あなたはお手持ちのANAカードを活用されていますか?ANAマイルを貯めるためにANAカードを作ったという方もいらっしゃることと思います。

でもいざ使い始めてみて、カードのブランド(VISA、Master Card、JCBなど)を変えたい、となることもありますよね。

「カード申し込みの時にはあまり気にしていなかったけど、あっちのブランドの方が自分には使い勝手が良かったなぁ。」とか。

もしそのカードでたくさんのマイルを貯めてしまっていても大丈夫。カードのブランドの切り替えは難しいことではありませんし、マイルの移行もすることができます。

今回は、「そんな時にどうしたら良いか?」をご紹介します。



ANAカードのブランドの切り替えってどうやるの?

例えば、ANAカードの「JCB」から「VISA」へ変更するなど、カードブランドの切り替えは可能です。どのブランドからどのブランドに切り替えるかに関わらず、手順は同じです。

切り替えにはまず、通常の入会手続きと同様の手続きでクレジットカードを発行する必要があります。現在お持ちのANAカードはまだ大事に手元に置いておきましょう。

通常の流れでクレジットカード会社の入会審査を通過し、カードを発行できたら、それまで利用していたANAカードで貯めていたマイルを、新しいANAカードに移行しましょう。

移行手続きは、ANAマイレージクラブ・サービスセンターへ本人から連絡することによって可能です。インターネット手続きはこちらの「マイル口座統合」から。

もしくは、新しいANAカードの申し込み書にANAマイレージクラブのお客様番号を記入すれば、マイルが移行された状態でカードが発行されるようです。

そして切り替え前のANAカードが不要な場合は、カード会社に連絡して退会手続きをとります。その前に、せっかく貯めたマイルの移行忘れがないか、確認しましょう!

ANAカードのブランド切り替え時に注意したいこと

ブランドの切り替えは簡単にできることが分かって、安心ですね。でも少しだけ注意点があります!

1.Edyなどのチャージ済み電子マネーは引き継がれない

当然のことながら、カード本体が新しくなれば、電子マネーのチャージ額も0円からスタートです。切り替え前のカードを退会するならば、チャージが残っていないか再度確認!

2.ANAカードは複数持てる

ブランドを切り替えたからといって、切り替え前のカードを退会しなくても問題はありません。ANAカードは複数枚持っても良いのです。ただし、同一ブランドで複数枚発行することはできません。

  • 良い例:ANAカード(VISA)、ANAカード(JCB)
  • 悪い例:ANAカード(VISA)×2枚

複数枚持ってメインカード・サブカードというように使い分ける方がポイントを貯めやすいこともあるでしょう。ただし持っているだけでもそれぞれ年会費が発生しますので、複数枚持つのが良いのか、一枚に絞るのか、総合的に見て判断しましょう。

ANAカードを複数枚持つ場合はこちらもチェック

複数枚のANAカードを持っていても、それぞれの利用に応じて獲得したマイルはマイル口座へ統合されます。その際に、ANAマイレージクラブのお客様番号には「親番号」と「子番号」という区別が生まれます。基本的には後から発行したカードのお客様番号が親番号となるようです。

この親番号に設定されているカードは「メインカード」となり、メインカードでしかできないことがあります。たとえば、特典航空券の申し込みや国際線・海外ツアーの予約など。

普段のクレジットカード決済にはどのANAカードを使っても支障はありませんが、たとえばメインカードを還元率の高いものにして各種サービスの利用をした方がお得ですよね!

親番号の変更は簡単に手続き可能です。以下をご参照ください。

  • (1)ANAマイレージクラブのトップページから「全機能を見る」をクリック
  • (2)「会員情報の登録・変更」項目の中の「メインカードの変更」をクリック
  • (3)画面の案内に従って、親番号にしたい番号を入力して完了!

上記はインターネット上の手続きですが、電話でももちろん対応してくれます。

ANAマイレージクラブ・サービスセンター

以上、ANAカードのブランド切り替えについてご紹介しました。

 
楽天カード入会キャンペーン実施中!
カードの支払日を過ぎてしまったら…

【支払い遅れそう…】カードの引き落とし日に間に合わなかったらどうなるの?