JCBの国際ブランドが付帯している「提携カード」は日本国内でたくさん発行されています。

行きつけのお店や利用サービスでオトク!ポイントがたくさんもらえる!といった特典に惹かれて申し込む方も多いでしょう。今回紹介するのはJCBのプロパーカードです。

プロパーカード・提携カードとは?

今回は、JCBが発行するJCBの正真正銘のプロパーカードである「JCB ORIGINAL SERIES(以下JCBカード)」についてまとめてみます!

JCBカード
▼申し込みはこちら▼


※クリックすると公式ページへ移動します

JCBカードの特徴スペック一覧表

JCBカード
▼申し込みはこちら▼


※クリックすると公式ページへ移動します

提携ブランド  JCB
支払日  毎月15日締め/翌月10日支払
年会費  初年度無料/次年度以降:1,250円(税抜) ※条件付き無料

  1. MyJチェックの登録(Web明細登録)
  2. 年間利用金額50万円(税込)以上のショッピング利用
ポイント名称  Oki Dokiポイント
ポイント還元率  1,000円(税込)=1ポイント(最大0.5%)
※毎月の請求額の合計金額で計算
ポイント有効期限  獲得月より2年間(24ヶ月)
ポイント優遇対象サービス JCB STAR MEMBERS

Oki Dokiランド

ORIGINAL SERIESパートナー

ポイントの提携  マイレージ(JAL、ANA、デルタスカイマイル)、JCBプレもカードへのOki Dokiチャージ、代金充当、JCBトラベル代金充当、nanacoポイント、dポイント、au WALLETポイント、ビックポイント、楽天スーパーポイント、Tポイント、スターバックスチャージ、WAONポイント、商品交換、商品券など多数

ポイント移行・提携先

利用可能最低ポイント数  1ポイント~
ボーナスポイント JCB STAR MEMBERS

Oki Dokiランド

ORIGINAL SERIESパートナー

電子マネー付帯  QUICPay
チャージできる電子マネー  対象外
家族カード  400円(税抜)/次年度以降:本会員が条件達成で無料
ETCカード  無料
国内・海外旅行保険  有(国内・海外)
ショッピング保険  有(海外利用のみ)
ApplePay対応かどうか  QUICPay
マイルの還元率  ・JAL: 1ポイント=3マイル

・ANA: 1ポイント=3マイル

・デルタスカイマイル:1ポイント=3マイル

即日発行 不可

JCBカード
▼申し込みはこちら▼


※クリックすると公式ページへ移動します

JCBカードのメリット

プロパーカードならではのバランスの良さ

プロパーカードのJCBカードは正統派の一枚。

カードに付帯するサービスもポイントプログラムも非常にバランスのとれたものとなっています。

  • 国内・海外旅行傷害保険の付帯
  • ショッピング保険(海外)の付帯
  • 家族カード・ETCカード
  • QUICPay
  • ETCカード
  • Apple Pay
  • ポイントプログラム
  • 国内での決済のしやすさ

提携カードの一部には、旅行傷害保険やショッピング保険の付帯がなかったりすることもあります。JCBカードはクレジットカードに必要な基本的な機能・サービスはカバーしているので、万人受けするかと思います。

ディズニー・デザインが選べます!

実はJCBは東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーなので、ディズニー・デザインのクレジットカード(提携カード含む)はJCBが国際ブランドとなっています。

このJCBカードにもディズニー・デザインを選択することができます!あのミッキーがカードの券面に描かれているのでとてもかわいいです。

シンプルなデザインか、またミッキーデザインか。選べるというオプションがあるのはありがたいですね。

ポイントの使いやすさ

JCBカード利用で貯まる「Oki Dokiポイント」は使い勝手の良さもかなり良いです。ポイント交換先も豊富で「ポイントを貯めたいけれど何に使うかは具体的に決めていない」という方にもピッタリ。

マイルをためるもよし、Tポイントやdポイントなどの普段使いのポイントに、nanacoやau WALLETなどのプリペイドのような使い方もよし、スターバックスコーヒーのカードチャージに、Amazonでの買い物利用など、どれにしようか迷うくらいです。商品交換としてグッズやギフト、百貨店で使えるギフト券への交換も出来ます!

