JACCS(ジャックス)発行「漢方スタイルクラブカード」「エクストリームカード」「REXカード」は高還元率がウリですが、いずれも提携カード!それぞれ薬日本堂、宇佐美サービスステーション、カカコクムなど…それぞれの提携先でも独自のサービスを受けられますね。

ジャックスの提携カードはクレジットカードファンの中でも有名かつ人気を誇るものですが、プロパーカードについても是非注目してみたいものです。

プロパーカード、つまりJACCSが発行する純粋なジャックスカード・カード会社が単独で発行するカードになります!

提携カードに比べてポイント還元率自体はあまり高くはありませんが、カード会社であるジャックスのサービスがバランスよく詰まったオールラウンダー的存在です。

  • 提携カード=提携先での特典を受けたい人
  • プロパーカード=カード会社が提供するサービスやブランドに重点を置いている人

と、人それぞれ好みやニーズは異なっています。

私は提携先のサービス利用目的で提携カード持つことが多いのですが、プロパーカードにも最近興味が湧いています。今回はジャックスのプロパーカードであるベーシックタイプの「ジャックスカード」とその上級ラインの「ジャックスカードゴールド」についてまとめてみました。


各カードともにジャックスの基本的なサービスは共通!

これらの二つのカードは、JACCSのプロパーカードなので使えるサービスは基本的に同じものになっています。

ジャックスカード

ジャックスゴールドカード

ジャックスカードとジャックスカードゴールドで共通する部分
  • 提携ブランド:VISA、Master、JCB
  • 支払日:月末締め/翌月27日払い
  • ポイント名称ラブリィポイント
  • ポイントの使い方:Jデポ、他社ポイント移行、商品・商品券引き換え(1,000ポイント以上1,000ポイント単位
  • ポイント有効期限:ポイント獲得月より2年間(24ヶ月)
  • ポイント優遇対象サービスJACCSモール経由で買い物
  • 電子マネーチャージ:モバイルSuica、SMART ICOCA ※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外
  • ETCカード発行手数料・年会費ともに無料

やはり押さえておきたいのはポイントの部分!

ジャックスカード・ジャックスカードゴールドでたまるのはラブリィポイントです!

ラブリィポイント:月間のカードショッピング利用合計金額200円=1ポイント(還元率0.5%)に換算

ラブリィポイントの還元率は他の提携カードが1%超えが当たり前な中では低いように思えます。しかし、JACCSモール経由で買い物やサービス利用でラブリィポイントが通常の2倍~25倍GETできたりします!

また、ラブリィポイントは優遇ポイント「ラブリィ☆アップステージ」というランクアップサービスがあります!
これは前年の年間カードショッピング利用金額合計に応じて、ラブリィ☆アップステージのポイントアップ率が決定&翌年一年間ポイントに適用というもの。ヘビーユーザーを意識したサービス内容となっています。

年間の利用金額合計(1月1日~12月31日利用分)とポイントアップ率
  • 20万円未満:0%
  • 20万円以上:40%
  • 50万円以上:50%
  • 100万円以上:70%
  • 150万円以上:80%
  • 200万円以上:90%
  • 300万円以上:100%
  • ポイント優遇期間:翌2月~翌々年1月ポイント獲得分が対象

ラブリィ☆アップステージのポイントアップ率は当月の獲得ポイントへ乗じられることになり、小数点以下は切り捨てです。
※「当月ポイントアップ」として表示されるようです!

  • ポイントアップ率は最大100%=通常の2倍!

ラブリィポイントの加算は200円=1ポイント(還元率:0.5%)なので、年間利用300万円以上なら還元率を2倍の1%までアップさせることができますよ!(2倍を目指すにはメインで使い倒さない限りハードルは厳しそうですが…)

ラブリィ☆アップステージの諸条件
  • 入会した初年度はステージ適用無し
  • ポイントアップは翌1年間の適用のみ、利用状況で翌々年のステージが下がることがある
  • カード利用とは別に、別途キャンペーン等での付与ポイントはポイントアップ対象外

ラブリィポイント他社ポイント・マイルへの移行も提携先は多いです。JAL・ANAマイルはじめ、Tポイントや楽天ポイントもあります!電子マネー:nanacoポイントへの移行もできますよ。

他社ポイント・マイルへの移行

ジャックスが誇るJデポの利用

他のジャックスの提携カードでも何度も出てくる「Jデポ」、プロパーカードであるジャックスカード・ジャックスカードゴールドではもちろん使えます!

