これからの電子マネー選びに是非知っておいて欲しい、メジャーな電子マネーの特徴を比較していきたいと思います。

電子マネーに興味を持った皆さんにとって、「これからどの電子マネーを、メイン使っていこうか」「いまから発行するにはどの電子マネーが自分にあっているのだろうか」というのは気になるところですよね。

今回は電子マネーの中でも代表的な、iD、楽天Edy、Suicaを選んでみました。

この記事を読んだ後、皆さんがこれからメインに使っていきたい電子マネーが見つかるはずです^^

電子マネーiDの特徴

iDは、ドコモのおサイフケータイで使いやすい電子マネーです。

利用開始するためには、まずはiD対応のクレジットカードを発行するところから始まります。

iDは基本的に、支払った料金を後からクレジットカードで引き落とすシステムの電子マネーなのです。

しかし近年、iDの利用方法は幅を広げています。

どのような特徴があるのか、以下のご紹介していきます。

後払いが基本だが、先払いでも利用できる

iDは、チャージを繰り返して使う先払い式(プリペイド)電子マネーではなく、後払い式(ポストペイ)電子マネーとして普及してきました。

iDで支払った料金は、クレジットカードの引き落としと一緒に精算されるのが基本です。

レジではタッチするだけなので、クレジットカードのようにサインや暗証番号の入力をしなくても利用でき、より手軽な支払い方法と言えますね。

ApplePayでも利用できるので、クレジットカードの利用とまとめやすい事もあり、最近ではiPhoneユーザーにも使われやすい電子マネーです。

更にiDは先払い式のdカードプリペイドというカードも発行するようになりました。

これによって、先払いでも後払いでも、ユーザーの用途に合わせた支払い方法を選択してiDを活用する事ができます。

ドコモユーザーに優しい

iDはドコモが運営する電子マネーのため、ドコモユーザーを中心に使いやすくなっています。

ドコモのおサイフケータイで使えるのはもちろん。

おサイフケータイを利用しているドコモユーザーなら、実はアプリを利用する事で、クレジットカードを発行しなくてもiDを利用する事ができるのです。

それが、dカードmini。

こちらも基本後払いで料金を支払いますが、クレジットカードではなく、ドコモの携帯料金と一緒に引き落とされます。

スマホ料金と電子マネーのお買い物が同時に管理できるので、家計のやりくりも効率的になります。

dポイントが貯めやすい

楽天ポイントやPontaポイントのような共通ポイント市場に徐々に浸透してきたdポイント。

iDを利用すると、このdポイントを貯める事ができます。

特に、ドコモが発行するクレジットカード・dカードなら、毎月のクレジット利用に加えて、iDの利用分もポイント加算されます。

効率よく貯めて、ドコモスマホの購入にポイント充当させるという使い方もできます。

ちなみにドコモユーザー以外でも発行できるdカードプリペイドでも、dポイントが貯まります。

更に、マクドナルドやローソンでは3%割引になるので、ドコモユーザーでなくてもお得を実感できます。

楽天Edyの特徴

電子マネーと言えば楽天Edyを思い浮かべる人が多いと思われるほど、楽天Edyは身近な電子マネーです。

利用したい金額のチャージを繰り返して使う、シンプルなシステム。

