クレジットカードを作ろう!と決心した時、みなさんどのように申込みしますか?

基本的には、カード発行店舗の特設カウンターや郵送・インターネットでの入会が思い浮かびますよね。

今回ご紹介するJMBローソンPontaカードVisaは、郵送やネット申し込みができますが、ネット申し込みにも種類があります。

いろんなサイトを見て、申込み方法に迷った方は、是非この記事を読んで公式サイトから申込みするメリットを、是非知っておいて下さい。

JMBローソンPontaカードVisaを手に入れて、お得で快適にポイントが貯まる生活を始めましょう!

JMBローソンPontaカードVisaは公式サイトからの申し込みがお得?

1-1.カード申し込みの種類

JMBローソンPontaカードVisa申込み方法は、大きく分けて郵送とインターネットの2パターンがあります。

郵送は、ローソン店頭にある入会申込書に記入し、本人確認書類を添付して、切手不要の封筒に入れてポストへ投函します。

インターネットでの申し込みは、実は公式サイトだけではなく、キャンペーンサイトからも申し込みが出来ます。

ここで気をつけて欲しいのが、申し込んだサイトによって特典が違う可能性があるという事です。

1-2.公式サイトとキャンペーンサイト

では、公式サイトとキャンペーンサイトのどちらがお得なのでしょうか。

実は、お得そうなキャンペーンサイトでは特典がなく、公式サイトではコンスタントに新規入会プレゼントをしているという事もあるので、注意しましょう!

公式サイトでは、現在新規入会1000ポイントプレゼントを行っています。

しかし、キャンペーンサイトにはその表記がなかったりするのです。

ちなみに、キャンペーンサイトとは、JMBローソンPontaカードVisa関連の記事を調べようとした時に、検索結果の前に出てくる広告ページです。

(GoogleやYahoo!では広告と表記されています。)

キャンペーンサイトでも、まれにお得な情報が掲載されている事もあるので、入会前には、まずこの2種類がある事を知っておきましょう。

1-3.ポイントサイト経由

みなさんは、げん玉やハピタスなどが有名なポイントサイトをご存知でしょうか。

ポイントサイトは、広告動画を見たり記事を読んだり、サイトに登録する事で、そのサイト独自のポイントを貯め、一定のポイントが貯まったら、TポイントやAmazonギフト券等、使えるポイントに交換できるというサイトです。

このようなサイトを経由してJMBローソンPontaカードVisaを発行すると、高額ポイントがゲットできる事も多くあります。

しかし、面倒なサイト登録やポイント交換申請があったり、交換に手数料がかかったり、カード1枚を発行したくらいではポイント交換できないので、別の方法でコツコツポイントを稼がなければならなかったり、いろいろ苦労があります。

それに比べて、JMBローソンPontaカードVisa公式サイトでの申込みなら、ポイントプレゼントも単純明快で、発行時も申し込み→電話確認の2ステップから、カード受け取り時に身分証を見せればいいだけなので、手間もかかりません。

大量ポイント獲得できると思ってポイントサイト経由をした結果、お金に換算したら50円程度の得だったという事もあるので、利用する方は気をつけて下さい。

一番のおすすめはJMBローソンPontaカードVisa!

Pontaカードは、可愛いたぬきのポンタのデザインが基本カードですが、ローソンやゲオなど、提携店によって違うデザインで発行されています。

しかし、これらは基本クレジット機能のな無いポイントカードです。

ローソンで使う機会が多いなら、断然JMBローソンPontaカードVisaをおすすめします。

では、通常のPontaカードと比較して、どんなメリットがあるのでしょうか。

ローソンで使うとポイント2倍

JMBローソンPontaカードVisaの最大のメリットはローソンのクレジット払いでポイント2%の高還元率になるという事です。

通常はPontaポイントが100円で1ポイントなのですが、クレジットカードを利用すれば2ポイント!

