる
  • ケータイ補償あり
  • 海外旅行の保険の範囲が広い
  • 空港のラウンジを無料で使える
さらにdカードGOLDの詳細を知りたい方はコチラ

最大14000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

dカードGOLDのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

3位:Yahoo!JAPANカード
管理人管理人

ヤフーカードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • Tポイント貯まる
  • ヤフーショッピングやヤフオク、ロハコ利用でポイント貯まりやすい
  • ソフトバンク携帯料金でTポイント貯まる
  • Tポイント使える店舗数も多い

Yahoo!JAPANカード。通称ヤフーカードやワイジェイカードとも呼ばれています。100円につき1円分のTポイントが貯まります。

楽天カードは楽天関連のサービスで、ヤフーカードはヤフー関連のサービスで効果を発揮します。

ヤフーショッピングやヤフオク、ロハコでTポイント貯めたり使ったりできます。ソフトバンクユーザーであれば、携帯料金でTポイントを貯めることもできます。

そもそもTポイントは歴史が長く、ファミマやTSUTAYAを筆頭に対応店舗も非常に多く、楽天ポイントやdポイントと同じように貯めやすいと評判も高いです。

年会費無料!
8000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

Yahoo!JAPANカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます