JALカードの公式サイトはこちら

日本でマイルを貯めるのにもっとも有効であり基本であるのが、JALカードとANAカードの二大マイレージカードです。

でも、いざカードを発行するにあたって、どちらがどんな機能を持っているのか、どちらがよりお得なのか、非常に気になるところですよね。

今回はそれぞれのライフスタイルや遣い方に合わせたJALカードとANAカードのお得度を調査してみました。

最大10600マイルもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

JALマイルは空で貯める

JALカードとANAカードを持つならば、当然マイルを貯めることが楽しみとなってきます。マイルを貯めるに当たって最大と言ってもいいような違いが、両者にはあります。

それは、

  • フライトをすることによって貯めるか(JAL)、
  • それとも日常の生活の中で貯めるか(ANA)、

という点です。

JALカードの場合は、フライトによるボーナスマイルがもらえたり、特典航空券(マイルで交換した航空券)がさらにお得になる「ディスカウントマイル」というサービスがあったり、JALカード会員向けの「JALカード割引」があるなど、頻繁にフライトをするほどお得なシステムとなっているのです。

どのくらいお得になるのか?

例えば、東京−沖縄間の往復特典航空券の必要マイル数を見てみましょう。

  • ANAカードの場合はシーズンによって大きく異なりますが、14,000〜21,000マイル。
  • JALカードの場合は、ディスカウントマイルやJALカード割引を併用して、11,500マイル。

(ただし、特典航空券を発券できないシーズンもあります)

どうでしょう?かなりの差がありますね!

JALカードの公式サイトはこちら

ANAマイルは陸で貯める

一方でANAカードは、あまりフライトをしない方で、主に日常の生活の中で貯めたいという方に向いています。ショッピング利用によるマイル換算率は

  • JALカード:100円で0.5マイル
  • ANAカード:100円で1マイル

となっています。

また、フライトをせずにマイルを貯める通称「陸マイラー」御用達、ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換する際の交換率も

  • JALマイル:1ポイントで0.5〜0.52マイル
  • ANAマイル:1ポイントで0.9マイル

と断然お得になっています。

なお、マイル特約店やインターネットショッピング提携先については、双方とも大差はないと言えます。

あとは普段どのお店をよく利用するかによるかと思いますが、例としてコンビニをあげると、JALカードはファミリーマート、ANAカードはセブンイレブンでマイルが2倍になります。

マイル特約店については頻繁に更新されているようですので、公式サイトにてご確認されるのが良いかと思われます。

JALマイル特約店一覧

JALマイル特約店一覧

  • ENEOS
  • 大丸
  • 松坂屋
  • ファミリーマート
  • ハックドラッグ
  • ノジマ
  • ディノス
  • トヨタレンタカー
  • 紀伊國屋書店
  • スポーツオーソリティ
  • ニューバランス
  • 二木ゴルフ
  • 紳士服コナカ
  • 紳士服のフタタ
  • ロイヤルホスト
ANAマイル特約店一覧

ANAマイル特約店一覧

  • イトーヨーカドー
  • セブンイレブン
  • ココストアイースト
  • マツモトキヨシ
  • 高島屋
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • 大丸
  • 松坂屋
  • ANAショッピング A-style
  • セブンネットショッピング
  • スターバックス
  • スターバックスカードへのチャージ
  • てもみん
  • グローバル治療院
  • ヘルフェン
  • たかの友梨ビューティクリニック
  • エルセーヌ
  • ダイヤモンド社
  • プレジデント
  • 東洋経済新報社
  • 日経BP社
  • ENEOS
  • 出光興産

その他にも、ANAカードを持っているだけで毎年1000マイルもらえる継続ボーナスがあることもメリットのひとつです。

JALカードの公式サイトはこちら

ANAカード・JALカードどちらが良い?注意するべきポイント

最後に、どちらのカードを選択するかによって知っておきたい注意ポイントをお伝えします。それはスバリ、有効期限です!

せっかく貯めたマイルも使わなければ意味がありません。そこで有効期限はとても重要になってきます。

 

まずJALカードはフライト向き、ANAカードは日常遣い向きだということをご紹介してきましたが、それがこちらにも関わってきます。

JALカードで貯まるのは、ポイントではなく、マイルです。ショッピング利用の際にも貯まるのはマイルになるため、「ポイントからマイルへ移行する」という手間が省けて良い分、有効期限は3年間となります。

 

一方ANAカードで貯めるのはポイントです。マイルとして利用する場合にはポイントからの移行が必要になりますが、この移行にかかる費用が約6,000円となります。ただし、ポイント自体の有効期限2〜3年間(カード会社によって違う)と、マイル移行後の有効期限3年間を合計して、6年間という有効期限が得られます。

よって、やはりJALカードとANAカードを選択する際には、フライトメインか、日常遣いメインか、という点が分岐点になるのではないかと思います。

  • JALカード=フライトで貯める
  • ANAカード=日常の支払いで貯める

なぜならば、フライトを頻繁にされる方であればフライトによってJALマイルをどんどん貯めることができるし、その貯めたマイルをフライトに利用する、というサイクルが生まれるからです。

 

ANAカードは、日常の支払いを最大限に有効活用して「タダで飛行機に乗る!」というロマンがつまったカードです。

それぞれのライフスタイルに合わせて、最適なカードを選択してみてください。

最大10600マイルもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

大阪在住の20代男性。クレジットカードを使ったポイント活用術の魅力にハマり、現在は15枚のカードを所有。使う場所や組み合わせを変えたりなど、いつもポイントを貯めることばかり考えている。(累計30万ポイント、累計20万マイル以上を保有)貯めたポイントを使ったプチ贅沢が大好き。貯めたポイントやマイルを使った旅行が趣味。新幹線や飛行機に乗るのも大好き。