よく行くコンビニはローソンだという方や、職場の近くにローソンがあってついつい寄ってしまいがちという方にはおすすめです。

コンビニのような少額お買い物でも、積もり積もればいつの間にかポイントでお買い物できるくらいになっていたりしますからね。

ローソン店内では、お得な引換券や、ボーナスポイントなど、Pontaユーザーに優しい特典が転がっているので、見逃さないようにしましょう。

ローソンで使うとマイルも貯まる

先ほどローソンでのクレジット払いで、Pontaポイント2倍のお話をしましたが、JMBローソンPontaカードVisaでは、更にJALマイルも加算されます。

利用時に都度ではなく、1か月の利用金額に応じて、200円につき1マイル貯まります。

もし月に5000円ローソンでお買い物をしているなら、自動的に月25マイル…年間300マイル貯められる、と言った具合です。

2018年2月28日までの特典のようですが、これによって入会する方もいるでしょうから、好評であれば期間延長される可能性も無きにしも非ずなキャンペーンですね。

ローソンの宅配サービス利用ならダブルポイント!

ローソンでは、家にいながらローソンの商品を宅配してもらえるネットスーパー・ローソンフレッシュというサービスがあります。

ナチュラルローソンや大地を守る会の体に優しい商品や、人気の成城石井やらでぃっしゅぼーやの商品も一緒に購入できるので、子供が小さい家庭や、健康に気をつけたい方に選ばれています。

毎週決まった商品が届く定期コースもあるので、外出が困難なご高齢の方にも助かるシステムです。

この、ローソンフレッシュの支払いをJMBローソンPontaカードVisaにすれば、200円ごとに1ポイント貯まり、更に、クレジットカード利用で貯まる月1000円ごとに5ポイントに分も加算されます。

ダブルポイントで月1000円で10ポイント貯まる事になりますね。

JMBローソンPontaカードVisaを公式サイトから申し込む手順

1.JMBローソンPontaカードVisa公式サイトへアクセスし、「お申込み」ボタンを押す。

セゾンカードの公式サイト内に、JMBローソンPontaカードVisaのページがあります。

他のセゾンカードを既に持っていて、セゾンNetアンサーに登録済の場合は、簡単申込みも可能です。

公式サイト:http://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca130.html

2.申込みの流れに同意し、個人情報を入力

クレジットカードの審査に必要な情報を入力します。

氏名・住所・電話番号はもちろん、世帯や所得、ローンについても入力しなければならないので、把握しておきましょう。

3.申込み完了メールが届き、カード会社から確認の電話がかかってくる。

通常は、申し込み後30分以内に確認メールが届きます。

電話は、当日にかかってくる場合もありますし、翌日以降の可能性のもあります。

10:00~20:00に着信するので、出られるようにしておきましょう。

また、未成年の場合は、親権者の同意確認後になるので、電話がかかってくるまでに時間がかかるかもしれません。

親権者と連絡先が違う場合は、先にカードについて連絡が来る事を伝えておきましょう。

4.審査完了メールが届き、審査通過できたら7営業日以内にカードが郵送される。

クレジットカードを使うという事は、前借り後払いでお買い物をするという事ですから、カードの発行に信用できる人かどうか審査が必要です。

この審査に通れば、無事にカードが発行されます。

5.郵送にてカードを受け取る際に、本人確認書類を提示する。

JMBローソンPontaカードVisaでは、インターネットで申し込んだ場合、書類のやりとりがないので、本人確認はカード郵送の受け取り時になります。

配達員に免許証などの身分証明書を提示しなければ、引き渡してもらえません。

JMBローソンPontaカードVisaを申し込む時の注意点

申込みフォームの入力は正しく!

公式サイトから申し込む場合、フォームにたくさんに個人情報を入力していかなければなりません。

氏名や住所、電話番号は、間違っていた場合、カード会社からの連絡が滞ってしまいます。

すぐにカードが発行したくても、入力内容が間違っていればそれだけ時間がかかってしまう事も…。特に、メールアドレスには注意が必要です。

日本人にとって英語表記のアドレスは、1字でも見落としやすい文字の羅列です。入力都度、各項目間違いがないか確認しましょう。

職場や親権者へ事前確認を!

