クレジットカードに興味がある人であれば、「JCB」という言葉は誰でも知っているはずです。JCBとは、日本唯一の国際ブランドであり、様々なクレジットカードにJCBのマークが記載されています。

しかし、これらの提携カードはJCBが審査を行っているわけではありません。提携している各クレジットカード会社が審査を行っているのです。

これに対し、JCBが独自に審査から発行までしているクレジットカードもあります。プロパーカードと呼ばれるJCBカードが該当します。

シンプルでスタイリッシュなデザインのカードもあれば、ディズニーのキャラクターが描かれているカードもあります。デザインが良かったために、審査に申し込んだ人も多いでしょう。しかし、銀行系のクレジットカードのため、審査基準は厳しめとなっています。

審査が厳しいため、審査に落ちてしまったという人も多いはずです。どうして審査に落ちてしまったのか?再審査の際には何を注意すべきか?そんな疑問にお答えします。


▶【人気急上昇中】審査に落ちた人でも申込みできるクレジットカードはコレだ!

審査はどのくらいかかるのか?

審査は、WEB申し込みであれば、最短数十分程度で終わることもあります。

そして、1週間後までにはカードが到着することが多いために、カード発行までにかかる時間が比較的短いクレジットカードになります。

しかし、人気のクレジットカードのため、申し込み状況によっては審査に数日かかることもあります。

特に、決算時期やカードの限定デザインが発行されている時期には、申し込みが増えるために、審査だけでも1週間程度かかることも珍しくありません。

そのため、審査結果の連絡が遅くても、諦めずに1週間程度は結果を待つようにしましょう。

もし、1週間経ったにも関わらず審査結果の連絡がない場合には、電話で問い合わせてみて下さい。

尚、審査の結果が否決になったとしても、その旨の書類が自宅へすぐに郵送されてきます。

家族にクレジットカードの作成や、審査に落ちたことを知られたくない場合には、否決の連絡を受けてすぐに書類不要の電話を行うなどの対策が必要になります。

JCBカードの審査基準とは?

冒頭でお話ししたように、JCBカードの審査基準は厳しいです。

もし、下記の事項に該当してしまったときは、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

クレヒスがないため

クレヒス(クレジットヒストリー)とは、クレジット支払いの履歴のことを言います。信用情報機関に照会することにより、申込者のクレジット支払いの履歴が分かります。

履歴には、きちんと支払いが行われたという情報や、支払いが遅れた、支払われなかったという情報が載っています。

しかし、クレジット支払いを行なっていない人には履歴が全く残っておらず、クレヒスがないのです。

現金でしか支払わないために、本当にクレジット支払いを行ったことがなく、クレヒスがないという人もいるでしょう。

しかし、携帯電話の分割支払いですらクレヒスとして履歴が残ります。

そのため、クレヒスが残っていないということは、何らかの理由により、クレジット支払いができなかった人の可能性が高いのです。特に、債務整理や自己破産を行なった人はクレジット支払いができず、5年経つとその情報がなくなります。

そのため、見た目上はクレヒスがない状態となっているのです。

5年前にお金を貸した相手から、「自己破産したからまたお金を貸してくれ」と、言われてもお金を貸したいとは思わないですよね?クレヒスがない人は、審査で自己破産や債務整理を行なった人と判断されてしまい、審査に落とされてしまうのです。

ブラックリストに載っている

「ブラックリストに載っているとクレジットカードが作成できない」ということを聞いたことがある人は多いでしょう。

しかし、実際にこの人はカードが作成できません、といったリストが作成されているわけではありません。信用情報機関へクレヒスを照会し、以下のような事故情報が確認されると、ブラックリストに載っていると判断されるのです。

  • 返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
  • 返済が行われず保証契約における保証履行が行われたもの
  • 裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)

この条件に該当する人へお金を貸しても、返ってくる見込みがありません。そのため、審査に落ちてしまう可能性が高いのです。

また、ブラックリストに載っていなくても、履歴に遅延が多い場合にはクレヒスにキズがある状態となります。このような状態でも、審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

JCB保証のカードで事故を起こしたことがある

クレジットカードの作成では、担保や保証人は必要ありません。

しかし、支払いの遅延、遅滞や、貸した金額を返済してもらえない可能性もあります。そのため、各クレジットカード会社は、代位弁済を行なってくれる保証会社を使用しているのです。

もし、クレジットカード会社が被害を受けた場合には、保証会社がクレジットカード会社に、代位弁済を行なってくれるようになっているのです。JCBも保証会社としての業務を行なっています。

では、JCBカードの保証会社はどこなのでしょうか?それは、JCB自身が保証会社となっているのです。

過去にJCBが保証会社として代位弁済を行なったことがある人は、既に社内ブラックになっている可能性があります。このような状態でJCBカードを申し込んでも、審査を通る可能性が低いのです。

スコアリングが低いため

各クレジットカード会社は、申込者の属性をスコアで点数付けています。カード会社によってスコアリングの基準は異なるものの、属性が良いほど高いスコアになっています。

例えば、「転職してすぐにクレジットカードが作れた」、という口コミを見たことがあるのではないでしょうか。転職してすぐであれば、また会社を辞めてしまうというリスクがあります。

そのため、転職してすぐという属性には、低い点数しか付けられません。

それにも関わらず、クレジットカードが作成できているのであれば、このクレジットカード会社のスコアリングの基準が甘いことが分かります。審査が甘めのカード会社であると言えるのです。

