クレジットカードにはみなさんご存知の通り、限度額が設定されています。

限度額とはいくらまでなら利用出来るという上限で、5万円なら5万円、10万円なら10万円まで設定された額まで利用出来るというもの。

今回はそんなクレジットカードの限度額について、どうすれば増額出来るのか、または制限されるのかキャッシングとショッピング枠の違い上手に限度額を活用するコツを紹介していきます。

例えば、限度額を超えて利用しようとしても通常はエラーで返されますが、一部のカードは限度額を超えて利用出来るなど、クレカ初心者ではなかなか知ることの出来ない裏技を公開しています。

他にも基本である限度額におけるメリットとデメリット注意点についても解説しているので、クレカユーザーならば必見の内容です。

さらにクレジットカード作成時と、利用継続時の限度額の動きも実体験を交えて紹介しています。

ぜひ本記事を参考に無駄のないクレジットカードライフを謳歌してみてください。

クレジットカードの限度額の特徴

クレジットカードの限度額とは?

冒頭でも伝えた通り、限度額はクレジットカードがどれだけ利用出来るかを決める重要な要素です。

限度額と言うからには、設定された金額以上は利用出来ません。

例えば、利用可能額が30万円に設定されているクレジットカードの場合、10万円の商品を3回購入することはできますが、10万円の商品を2回と15万円の商品を1回購入することは不可能です。

利用限度額に引っかからない例

利用代金 利用可能額
10万円 20万円
10万円 10万円
10万円 0円

利用限度額に引っかかる例

利用代金 利用可能額
10万円 20万円
10万円 10万円
15万円(決済不可) -5万円(残利用可能額5万円)

最初の限度額ちょうどを利用した表では3回目の支払いまで利用可能で、以降は利用可能額が復活するまではクレジットカードの決済が出来ない状況です。

続いて2つ目の表では、3回目の利用で限度額を超えて決済しようとしたため、3回目の支払い自体は出来なかったものの、利用可能額5万円は残っている状況です。

次回の買い物も5万円以内のものであれば、問題なく利用することが出来ます。

自分のクレカの利用限度額を確認する方法

 

限度額の主な特徴

クレジットカードの限度額の基本的な仕組みが理解できたところで、主な限度額の特徴を紹介すると以下の3つに要約されます。

  1. ユーザーによって限度額は違う
  2. 限度額とは言ってもはみ出ることがある
  3. 限度額の枠は一つじゃない

ユーザーによって限度額は違う

まず、限度額は利用者によって金額が異なります

同じクレジットカード会社のクレカを持っていても、10万円と設定されているユーザーもいれば、100万円に設定されているユーザーもいます。

その違いは主に年収や資産などの返済能力、クレジットヒストリーと言われる今までの利用実績で初回(新規作成時)は評価されています。

年収も多く、今まで借入経験が豊富な人ほど利用可能額は高額になる傾向ですし、対して今まで返済をしたことがない、年収も少ないとなれば設定される限度額は低くなるでしょう。

参考までに複数のカード会社を渡り歩いてきた私の経験上、初回に設定される利用限度額は10万円~30万円であることが多かったです。

 

さらに言えばクレカの枠の中でもキャッシング枠よりショッピング枠の方が高めに設定されます

今まで取引のなかったカード会社から30万円~50万円の限度額が設定されたという方は、ユーザーとして相当評価されていると考えても差し支えありません。

逆に10万円や数万円単位で利用限度額を設定された方は、審査にギリギリで通ったと考えられ、上記パターンと比べるとアドバンテージがないので発行された枠を大事に利用していく必要があります。

利用状況によって利用額が限度額を超えることもある

10万円なら10万円、30万円なら30万円と設定された限度額を超えて利用出来ないとお伝えしました。

概ねその通りなのですが、場合によっては利用限度額を超えて利用額が発生してしまう場合もあるのです。

 

例えば、限度額の上限いっぱいで利用額が推移していた場合、利息も日々発生して利用額に上乗せされていくので、例え限度額30万円のところを299,999円利用していたとしても、数日後には利息分が加算されて30万円を超えた利用額になることがあります。

この現象はユーザー自身のショッピングやキャッシングによる自発的な利用では発生せず、あくまでも支払いとして上乗せされる分にのみ起きます。

 

そのため、知らず知らずのうちに限度額を超えて過剰利用しているとはならないので安心してください。

○○カードであれば、限度額以上の支払いが可能!?

