LCCが普及している今、JALやANAといった大手の航空会社を利用しない人も増えています。なんとなくJALとかANAって高そう。実際に私もそんなイメージを持っていました。

そんななか、LCCに対抗して大手航空会社も飛行機代を値下げするキャンペーンを実施してることをご存知ですか?

JALは「先得割引」を実施しており、予め前もって飛行機の予約をするだけで、飛行機代が最大81%OFFとものすごく安くなります。

それが人気となり、今では先得割引を使って座席を確保するのが難しい状況になってしまいました。特に年末年始や夏休み、GWはほとんど満席状態です。

しかし、JALカードを持っておくだけで先得割引の座席を先行予約できるようになりました。誰よりもいち早く先得に申し込めます。これで年末年始やGWに困らなくなります。

JALカードを持つだけで先得の先行申し込みができる!今なら当サイト限定で年会費初年度無料!


※クリックすると公式ページへ移動します

JALの先得割引とは?

JALが提供しているサービス「先得割引」とは、航空券が超格安で購入できるサービスです。

「先得」には下記のプランが4つがあります。

プラン名 内容
ウルトラ先得 75日前までの予約で割引
スーパー先得 55日前までの予約で割引
先得割引タイプB 45日前までの予約で割引
先得割引タイプA 28日前までの予約で割引

予約は早くすれば早くするだけ割引率はグンッと高くなります。

LCCなどの格安航空券は安いものの、

  • 手荷物を預ける時など、何かにつけて有料オプションになる
  • チェックインカウンターがわかりにくい場所にある
  • 特定の空港からしか利用できない
  • 搭乗口が遠くてバスで移動しなければいけない
  • 機内の座席が狭い上に安っぽくて疲れる

というデメリットがあります。

しかし、大手航空会社であるJALであれば、それらは一切なし!

普通の航空会社の快適なサービスをLCCのような格安価格で利用できるのが『先得』の魅力で、LCCを調べる前にまずは絶対にJALの先得を調べるべきです。

「航空券はLCCが安い」というのが一般的な常識になっていますが、JALの先得を知っている人はLCCと同じくらいの価格で上質な空の旅を楽しんでいます。

※LCCの座席

※JALの座席

 

JALの先得割引は数量限定?1便につきどれぐらいの席数なのか?

JALの先得が利用できる席数は公表されていません!

公式で発表されているのは「販売座席数には限りがある」ということと「便によっては先得がない場合がある」ということのみです。

先得は一律に「先得で利用できる座席数は○○席だけ!」と数量を決めているワケではなく、あくまでも航空会社が「この人はお客さんが少なそうだから、座席数を多くしようかな」などと、込み具合を予想して決定します。

しかし、残席数のおおよその数は、実際に航空券を調べる時に表示されているマークによって確認することができます。

マークの意味は下記の通りです。

○:空席あり(16席以上)
△:空席あり(6〜15席)
1~5:残りの空席数
■:空席なし(キャンセル待ち受付中)
×:満席
/:発売前
-:運賃設定無し
A,B,C:割引のタイプ(値段)

つまり、先得の席数は公表されていませんが、予約画面でおおよその席数を予測することができるということです。

航空会社の割引は「空席のまま飛行機を飛ばすなら、安くしてでも多くの人に乗ってもらおう」という主旨で行なっているので、一律で席数が設定されるのではなく、込み具合を予想して設定されます。

ですので「先得の席数は○○です!」とは公表されることはありません。

先得は81%OFFでJALに乗れるキャンペーン

ここまで先得の説明を行なってきましたが、一番重要なのは「値段はどうなるのか?」ということですよね。

先得で航空券を予約した場合、JALの航空券が最大81%OFFになります。※区間によっては割引率が83%にまで達する区間もあります。

パーセンテージで説明されてもイメージが湧かないと思うので、実際の例を参照にご紹介します。

区間 普通料金 75日前までの
予約
55日前までの
予約
45日前までの
予約
28日前までの
予約
ウルトラ先得 スーパー先得 先得割引
Bタイプ
先得割引
Aタイプ
福岡→羽田 41,390円 9,800円〜 10,600円〜 12,000円〜 13,000円〜
福岡→沖縄 30,900円 6,900円〜 9,500円〜 9,600円〜 10,500円〜
熊本→羽田 41,390円 10,800円〜 12,700円〜 12,800円〜 15,300円〜
大分→羽田 40,190円 10,400円〜 12,700円〜 12,800円〜 14,900円〜
鹿児島→羽田 43,890円 8,300円〜 9,300円〜 12,000円〜 12,500円〜

上記の表では、鹿児島から羽田までの航空券を75日前までに予約すると81%という信じられないほどの格安価格で航空券をゲットすることができます。

例えば、同じ条件で2017年11月18日現在に鹿児島から羽田空港までの航空券をLCCで検索してみました。

予約条件は「ウルトラ先得」と同じ75日以上前(2018年2月1日)の予約です。

最安値は8,790円と表示されました。

数百円ではありますが、JALの航空券の方が安いことになります。

ほとんどの人は最初っからLCCの航空券を探してしまいますが、サービスや機内の快適さから考えるとJALの航空券を探す方が絶対にお得です!

