JACCSが単独で発行するプロパーカードは名前の通り「ジャックスカード」になります!

REXカード・エクストリームカード・漢方スタイルクラブカードといった提携カードに比べて、ポイント還元率のインパクトなどは自体はあまり高くはありませんが、ジャックスの基本的なサービスがバランスよく付帯している、正統派のクレジットカードになります。

特典やカードの特徴がハッキリしており「お得感」重視な提携カードに比べ、どちらかといえばプロパーカードはカードブランド自体に重視・惹かれている人に選ばれる傾向があります。

私自身は、提携先のサービス利用目的で圧倒的に提携カードのほうが財布の中に多くあるのですが、プロパーカードの魅力についても気になるところではあります。

今回はJACCSのプロパーカードである「ジャックスカード」についてまとめてみました!



ジャックスカードの基本スペック

 

  • 提携ブランド:VISA、Master、JCB
  • 支払日:月末締め/翌月27日払い(金融機関が休業日にあたる場合は翌営業日)
  • 年会費1,250円(税抜)
  • ポイント名称:ラブリィポイント
  • ポイント還元率200円=1ポイント(還元率0.5%)
  • ポイント有効期限:ポイント付与月から起算して24ヶ月
  • ポイント優遇対象サービス:JACCSモール
  • ポイントの提携:Jデポ、他社ポイント移行、商品・商品券引き換え
  • 利用可能最低ポイント数1,000ポイント以上(単位は交換先による)
  • ボーナスポイント:ラブリィ☆アップステージ
    年間の利用金額合計(1月1日~12月31日利用分)に応じて加算あり
  • 電子マネーチャージ:モバイルSuica、SMART ICOCA
    ※nanaco、楽天Edyはポイント付与対象外
  • 家族カード:3枚まで発行可能 年会費:400円(税抜)
  • ETCカード:発行手数料・年会費ともに無料
  • 旅行保険:海外旅行傷害保険(自動付帯)/国内旅行傷害保険(利用付帯)
  • ショッピング保険:無

ジャックスカードは、VISA、Master、JCBと国際ブランドが主力3つから。提携カードに比べて選択肢が広がっています。

ジャックスカード利用で貯まるポイントと使い方

ジャックスカードを利用することで貯めることが出来るポイントは、ラブリィポイントです!月間のカードショッピングご利用合計金額200円=1ポイント(還元率0.5%)獲得できます。

もちろん、JACCS特典利用の目玉となる「Jデポ」の利用ができます

ラブリィポイント1,000ポイント=Jデポ1,050円・Jデポモバイル1,100円分と交換が可能!Jデポへの交換は、1,000ポイント以上1,000ポイント単位から出来ます。

Jデポ:カードショッピング利用金額から、Jデポ金額分を自動的に差し引いて請求されるシステム※年会費、キャッシング、Jデポ有効期間外の利用分は値引き対象外。
Jデポモバイル:NTTドコモ、au、ソフトバンク、ウィルコムの支払代金に充てることが出来るもの
使い方フロー
  1. ラブリィポイントをためる&Jデポへ交換する
  2. Jデポの利用案内が届く(明細書に表示あるいは書類で案内)
  3. Jデポには有効期間を確認(引換翌日~適用開始月から3ヶ月後の末日)
  4. Jデポ有効期間内にカードでショッピング
  5. ショッピング利用金額より値引きされて請求を受ける

ラブリィポイントは、他にも豊富な交換先が特徴。カタログから好きな商品を選ぶことも出来ますし、ポイントやマイルをためている方にも選択肢が色々と用意されているので使いやすさは良いかと思います。

ポイント交換先の一例
  • VJAギフトカード(3,250ポイント=3,000円分)
  • Amazonギフト券(3,250ポイント=3,000円分)
  • クオ・カード(3,250ポイント=3,000円分)
  • ANAマイル(5ポイント=ANAマイル3/1,000ポイント以上500ポイント単位)
  • JALマイル(5ポイント=JALマイル2.5/1,000ポイント以上500ポイント単位)
  • dポイント(1ポイント=dポイント1/1,000ポイント以上500ポイント単位)
  • au WALLETポイント(1ポイント=au WALLETポイント1/1,000ポイント以上500ポイント単位)
  • Tポイント(1ポイント=Tポイント0.9/1,000ポイント以上500ポイント単位)
  • 楽天ポイント(1ポイント=楽天ポイント1/1,000ポイント以上500ポイント単位)
  • nanacoポイント(1ポイント=nanacoポイント1/1,000ポイント以上500ポイント単位)など…

