2018年のワールドカップ本戦の出場権を獲得し、サッカーファンに限らず日本のサッカー熱もますます盛り上がりを見せています。

JAPANカードセゾンは、カードのデザインに日本代表のロゴが印刷されている日本人なら欲しくなってしまうようなクレジットカードです!

この記事を見ている方は

  • 「単純にクレジットカードが欲しい!」
  • 「デザインが気に入ったから詳細が知りたい!」
  • 「オリジナルグッズが貰えるらしいから発行したい!」

という様々な理由で記事を見てくれていると思います。

他のクレジットカードとは違い、JAPANカードセゾンはサービスがスッキリしていて非常に理解しやすいカードです!

「これもあります!あれもあります!」というクレジットカードだと、「もう複雑すぎて分からない…」と諦めてしまいそうですが、JAPANカードセゾンはの得する使い方はたった2つです!

この記事では、JAPANカードセゾンのメリットやデメリット、デメリットを克服する使い方などについてまとめている記事で、サラッと読める内容になっています。

W杯に向けて盛り上がりを見せるサッカーファンの方はもちろん、気になった方は数分程度で読める記事なので、是非参考にしてもらえればと思います。

1.JAPANカードセゾンの特徴スペック一覧表

提携ブランド VISA,Master,JCB,American Express
支払日 月末締め/翌々月4日払い
年会費 【VISA,Master,JCB】
年会費永久無料
【American Express】
3,000円+消費税
ポイント名称 永久不滅ポイント
ポイント還元率 【VISA,Master,JCB】
0.5%
(1ポイント=5円)
【American Express】
国内:0.5%
海外:1.0%
ポイント有効期限 無期限
ポイント優遇対象サービス 【セゾンポイントモール(ネットショッピングサイト)】
楽天:ポイント:2倍
Yahoo!ショッピングポイント:2倍
Amazon:ポイント:2倍
など
ポイントの提携 【永久不滅ポイントを提携先ポイントに移行】
Tポイント:100ポイント→450Tポイント
nanacoポイント:200ポイント→920ドコモポイント
ドコモポイント:200ポイント→1,000ドコモポイント
au WALLETポイント:200ポイント→1,000WALLETポイント
ベルメゾンポイント:200ポイント→1,000ベルメゾンポイント【ポイントアイテム「ANA・JAL マイル交換」】
ANA:200ポイント→600マイル (1,000円=1ポイント=3マイル)
JAL:200ポイント →500マイル (1,000円=ポイント=2.5マイル)
利用可能最低ポイント数 【景品交換必要ポイント】
100ポイント(10万円利用相当)以上
【金券交換必要ポイント】
100ポイント
→(永久不滅ウォレットスターバックスカード:450円相当)
200ポイント
→(支払い充当・クラブツーリズム旅行代金:900円相当)
200ポイント
→(Amazonギフト券・WebMoney:1,000円相当)
400ポイント
→(SEIYUショッピングカード・プリンスチケット:2,000円相当)
500ポイント
→(UCギフトカード:2,000円相当)※
1,000ポイント
→(出光キャッシュプリカ・JTB旅行券:5,000円相当)
ボーナスポイント
電子マネー付帯 iD、Apple Pay、PiTaPa、QUICPay
チャージできる電子マネー nanaco・楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA
家族カード なし
ETCカード 無料
国内・海外旅行保険 【VISA,Master,JCB】
国内旅行保険 なし
海外旅行保険 なし
【American Express】
国内旅行保険 最高3,000万円
海外旅行保険 最高3,000万円
ショッピング保険 【VISA,Master,JCB】
なし
【American Express】
年間100万円
ApplePay対応 対応
マイルの還元率 ANA:0.6% (1マイルの価値を2円と想定)
JAL:0.5% (1マイルの価値を2円と想定)
即日発行 不可 ※最短3営業日で発行可能