更に、キャッシュバックという形で利用額の支払いに充てることも出来ます。ポイント交換より利用先を選ばないのでこちらもオススメです。

ポイント利用に関しても、1ポイントから使えるものもあるので「ポイント交換の最低条件に達する前に失効してしまう!」というようなことも心配ないでしょう。

  • 支払充当:500ポイント以上1ポイント単位=1ポイント3円/1,000ポイント以上1,000ポイント単位=1ポイント4.5円)※2017年12月19日からは、1ポイント=3円(1ポイント以上1ポイント単位)へ統一。
  • Amazonでの買い物に:1ポイント=3.5円/1ポイントから)
  • JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブ:1ポイント=Tポイント4.5ポイントあるいは5ポイント(自動移行)/1ポイントから)
  • スターバックスカードへのチャージ:200ポイント=1,000円分 ※200ポイント未満の場合は1ポイント=3.5円
  • 提携先へのポイント移行

発行スピードがはやい!

入会&口座登録をWeb上で完結させると、最短3営業日・1週間でカード発行が可能!金融機関の対象が限られますが、メガバンクなどは大体登録することが出来ます。地方銀行は金融機関によってややばらつきがありますが、早めにカードを入手したい方はオンライン手続きがオススメです。

JCBカード
▼申し込みはこちら▼


※クリックすると公式ページへ移動します

JCBカードのイマイチなところ

ポイント還元率などは提携カードに比べてやや劣る

毎月の請求額の合計金額で計算され、1,000円(税込)=Oki Dokiポイント1ポイントとなりますが、

  • nanacoポイント(1ポイント=nanacoポイント1:還元率0.5%)
  • dポイント(1ポイント=dポイント1:還元率0.4%)
  • JALマイル・ANAマイル(1ポイント=3マイル:還元率0.3%)
  • 支払への充当(1ポイント=最大4.5円:還元率0.45%)※1,000ポイント以上1,000ポイント単位の場合
  • Amazonでの買い物(1ポイント=3.5円分相当:還元率0.35%)

最大還元率でも0.5%と厳しいところが難点です。また、有効期限も獲得月より2年間(24ヶ月)ということで、ある程度貯めて&消費していかないと気が付いたら失効!というリスクも頭に入れておいたほうが良いです。

プロパーカードであるJCBカードは、ポイント還元率よりもカードの付帯機能や機能のバランスの良さに重点が置かれています。確かに還元率・わかりやすいオトクさを測る部分では提携カードには及びませんが、ポイントの交換先は豊富にあるのと、後述しますがJCBカードにはボーナスポイント制度があったり還元率をアップ出来る方法があります!

海外での決済力

日本発祥の国際ブランドであるJCBは、日本国内での決済では全く問題ないと言えます。VISA・Masterは使えないのにJCBだけは使える、といった店舗もあるくらいです。

しかし、海外旅行先ではVISA、Master、AMEX、Dinersといったブランドに比べて決済力が弱いです。特に欧米圏に行くとJCBが使える店舗・サービスが一気に減ります。海外渡航時には、JCBだけでは決済に不安が残るので、他のカードブランドも携行するようにしましょう。

とはいえ、台湾・韓国・香港といったアジア諸国や日本人になじみのある渡航先:ハワイなどではJCBカードが使えることが多いです!また有名なお店などではJCB決済がOKなこともあり、私自身も北米でJCBが使えるお店をいくつかみたことあります。JCBが全く利用できない!というわけではなく、VISAやMasterといったものに比べるとまだまだ使えるところがそこまで多くないといった具合です。

私は純日本国産のカードブランドに頑張って欲しい応援の気持ちで海外でJCBを使うことがあります!個人的に日本発祥のカードブランドが世界中に加盟店を着実に増やしている…ということが凄いなと感じるからです。

年会費がかかる

年会費無料のカードが提携カードに多い中、プロパーカードのJCBカードは年会費:1,250円(税抜)がかかります。カードのコストを抑えたい人にとっては入会申し込みをする上で重要な検討部分となるでしょう。

しかし、実はこのJCBカードはオンライン入会を行った場合には初年度は年会費無料、次年度からは条件付きで年会費無料にすることができます。その達成条件は下記の2つ!