さらに福岡-札幌間の運行では通常価格5万7,300円の航空券がなんと9,900円になるという、83%の割引率で手に入れることもできます。

今までLCCは「多少不便だけど、安いから利用したい」という人をターゲットにしいてたので、座席感覚が狭かったり、滑走路を歩いて飛行機に乗り込んだり、チェックインカウンターや搭乗口が遠かったりするのも「ま、仕方ないか…」という感じでした。

しかし、JALの『先得』はその安かろう悪かろうのサービスの全てを上回る「上質なサービス利便性で低価格」というどこよりもお得な掟破りのサービスです。

JALカードを持つだけで先得の先行申し込みができる!今なら当サイト限定で年会費初年度無料!


※クリックすると公式ページへ移動します

JALカード会員だけの先行予約ができるからハイシーズンでもバッチリ予約

ご紹介してきた通り、JALの『先得』は圧倒的にお得です。

なので、知っている人はLCCを予約する前にまずはJALの先得を検索して航空券をゲットしていきます。

そりゃそうですよね。例えば、低価格のブランドの商品と、高品質なブランドの商品がほぼ同じ価格なら高品質な商品を購入するのは当たり前です。

なので、『先得』のデメリットとしてはすぐに航空券が売り切れてしまうということです。

下記の画像は2017年11月18日現在検索した、2月5日の福岡→羽田間の航空券予約状況です。

約3ヶ月後の、しかもド平日の航空券にも関わらず、人気の時間帯のものや、良い席のチケットはすでに売り切れてしまっています。

いわばバーゲンセールなので、予約開始直後にダーッと人の群れがなだれ込んで来て、お得なチケットは早い者勝ちでなくなってしまうんです。

  • 「仕事があるからネットに張り付いてるワケにもいかないし…」
  • 「いつも、サイトを見た時には欲しいチケットが売り切れている…」
  • 「人気の時期のチケットとは取るのはもはや運でしかない…」

という不満があるかもしれません。

しかし、JALカードを持っている人は優先的にチケットをゲットすることができます!

実は、『先得』を予約できる優先順位は

  • ①JALカード会員
  • ②JMB(JALマイレージバンク)会員
  • ③一般客

という順番が決まっています。

JAL会員は一般客の予約開始の2日前、JMB会員は予約開始の1日前、一般の方は通常の予約開始時に予約を行なうことができます。

イメージで例えるのであれば、遊園地のアトラクションで一般客は長い列に並び、JMB会員は優先パスを利用でき、JALカード会員はスタッフ専用口からアトラクションを利用できる感じです。

しかも、JALカードはクレジットカード機能があるものに限られます。

つまり、収入がない主婦や学生は発行しずらいので、必然的に先得のライバルがガッツリ減ります。

一般客と同じスタートラインで予約に参加すれば、予約サイトをコマメにチェックできる時間がある学生や主婦が有利ですが、JALカード会員はその群れから抜け出して余裕で爆安航空券をゲットすることができます。

例えば、下記の画像は12月31日年末の東京から福岡間の航空券の予約状況です。

上記のように先得割引の航空券だけソールドアウトの状況です。

これは年末の航空券の例ですが、GWやお盆、夏休みなども同様にJALカード会員であれば競争率が激しい争奪戦に巻き込まれずに通常価格より2~3万円安いチケットをゲットすることができます。

国内線のビジネスクラス「クラスJ」にも先得でバッチリ予約できる

JALカード会員が先得を優先的に予約できるのは普通席だけではありません。

JALが提供する「クラスJ」というワンランク上のシートも同じように会員限定のスピードでゲットすることができます。

「クラスJってどんな席?」というと、下記のようなシートです。

機能 内容
リクライニング
背もたれを傾けた時に背中だけでなく全体が前方にスライドすることで、移動幅が従来の約半分に減少して前の席との間隔に余裕が生まれます。
座席間隔
普通席より18cmも広い97cmピッチのシートです。
フットレスト

フットレストが付いているのでリクライニングと合わせて背中も休めることができます。
ヘッドレスト
上下に動かすことができるうえに、両端を折り畳むことで頭にフィットさせることができる仕様です。
ジャケットフック&ホルダー
座席の前方にホルダーが付いているので上着などを掛けることができます。
大型テーブル
A4サイズのノートパソコンや書類を置くことができるテーブルが付いています。
コントロールボックス