2.JAPANカードセゾンのメリットについて

メリット1:JAPANカードセゾン限定!ポイントを日本代表グッズと交換できる

JAPANカードセゾンは日本サッカー協会とセゾンカードが提携して発行している異色コラボのクレジットカードです。

カードのデザインはサッカー好きな人でも、そうでもない人でも「かっこいい!」と思えるようなブルーのデザインとホワイトのデザインのカードがあります。

見た目だけで欲しくなってしまうカードですが、カードの特典としてJAPANカードセゾンでしか手に入れられないグッズを手に入れることができます。

JAPANカードセゾンは1,000円で1ポイントの「永久不滅ポイント」というセゾンカードのポイントが貯まりますが、このポイントと引き換えに日本代表のオリジナルグッズと交換することができます。

レプリカユニフォームやバック、タオルなど子供から大人まで幅広い年齢層の人に利用できるグッズが用意されており、クレジットカードを利用するのが楽しくなってしまうようなサービスです。

また、JAPANカードセゾンを利用した金額の0.1%は日本サッカー協会に寄付され、カードを発行すると500円が寄付されます。

つまり、カードを持っている人は、日本のサッカーシーンの真のスポンサーの一員として実際に行動していることになります!

「たった0.1%とか、500円で何ができるの?」と思うかもしれませんが、チリも積もれば山となるというように、1人ひとりがスポンサーになることで日本代表を含めたサッカー業界に貢献することができます。

普通であれば何かのスポンサーになるには大企業の役員クラスにならないと、そんな意思決定はできませんが、JAPANカードセゾンを発行することによって現実レベルとして立派なスポンサーとなることができます!

メリット2:「セゾンポイントモール」でポイント最大30倍!

JAPANカードセゾンのポイント還元率(カード利用金額に対して付くポイントの率)は1,000円で1ポイント(5円相当)で0.5%です。

年会費無料のクレジットカードだと還元率0.5%は普通ですが、年会費無料のクレジットカードでも楽天カードのように1.0%という高還元率のクレジットカードはあります。

「JAPANカードセゾンでしか手に入らないグッズがあるから発行したのに、ポイントが貯まり辛いのか…」という心配もあると思いますが、JAPANカードセゾンではセゾンカードが提供する巨大ポイントモール「セゾンポイントモール」を利用することができます!

セゾンポイントモールでは有名なネットショップをはじめとする各ジャンルのネットショップ総勢450店舗が利用することができ、最大でなんと30倍のポイントをゲットすることができます。

JAPANカードセゾンを利用するのであれば「セゾンポイントモール」の利用は必要不可欠です!!

利用できるネットショップの一例としては下記のような店舗があります。

セゾンポイントモールの店舗、ポイント倍率一覧

上記はあくまでも一例で、他のも様々なネットショップが集まっているのでセゾンポイントモールで買えないものはほぼありません。

「どうやって利用するの?」という疑問があると思いますが、通常ネットショッピングを利用する時は、ネットでショップを検索してアクセスすると思います。

JAPANカードセゾンでポイントを効率的に貯めるためには

  • セゾンポイントモール→ショッピングをしたいネットショップ

という風に、ネットショップにアクセスする前に一度セゾンポイントモールを経由することで指定された倍率のポイントが付与されます。

  • 「ネットショップで買った方が安い!」
  • 「雨で街に買物に行くのがメンドクサイ!」
  • 「どこを探しても欲しい商品がない!」

という場合は、一度セゾンポイントモールにアクセスして自分の利用したいネットショップを探してみましょう。

メリット3:24時間スーパー西友(SEIYU)、LIVINで5%OFF!

セゾンカード共通の特典として、毎月5日と20日、特別開催日は24時間スーパーである西友(SEIYU)とリヴィンで5%OFFという特典があります。

日用雑貨などのお店であれば利用し辛いかもしれませんが、スーパーという毎日でも利用する店舗で5%OFFという特典は非常に嬉しい特典です!