ポイントを有効的に使う例としては、Jデポがよさそうですね。1,000ポイント=Jデポ1,050円相当と、交換レートの良さに加え、使い道を選ぶ請求額から引かれるというのは使い勝手が良いでしょう。

ポイント&マイル

ギフトへの交換

さらなるポイント獲得を目指して…

オンラインショッピングやサービス利用をWeb上で検索&決済する場合は積極的に「JACCSモール」経由で行うようにしましょう!JACCSモール経由で買い物をすると、ショップやサービスごとに設定されている料率でJデポをプラスで獲得することができます。

JACCSモールには有名なネットショップやサービスがたくさん用意されているので、使う機会はなかなか多いのではないでしょうか。

  • Amazon(0.5%)
  • 楽天市場(0.5%)
  • Yahoo!ショッピング(0.5%)
  • ポンパレモール(0.5%)
  • SEIYUドットコム(1%)
  • UNIQLO(0.5%)
  • じゃらん(1%)
  • 楽天トラベル(0.5%)
  • ヤフオク!(0.5%)
  • Expedia(2.5%) など…

JACCSモールを経由することで、あまり高くはないジャックスカードの還元率が0.5%を上手くカバーしてくれるでしょう。旅行代金などは高額決済になりやすいので、JACCSモールを経由した旅行手配などはかなり良い手段かと思います、利用価値は十分にあるでしょう!通常の還元率+αでの獲得となりますから使わない手はありません。

2017年3月15日より、JACCSモール利用分より各ショップごとに月間のポイント加算&Jデポの登録に上限が設けられるようになっています。ポイント加算・Jデポ登録の上限があるとはいえ、普通使いの金額では特に影響は出なさそうです。

また、ジャックスカードには「ラブリィ☆アップステージ」という年間の利用金額合計(1月1日~12月31日利用分)に応じてヘビーユーザーが得するようなボーナスポイントがもらえる制度があります。

通常200円=1ポイントの還元率0.5%のラブリィポイントですが、この制度を利用して更にポイントアップ率の加算として獲得すると、それ以上の還元率の実現が可能です!

年間の利用金額合計(1月1日~12月31日利用分)とポイントアップ率
  • 20万円未満:0%
  • 20万円以上:40%
  • 50万円以上:50%
  • 100万円以上:70%
  • 150万円以上:80%
  • 200万円以上:90%
  • 300万円以上:100%
    ポイント優遇期間:翌2月~翌々年1月ポイント獲得分が対象

ポイントアップ率は最大100%=通常の2倍(年間300万円以上の利用の場合)となっており、ラブリィポイントの加算は200円=1ポイント(還元率:0.5%)なので、通常200円=1ポイント+ポイントアップ率の加算と使えば使うほどお得になる仕組みになっています。

300万円以上のハードルは大きいですが、せっかくジャックスカードを使うのであれば、ラブリィ☆アップステージの恩恵が受けられる20万円以上を目指したいところですね。

ラブリィ☆アップステージの諸条件
  • 入会した初年度はステージ適用無し
  • ポイントアップは翌1年間の適用のみ、利用状況で翌々年のステージが下がることがある
  • カード利用とは別のキャンペーン等でのポイント付与はポイントアップ対象外

ラブリィポイントの還元率は他の提携カードが1%以上なのが当たり前な中ではあまり魅力的には見えないのですが、JACCSモール経由で買い物やサービス利用でラブリィポイントが通常の2倍~25倍GETできたりします!

使い方次第でポイント還元のメリットを大いに受けられそうですね。

ジャックスカードに付帯するサービス

ジャックスカードは、付帯サービスとして旅行傷害保険(海外・国内)があります。海外旅行へ出かける人にもオススメとなります!