申込みには職場の正式名称や住所、電話番号も確認して正しく入力しましょう。分からないから適当でいいや!という考えは、とても危険!

カード審査の過程では、在職確認で職場にカード会社から電話が来る可能性もあります。

その際、会社によっては、「クレジットカード申込み等に記載する電話番号はこの部署の番号!」と決まっている場合があります。

会社の情報は簡単に外に持ち出してはいけませんし、会社側もむやみに外部からの電話に所属社員の情報を伝えていいわけではありません。

個人情報を丁重に取り扱う大手の会社や、部署の多い会社、電話番号の多いコールセンターなど、いつも社員が使っている番号でも、社外には伝えてはならない電話番号もあるかもしれません。

まずはカードの発行する際、自身の職場どのようなルールがあるか上司や担当部署に確認しておきましょう。

また、未成年の場合は、申し込み後にまずはカード会社から親権者に同意の連絡がある為、先に伝えておきましょう。

虚偽の情報を書かない!

JMBローソンPontaカードVisaの発行において、虚偽申告はご法度です。

クレジットカードなので、所得額は多めに申請した方が、審査に通りやすいかもしれない、と考えていませんか?

カード会社は、審査の際、会社に見合った収入かどうか等も見ています。

また、私たちの今までのクレジットカードやローンに関する情報は信用情報機関に記録されており、カード会社で照会する事もできます。

借入金を誤魔化したりできませんし、今までのクレジットカードで支払い遅延が多かったりすれば、それもバレてしまうのです。

所得額がバラバラなので、少し多めに申請するというくらいは許されますが、あまりに大きな差のある所得額や家賃の申告は、怪しまれて審査に通らないかもしれません。

 ショッピング枠・キャッシング枠は低めを推奨

JMBローソンPontaカードVisaには、お買い物で使えるショッピング枠と、直接現金を借りられるキャッシング枠があります。

申し込み時、キャッシング枠は10・30・50万と選べますが、出来るだけ低い額を選びましょう。

クレジットカードと作るという事は、実際に借りていなくても、このカードで借りられる額を常にいつでも使って良い=借金している事と同じと見なされます。

その為、もし今後家を建てたり事業を始めたいと思った時、ローンの審査に影響します。

ショッピング枠も、カード発行後に見直すこともできるので、本当に必要な額に設定する方が、おすすめです。

確実にカードが受け取れる状態か確認!

公式サイトで申し込んだJMBローソンPontaカードVisaの受け取りは、配達される際に本人限定受取郵便(特定事項伝達型)という形で郵送され、配達員に身分証明書を提示する必要があります。

通常添付する免許証のコピーなどが、申込み時に不要な代わり、受け取り時に確実に身分証明をしなければなりません。

その為、郵送される時期に必ず受け取れる環境を整えておきましょう。

まずは手元に免許証、保険証、パスポート等、身分証を1種類用意し、受け取り住所に間違いがない事も重要です。

引っ越しや長期不在の予定がある場合は、転送や郵便局窓口でなら受け取れるかなど、先に手を打っておく必要があります。

まとめ

  • 申込みはセゾンカードからの公式サイトがお得
  • 入力フォームには正しい情報を!
  • JMBローソンPontaカードVisaはローソンの利用でポイントUP

JMBローソンPontaカードVisaは、郵送申し込みだと免許のコピーやポストに投函などの手間もかかります。

公式サイトで申し込めば、入力して電話に出るだけで審査へと進むので、最低限のルールを守って正しく入力すれば、そこまで難しくありません。

更に、公式サイトなら安定してプレゼントポイントがもらえたりもするので、どのページから申し込めばいいのか、申込みボタンを押す前に慎重になって下さい。

スタートから効率よく、少しでもお得な方法を知っていれば、これからのJMBローソンPontaカードVisa生活も快適になるはずです!

楽天カード入会キャンペーン実施中!
カードの支払日を過ぎてしまったら…

【支払い遅れそう…】カードの引き落とし日に間に合わなかったらどうなるの?