一回の買物で割り引かれる金額は小額かもしれませんが、1年…2年…3年…とカードを利用し続ければ非常に大きな金額になってきます。

JAPANカードセゾンを発行するならこのメリットは確実に利用していきましょう。

メリット4:アメックス限定のメリットあり!

JAPANカードでは

  • VISA
  • Master
  • JCB
  • American Express

の4つの種類のカードブランドを選択することができます。

クレジットカードを発行したことがない人であれば「カードブランドって何?」という疑問があると思いますが、カードブランドとはクレジットカードに付いているマークのことです。

例えば、「このお店で使えるカードブランドはVISAのみです!」というお店では

  • JAPANカードセゾンのVISAブランド
    =利用できる
  • JAPANカードセゾンのJCB
    =利用できない
  • JAPANカードセゾンのMasterカードブランド
    =利用できない
  • JAPANカードセゾンのAmerican Expressブランド
    =利用できない

ということになります。

「じゃあどのカードブランドがいいの?」ということになりますが、JAPANカードセゾンのカードブランドでは、1つだけ年会費が発生するカードブランドが存在します。

それがAmerican Express(通称:アメックス)ブランドのカードで、年会費3,000円が発生します。

アメックスブランドのカードを発行すると

  • 国内・海外旅行保険
  • アメックス・セレクト
  • 海外アシスタンスデスク

といった海外旅行に特化したサービスを利用することができます。

国内・海外旅行保険

JAPANカードセゾンをアメックスブランドにした際に付帯する国内・海外旅行保険は他のクレジットカードのゴールドカード級の金額です!

補償金額はそれぞれ下記のようになっています。

【海外旅行傷害保険】

被保険者

本会員

付帯条件

自動付帯

死亡・
後遺障害

最高3,000万
傷害治療 最高300万円
疾病治療 最高300万円
救援者費用 最高200万円
賠償費用 最高3,000万円
携行品損害 1旅行中最高30万円
自己負担3,000円
※1事故あたりの限度額10万円
【国内旅行傷害保険】
被保険者 本会員
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円
入院費用 5,000円/1日
※最高180日の補償
手術費用
通院費用 3,000円/1日
※事故の発生から180日以内、最高90日の補償

上記のような旅行保険を任意保険で掛けようとすると3~4万円の費用が発生しますが、JAPANカードセゾンのアメックスブランドを発行していれば、年会費3,000円+消費税でいつでも利用することができます。

特に海外旅行中の事故による医療費は国内での医療費とは比べ物にならないくらいバカ高いので、数日間の入院で200〜300万円程度の医療費を請求されてしまいます。

「医療費が高くて払えない!」となると十分な医療を受けることができず、後遺症や命の危険に晒されてしまうこともあります。

  • 「近々海外に行こうと思うけど保険を掛けていない!」
  • 「海外で利用できるカードが欲しい!」

という方は、JAPANカードセゾンのアメックスブランドの発行を検討してみるのも良いかもしれません。

アメリカン・エキスプレス・セレクト

アメリカン・エキスプレス・セレクトでは

  • ダイニング(レストラン)
  • ショッピング
  • トラベル、レジャー

の3つのジャンルでカード会員限定の優待特典を受けることができるサービスです。

レストラン、トラベル、レジャーでは

  • ANAインターコンチネンタルホテル
  • ANAクラウンプラザホテル
  • ヒルトンホテル
  • ザ・リッツカールトンホテル
  • ウェスティンホテル
  • シュラトンホテル
  • 帝国ホテル

などの高級ホテルでの宿泊や食事に対して会員限定の割引や優遇サービスを受けることができるサービスを利用することができます。

レストランでは10〜20%引きで食事ができるサービスで、ホテルではなんと最大75%割引で宿泊することができます!