Jデポ:カードショッピング利用金額から、Jデポ金額分を自動的に差し引いて請求されるシステム※年会費、キャッシング、Jデポ有効期間外の利用分は値引き対象外。
ジャックス独自のサービスで、キャッシュバックのような使い方が最大の魅力&人気のものです。

Jデポを利用して請求金額を値引いた場合でも、ラブリィポイントの加算は値引き「前」の利用合計金額での換算となります!Jデポを利用したからってポイント獲得で損をすることはないです!

JACCSモール経由で買い物やサービス利用で、Jデポなら0.5%~12%もらえます!ラブリィポイントとJデポどちらをポイントアップ利用するか選択することもできます。

また、ラブリィポイント1,000ポイントJデポ1,050円Jデポモバイル1,100円分交換が可能!

Jデポモバイル:NTTドコモ、au、ソフトバンク、ウィルコムの支払代金に充てることが出来るもの
  1. ラブリィポイントをためる&Jデポへ交換する
  2. Jデポの利用案内が届く(明細書に表示あるいは書類で案内)
  3. Jデポの有効期間(3ヶ月)を確認
  4. Jデポ有効期間内にカードでショッピング
  5. ショッピング利用金額より値引きされて請求を受ける

Jデポには有効期限がありますが、カードを利用していれば自動的に消費されるので実質的には無いようなものです。

ジャックスシリーズの目玉は「Jデポ」だと思います!これはジャックスオリジナルの独自のポイント制度で、そのシステムと内容はとても充実したものです。カードを語る上で外せないものとなっていますね!Jデポで使うもよし、提携先ポイントで使うもよし…選択肢があることはとても良いことだと思います。

個人的にはラブリィポイント→Jデポへの交換で請求金額からの値引きでオトクが一番オススメです。

ジャックスカードとジャックスカードゴールドで異なるところ

基本的なポイント制度や利用可能なサービスは共通となっていますが、次はそれぞれのカードで違っている部分を挙げてみました!

1. 年会費

ジャックスカード
  • 本会員1,250円(税抜)
  • 家族会員400円(税抜)
ジャックスカードゴールド
  • 本会員初年度無料/次年度以降5,000円(税抜)
  • 家族会員初年度無料/次年度以降1人目無料、2人目以降400円(税抜)

ジャックスカードもジャックスカードゴールドともに年会費がかかります。やはりゴールドのほうが年会費が高い設定となっていますが、初年度の年会費は無料!家族カードについても1人目までは年会費無料と優遇されています!ジャックスカードにはそこの優遇がないのでゴールドのほうがお得感がありますね。

提携カードのREXカード、エクストリームカードにある条件付無料(当年度のカードショッピング利用合計金額が●●万円以上の場合は次年度無料)の制度は、ジャックスカード・ジャックスカードゴールドともにありません。

2. ゴールド専用プログラム

ジャックスカードゴールドのほうが年会費が高い分、カード内容やサービスについてはかなり差がついてきます!
実はラブリィポイントを貯める上で、ゴールド専用の特別プログラムが用意されているんです。

ラブリィ☆アップステージプラス

前年のカードショッピング利用金額の合計でポイントアップ率が決定し、翌年1年間のポイントに反映させる「ラブリィ☆アップステージ」に加え、ジャックスカードゴールド会員は更に「ラブリィ☆アップステージプラス」のプログラムが用意されています!

これは、年間の利用金額に応じたステージにあわせて「Jデポ」GETというもの。通常利用のポイント獲得に加えて、ステージ次第で更にショッピング金額からの値引き還元されます。

ステージ次第で、年会費分の元をとることも出来ます!

年間の利用金額合計(1月1日~12月31日利用分)獲得Jデポ
  • ブロンズ(50万円以上):Jデポ1,000円分
  • シルバー(100万円以上):Jデポ2,000円分
  • ゴールド(150万円以上):Jデポ3,000円分
  • プラチナ(200万円以上):Jデポ5,000円分
  • ロイヤル(300万円以上):Jデポ10,000円分

ゴールドを選択して使うのであれば50万以上の決済は普段使いで達成できそうですね。Jデポ1,000円分の値引きが上乗せされるのはかなりオトクですね。それだけではありません…!