海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • 傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円/80万円~2,000万円
  • 傷害治療費用:最高200万円
  • 疾病治療費用:最高200万円
  • 賠償責任:最高2,000万円
  • 携行品損害:最高20万円(免責金額3,000円)
  • 救援者費用:最高200万円

海外旅行傷害保険(詳細)

国内旅行傷害保険(利用付帯)
  • 傷害死亡・後遺障害:最高1,000万円/30万円~1,000万円
  • 入院:1日につき5,000円
  • 手術:1事故につき1回5万円/10万円/20万円
  • 通院:1日につき3,000円

国内旅行傷害保険(詳細)

プロパーカードならでは基本的な保障内容はおさえているものとなっているので、1枚である程度カバーできるため損はなさそうです。

ジャックスカードのデメリット

ジャックスカードはこれといって絶対的なメリットを見出すのが難しいところもありますが、デメリットとして挙げる点もそこまでありません。しいて挙げるとしたら、使っても使わなくても年会費発生があるため、どうしても年会費無料にこだわりたい人には向かないかもしれません。

普通に使っていても、提携カードのような高還元率というわけでもないのでオトク感をイマイチ感じられないというのもあるかもしれません。

ジャックスカードゴールド

ジャックスカードには、上位ランクのカードとして「ジャックスカードゴールド」があります!ベーシックなジャックスカードが更にハイスペックになったもので、基本的なカードスペックは共通ですが、ゴールド独自の付帯サービスであったりポイント優遇サービスにも違いがあります

年会費

  • 本会員:初年度無料/次年度以降5,000円(税抜)
  • 家族会員:初年度無料/次年度以降1人目無料、2人目以降500円(税抜)

上記のように、ゴールドの場合は年会費が5,000円(税抜)と普通カードより高い設定となっています。

ゴールド専用プログラム

ジャックスカードゴールドは年会費がベーシックタイプより高くなる分、カード内容やサービスについてはかなり差がついてきます!ラブリィポイントを貯める中でも、ゴールド専用の特別プログラムが用意されているところも特徴です!

ラブリィ☆アップステージプラス

前年のカードショッピング利用金額の合計でポイントアップ率が決定し、翌年1年間のポイントに反映させる「ラブリィ☆アップステージ」に加え、ジャックスカードゴールド会員は更に「ラブリィ☆アップステージプラス」のプログラムが用意されています!

これは、年間の利用金額に応じたステージにあわせて「Jデポ」を獲得できるというもので、通常利用のポイント獲得に加えて、更にステージ次第でショッピング金額からの値引き還元されるものです。

ステージ次第では、年会費の元をとることも出来まよ!

年間の利用金額合計(1月1日~12月31日利用分)獲得Jデポ
  • ブロンズ(50万円以上):Jデポ1,000円分
  • シルバー(100万円以上):Jデポ2,000円分
  • ゴールド(150万円以上):Jデポ3,000円分
  • プラチナ(200万円以上):Jデポ5,000円分
  • ロイヤル(300万円以上):Jデポ10,000円分

ゴールドを選択してメインでの決済を行うのであれば、50万以上の決済は普段使いで達成できそうですね。Jデポ1,000円分の値引きが上乗せされるだけでもかなりお得ではないでしょうか。

ラブリィ☆ポイント12*3

ジャックスカードゴールドの方は、ラブリィ☆アップステージ・ラブリィ☆アップステージプラスに加えてこちらの「ラブリィ☆ポイント12*3」ポイントプログラムも適用。

毎年12月がゴールド月間に指定されており、期間中はなんとショッピング獲得ポイントが3倍になります!家族カードも適用となりますので、ポイント獲得率が当該期間はグンとあがります!

12月はクリスマス・年末年始・正月などイベントが多数控えている月でもあり、クレジットカードで決済する機会も金額も多りがちなシーズンです。この期間に高額決済をすると、「ラブリィ☆ポイント12*3」のメリットを大いに生かすことが出来ますね。

「ラブリィ☆アップステージプラス」と「ラブリィ☆ポイント12*3」はジャックスカードゴールド会員だけのプログラムなので、ベーシックタイプのジャックスカードに比べかなり優遇されているといえます!

ショッピング保険

ショッピング保険の付帯有無についても違いがあります。ベーシックタイプにはついていないショッピング保険がゴールドでは付帯サービスとして用意されています!