アームレストにコントロールボックスが付いています。

普通席との価格差は1,000円〜程度の違いしかないので、この「クラスJ」の席は普通席より断然人気があります。

例えば、下記の画像は東京-福岡間の予約状況ですが、先割の予約でも圧倒的に「クラスJ」の席が人気なことが一目瞭然で分かります。

上記のように普通席が15席以上空いている場合でも「クラスJ」のシートは全て完売しています。

JALカード会員であればこのクラスJのシートでも一般のお客さんやJMBカード会員より早く予約ができるようになります。

つまり

  • LCCと同じ価格帯で上質なサービス
  • 最大81%という圧倒的格安価格
  • 普通席よりも断然快適なシート

を年末年始、GW、お盆などのハイシーズどうこう関わらずJALカード会員であれば優先的にお得に航空券をゲットすることができます。

利用条件は「JALカード会員であること」という単純なことで、他に全く複雑条件などはありません。

旅行が好きな方や、家族旅行を考えている方、出張で県外に出ていて地元に帰る機会がある方などは、JALカードを持っていないと圧倒的に損です。

JALカードを持つだけで先得の先行申し込みができる!今なら当サイト限定で年会費初年度無料!


※クリックすると公式ページへ移動します

【当サイト限定】今ならJALカードの年会費が初年度無料

年会費が初年度無料になるJALカードの種類一覧

当サイトからJALカードの「普通カード」が申込むと年会費が初年度無料になります。

普通カードとは、JALカードの中の一般的なカードのことで、普通カードの種類だけでも9種類のカードがあります。

カード種類 普通カード CLUB-Aカード CLUB-A
ゴールドカード
プラチナ

初年度年会費が無料になる普通カード種類一覧、比較表は下記の通りです。

カード種類 年会費(税込) 家族カード(税込) カード特典
JAL・JCBカード
(通常デザイン)
2,160円 1,080円 ・入会搭乗ボーナス1,000マイル
・毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル
・フライトマイル*の10%プラス
・特約店で5~10%割引
・JALパックツアー最大5%OFF
JAL・JCBカード
(ディズニー・デザイン)
2,160円 1,080円 ・入会搭乗ボーナス1,000マイル
・毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル
・フライトマイル*の10%プラス
・特約店で5~10%割引
・JALパックツアー最大5%OFF
(JAL・Mastercard)
2,160円 1,080円 ・入会搭乗ボーナス1,000マイル
・毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル
・フライトマイル*の10%プラス
・特約店で5~10%割引
・JALパックツアー最大5%OFF
(JAL・Visaカード)
2,160円 1,080円 ・入会搭乗ボーナス1,000マイル
・毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル
・フライトマイル*の10%プラス
・特約店で5~10%割引
・JALパックツアー最大5%OFF
(JALカードSuica)
2,160円 ※家族カード無し ・入会搭乗ボーナス1,000マイル
・毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル
・フライトマイル*の10%プラス
・特約店で5~10%割引
・JALパックツアー最大5%OFF
・Suicaオートチャージ
(JALカード TOKYU POINT ClubQ Mastercard)
2,160円 1,080円 ・入会搭乗ボーナス1,000マイル
・毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル
・フライトマイル*の10%プラス
・特約店で5~10%割引
・JALパックツアー最大5%OFF
・PASMOオートチャージ
・WAONクレジットチャージ
(JALカード TOKYU POINT ClubQ Visaカード)
2,160円 1,080円 ・入会搭乗ボーナス1,000マイル
・毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル
・フライトマイル*の10%プラス
・特約店で5~10%割引
・JALパックツアー最大5%OFF
・PASMOオートチャージ
・WAONクレジットチャージ
(JALカード OPクレジット)
2,160円 1,080円 ・入会搭乗ボーナス1,000マイル
・毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル
・フライトマイル*の10%プラス
・特約店で5~10%割引
・JALパックツアー最大5%OFF
・PASMOオートチャージ

アメックスブランドのみ年会費無料になりませんが、上記の9種類のカードは全て年会費初年度無料で利用することができます。

このサイトから申込めば初年度の年会費2,160円が0円になり、2,160円がお得!