 

限度額の枠は一つじゃない

クレジットカードの限度額と単にいっても、枠は一つではありません。

例えば、クレカ自体の限度額が30万円で設定されていたとしましょう。

その30万円の中にはショッピング枠で30万キャッシング枠で10万という内訳が存在します。

では、わかりやすくさきほどの例を表にしてみると、このような形になります。

利用回数 利用額 ショッピング利用可能額 キャッシング利用可能額 クレジットカード全体の利用可能額
1回目 0円 30万円 10万円 30万円
2回目 ショッピング10万円 20万円 10万円 20万円
3回目 ショッピング5万円 15万円 10万円 15万円
4回目 キャッシング10万円 15万円 0円 5万円
5回目 ショッピング10万円(残高不足でエラー) 15万円 0円 5万円
6回目 キャッシング5万円(残高不足でエラー) 15万円 0円 5万円
7回目 ショッピング5万円 10万円 0円 0円

まず、ショッピング枠を利用した1回目と2回目は、利用した分だけショッピングとクレジットカード全体の利用可能額が減っています

ここまではすぐにわかりますね。

 

次に4回目はキャッシング枠で10万円の借入を行いました。

するとショッピング枠の利用可能額はそのまま据え置きで、カード全体の利用可能額も同額分消費されます

そして、ショッピングの利用可能額が15万円残っているので10万円分買い物をしようとしたら、残高が足りずエラーが出て決済できません

クレジットカード全体の利用可能額が残っているのでキャッシングしようとしましたが、同じくエラー

最後にクレジットカード全体分の残額だけショッピング枠を利用したら無事決済出来たという流れの表になっています。

 

つまり、何が言いたいかと言うと、クレジットカード全体の利用可能額が大前提として存在し、ショッピングとキャッシングの枠はその中で個別に存在しているということです。

流れにすると、

クレジットカードの枠→ショッピング枠(あるいはキャッシング)

両方の枠で利用可能な金額でなければ利用出来ないということです。

 

私も初めてクレジットカードを契約した際は、どうして枠で設定金額が違うのだろう、両方合わせたらクレカの限度額を超える・・・と不思議に思った覚えがありますが、こういう仕組みになっているためです。

限度額は利用状況によって変化する

限度額は初回に設定された金額から変化しないかと言うと、そんなことはありません。

利用状況によって上限が上がる場合も、逆に低く減額されてしまう場合もあります。

主に利用可能額が上がるケースは、問題なく日々の返済を行っている、あるいは長期間利用(契約)しているケースです。

延滞や残高不足による引き落とし不可のないユーザーは、いわばクレジットカード会社にとっては優良顧客であり、利用年数もロングスパンとなれば借りるだけ借りてもらいたい相手と考えることが出来ます。

 

そのため、特別なことをしなくても過不足なく利用していれば、自然とある程度までは利用可能額が上昇していくのです。

逆に延滞ばかりを繰り返している、電話したのに連絡が付かないというユーザーは、限度額を下げられる、あるいは利用出来ない0円に設定されてしまうケースも。

一度限度額を減額されてしまうと、再審査を受ける必要あり、往々にして追加資料を求められることもあるので、出来るだけ問題を起こさないようにしましょう。

メリット、デメリット

限度額のメリット

クレジットカードの限度額があることで生まれるメリットは以下の3点です。

  1. 利用しすぎない
  2. 自分の利用状況、評価の指標になる
  3. 限度額を育てることが出来る

利用しすぎない

限度額が設定されていることによって、必要以上に利用しすぎないというメリットがあります。

昨今では返済能力を超えての過剰債務も問題になっているので、限度額がなく自由に借入できるとあらばさらに問題になっていたことでしょう。

また、限度額があるからこそ、利用可能額でどうにかやりくりさせようと頭を働かせると思うので、計画的な利用につながります。

自分の利用状況、評価の指標になる

限度額はユーザーを見て決定されると説明しましたが、設定された限度額=ユーザーの貸し付け対象としての評価と捉えることが出来ます。

もちろん、限度額が大きければ大きいほど高評価ということです。

自分の利用状況と、他のユーザーとの状況を鑑みれば自分はクレジットカード界隈ではどれほどのものかを推し量ることが出来ます。

例えば、あるカード会社で自分は10万円で審査が可決され、ネットの声を見てみると同じようなユーザーでも30万円で可決されたという声が多ければ、自身に何らかのマイナス要素があると予想可能です。

限度額を育てることが出来る

自分の評価として限度額を見るほかに、カードを上手に活用していけば限度額を引き上げることも難しくありません。

限度額の利用状況の項目でも少し触れましたが、契約さえしてしまえば自分次第でどうにでもなるのがクレジットカードの限度額です。

年収を上げて高収入をアピールするもよし、返済可能な日に毎回すぐに入金して堅実さをアピールするもよしです。

せっかくクレカが作れたけど思った金額よりも低かった・・・とお嘆きのユーザーも、あきらめずに根気よく利用し続けてみてください。

限度額のデメリット

逆に限度額が設定されていることで生じるデメリットは以下の3点です。

  1. 基本的に自分では限度額を変更できない
  2. 限度額すべてを利用出来るわけではない
  3. 減額される恐れがある

基本的に自分では限度額を変更できない

時間を掛けて限度額アップを狙えるものの、基本的に自分がもっと使いたいからと、すぐに限度額を変更することは出来ません。

どの手順、方法であっても審査や申請する時間を要します。

 