しかも、日本のみではなく下記の国でも利用できます。

エリア
アジア インド
インドネシア
シンガポール
タイ
バングラディッシュ
マレーシア
モンゴル国
中国
台湾
日本
韓国
香港
ヨーロッパ
中東

アラブ首長国連邦
アルメニア
エジプト
エチオピア
オマーン
カザフスタン
カタール
キプロス
クウェート
サウジアラビア
ジョージア
スイス
チュニジア
バーレーン
ポルトガル
モロッコ
ヨルダン
リトアニア
レバノン
ロシア

海外アシスタンスデスク

アメックスが提供する「海外アシスタスデスク」では旅行中のカード会員に対して、24時間365日年中無休、通話料無料で日本語で相談に乗ってくれるサービスです!

海外旅行中に

  • 「ここら辺で美味しいレストランないのかな?」
  • 「コンサートのチケットが欲しいな」
  • 「パスポートを盗まれた!どうしよう!」

などという様々なトラブルや相談に対して対応してくれます。

【対応内容一覧】

都市・観光情報案内
ホテル、レストラン、鉄道、レンタカー、リムジン送迎などの案内・予約
観光ガイドの手配
航空券の予約・リコンファーム代行
スポーツ・イベント・コンサートなどのチケット手配
海外ゴルフ場の手配
各種オプショナルツアーの案内・予約
事故、トラブル時の各種手配&アドバイス
カード・パスポートなどの紛失・盗難時の手続きの案内
日本人医師または日本語が話せる医師・医療施設の案内
トラブル時の現地警察・保険会社などの各種案内

このサービスだけあれば

  • 「初めての海外だから不安…」
  • 「1人旅だから何かあったらどうしよう…」
  • 「トラブルが起きても英語が話せない…」

という不安は一気に解消できて、安心して旅を楽しむことができます!

控えめに言ってもこのサービスだけでも年会費3,000円を払っても良いくらいのサービスと言って良いでしょう。

メリット5:最短数秒でキャッシング可能、支払い猶予も長い!

JAPANカードセゾンの隠れメリットとして、最短数秒でのキャッシング機能があります!

  • 「緊急の出費が発生して今月はヤバい!」

という状況は自立した社会人の方であれば誰でもあることでしょう。

そんな時には「カード払い」の方ではなく、「現金」が一番心強い味方になってくれます。

JAPANカードセゾンではコンビニや銀行のATMからキャッシングできる他、ケータイやパソコンからでも最短数秒で自分の口座にキャッシングしてもらうことができます!

利用日 キャッシング申込時間 振込時間
平日 0:00~8:59 当日9:00以降
9:00~14:30 最短数十秒
14:31~23:59 翌営業日9:00以降
土・日・祝日 0:00~23:59 翌営業日9:00以降

キャッシング機能はあくまでも「お金を借りる」という行為なので、ピンチの時以外は積極的に利用しない方がいいですが、万が一の時は本当に助かるサービスです。

手数料は発生しますが、友達に申し訳無さげに頼む必要もなく、自己責任で任意の金額を心置きなく借りることができます。

「でも、借りたら返せなくなって負のループにハマりそうで恐い…」という心配もあると思いますが、JAPANカードセゾンのもう1つの利点として「支払い猶予がクレジットカード業界最長」というメリットがあります。

JAPANカードセゾンの「締め日」と「支払日」は

  • 毎月月末、翌々月4日払い

というカードです。

例えば、4月1日〜30日の間に利用したカードの金額は、6月4日が支払い日です。

つまり、4月1日にキャッシングやカード払いをしたとすると、6月4日までは64日間の猶予があります。

社会人やアルバイトの方であれば、最低2回の給料日があり、もし仕事をしていなかったとしても日雇いのバイトなどを入れて収入を調整したり、不要なものをネットで売りさばいて資金を作ることもできます。

支払い猶予が64日間もあれば

  • 「再来月に支払いがあるから、今月は飲み会を控えめにしよう」
  • 「再来月までに○○円あればいいから、これは買っても良いな」
  • 「支払いのためにバイトのシフトを増やそう」

などと計画的に返済や日々の生活のレベルを調整することができます。

つまり、JAPANカードセゾンは持っているだけで万が一現金が必要になった時に「お助けカード」として利用者を助けてくれるカードにもなるということです!