  1. MyJチェックの登録(カード明細書を郵送からオンラインへ切り替えるサービス)
  2. 年間50万円以上(税込)のショッピング利用

年会費無料にする条件はそこまでハードルが高いわけではありません。今はWeb明細も主流になってきておりますし、約42,000円/月コンスタントに利用すれば条件達成に近づけます。固定費や日々の決済をJCBカードに集中させると問題ないでしょう。本会員が条件を達成すれば、家族会員も無料となります。

メインカードとしての利用を強くオススメします!

プロパーカードならではのデメリット

プロパーカードが故、提携カードの強みである特定店舗での「毎月△日はショッピングで●%割引」といった特典やサービスにやや劣ります。

提携カードは特定の場所・サービスに特化されているものなので、プロパーカードで全てカバーするのは厳しいでしょう。しかし見方をかえれば「使う場所を選ばない」のが良いところとも言えますね。

JCBカード
▼申し込みはこちら▼


※クリックすると公式ページへ移動します

JCBカードはこんな人にオススメ!

1. 悩んだ時の基本の一枚として

クレジットカードを初めて持つ人にも是非オススメしたいのがJCBカードです。

国内での利用は全くもって問題なし、そして旅行・買い物シーンでの付帯保険もあり、なおかつ家族カードやETCカード、電子マネーであるQUICPayの発行も可能。カードデビューの一枚として、悩んだときにオールラウンダーのJCBカードを選ぶのは正解だと思います。

ポイント利用も豊富な提携・交換先が用意されているので、とりあえずカードを利用してみてポイントの使い方はあとで決めたい人にも向いていますね。

2. ディズニーが好きな人

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーでもあるJCBは、ディズニー・デザインを選ぶことも出来ますし、カード利用で貯まるOki Dokiポイントも東京ディズニーのグッズ交換・パークチケット・ディズニーホテル宿泊利用券など交換することが出来るためディズニーファンには魅力がいっぱいの一枚となっています。

  • 東京ディズニーリゾート・パークチケット(2枚):2,800ポイント
  • 東京ディズニーランド・ホテルペア食事券:3,500ポイント
  • 東京ディズニーランド・シー 年間パスポート:13,000ポイント
  • 東京ディズニーセレブレーションホテル “ウィッシュ” スタンダードルーム宿泊利用券:15,000ポイント など…

ポイント交換:東京ディズニーリゾート関連

これは、他の提携カードでは出来ないJCBだからこそ提供できるものです。会員限定の東京ディズニーリゾートのパークペアチケットや賞品などがあたるキャンペーンも展開されていますし、ファンの方やよく足を運ぶ方にはピッタリの一枚と言えます。

QUOカードの交換でも、ディズニーデザインが選べたりします!

3. 将来的にJCBの上級プロパーカードを狙っている人

JCBカード(JCB ORIGINAL SERIES)は、JCBゴールド・JCBゴールドザ・プレミア・JCBザ・クラスという上級カードがあり、利用状況などに応じてインビテーションなどが来ることがあります。

年齢を重ねるにつれて、生活スタイルや環境が変わることが多いと思います。カードに求めるサービスなどにこだわりが出てきた人などは、上級カードとなるゴールドカード以上に必要性を感じることも出てくるでしょう。JCBのプロパーカードはライフステージに応じてその時その時にピッタリのカードが用意されているので、将来的にカードのアップグレードを狙っている人に非常にピッタリの一枚でもあります。

JCBカードはどういう使い方が最もおトク?