使えるお店も増え、一度のおでかけで楽天Edy対応店舗を見ない日はないのではないかと感じるほどです。

ここでは、楽天Edyの基本的な特徴をご紹介しましょう。

貯めやすくて使いやすい楽天ポイントが貯まる

楽天ポイントは、ネットでも街のお買い物でも、幅広い場所で貯める事ができます。

楽天Edyは、その楽天ポイントが貯まります。

現在発行されている楽天Edyには、楽天ポイントカードのシステムも備わっているので、1枚で2役の機能があります。

まず、楽天Edyの支払いをすると、200円で1ポイント。

楽天ポイントカードを提示すると、200円で2ポイント貯まります。

つまり、楽天Edyで支払い、そのお店が楽天ポイント加盟店であれば、200円で3ポイント貯まるというわけです。

少額のお買い物でもポイント還元率1.5%はお得です。

老若男女使いやすい親近感

楽天Edyは、使い方がシンプルなので、電子マネー初心者の方や主婦の方々にもおすすめです。

コンビニやスーパー、ショッピングモールには、カードを入れてお金を入れるだけで簡単に自分で入金できるチャージ機があります。

機会は苦手という方でも、一度覚えてしまえば、そこまで困る事はありません。

レジでチャージできる店舗もありますが、レジで後方に並ぶお客さんを気にせず、自分のペースでチャージができるので、おすすめです。

また、後から請求が来るわけでもなく、チャージした分だけ利用できるので、無駄使いの防止にもなりますね。

楽天カードで利用すれば一石三鳥

楽天Edyは、ポイントがザクザクを貯まる事で有名なクレジットカード・楽天カードにも付帯しています。

しかも、楽天カードには、クレジット機能、電子マネー機能、楽天ポイントカード機能が備わっているので、1枚3役!

クレジット決済をしたい時、電子マネーで払いたい時、ポイント加盟店で現金払いをし、楽天ポイントを貯めたい時、様々なシーンに対応しています。

今月はチャージ分だけ使って節約しようという時は楽天Edyで、余裕のある時は後から請求になる楽天カードで高額お買い物と、家計の状況によって支払い方法を切り替える事も可能です。

Suicaの特徴

Suicaといえば、言わずと知れた交通系電子マネーです。

お買い物で電子マネーを使わない方でも、Suicaだけは持っているという方も多いようですね。

初期のSuicaは、関東近郊のJRで使うというイメージがありましたが、今は様々なシーンで使えるように進化しています。

ここからは、知っておくと得にもなる?!Suicaの特徴をお伝えしていきます。

全国で使える交通系電子マネーの先駆け

Suicaの主要範囲はJR東日本の路線ですが、今は交通系電子マネーの相互利用が可能となり、北海道から九州(沖縄県を除く)の電子マネーが使える路線で利用する事ができます。

このようなマークがある場所で、交通系電子マネーを利用できます。

【Suicaの利用可能エリア】

  • Kitaca
  • SAPICA
  • odeca(バス)
  • icsca
  • りゅーと(バス)
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • PiTaPa
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

