スーパーやコンビニでお金を払う時、電子マネーを使っていますか。

楽天EdyやWAONは、カードにお金をチャージして、少なくなったらまたチャージして繰り返し使える事で有名です。

では、iDはどのように利用するのでしょうか。

前からiDの存在は知っているけど、仕組みがややこしいので使ったことがない。

手持ちのカードにiD機能はついているけど、なんだか分からないので放置したまま。

なんてもったいないので、せっかくならiDの事を知って、有効利用してみたくないですか?

今回は、iDに興味を持った方の為に、利用する前に確認してほしいポイントを、お伝えしていきます。

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

iDは他の電子マネーと何が違う?

iDは、現在流通している電子マネーの中でも、ドコモのおサイフケータイとして、いち早く存在していました。

おサイフケータイ全盛期には、利用者も多かったようですが、楽天EdyやSuica、nanacoなど、カード型の電子マネーが普及し、おサイフケータイの使えないiPhoneが人気になった事で、一時期は利用者が一気に減った印象があります。

しかし今、iPhoneでApplePayが利用できるようになった事により、スマホがあれば支払えるという便利さから、「またiDを使いたい!」というユーザーが増えてきたようです。

先払いと後払いの電子マネーの種類

このようにiDは、気軽にチャージして使えるカード型の電子マネーとはちょっと違い、基本的におサイフケータイで便利な、後払いシステムの電子マネーなのです。

電子マネーには、先払いと後払いという、支払い方法の違いがあります。

先払い(プリペイド) 楽天Edy、Suica、nanaco、WAON
後払い(ポストペイ) iD、QUICKPay

他にも様々な電子マネーがありますが、有名どころで分別すると、上記のように分かれます。

先払いは、皆さんもご存知チャージする事で電子マネーに金額を登録します。

iDは、クレジットカードと紐づいており、利用した金額を後からクレジット決済分と共に引き落とされます。

しかし、最近ではdカードプリペイドが登場し、iDもチャージできるプリペイド式に対応するようになりました。

ApplePayでもチャージが可能で、電子マネー界で唯一、先払いと後払いが可能なハイブリッド電子マネーとして利用できるようになったのです。

他の電子マネーとの、一番の違いはここにあります。

電子マネーiDの使い方

スマホ、ケータイで利用する場合

iPhoneの方は、ApplePayにiDを登録する事ができます。

iPhone以外の方でも、ドコモユーザーでおサイフケータイ対応機種を持っていれば、おサイフケータイアプリに会員登録する事で、iDを利用できます。

ちなみに、おサイフケータイで支払える、iD対応クレジットカードは、以下の通りです。

【iD対応クレジットカード一覧】

  • ドコモdカード
  • 三井住友カード
  • オリコカード
  • イオンカード
  • クレディセゾン
  • UCカード
  • ライフカード
  • セディナ
  • ポケットカード
  • 大和ハウス HeartOneカード
  • ペルソナSTACIAカード
  • VJAグループ(銀行)カード

お買い物で使用する際は、レジで「iDで支払います」と伝えます。

そこで、スマホやケータイをレジでかざすだけ。

「タントン♪」と支払いの音が確認できたら、完了です。

クレジットカードで利用する場合

スマホで支払えるとセキュリティ面で不安なので、支払いはもっぱらカード派という方もいるでしょう。

クレジットカードでもiDを利用する事ができます。

まずは、iD対応のクレジットカードを発行しましょう。

【iD対応クレジットカード一覧】

  • ドコモdカード
  • 三井住友カード
  • オリコカード
  • 大和ハウス HeartOneカード
  • ペルソナSTACIAカード
  • VJAグループ(銀行)カード

上記のクレジットカードを、レジで「iDで支払います」と伝えてからかざすだけで、サイン不要で簡単に支払いできます。

それ以外で利用する場合

クレジットカードを使わずに、iDを利用する方法があるのです。

それが、dカードmini!

ドコモユーザーの為のサービスで、クレジットカードのようなサインも要らず、専用のアプリをレジでかざすだけで支払い完了。

最大月3万円まで利用でき、引き落としは毎月の携帯料金と合算されるので、クレジットカードや口座登録は必要ありません。

ドコモのおサイフケータイを利用していれば、中学生以上であれでば誰でも利用できる、手軽で便利なで電子マネーです。

iDの残高を確認する方法

iDは基本後払いで利用する電子マネーなので、残高確認はdカードプリペイドでチャージした時などに必要となります。

dアカウントのマイページや、ローソンでチャージした時にレシートに表示されているので、確認してみましょう。

ちなみに、iD利用の明細については、各カード会社の利用明細に「iD利用分」や「〇〇(購入した商品や店舗の名称)/iD」など、iDの文字が含まれて表示される事が多いようです。

WEB明細サービスを利用している場合は、利用日から数日で専用サイトにて確認できます。

利用店舗によっては、支払い情報の到着が遅く、数週間かかってから反映される事もあります。

iDが使えるコンビニと使えないコンビニについて

iDは、電子マネーの中でも利用可能店舗数が多く、ほとんどのコンビニで利用できます。

【iD利用可能コンビニ】

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ローソンストア100
  • ミニストップ
  • サークルKサンクス
  • スリーエフ(関東のみ)
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • セイコーマート
  • くらしハウス
  • サンコス
  • スリーエイト
  • 生活彩館
  • アズナス
  • アンスリー

キヨスクやNEWDAYSのような駅ナカ系コンビニや、地方独自のコンビニなどでは利用できない店舗も多くあります。

iD利用でポイント貯まる?どれぐらいポイント貯まる?