ラブリィ☆ポイント12*3

ジャックスカードゴールドの方はこちらのポイントプログラムも適用。

毎年12月がゴールド月間に指定されており、期間中はなんとショッピング獲得ポイントが3倍になります!家族カードも適用となりますので、ポイント獲得率が当該期間はグンとあがります!

12月はクリスマス・年末年始・正月などイベントが多数控えている月でもあり、クレジットカードで決済する機会も金額も多くなると思います。大きな買い物はこの「ラブリィ☆ポイント12*3」期間中を狙うのが良いでしょう!

「ラブリィ☆アップステージプラス」「ラブリィ☆ポイント12*3」ジャックスカードゴールド会員だけのプログラムなので、ジャックスカード(普通)に比べかなり優遇されているといえます。

3. ショッピング保険

ショッピング保険の付帯有無についても違いがあります。

  • ジャックスカード→ショッピング保険付帯なし。
  • ジャックスカードゴールドショッピング保険の付帯があり!
    (年間最高100万円/90日間(自己負担額1事故につき3,000円) ※補償の対象とならない商品も一部あります。

ゴールドは年会費が高い分、しっかりとショッピングプロテクションがついています。頼もしいですね。

4.旅行保険の充実度

旅行が好きな方には旅行保険についてはしっかりおさえておきたいポイントですよね。
ジャックスカード・ジャックスカードゴールドともに旅行傷害保険が付帯されていますが、実はかなり違います!

ゴールドカードの会員の場合は、家族会員・家族会員以外の家族(家族特約)にも海外旅行傷害保険が自動付帯されます。

家族特約:本会員の配偶者および満19歳未満の方で本会員と生計を共にする同居の親族または別居の未婚の子が対象)

それぞれの補償内容と保険金額についてみていきましょう。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

  • 傷害死亡:偶然な事故によるケガが原因で、事故の日を含めて180日以内に亡くなったとき
    普通→最高2,000万円
    ゴールド→本会員:最高3,000万円/家族会員:最高1,000万円/家族特約対象者:最高1,000万円
  • 後遺障害:偶然な事故によるケガが原因で、事故の日を含めて180日以内に後遺障害を生じたとき、その程度に応じて
    普通→80~2,000万円
    ゴールド→本会員:120万円~3,000万円/家族会員:40万円~1,000万円/家族特約対象者:最高1,000万円
  • 傷害治療費用:事故の日を含めて180日以内に偶然な事故によるケガが原因で医師の治療を受けたとき
    普通→最高200万円
    ゴールド→本会員:最高200万円/家族会員:最高200万円/家族特約対象者:最高100万円
  • 疾病治療費用:疾病が原因で旅行期間終了後48時間以内に医師の治療を受けたとき、または特定の伝染病が原因で14日以内に医師の治療を開始したとき
    普通→最高200万円
    ゴールド→本会員:最高200万円/家族会員:最高200万円/家族特約対象者:最高100万円
  • 賠償責任:他人の身体の障害または他人の財物の破損または紛失について法律上の賠償責任を負ったとき
    普通→最高2,000万円
    ゴールド→本会員:最高3,000万円/家族会員:最高3,000万円/家族特約対象者:最高1,000万円
  • 携行品損害(免責 3,000円/1旅行かつ1年間の限度額):携帯品が盗難、破損、火災などの偶然の事故にあって損害を受けたとき
    普通→最高20万円
    ゴールド→本会員:最高20万円/家族会員:最高20万円/家族特約対象者:最高10万円
  • 救援者費用(1年間の限度額):捜索救助等が必要になった場合
    普通→最高200万円
    ゴールド→本会員:最高200万円/家族会員:最高200万円/家族特約対象者:最高100万円
  • 航空便遅延費用(ゴールドカードのみ付帯/金額は1回の限度額)
    ・乗継遅延費用(搭乗した航空便の遅延により乗継できず、4時間以内に代替便を利用できなかったとき)
    →本会員:最高2万円/家族会員:最高2万円/家族特約対象者:無し
    ・出航遅延欠航・搭乗不能費用(4時間以上の出航遅延、欠航・運休または搭乗予約受付業務のかしによる搭乗不能により、4時間以内に代替便を利用できなかったとき)
    →本会員:最高2万円/家族会員:最高2万円/家族特約対象者:無し
    ・受託手荷物遅延費用(搭乗した航空便に預けた手荷物が航空便の到着後6時間以内に到着しなかったとき)
    →本会員:最高2万円/家族会員:最高2万円/家族特約対象者:無し
    ・受託手荷物紛失費用(搭乗した航空便に預けた手荷物が航空便の到着後48時間以内に到着しなかったとき)
    →本会員:最高4万円/家族会員:最高4万円/家族特約対象者:無し