JCB独自のサービスに注目

JCBは、日本生まれの純国産ブランドいうこともありかゆいところに手が届くサービスもメリットのうちの一つです。プロパーカードのデザインに「和」テイストが織り込まれているのも特徴的です。

ディズニーファンにとってうれしいサービスなどもJCBだからこそできることです。VISAやMasterは加盟店の数で圧倒的な強さを見せていますが、JCBは「JAPAN QUOALITY」をモットーの一つにしているようです。

私がオススメするJCBのサービスとして挙げたいのは「JCB プラザ」「JCBプラザラウンジ」ですこれは、海外にあるサービス窓口を利用することが出来るJCB独自のもの。海外渡航先で旅行情報、ホテルやレストラン、ツアーといった予約関連サポート、Wi-Fi無料サービスなどを提供してくれます。まさに日本人にとって大助かりの特典内容ではないでしょうか。

「JCBプラザラウンジ」は、ロサンゼルス・ホノルル・グアム・ソウル・台北・香港・シンガポール・バンコク・パリの9都市にあるJCB会員限定のラウンジで、下記のようなサービスが利用できます。

  • インターネット利用、プリントアウトサービス
  • 日本語の新聞や雑誌の閲覧
  • 現地ガイドブック、情報誌
  • ドリンクサービス
  • マッサージ機
  • レンタル傘サービス
  • 荷物の一時預かりサービス(当日中のみ)

これらが利用できるのはかなり便利ではないでしょうか。旅行中の人のみならず、ビジネスで滞在している人にも助かりますね。

JCBプラザ/JCBプラザラウンジ

JCB STAR MEMBERS

「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」とは、年間のJCBカードの利用額に応じて提供される登録が不要のメンバーシップサービスの一つです。

集計期間メンバー特典適用期間の2つが別々に設けられています。

現在は「JCB STAR MEMBER 2017 (2017年2月~2018年1月支払分)」が特典適用期間となっており、同時に次の「JCB STAR MEMBER 2018の集計期間(2016年12月16日~2017年12月15日の利用分)になっています。
利用合計金額
/集計期間
ランク名称
300万円以上 ロイヤルα plus
100万円以上 スターα plus
50万円以上 スターβ plus
30万円以上 スター℮ plus

JCBカードであれば、ランクに応じてOki Dokiポイントが下記のようにボーナスアップしたり、JCBのキャンペーンでの抽選口数がアップします!

  • スターα(アルファ) plus:Oki Dokiポイント+50%/抽選口数:4倍
  • スターβ(ベータ) plus:Oki Dokiポイント+20%/抽選口数:2倍
  • スター℮(イー) plus: Oki Dokiポイント+10%/抽選口数:2倍
    ※ロイヤルα(アルファ) plusは設定対象外

つまり、使えば使うほど優遇されるプログラムとなっています。普通であればイマイチな還元率も、これでアップさせることが出来ます。

JCB STAR MEMBERS

Oki Dokiランド

「Oki Doki ランド」は、ポイント優待サイトです。サイト経由でショッピングやサービスを利用することで、Oki Dokiポイントが2倍~最大20倍(サービスやキャンペーンによる)貯まります。そのほか、アンケートに答えたりCM動画を視聴するだけでもOki Dokiポイントがもらえたりします。

Oki Dokiランドには、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングをはじめとする大手インターネットショッピングサイトをはじめ、通販サイト(ZOZOTOWN・ディノス・セシール・ベルメゾンなど)、ソニーストア、爽快ドラッグ、LOHACO、ビックカメラといった家電量販・生活用品ストア、旅行予約(エクスペディア・一休.com・HISなど)といった、様々なの店舗・サービスが展開されています。

これらを利用する際に、Oki Dokiランドを経由してJCBカードで決済するとより獲得効率が上がります!本当に身近に利用する・なじみのあるものがたくさんありますので、利用しない手はありません。お気に入り登録などをして利用しやすいようカスタマイズも出来ますので、是非チェックしてみましょう。

Oki Dokiランド

ORIGINAL SERIESパートナー

「ORIGINAL SERIESパートナー」はOki Dokiポイントがよりたまる対象提携先のことで、各店舗・サービスに設定されている倍率のポイントを獲得できます!オンラインでのショッピング・サービス利用だけでなく、実店舗でもメリットを受けられます。