  • 「カードデザインがカッコいいから欲しい!」
  • 「発行するだけでサッカーを応援できるなら作る!」
  • 「クレジットカードを作ったことないから1枚試しに作ってみたい!」

という完璧なクレジットカードを求めているワケでは無い人であれば、年会費無料のカードブランドを選んで財布に1枚入れておけば「お守り」として機能する優秀なカードです!

3.JAPANカードセゾンのいまいちポイントについて

JAPANカードセゾンのイマイチポイントとしては、ポイントの還元率が低いところです。

せっかくJAPANカードセゾン限定で日本代表のオリジナルグッズとポイントが交換できるのに、「ポイントが貯まり辛い」というのは本末転倒です。

ですが、ご紹介したとおり、ポイントが貯まりにくいカードとしての救済措置として「セゾンポイントモール」があります。

セゾンポイントモールを経由してショッピングを行なえば、最低2倍、最大30倍のポイントが付くので、他の高還元率のクレジットカードと同じか、それ以上のスピードでポイントが貯まっていきます。

つまり、JAPANカードセゾンは「ネットショッピング専用のクレジットカード」として持っておくのがベストな選択肢です!

4.JAPANカードセゾンの最大の強み!こんな人におすすめしたい!

JAPANカードセゾンの最大の特徴は日本代表グッズと交換できるという点です。

サッカーの大ファンに限らず、日本人ならテレビで日本代表戦を誰でも観戦する機会はあるでしょう。

もしくは、日本代表戦の際にスポーツバーなどに行って、知らない人と一緒に盛り上がるのも1つの楽しみ方です。

そんな時にオリジナルグッズを持っていればテンションも更にあがって応援することができます。

クレジットカードとしてもセゾンカードの基本的なサービスが利用することができるので、「使い辛い」ということはないでしょう。

理解するのが難しい複雑なサービスも無いので、クレジットカードを始めて発行する方や、サブカードとしてカードが欲しい方にもオススメのカードです。

申し込み条件は

  • 年齢18歳以上で電話連絡可能な方(高校生を除く)

なので、学生から社会人、主婦まで幅広い年齢層の方が気軽に発行できるクレジットカードです。

ご紹介した通り、持っているだけでも「緊急カード」としても役に立つので、「デザインがカッコイイ!」という理由だけで発行しても何の問題もありません。

年会費無料のカードブランドを選べば何のデメリットもありません。

5.JAPANカードセゾンはどういう使い方が最もお得になるのか?

お得に利用するコツ1:こだわりがなければJCBブランドを発行する!

まず、カード発行する際に考えるのは、「どのカードブランドを発行するか?」ということだと思います。

アメックスブランドにすると年会費が発生しますが、それ相応の旅行サービスが付帯します。

しかし「JAPANカードセゾンを海外旅行に利用する気がない!」という方であれば、JCBブランドを選びましょう。

JAPANカードセゾンではJCBブランド限定で、カードを発行するともれなく2,000円相当のポイントプレゼントを貰うことができます。

ポイントは日本代表オリジナルグッズはもちろん、様々な商品や金券、ポイントに交換することができます。

ポイント交換先例一覧

2,000円相当のポイントをJAPANカードセゾンでセゾンポイントモールなどを使用せずに普通に貯めようと思うと、8万円相当のカード利用が必要です。

ですが、JCBブランドにすることで無条件で貰うことができるので、このチャンスは逃さず利用しましょう!

お得に利用するコツ2:利用場所を限定する「サブカード」として利用する!

JAPANカードセゾンをお得に利用する最大のコツは「セゾンポイントモールでの利用に限定する」という方法です。

「え?なんで利用場所を限定するとお得になるの?」というと、JAPANカードセゾンはあくまでも「サブカード」として利用するのが正解のカードだからです!