国内旅行傷害保険(利用付帯・国内旅に関わる費用(公共交通乗用具の搭乗費用・宿泊費用・ツアー参加費用など)をカードで支払った場合適用)

  • 傷害死亡:事故の日を含めて180日以内に亡くなったとき
    普通→1,000万円
    ゴールド→本会員:最高3,000万円/家族会員:最高1,000万円/家族特約対象者:最高1,000万円
  • 後遺障害:事故の日を含めて180日以内に後遺障害を生じたとき、その程度に応じて
    普通→30万円~1,000万円
    ゴールド→本会員:最高3,000万円/家族会員:最高1,000万円/家族特約対象者:最高1,000万円
  • 入院:事故発生日より180日限度
    普通→5,000円/1日につき
    ゴールド→本会員・家族会員・家族特約対象者共通:5,000円/1日につき
  • 手術:入院保険金を支払う場合で手術を受けたとき手術の種類に応じて
    普通→5万円/10万円/20万円/1事故につき1回限度
    ゴールド→本会員・家族会員・家族特約対象者共通:5,000円×倍率/1日につき
  • 通院:事故発生日より180日以内で90日を限度
    普通→3,000円/1日につき
    ゴールド→本会員・家族会員・家族特約対象者共通:3,000円/1日につき
  • 航空便遅延費用ゴールドカードのみ付帯/金額は1回の限度額)
    ・乗継遅延費用(搭乗した航空便の遅延により乗継できず、4時間以内に代替便を利用できなかったとき)
    →本会員:最高2万円/家族会員:最高2万円/家族特約対象者:無し
    ・出航遅延・欠航・搭乗不能費用(4時間以上の出航遅延、欠航・運休または搭乗予約受付業務のかしによる搭乗不能により、4時間以内に代替便を利用できなかったとき)
    →本会員:最高1万円/家族会員:最高1万円/家族特約対象者:無し
    ・寄託手荷物遅延費用(搭乗した航空便に預けた手荷物が航空便の到着後6時間以内に到着しなかったとき)
    →本会員:最高1万円/家族会員:最高1万円/家族特約対象者:無し
    ・寄託手荷物紛失費用
    (搭乗した航空便に預けた手荷物が航空便の到着後48時間以内に到着しなかったとき)
    →本会員:最高2万円/家族会員:最高2万円/家族特約対象者:無し

保険内容についてざっと比較してみましたが、圧倒的にゴールドカードのほうが補償内容と保険金額が上ですね。数あるゴールドカードの中でも、ジャックスカードゴールドの付帯保険は大変充実したものとなっていますよ。

特に注目すべき点は、航空便遅延費用補償が海外・国内旅行傷害保険!これは年会費5,000円クラスのゴールドカードの中でかなり優秀な補償内容だと思います。航空便遅延に関わる保険内容は、一般のカードにはついていないことが多く上級ランクのクレジットカードには付帯されますが、年会費が高額となることが多いです。

国内・海外問わず旅行やビジネス機会の多い人にジャックスカードゴールドの旅行保険はかなり魅力的ではないでしょうか。

保険金請求に関わるところの確認や保険金支払の対象にならないケースなど、注意事項については公式サイトでご確認ください。

5. 空港ラウンジサービス

ゴールドカード会員にはあって、普通カード会員にはない「空港ラウンジサービス」!ジャックスカードゴールドと当日の搭乗券あるいは航空券の提示で、国内の主要空港であれば年中無休・無料で利用することができますよ。出発前にゆっくりとコーヒーを飲みながらくつろぐことが出来ます。

使えるラウンジ詳細

6. J’sコンシェル

エンターテイメントでもっとオトクなサービスを受けたい場合はJ’s コンシェルの利用をオススメします!

「J’sコンシェル」とは、旅行やグルメなどの娯楽メニューがお得に受けられる会員限定の優待サービスです。このJ’sコンシェルに登録するには、JACCSのWebサービス:インターコムクラブの登録&WEB明細サービスの登録がまず必要です。J’sコンシェルに限らず、Web会員限定の様々なサービスを受けることが出来ますのでインターコムクラブ登録は是非行いましょう!

