スポンサードリンク

突然ですが、あなたはどのようなクレジットカードを利用されているでしょうか?または、新たなクレジットカードへの切り替えを検討中でいらっしゃいますか?数あるクレジットカードの中から、自分のライフスタイルやライフステージ、具体的な利用方法に最適なものを見つけるのはとても難しくて途方もなくなるときがありますね。

今回は、そのような方への情報交換の場として、私が普段利用している3種のクレジットカード、「JTB旅カード」「ANAカード」「American Expressカード」について、リアルな使用感や体験談をシェアさせて頂こうと思います。

【JTB旅カード】海外旅行・一人旅をする前に発行

私がJTB旅カードを持ち始めたのは、20代後半のことです。自分にとって初めてのクレジットカードでした。

その当時私は海外への一人旅を考えていて、「旅先であまり現金を持ち歩きたくない」という思いや、「いざという時に海外でもキャッシングできる」ためにクレジットカードを作ろうと思い、JTB旅カード「世界各地(55都市)に日本語サポートデスクがある」という点が決め手に発行しました。

このカードと出会う前に私はJTBのフランスへのパッケージツアーを経験して、素晴らしいサービスであったので、JTBという企業に対して単純に好感や信用を持っていたということもあります。

実際に一人旅に出た時、このJTB旅カードは大いに役立ってくれました。私は最低限の英語は使うことができたのですが、旅行先はフランスやドイツだったので英語を話さない人も多く、また鉄道の切符は完全に現地のフランス語やドイツ語です。行き先を間違ってはいけないと、私はJTB旅カードの現地サポートデスク「JTB旅カードデスク(Jiデスク)」の方にお願いをし、電話口で欲しい切符の通訳をしてもらいました!

「旅にはトラブルがつきもの」で、ドイツにいる時にもピンチな場面に遭遇したのですが、サポートデスクの方が親切に対応してくれたおかげで、安心してピンチを乗り越えることができました。通訳の人がついてきてくれているような感じ。

今後も海外旅行をする時には大きな安心感となってくれそうです。

よって私はこの現地のサポートデスクを利用するためにJTB旅カードを持っていると言っても過言ではなく、普段のショッピングではほとんど利用していません。

旅行の際も私はほとんどパッケージツアーを利用しない方なので、カード利用によって貯まるJTBの「トラベルポイント」を貯めることもしていませんが、反対にパッケージツアーを利用することが多いという旅行好きの方には、普段使いをすることによってポイントが貯まり、旅行に行く機会を増やしてくれる、という素晴らしいカードであると思います。

【アメックスカード】生活費のすべてはこのカードで支払い

次に、アメックス(American Express)のカードについてお話させていただきます。アメックスカードは家族と共に2〜3年ほど利用していたと思います。生活の中で発生する支払いはすべてこのカードにまとめていました。

なぜならば、ANAマイルを貯められるからです!!(厳密に言うと、カードのポイントを貯めてマイルに交換するためです。)

他にもANAマイルにポイント交換ができるクレジットカードはありますが、アメックスの持つブランド力や特典に惹かれて、アメックスを選びました。

私が利用していたのはアメックスブランドとANAカードが合体した「ANAアメックスカード」で、アメックスのホスピタリティを体感できるという特徴がありました。(例として、空港のラウンジ利用や旅行保険など。)

数年利用してそれなりのポイントが貯まりましたが、旅行に行く機会を逃していたのと、ポイントからマイルへ交換する際に手数料が発生するため、ポイントはショッピングの支払いに充当しました。

高額のショッピングをした時にはアメックスのサポートデスクから確認の電話をくれたりと、「敷居が高そう」なブランドイメージとは違って、いつも見守っていてくれるような身近さを感じました。その分、口座に入金しておくのを忘れた時にもすぐさま確認の電話を頂き、冷や汗をかいたこともありました。

年会費は本家アメックスの一般カードより5,000円安い、7,000円+税です。

アメックスブランドのカードを持ちたいけれど、「年会費が高いなぁ」「アメックスの審査に通るか自信がない」という方にとっては、アプローチしやすいカードであると思います!

【ANAカード(Master Card)】マイルを貯めるために発行

「ANAマイルを貯めて旅行に行く!」と意気込んでいた私ですが、前述のように、ポイント有効期限内に旅行に行くタイミングを逃していたことと、サービスの利用状況と年会費のバランスから、ANAアメックスカードを更新せずに一般的なANAカード(Master Cardブランド)へ切り替えるということをしました。

現在はこのカードに、公共料金や通信費など毎月必ず発生する支払いをすべて移行して利用しています。目的はやはり、マイルを貯めやすいというところです。

こちらのカードには各種電子マネー機能も搭載されていますので、コンビニをはじめとする特約店での利用でお得にマイルを貯めることもできます。

結果的にマイルを貯めることが目的であれば、ブランドはさほど重要ではなく、あとは利用代金の締め日や支払日、それぞれのブランドの好みなどによって選ぶことが一番なのではないかと考えるようになりました。

幸いにもANAカードには、数多くのブランドが勢ぞろいです。よりどりみどりすぎて、逆に選ぶのが大変になりそうですが…。

(30代・女性・会社員)

スポンサードリンク
カードの引き落とし日に間に合わないかも…

コメントをどうぞ