日本人のクレジットカード発行枚数は約2億4千万枚という風に言われています。

「え!?人口より多いじゃん!」と思うかもしれませんが、つまりは1人あたり2〜3枚のクレジットカードを持つことが普通なのです。

クレジットカードの持ち方として

  • メインカード
    =利用頻度が高く、サービスが充実しているカード
  • サブカード
    =お得になる場所が限られたピンポイントで利用するカード
  • 緊急用カード
    =メインカード、サブカードが停止、紛失、盗難されたりした場合に利用するカード

という風に使い分けるのが一般的です。

この中でJAPANカードセゾンの立ち位置としては「サブカード」が最適なカードとして言えます。

つまり、ゴールドカードへレベルアップできるカードや、家賃や光熱費を支払ってもポイントがザクザク貯まるバランスの取れたカードをメインとして発行し、JAPANカードセゾンは

  • ①ネットショッピングの際に利用するカード
  • ②緊急時のキャッシング用カード

という風に利用箇所を絞って「サブカード」として利用する方法が最も魅力を発揮する使い方です!

6.まとめ

先日日本代表がワールドカップ2018の本大会出場を決めたばかりでサッカー熱が上がっている方も多いと思います。

JAPANカードセゾンを発行してグッズを手に入れるのも、今からでも間に合います。

カードを発行してJAPANカードセゾンのデザインを見るたびにモチベーションを上げるのも良いでしょう。

2018年に向けて一気にボルテージが上がっていく日本代表の応援をJAPANカードセゾンを発行して盛り上げていきましょう!

↑一番最初に戻ってもう一度読み直す↑

クレジットカード
ランキング特集

クレジットカード 総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い
「審査がちょっと心配…」というあなたにオススメしたい記事
審査に落ちた人でも申込みできる「ACマスターカード」とは?
クレジットカードの審査を絶対に通すためにやるべき13のチェック項目
クレジットカードの審査に落ちたら他カードの審査もできないのか?
クレジットカード限度額の増額審査に落ちる5つの理由と4つの審査基準
楽天カードの審査を確実に通すために準備すべきこと&よくある質問まとめ
   
少しでも多くのポイントを貯めたいあなたに読んでほしい記事
dカードゴールドの還元率と特典スゴすぎ!全員ドコモに乗り換えて発行すべきだわ
楽天カードはポイントの貯まりやすさが魅力!口コミ評判まとめ
Yahoo!JAPANカードとファミマTカードを徹底比較!2枚発行して二重取りできる?
Yahoo!JAPANカードでTポイント貯まる!メリットデメリットまとめ
リクルートカードのポイント還元率1.2%最強!メリットデメリットまとめ
     
マイルを貯めて、家族全員分の海外旅行費用を無料にする方法とは?
ANAマイルを貯めるとどんなメリットが得られるのか?
JALとANAのマイルを貯める4つの方法を徹底解説!
ANASKYコインとは?ANAマイルを使うよりもANASKYコインに交換したほうがお得?
ANAマイルの36か月間の有効期限を少しでも延長させる賢い方法
dカードゴールドで年間1万マイルを貯める陸マイラー必見の最新手法
     
楽天カードを申し込む前に読んでほしい記事
楽天カードの期間限定入会キャンペーンでもらえる8000円分の楽天ポイントを確実にGETする方法と注意点について 
楽天カードの過去の新規入会キャンペーンまとめ!いつ始まる?いつポイント付与される?
楽天ゴールドカードは申し込む価値ある?どう違うのか比較してみた
楽天プレミアムカードは申し込む価値あるのか?どう違うのか比較してみた
楽天カードの審査時間は遅い?審査結果はいつ頃メールで届く?
     
dカードGOLDを申し込む前に読んでほしい記事
dカードGOLDの家族カードは絶対作っておくべきと断言する理由とは?
dカードGOLDのケータイ補償は水没も盗難も破損も対応?補償を確実に受けるために
dカードGOLDの年会費いつ支払う?年会費をポイント払いできる?
dカードGOLDどこの空港ラウンジで使える?利用方法と利用人数について
dカードの特徴スペックとメリットデメリットまとめ