JACCSモールもインターコム会員限定のサービスです。

他にも、

  • ラブリィポイントの交換がスムーズ
  • 会員限定オトク情報 などなど…

プロパーカードのジャックスカード(普通)会員ももちろん登録は可能なのですが、ジャックスカードゴールド会員のみ受けられる特別なサービスもあるのです

ゴールドカード限定のサービスの一例
  • 名門ゴルフコースがビジター料金で利用可能
  • 入手困難なプレミアチケット入手の手伝い
  • 著名人とのパーティーアレンジ 

また、ジャックスカードゴールドの場合は各提携ブランド別に優待サービスもあるようです!
提携ブランドに悩んだ場合はVISA、Master、JCBそれぞれの優待サービスをみて判断するのも良いかもしれません。

ジャックスカードvsジャックスゴールドカード、どちらを選ぶとよい?

ジャックスカードとジャックスカードゴールドを比較してみると、ゴールドのメリットが非常に際立っています。年会費はジャックスカードよりゴールドが高いものの、初年度無料の優遇や家族カードが1枚までは無料など一概に年会費の金額だけでは測れない部分もあります。

実際のところ、カード年会費に対する内容としては「ジャックスカードゴールド」が質の高い優れたサービスを包括していると思います。

ジャックスカードが向いている人
  • JACCSのプロパーカードを持ちたいが、年会費をおさえたい
  • 旅行保険などは基本的なもので十分
  • ショッピング保険は不要
ジャックスカードゴールドが向いている人
  • 年会費5,000円(税抜)を払っても構わない
  • 旅行や出張機会が多い
  • 付帯保険を充実させたい
  • ポイントをガッツリためたい

といったところでしょうか。

ゴールドカード会員にはポイントアップゴールド専用プログラムが用意されており、普通カードに比べ優遇されているので、年会費に差はあれどゴールドを選択するほうがより高いコストパフォーマンスを得られるかと思います。ラブリィ☆アップステージプラス・ラブリィ☆ポイント12*3といったプログラムを上手く利用すると普通カード以上に対年会費の面でカードライフを充実させることが出来るのではないでしょうか。

ジャックスカードのデメリット
  • 年会費初年度無料の優遇がない
  • 家族カードに年会費がかかる
  • ポイントアップゴールド専用プログラム対象外
  • ショッピング保険付帯無し
  • 旅行傷害保険に家族会員・家族特約対象外
  • 航空便遅延補償対象外
  • 空港ラウンジ利用が出来ない
ジャックスカードゴールドのデメリット
  • 年会費が普通カードに比べ高い(普通: 1,250円(税抜)/ゴールド:5,000円(税抜)

…と、デメリットが年会費発生以外見当たらず、ゴールドはサービス比較の面で圧倒的に優位かと思います。

普通カードでも海外旅行傷害保険などは決して他のカードに比べると劣っているわけではありません。ジャックスカードゴールドが年会費の割に充実しすぎているかもしれませんね!

補足ですが、カード入会条件にそれぞれ基準に違いがあります。学生や20歳未満はゴールドの申込は出来ません。

  • ジャックスカード→年齢18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な人 ※未成年者が申込者の場合は、親権者の方の同意が必要
  • ジャックスカードゴールド→年齢20歳以上で安定した収入のある電話連絡可能な方(学生を除く)

私も旅行が好きなので、今回ジャックスゴールドカードにかなり興味を持ちました!

特に航空機遅延補償はあるととても役立つ保障内容だと思うので、年会費5,000円(税抜)でこれだけの内容であれば入会を検討しても良いなと思いました!ジャックスゴールドカードは国内・海外問わず移動が多い人・旅好きにはたまらない1枚になりそうです。

JACCS発行のカードは高還元率を誇るカードが多く、漢方スタイルクラブカード・REXカード・エクストリームカードといった提携カードも人気ですが、こういったプロパーカードの実力を改めて見てみるのも大変面白いですね。

 

ジャックスカード

セールスポイント
  • JACCSモール内使用で最大12%還元!
  • 携帯電話料金や公共料金のお支払いでラブリィポイントが貯まる
  • Jデポ1,000円分プレゼント!
スペック一覧表(クリックで開く)

【入会特典キャンペーン】

Jデポ1,000円分プレゼント


 

楽天カード入会キャンペーン実施中!
カードの支払日を過ぎてしまったら…

【支払い遅れそう…】カードの引き落とし日に間に合わなかったらどうなるの?