  • 昭和シェル石油(2倍)※要利用登録
  • エッソ(2倍)※要利用登録
  • スターバックスコーヒー(5倍)1,000円以上が対象、オンライン入金・オートチャージも対象
  • イトーヨーカドー(3倍)
  • セブンイレブン(3倍)
  • ルートインホテルズ(7倍)※要利用登録 など…

普段のコンビニ使いであれば、セブンイレブンを使うほうがオトクということですね。スターバックスコーヒーも全国に展開しているので、休憩や通勤帰宅時の立ち寄りの時にも利用機会が多いでしょう。JCBカード利用で受けるメリットは身近にありますね!

ORIGINAL SERIESパートナー

上記で紹介したポイントアップサイトや店舗の利用、ランクアップでのポイント倍付けを狙うなどJCBカードの弱点である還元率の低さをカバーすることもできます!メインカード使いの人であれば、是非こういった獲得チャンスを逃さないようにしたいところです。

また、海外旅行ではOki Dokiポイントが2倍となるので海外のJCB加盟店でも積極的に使ってみましょう。

JCBカード
▼申し込みはこちら▼


※クリックすると公式ページへ移動します

JCBゴールドカード

JCBのプロパーカードには上級カードとなる「JCBゴールド」カードが用意されており、更に上質なサービスやステータスを求める人には持つ価値のあるものになります。

一般カードと比較して、JCBゴールドカードの主な特徴は…

  • 年会費:10,000円(税抜)
  • 旅行傷害保険内容のアップ
  • JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)のメンバーシップ優遇
  • 国内・海外航空機遅延保険の付帯
  • 国内利用分にもショッピング保険が付帯
  • 空港カードラウンジサービス
  • グルメ優待
  • 会員専用デスク
  • 会報誌サービス など…

一般カードより特典・サービス内容が充実したものになっています。

また、JCBカードの場合はゴールドカードだけでなく+αで更にワンランク上「JCBゴールド ザ・プレミア」というインビテーション制の上級ゴールドカードも存在します。年一回の招待チャンスとなっており、JCBゴールドカードを利用しながら一定の条件を満たさなければいけないものです。オプションで入会できる上位版ゴールドカードですね。

加入条件
  • 集計期間中、JCB ORIGINAL SERIES対象のJCBゴールドカードのショッピング利用金額が2年連続で100万円(税込)以上であること
  • 会員専用WEBサービス「MyJCB(マイジェーシービー)」にメールアドレス登録をしていること

JCBゴールド ザ・プレミア

  • 年会費:10,000円(税別)+サービス年会費5,000円(税別)
  • プライオリティパスの発行(世界中の空港ラウンジを無料で利用)
  • JCBプレミアムステイプラン(宿泊施設の優待)
  • JCB Lounge 京都(京都駅ビルのラウンジ)の利用
  • ダイニング30(対象店舗で事前予約・専用クーポン提示&JCBゴールド ザ・プレミア決済でご利用合計金額あるいはコース代金から30%OFFに!)
  • 有効期限の大幅延長で5年間(60ヵ月)に。
  • JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)ポイント優遇率が10%アップ最大70%の優遇

JCBゴールドカード
▼申し込みはこちら▼


※クリックすると公式ページへ移動します

 

JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)

また、JCBゴールド ザ・プレミアだけでなく、JCBゴールドカードを利用していてある一定条件を満たすと、国内最高峰のステータスと条件の厳しさを誇る「JCBザ・クラス」の招待もありえます!