ショッピング保険
  • 年間最高100万円/90日間(自己負担額1事故につき3,000円)
    ※補償の対象とならない商品も一部あります。

充実した旅行傷害保険

旅行傷害保険も、ゴールドになるとその補償金額なども大きく上がります!ゴールドカードの会員の場合は、家族会員・家族会員以外の家族(家族特約)にも海外旅行傷害保険が自動付帯されます。

家族特約:本会員の配偶者および満19歳未満の方で本会員と生計を共にする同居の親族または別居の未婚の子が対象)
海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • 傷害死亡・後遺障害
    傷害死亡→本会員:最高3,000万円/家族会員:最高1,000万円/家族特約対象者:最高1,000万円
    後遺障害→本会員:120万円~3,000万円/家族会員:40万円~1,000万円/家族特約対象者:最高1,000万円
  • 傷害治療費用
    本会員:最高200万円/家族会員:最高200万円/家族特約対象者:最高100万円
  • 疾病治療費用
    本会員:最高200万円/家族会員:最高200万円/家族特約対象者:最高100万円
  • 賠償責任
    本会員:最高3,000万円/家族会員:最高3,000万円/家族特約対象者:最高1,000万円
  • 携行品損害
    本会員:最高20万円/家族会員:最高20万円/家族特約対象者:最高10万円
  • 救援者費用
    本会員:最高200万円/家族会員:最高200万円/家族特約対象者:最高100万円

海外旅行傷害保険(詳細)

国内旅行傷害保険(利用付帯)
  • 傷害死亡・後遺障害:
    傷害死亡→
    本会員:最高3,000万円/家族会員:最高1,000万円/家族特約対象者:最高1,000万円
    後遺障害→
    本会員:最高3,000万円/家族会員:最高1,000万円/家族特約対象者:最高1,000万円
  • 入院
    本会員・家族会員・家族特約対象者共通:5,000円/1日につき
  • 手術
    本会員・家族会員・家族特約対象者共通:5,000円×倍率/1日につき
  • 通院
    本会員・家族会員・家族特約対象者共通:3,000円/1日につき

国内旅行傷害保険(詳細)

年会費5,000円クラスこの付帯内容は、非常にコストパフォーマンスに優れているといえます。

また、付帯保険の中でも注目すべき点は、航空便遅延費用補償が海外・国内旅行傷害保険にもついていることです!この年会費で考えると、かなり優秀な補償内容だと思います。航空便遅延に関わる保険内容は、一般のカードにはついていないことが多く上級ランクのクレジットカードには付帯されますが、年会費が高額となることが多いです。

海外航空便遅延費用(ゴールドカードのみ付帯/金額は1回の限度額)

  • 乗継遅延費用(搭乗した航空便の遅延により乗継できず、4時間以内に代替便を利用できなかったとき)→本会員:最高2万円/家族会員:最高2万円/家族特約対象者:無し
  • 出航遅延・欠航・搭乗不能費用(4時間以上の出航遅延、欠航・運休または搭乗予約受付業務のかしによる搭乗不能により、4時間以内に代替便を利用できなかったとき)
    →本会員:最高2万円/家族会員:最高2万円/家族特約対象者:無し
  • 受託手荷物遅延費用(搭乗した航空便に預けた手荷物が航空便の到着後6時間以内に到着しなかったとき)→本会員:最高2万円/家族会員:最高2万円/家族特約対象者:無し
  • 受託手荷物紛失費用(搭乗した航空便に預けた手荷物が航空便の到着後48時間以内に到着しなかったとき)→本会員:最高4万円/家族会員:最高4万円/家族特約対象者:無し

国内航空便遅延費用(ゴールドカードのみ付帯/金額は1回の限度額)

  • 乗継遅延費用(搭乗した航空便の遅延により乗継できず、4時間以内に代替便を利用できなかったとき)→本会員:最高2万円/家族会員:最高2万円/家族特約対象者:無し
  • 出航遅延・欠航・搭乗不能費用(4時間以上の出航遅延、欠航・運休または搭乗予約受付業務のかしによる搭乗不能により、4時間以内に代替便を利用できなかったとき)
    →本会員:最高1万円/家族会員:最高1万円/家族特約対象者:無し
  • 寄託手荷物遅延費用(搭乗した航空便に預けた手荷物が航空便の到着後6時間以内に到着しなかったとき)→本会員:最高1万円/家族会員:最高1万円/家族特約対象者:無し
  • 寄託手荷物紛失費用(搭乗した航空便に預けた手荷物が航空便の到着後48時間以内に到着しなかったとき)→本会員:最高2万円/家族会員:最高2万円/家族特約対象者:無し

国内・海外問わず旅行やビジネス機会の多い人には、イレギュラーに備えてこういった補償内容がついてくるゴールドカードを持っておくのは安心の一枚として、いざというときに大きく役立つかと思います。