iDにはiDポイントというものはありません。

代わりに、iDをどの種類のカードを利用して使っているかによって、貯まるポイントの種類が変わります。

iD対応のクレジットカード利用の場合

ApplePayにクレジットカードを登録していたり、iD付帯クレジットカードで支払いをしている場合、そのクレジットカードを利用した時に貯まるポイントと同じポイントを、iDの支払いでも貯める事ができます。

例えば、dカードならdポイント、三井住友カードならワールドプレゼントポイントが貯まる、と言った具合です。

ここでは、代表的なクレジットカードでiDを使った場合、どれくらいのポイントが貯まるか比較してみましょう。

【月10000円、iDで支払いをした場合】

・dカード

ポイント名 dポイント
レート 100円=1ポイント(1円相当)
月間ポイント数 100ポイント(100円相当)

・三井住友カード

ポイント名 ワールドプレゼントポイント
レート 1000円=1ポイント(5円相当)
月間ポイント数 10ポイント(50円相当)

・クレディセゾン

ポイント名 永久不滅ポイント
レート 1000円=1ポイント(5円相当)
月間ポイント数 10ポイント(50円相当)

やはり、iD自体ドコモが始めた電子マネーという事もあり、dカードで貯めるのが一番還元率が高くお得です。

また、貯まったポイントは商品交換に使用したり、カードの種類によってはiDへのキャッシュバックもできますが、dカードで貯めて、dポイントは支払いで使うのが、一番手間がかからず簡単でおすすめです。

dカードプリペイドの場合

dカードプリペイドは、チャージする先払い式の電子マネーなので、dアカウントを作ればドコモ以外の方でも発行ができます。

こちらは、dカードよりは還元率は低いですがdポイントが貯まり、ローソンやマクドナルドでのお買い物が3%割引になるという特徴があります。

【月10000円、iDで支払いをした場合】

dカードプリペイド

ポイント名 dポイント
レート 200円=1ポイント(1円相当)
月間ポイント数 50ポイント(50円相当)

iPhoneのApplePayでiD使える?

先に少し触れてしまいましたが、iDはApplePayでも使う事ができます。

Androidのおサイフケータイの印象がありますが、iPhoneユーザーでも便利に利用できるのです。

ちなみに、iPhoneを「タントン♪」とかざすだけで支払いができるのはiPhone7以降の発売機種のみ。

それ以前はカード登録はできますが、ネット上の支払いなどでApplePayを使うのみで、タッチには対応していません。

現在iDをカードや他のおサイフケータイで利用している場合でも、ApplePayにカードを追加登録して使う事もできます。

iDにチャージしてこれからも使い続けていくメリットについて

時短になる

iDを使えば、レジでサイフの中身をジャラジャラ小銭探しする必要がありません。

現金でのお買い物に比べて、iDの支払いはスピーディです。

混雑時に後ろの人を気にしなくて済みますし、レジスタッフがおつりに手間取っているのを待つ必要もありません。

サッとかざしてワンタッチで、お買い物もスムーズにこなせます。

効率的にポイントが貯まる

iD付帯のクレジットカードなら、クレジットと電子マネーの両方の利用金額を合算してポイントがつくので、同じ種類のポイントが効率よく貯まります。

使いやすい電子マネーでも、クレジットカードとポイントが別々に貯まるとなると、目標ポイント数に達成するまでに時間がかかってしまいます。

特に、dカードなら還元率1%でiD利用分のポイントが貯まるので、よりポイントを貯めるのも楽しく感じるでしょう。

懐事情に合わせて、使い分けできる

iDは、後払いが主流の電子マネーでしたが、手持ちがなくても支払えてしまうので、クレジットカード感覚での使いすぎには注意しなければなりません。

しかし、「今月は無駄遣いしたくないなぁ」という月は、先払い式のiDを利用すれば、後から利用明細を見てショックを受ける事はありません。

その月ごとのおサイフ事情に合わせて使い分けができるので、計画的にやりくりしたい主婦の方や学生さん、もちろんサラリーマンの方にも、おすすめです。

どこでもiD払いできる

コンビニやスーパーのレジで使える電子マネー表示を見ると、ほとんどの店舗でiD利用可能マークを見つける事ができます。

もちろん、百貨店やレストラン、ドラッグストアなどでもです。

iDは他の電子マネーに比べて、利用可能店舗数が一番多く、日本全国幅広く利用できます。

これから電子マネーやApplePayを始めたい方にも、iDは1枚持っていて損はないカードです。

まとめ

  • クレジット決済と合わせて後払い、チャージで先払いの2パターンに対応
  • iDはポイントも貯まり、全国で幅広く使える
  • iDを使うならdカードがおすすめ

iDの特筆ポイントは、後払いも先払いもできるという点です。

手元に現金がなくても、サインレスで暗証番号入力する事もなく、ワンタッチで支払い、代金はクレジットカード決済と共にできます。

もし後払いの浪費が心配なら、チャージして先払いできるプリペイドカードを使えば、後で困る事はありません。

(高額商品の購入の際、後払いで支払う時にサインや暗証番号が必要になる事もありますが…)

しかも、全国様々なお店で使え、ポイントも貯まります。

特にdカードでiDを使えば、ポイント還元率も高くておすすめです。

今持っているクレジットカードにiD機能が付いている人も、これからiDを使ってみようという人も、まずはこれを読んで実際の支払いに使ってみて下さい。

意外な使い勝手の良さに気付いてもらえると思います。

dカードGOLD発行でiDキャッシュバックもらえます

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

 

【このページをシェアする】