JCBカードの場合には、他のクレジットカードと比べて、スコアリングが厳しくなっています。もし、JCBカードの設定するスコアリングを満たすことができなければ、審査に落ちてしまう可能性が高いのです。

再審査申し込み時に気をつけること

JCBカードに再審査を申し込むことは何度でもできます。

しかし、何も変わらないまま審査を申し込んでも審査を通る可能性は変わりません。また、申し込む期間も重要になります。

クレヒスを作る

クレヒスがないために審査に落ちてしまった場合には、クレヒスを作ることにより審査を通過できる可能性があります。

今まで本当にクレジット支払いを行なったことがないならば、携帯電話の本体の代金を分割払いにして支払うことにより、クレヒスを作ることができるようになります。

また、債務整理や自己破産を行なったために審査に落ちてしまった人は、まずはクレヒスがなくてもよいクレジットカードを申し込みましょう。

そして、クレヒスを作ってから再審査に申し込むようにして下さい。

属性が変化してから申し込む

スコアリングが原因で審査に落ちてしまった場合、属性に良い変化があると審査を通過できる可能性が高くなります。

例えば、就職後1年経つだけでもスコアは上がります。また、年収が上がった、家を購入したという変化があればさらにスコアが上がりますので、審査を通過できる可能性がさらに高くなります。

しかし、他社から借り入れを行なってしまうと逆にスコアが悪くなり、審査を通過できる可能性が下がってしまいます。JCBカードが欲しいときには、他社からの借り入れを行わないようにして下さい。

審査後6ヶ月以上経ってから再審査を申し込む

信用情報機関にクレヒスを照会したという履歴は、6ヶ月間は消えずに残ります。そのため、もし、6ヶ月以内に申し込んだ場合には、前回審査に落ちたいうことが分かってしまうのです。

 

審査に落ちてしまったのに、また申し込んできたということは、お金によほど困っているというイメージを与えてしまいます。そのため、属性に変化があったとしても門前払いになってしまう可能性があるのです。

また、あまりに「お金を貸して欲しい」としつこく言われると、その人からの電話を着信拒否したくなりますよね?JCBカードに短期間で何度も申し込むことにより、カードの発行が無条件でできない社内ブラックとなってしまう可能性もあります。

そのため、審査後6ヶ月以上経ち、信用情報機関にクレヒスを照会したという履歴が消えるまで待ってから、再審査を申し込むようにして下さい。

JCBカードは、国内外の旅行保険が充実しています。そのため、旅行が多い人にオススメしたいカードとなっています。

また、セブンイレブンやイトーヨーカードーではポイントの還元率も良く、ヘビーユーザーはお得に買い物することができます。「再審査申し込み時に気をつけること」を守りながら、審査通過まで再審査を申し込んでみましょう。


▶【人気急上昇中】審査に落ちた人でも申込みできるクレジットカードはコレだ!

 

↑一番最初に戻ってもう一度読み直す↑

クレジットカード
ランキング特集

クレジットカード 総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い
「審査がちょっと心配…」というあなたにオススメしたい記事
審査に落ちた人でも申込みできる「ACマスターカード」とは?
クレジットカードの審査を絶対に通すためにやるべき13のチェック項目
クレジットカードの審査に落ちたら他カードの審査もできないのか?
クレジットカード限度額の増額審査に落ちる5つの理由と4つの審査基準
楽天カードの審査を確実に通すために準備すべきこと&よくある質問まとめ
   
少しでも多くのポイントを貯めたいあなたに読んでほしい記事
dカードゴールドの還元率と特典スゴすぎ!全員ドコモに乗り換えて発行すべきだわ
楽天カードはポイントの貯まりやすさが魅力!口コミ評判まとめ
Yahoo!JAPANカードとファミマTカードを徹底比較!2枚発行して二重取りできる?
Yahoo!JAPANカードでTポイント貯まる!メリットデメリットまとめ
リクルートカードのポイント還元率1.2%最強!メリットデメリットまとめ
     
マイルを貯めて、家族全員分の海外旅行費用を無料にする方法とは?
ANAマイルを貯めるとどんなメリットが得られるのか?
JALとANAのマイルを貯める4つの方法を徹底解説!
ANASKYコインとは?ANAマイルを使うよりもANASKYコインに交換したほうがお得?
ANAマイルの36か月間の有効期限を少しでも延長させる賢い方法
dカードゴールドで年間1万マイルを貯める陸マイラー必見の最新手法
     
楽天カードを申し込む前に読んでほしい記事
楽天カードの期間限定入会キャンペーンでもらえる8000円分の楽天ポイントを確実にGETする方法と注意点について 
楽天カードの過去の新規入会キャンペーンまとめ!いつ始まる?いつポイント付与される?
楽天ゴールドカードは申し込む価値ある?どう違うのか比較してみた
楽天プレミアムカードは申し込む価値あるのか?どう違うのか比較してみた
楽天カードの審査時間は遅い?審査結果はいつ頃メールで届く?
     
dカードGOLDを申し込む前に読んでほしい記事
dカードGOLDの家族カードは絶対作っておくべきと断言する理由とは?
dカードGOLDのケータイ補償は水没も盗難も破損も対応?補償を確実に受けるために
dカードGOLDの年会費いつ支払う?年会費をポイント払いできる?
dカードGOLDどこの空港ラウンジで使える?利用方法と利用人数について
dカードの特徴スペックとメリットデメリットまとめ