保険金請求に関わるところの確認や保険金支払の対象にならないケースなど、注意事項については公式サイトで要チェックです。

空港ラウンジサービス

また、ジャックスゴールドカードでは「空港ラウンジサービス」がカードに付帯!ジャックスカードゴールドと当日の搭乗券あるいは航空券の提示で、国内の主要空港であれば年中無休・無料で利用することができますよ。出発前にゆっくりとコーヒーを飲みながらくつろげたりと、充実とした旅にしてくれそうです。

使えるラウンジ詳細

J’sコンシェル

ゴールドカード専用のサービスとして、エンターテイメントでもっとオトクなサービスを受けたい場合は「J’sコンシェル」の利用をオススメします。

「J’sコンシェル」とは、旅行やグルメなどの娯楽メニューがお得に受けられる会員限定の優待サービスです。このJ’sコンシェルに登録するには、JACCSのWebサービス:インターコムクラブの登録&WEB明細サービスの登録がまず必要です。J’sコンシェルに限らず、Web会員限定の様々なサービスを受けることが出来ますのでインターコムクラブ登録は是非行いましょう!

JACCSモールもインターコム会員限定のサービスです。

他にもゴールドカード限定のサービスが下記のようなものがあります。使い方次第で趣味やレジャーが更に便利に楽しくなりそうですね!

ゴールドカード限定のサービスの一例
・名門ゴルフコースがビジター料金で利用可能
・入手困難なプレミアチケット入手の手伝い
・著名人とのパーティーアレンジ など…

ジャックスカードゴールドには、国際ブランド別の優待サービスの利用も可能ですのでそれぞれチェックして賢くサービスを活用させたいですね。

安心の一枚としてのプロパーカード

提携カードと比較すると、プロパーカードは「持って使って、良さが分かる」という感じかと思います。ジャックスカードは、ラブリィポイントの使い道が提携カードより充実していることもあり、もしカード選びに悩んだ時の選択肢として加えるとよいでしょう。

また、ジャックスカードとジャックスカードゴールド二つを比較してみると、ゴールドのメリットが非常に際立っている印象があります。年会費の面を考慮してランニングコストがある程度高くなってしまうとはいえ、年会費初年度無料の優遇・家族カードが1枚までは無料で持つことが出来るなど、年会費の金額だけでは一概に判断できないメリットがあると思います。

ポイント優遇サービスが普通カードに比べて多く用意されているところや、カード年会費と付帯内容・サービスを照らし合わせると「ジャックスカードゴールド」が質の高い優れたサービスを包括しているといえます。

ジャックスカードはこういう人にオススメ
  • JACCSのプロパーカードを持ちたいが、年会費をおさえたい
  • 旅行保険などは基本的なもので十分
  • ショッピング保険は不要
ジャックスカードゴールドはこういう人にオススメ
  • 年会費5,000円(税抜)を払っても構わない
  • 家族カードを持ちたい
  • 旅行や出張機会が多い
  • 付帯保険を充実させたい
  • ポイントをガッツリためたい

年会費に差はあれどゴールドを選択するほうがより高いコストパフォーマンスを得られるかと思います。ラブリィ☆アップステージプラス・ラブリィ☆ポイント12*3といったプログラムを上手く利用すると普通カード以上に対年会費の面でカードライフがより充実させることが出来ます!

ゴールドに比べて…

  • 年会費初年度無料の優遇がない
  • 家族カードに年会費がかかる
  • ポイントアップゴールド専用プログラム対象外
  • ショッピング保険付帯無し
  • 旅行傷害保険に家族会員・家族特約対象外
  • 航空便遅延補償対象外
  • 空港ラウンジ利用が出来ない

やはりベーシックタイプの場合、ゴールドはサービス比較の面ではなかなか追いつけないところが目立ちますね。

ゴールドのほうがコストパフォーマンスが高いと紹介しましたが、実はカード入会条件がそれぞれ違うので要注意です。学生や20歳未満はゴールドの申込は出来ません。

  • ジャックスカード
    →年齢18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な人 ※未成年者が申込者の場合は、親権者の方の同意が必要
  • ジャックスカードゴールド
    →年齢20歳以上で安定した収入のある電話連絡可能な方(学生を除く)

まずはベーシックタイプのほうから使ってみて、利用頻度や金額、旅行機会などが増えるようであればゴールドへのアップなどを検討してもよいでしょう!

楽天カード入会キャンペーン実施中!
カードの支払日を過ぎてしまったら…

【支払い遅れそう…】カードの引き落とし日に間に合わなかったらどうなるの?