JCB ザ・クラス(JCB THE CLASS)JCBカードの中でトップランクに立つカード。入会審査の厳しさや卓越した付帯サービスの質から、欲しがる方も多い至高至極の一枚と言えます。

  • 年会費:50,000円(税抜)と高額
  • JCBゴールド ザ・プレミアと同じくプライオリティパスの発行
  • 24時間対応の会員専用のコンシェルジュサービス
  • 東京ディズニーリゾート・USJのJCB会員専用ラウンジ利用
  • 旅行傷害保険の補償額の大幅アップ など…

スポンサーならではの東京ディズニーリゾート関連での特典・優待などが特に際立ちますね。これは他の上級カードでも見られない特徴でしょう。このJCBザ・クラスもインビテーション制を敷いており、JCBゴールドカードでの実績と利用額がカギとなります。JCBであっても提携カードや一部カードではインビテーションの対象とはならないので注意です。

これらの上級カードへのインビテーションは、JCBプロパーカードであるORIGINAL SERIESホルダーだけに与えられた特権ですね!

JCBゴールドカード
▼申し込みはこちら▼


※クリックすると公式ページへ移動します

JCBカードは総合的なバランスの良い安定感がウリ

JCBカードは、提携カードのような特定の店舗でオトク・高還元率!といったインパクトにやや欠ける部分はありますが、JCB ORIGINAL SERIESのようなプロパーカードがあれば利用シーン問わず「安心して使える基本の一枚」として、オーソドックスなところが人気の一つでもあります。

あらゆる店舗で得をしたい!と思うと、ついつい作ってしまうカードもあるでしょう。財布の中が膨れ上がってしまっているという方もいるかもしれません。

JCBカードのようなプロパーカードを一枚をベースに、提携カード数枚を…といった使い方がシンプルかもしれません。ライフスタイルに合わせて上級カードにステップアップしていく…という楽しみ方もオススメです。

JCBカード
▼申し込みはこちら▼


※クリックすると公式ページへ移動します

↑一番最初に戻ってもう一度読み直す↑

クレジットカード
ランキング特集

クレジットカード 総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い
「審査がちょっと心配…」というあなたにオススメしたい記事
審査に落ちた人でも申込みできる「ACマスターカード」とは?
クレジットカードの審査を絶対に通すためにやるべき13のチェック項目
クレジットカードの審査に落ちたら他カードの審査もできないのか?
クレジットカード限度額の増額審査に落ちる5つの理由と4つの審査基準
楽天カードの審査を確実に通すために準備すべきこと&よくある質問まとめ
   
少しでも多くのポイントを貯めたいあなたに読んでほしい記事
dカードゴールドの還元率と特典スゴすぎ!全員ドコモに乗り換えて発行すべきだわ
楽天カードはポイントの貯まりやすさが魅力!口コミ評判まとめ
Yahoo!JAPANカードとファミマTカードを徹底比較!2枚発行して二重取りできる?
Yahoo!JAPANカードでTポイント貯まる!メリットデメリットまとめ
リクルートカードのポイント還元率1.2%最強!メリットデメリットまとめ
     
マイルを貯めて、家族全員分の海外旅行費用を無料にする方法とは?
ANAマイルを貯めるとどんなメリットが得られるのか?
JALとANAのマイルを貯める4つの方法を徹底解説!
ANASKYコインとは?ANAマイルを使うよりもANASKYコインに交換したほうがお得?
ANAマイルの36か月間の有効期限を少しでも延長させる賢い方法
dカードゴールドで年間1万マイルを貯める陸マイラー必見の最新手法
     
楽天カードを申し込む前に読んでほしい記事
楽天カードの期間限定入会キャンペーンでもらえる8000円分の楽天ポイントを確実にGETする方法と注意点について 
楽天カードの過去の新規入会キャンペーンまとめ!いつ始まる?いつポイント付与される?
楽天ゴールドカードは申し込む価値ある?どう違うのか比較してみた
楽天プレミアムカードは申し込む価値あるのか?どう違うのか比較してみた
楽天カードの審査時間は遅い?審査結果はいつ頃メールで届く?
     
dカードGOLDを申し込む前に読んでほしい記事
dカードGOLDの家族カードは絶対作っておくべきと断言する理由とは?
dカードGOLDのケータイ補償は水没も盗難も破損も対応?補償を確実に受けるために
dカードGOLDの年会費いつ支払う?年会費をポイント払いできる?
dカードGOLDどこの空港ラウンジで使える?利用方法と利用人数について
dカードの特徴スペックとメリットデメリットまとめ