上記の交通系電子マネーが利用できるエリアでは、Suicaでの電車やバスの乗降が可能です。

エリアによっては、電車や地下鉄のみ、またバスのみでしか利用できない所もあります。

駅のサービスセンターや窓口、Suica利用可能マークなどをチェックし、改札を通す前に確認しておきましょう。

使えるのは電車に乗る時だけじゃない

Suicaは、電車やバスに乗る時だけしか使えないわけではありません。

レジ横に、Suicaや交通系電子マネーのマークがある店舗では、Suicaで支払う事も可能です。

自動販売機や、レストランでの食事などでも使えます。

また、JREポイント加盟店で利用すると、JREポイントが貯まります。

電車賃利用では貯まりませんが、日々のお買い物やランチなどでコツコツ貯めたポイントは、1ポイント=1円でSuicaにチャージする事も可能になりました。

オートチャージを有効活用して時短にもなる

電子マネーを使っていてたまに遭遇するのが、チャージ残高不足トラブルです。

Suicaの場合、駅の乗り降りで残高不足になってしまうと、改札で停められてしまい、恥ずかしい思いをした事がある方もいるでしょう。

しかし、オートチャージ機能を使えば、チャージ残高を気にするストレスなく改札を通る事ができます。

オートチャージとは、Suicaの残額が一定以下になると、自動的にクレジットカードからチャージしてくれるシステムです。

チャージ機で入金する事なく、利用料金は後ほどクレジットカード利用料金として精算されます。

Suicaにオートチャージできるのは、ビュー・SuicaカードやビックカメラSuicaカード、ルミネカードが代表的なビューカード系のクレジットカードのみです。

Suica機能が付帯しているクレジットカードもあり、インターネットや駅ATMのVIEW ALTTEで登録や変更操作ができます。

iD、楽天Edy、Suicaの特徴まとめ

iD 楽天Edy Suica
発行会社 株式会社NTTドコモ 楽天Edy株式会社 JR東日本
貯まるポイント dポイント
(利用するクレジットカードポイントの場合もある)
楽天ポイント JREポイント
ポイントレート 利用するクレジットカードにより異なる
(dカードプリペイドは200円=1ポイント)
200円=1ポイント 200円=1ポイント
(一部100円=1ポイント)
還元率 0.5~1.0% 0.5% 0.5~1.0%
発行手数料  無料
(クレジットカード年会費がかかる可能性あり)
 300円(税抜)
(楽天Edy単体で購入した場合)
 無料
(別途、デポジット500円)
発行方法  クレジットカード発行し、おサイフケータイ等に登録
dカードアプリ、ドコモショップで申込み
 楽天市場で購入
楽天Edy機能付きポイントカード発行店舗で入手
 JR東日本券売機、みどりの窓口で購入
支払い音  タントン♪  シャリーン♪  ピッorピピッ♪
残高確認 後払い:クレジットカード利用明細
先払い:dアカウントorレシート
楽天チャージ機
パソコン
アプリ
改札表示
券売機
ApplePay対応 ×
おサイフケータイ対応
カードの種類 iD対応クレジットカード
dカードmini
dカードプリペイド
yEdy-楽天ポイントカード
Edy機能付楽天カード
無記名Suica
記名式Suica
Suica定期券
Suica機能付きクレジットカード
相性の良いクレジットカード dカード 楽天カード ビューカード

考察まとめ

iD、楽天Edy、Suicaを比較してみると、電子マネーを利用する用途によって、使い道がそれぞれ異なる事が分かりました。

iD

iDは、ドコモユーザーにおすすめで、特に、dカードやdカードGOLDのようなクレジットカードを利用し、効率よくdポイントを貯めたい方に向いています。

支払いがスムーズである事はもちろん、貯まったポイントで次の機種変更の際、ポイント分を機種代金に充てれば、スマホを安く手に入れる事もできるためです。

楽天Edy

また、楽天Edyは、やはりネットショッピングは楽天市場の利用が多いという方におすすめ。

無料で発行でき、入会すると大量ポイントのもらえる楽天カードを発行しつつ、楽天Edyも併用してみましょう。

楽天市場で使えるポイントが、クレジット決済だけでなく、楽天Edyでも貯まります。

更に楽天市場でお買い物する際は、楽天アプリやカード使えば、いつでもポイントが4倍以上に!

楽天ポイントカード機能も使って、現金払いの時も、加盟店なら無駄なくポイントを貯める事ができちゃいます。

Suica

最後にSuicaは、通勤通学で電車バスを利用する方だけでなく、相性の良いビューカードを共に利用する方におすすめです。

特に、ビックカメラやルミネでお買い物をする機会が多い方は、Suica付帯のクレジットカードを利用しましょう。

オートチャージもできて、お買い物ポイントも貯まり、更に会員優待割引なども利用できる場合があります。

 

少々長くなりましたが、iDも楽天EdyもSuicaも、皆さんの生活スタイルに合わせて選べば、時間もお金もお得に効率よく使う事ができる電子マネーです。

この記事と共に、公式ホームページなどもご参考にいて頂き、あなたの1枚を是非見つけてみて下さい。

ピックアップ記事
JALカードを持ってるだけで先得を先行予約できる今なら年会費初年度無料 アメックスカードのステータス性はどういう状況で実感できるのか?
アメックスグリーンとゴールドで迷ってるあなたに伝えたい後悔しない選び方 ANAマイルを貯めると得られる5つのメリットと4つのプチ贅沢
Yahoo!JAPANカードとファミマTカードを徹底比較!2枚発行して二重取りできる? 楽天カードの審査を確実に通すために準備すべきこと&よくある質問まとめ
総量規制これからどうなる?銀行カードローンも総量規制対象になったけどチャンス? 家族カードとは?私が抱いていた9つの疑問について調べてみた
 
カード比較特集
楽天カード vs Yahoo!JAPANカード 楽天カード vs リクルートカード
Yahoo!JAPANカード vs ファミマTカード イオンカードセレクト vs WAON一体型イオンカード
【JAL】CLAB-Aカード vs CLUB-Aゴールドカード アメックスグリーン vs アメックスゴールド