…と言いたいところですが、実際は2,160円ではありません。

このJALカードを発行して『先得』という爆安価格で航空券をゲットしたと同時に

  • 入会登場ボーナス1,000マイル
  • 初回搭乗ボーナス1,000マイル

の合計2,000マイルが無料でゲットすることができます。

1マイルの価値を2円とすると無料になった2,160円+2,000マイル(4,000円相当)で合計6,160円のお得です。

『先得』が一般客より2日早く予約できるという特典のためだけに年会費2,160円払っても絶対に損はしませんが、その年会費が無料なうえにさらにマイルが貰えるので、先得の利用を考えている方は即発行するべきです。

JALカードの家族カードも年会費初年度無料

さらに家族カードの年会費1,080円も初年度無料になります。

JALカードの家族カードを発行する最大のメリットとしては、家族カードで貯まったマイルを一括にまとめることができるというサービスが利用できると言う点です。

もちろん家族カードでもボーナスマイルが貯まるので、本会員のマイルと合わせて2倍、3倍…と家族カードの数だけマイルがザクザク貯まっていきます。

JALカードを持つだけで先得の先行申し込みができる!今なら当サイト限定で年会費初年度無料!


※クリックすると公式ページへ移動します

JALの先得を利用する方法

先得を利用する方法は簡単で、誰でも簡単に、感覚的に利用することができます。

①任意の日程から先得を利用する方法(日程が決まっている場合)

Step1:JALの公式ホームページ(国内線)へアクセスする

検索エンジンで「JAL」と検索すると、トップにJALの公式ページへアクセスできるサイトが表示されます。

『先得』が利用できるのは”国内線”なので、国内線のページを開きましょう。

Step2:任意の空港を選択し、28日以上先の日程を選ぶ

先得が利用できるのは

  • 片道
  • 28日以上前の予約から

なので、片道にチェックを入れて任意の空港を選択します。

カレンダーからは28日以上先の日程を選択しましょう。

 

Step3:『先得』の欄から欲しいチケットを選択する

下記の画像では2017年11月19日に検索しているので、『先得』が利用できるのは28日以上先の2017年12月17日からということになります。

選択した日程が

  • 28日以上先
  • 45日以上先
  • 55日以上先
  • 75日以上先

の場合によって、それぞれのお得な先得割引プランが表示されるようになります。

例えば2017年11月19日に75日以上先の2018年2月2日の航空券を検索すると「スーパー先得」や「ウルトラ先得」というさらに安いプランが表示されるようになります。

任意のフライトをクリックして、お客様情報の入力の欄をクリックするとあとは指示に従って予約すれば『先得』の破格の価格で航空券をゲットできます。

JALカードを発行した場合は絶対に「JALマイレージバンク(JMB)会員の方はこちら」という欄からお客様情報を入力しましょう。

『先得』を利用して格安チケットをゲットしたとしても、年度初回搭乗ボーナスマイルやフライトボーナスマイルが貰えます。

②カレンダーから選択する(日程が決まっていない場合)

次にフライトの日程が決まってなくて「とりあえず安い日にチケットを取りたい!」という方向けの方法です。

Step1:JAL国内線ページで「先得カレンダーを見る」をクリックする

同じようにJALの国内線チケット購入のページに進んだら、ページの下の方に進んでください。

すると「先得カレンダーを見る」という項目があるのでクリックします。

Step2:出発地と到着地を入力する

次のページが表示されたら任意の出発地と到着地を選択します。

Step3:任意の日にちを選んで、任意のフライトを選択する

月ごとに全ての日にちの最安値が表示されるので任意の日にちを選びます。

任意の日にちをクリックすると、時間ごとのフライトを選択する画面に移動するので、任意のフライトを選択します。

下記の画像では「先得割引」「スーパー先得」「ウルトラ先得」の3つのチケットがまだ残ってるので、できるだけ安い「ウルトラ先得」を選べば安くチケットを購入することができます。

Step4:お客様情報を入力する

あとは先ほどと同じくJALカードを持っている場合には「JALマイレージバンク(JMB)会員の方はこちら」という欄からお客様情報を入力して予約完了です。

JALカード会員優先予約をするには?

JALカード会員優先予約を利用するには、トップページで「会員ログイン」をすればOKです。

すると国内線のトップバナーに会員優先予約フォームが表示されます。

※2018年3月24日までの予約分の優先予約は終了しています。

まとめ

先得の内容をご紹介してきましたが、簡単に説明するとJALカードを発行するだけで最大81%割引の航空チケットが優先的にゲットできるということです。

しかも

  • 初年度年会費無料
  • 家族カード初年度年会費無料
  • 搭乗、フライトボーナスマイルゲット

というおまけ付きです。

LCCを利用するよりもJALカードを発行して『先得』を利用する方が絶対に快適で格安な旅を楽しむことができます!

JALカードを持つだけで先得の先行申し込みができる!今なら当サイト限定で年会費初年度無料!


※クリックすると公式ページへ移動します

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い