クレジットカードの新規発行の際に、銀行印が必要になります。銀行印が無ければ銀行口座の証明をすることができず、クレジットカードの発行ができません。

銀行口座をひとつだけ持っている、銀行口座専用の印鑑を作っている、印鑑ひとつで管理している、という場合であれば管理も楽なので、この銀行の銀行印がどれなのかすぐに把握できると思います。

しかし、複数口座を所有していて、銀行ごとに別の印鑑に分けている場合や、印鑑を紛失してしまい銀行印を準備できない場合は、クレジットカードの新規発行ができません。

銀行印を確認する方法と変更する方法について、調査した結果をご紹介します。


銀行印が必要になるシチュエーション

  • 口座振替、銀行口座から自動引き落としの設定をするとき
  • 大きな金額の現金を銀行から引き出しするとき
  • 銀行に登録している住所や個人情報を変更するとき
  • 銀行の口座開設

クレジットカードの新規発行の申し込み、銀行口座の口座開設、家賃や車などローン返済、保険の加入など、こういった税務関連の場面で銀行印が必要になります。

銀行印を確認する方法

銀行の通帳に銀行印を捺している場合

  • 1.心当たりある印鑑に朱肉をつけて紙に捺す
  • 2.印鑑を縦半分、もしくは横・斜めに折る。
  • 3.通帳に捺されてる印鑑と照らし合わせる

銀行の一番最初のページに銀行印を捺していることが多いので、ここをみて銀行印を確認することができます。あとは心当たりのある印鑑を実際にメモ帳や白紙に捺してみて、通帳に捺されている印と一致するかどうかを確認します。

このとき、光などで透かして確認する方法もありますが、白紙に捺した印を縦、横、斜めのいずれかに半分に紙を折って、印を半分にします。もう半分を通帳に捺されている印に合わせて確認をすれば、一致してるかどうかの確認ができます。

これなら自分で確認することができます。

銀行の通帳が見つからない・通帳に銀行印を捺していない場合

  • 1.心当たりのある印鑑をすべて準備する
  • 2.銀行の窓口に印鑑を持参する(支店はどこでもOK)
  • 3.銀行印がどれなのかを調べて確認してもらう

通帳に銀行印が無い場合、通帳を紛失した場合は、自分で確認をすることができません。最近は通帳に銀行印を捺さずに銀行のコンピューターで銀行印を管理するようになってるためです。

その場合は自宅で自分で確認できないため、印鑑を持って最寄の銀行に行きます。支店はどこでも大丈夫です。

例えば、三菱東京UFJ銀行の新宿支店の銀行口座だったとしても、三菱東京UFJ銀行であればどこの支店でも対応してくれます。(違う銀行では確認できません)

窓口は「「預金窓口」まで持っていけばすぐに確認をしてくれます。その際に免許証や保険証やパスポートなど、顔写真のある身分を証明する書類を必ず持参しましょう。

窓口で銀行印の確認を代理人に依頼したい場合

銀行の窓口で銀行印の確認をしたいけど、仕事の都合でどうしても窓口が空いている平日の9時~15時に行くことができない。かといって休めないし急ぎで確認をしたい。

そんな場合は旦那様や奥様、お子様に代理人として委任することが可能です。

  • 依頼者本人の身分証明書
  • 窓口に来訪する依頼人の身分証明書
  • 委任状

この3つの書類を準備すれば代理人に手続きを任せることが可能です。

委任状

委任状は専用の用紙が必要ではなく、白紙に必要事項を記入したものがあれば適応されます。

しかし、銀行によっては専用の用紙が必要になる場合もあるので、予め窓口で確認しておくことをおすすめします。「買い物の帰りに銀行によって委任状あるかどうか聞いておいてほしい」と代理人の方に伝えておくと良いでしょう。

銀行印を別の印鑑に変更する方法

銀行印の印鑑を紛失してしまった場合、銀行印を捺すことができないので、新しい印鑑を作成するしかありません。その際に銀行に登録している銀行印から、新しい銀行印に変更をする手続きが必要です。

  1. 銀行の通帳
  2. 新しく登録する銀行印の印鑑
  3. 身分証明書

この3つを持って銀行の窓口に行きます。その場で手続きが完了する場合もありますし、場合によっては1週間~10日ほど手続きに時間がかかる場合があります。

銀行印の紛失が発覚したら、すぐに銀行印の変更の手続きを進めておきましょう。万が一紛失の原因が盗難であった場合は、不正利用される可能性も疑われるので、被害にあわないように1日でも早く銀行印の変更をしておくことをおすすめします。

銀行印の変更を代理人に委任する場合

銀行印の変更手続きは、銀行印の確認の時と同じようにスムーズにいきません。個人情報の中でも非常に重要な銀行印を変更する手続きとなるため、本人以外の代理人での手続きはかなり厳重に取り扱われます。

先ほどお伝えした必要書類や委任状だけでは不足する可能性もあります。これは銀行によって対応も変わってくるため、どんな手続きや書類が必要になるのか、予め電話や窓口などで相談をしておきましょう。


楽天カード入会キャンペーン実施中!
カードの支払日を過ぎてしまったら…

【支払い遅れそう…】カードの引き落とし日に間に合わなかったらどうなるの?