なので、限度額の増額は必要な時に慌ててするものではなく、時間のある時にいざという時に備え、あらかじめ済ませておくという意識を持っておくと後々失敗しません。

個人的な経験からも新規で同額の枠を持ったクレカを作成するよりも、増額の審査の方が格段審査難易度が高いように思います。

アコムなら機械の自動審査でらくらく増額

限度額すべてを利用出来るわけではない

例え30万円で限度額が設定されている場合でも、キャッシングであれば利用出来る単位は決まっているので、端数以下は実質死に金になるケースが多いです。

さらに言えばコンビニなどにあるATM、ネットからの振込借入では1万円以上の利用可能額がなければ利用出来ないことがあり、注意が必要となります。

 

ショッピング枠ならば支払い金額さえマッチすれば利用可能額0円まで利用可能なので、特別な事情があってどうしても限度額いっぱいまで利用したい場合はショッピング枠での消化が好ましいでしょう。

減額される恐れがある

利用状況によって増額されることもあれば減額されることもあります。

減額されるケースは既に説明しているので省きますが、一度減額されてしまうと苦しい状況と言わざる負えません。

例えば、限度額30万円で利用可能額が10万円(利用残高が20万円)だった場合に、限度額10万円まで減額されてしまうと以下のような事態となります。

減額前

限度額 30万円
利用可能額 10万円
利用残高 20万円

減額後

限度額 10万円
利用可能額 0円
利用残高 20万円

こうなると、減額前はまだ10万円利用することが出来たものが、減額後は新規利用出来ないだけではなく、利用残高を10万円以下にするまでクレジットカードが返済専用カードとなってしまいます。

月々の返済で20万円分返済と考えると、2年近くは優に返済しなければならない計算なので、ペナルティのない清く正しい利用を心がけましょう。

注意点、気を付けるべきこと

では、クレジットカードの限度額についてどんなことを気を付ければよいかまとめてみたのでご覧ください。

出来れば利用可能額に余裕を残しておく

まず利用可能額は出来るだけ余力を残して利用しましょう。

例えば、1枚で限度額いっぱいの30万円まで利用するのではなく、2枚のカードで15万円ずつ分散して利用すると良いですね。

これは限度額いっぱいまで利用していると、カード会社側からお金に余裕のないユーザー=返済が危ないと捉えられることがあると考えられるからです。

皆さんの実生活においても、友人や知人がクレジットカードの枠上限まで利用していると知ったらどうでしょうか?

とてもお金のある人とは思えませんね。

それと同じでクレジットカードの限度額も程よく上限までいかないぐらいで定期的に利用するのが最善と言えます。

減額されたら問題が発生している

思い当たる節がないのにいきなり限度額が下がっていたという場合は、何らかのトラブルが発生しているはずです。

例えば、考えられる可能性としては、

  • 自分のあずかり知らぬところで、延滞や引き落としの残高不足が発生していた
  • 新しく契約したクレジットカード、カードローンで評価が変わった
  • 連絡が付かない状況

等が挙げられます。

仮に自分自身覚えがなくても、放置しておくと他の契約している金融商品にまで影響が出る恐れがあるので、必ず放置はせずに限度額ダウンされたカード会社に理由を問い合わせてみましょう。

審査に関する部分では聞いても答えてくれない場合もありますが、収入証明書の追加提出、住所の更新など解決方法はアナウンスしてくれます。

限度額アップの審査は短期間で繰り返さない

限度額アップの審査は、申し込む度に履歴が残り、短期間で複数回繰り返してしまうと限度額いっぱいまで利用するのが良くないのと同じ理由で、悪い影響を及ぼします。

中には一定期間以上空けないとシステム上再申し込み出来ないカード会社もあるくらいですから、一般的に再審査に必要と言われている3ヶ月以上は時間を置きましょう。

どうしても増額したいと固い決意であるならば、収入が上がった、提示出来る資産が増えたといった納得させるだけのプラス材料を持参していく必要があります。

(つまり変化もないのに短期間で再審査は無駄骨になる)

限度額を増額してもらう方法

自分から増額審査を申し込む

増額審査を自分で申し込む場合は、ネット会員画面、または電話から申し込むのが一般的です。

電話での問い合わせは音声案内から増額の申し込みへと進み、受付をしてもらうかオペレーターへ直接問い合わせる必要があります。

私が個人的におすすめなのが、ネット会員画面からの申し込み。

比較的に楽に自分のペースで増額審査をかけられるうえ、必ず聞かれるであろう他社の借入状況収入の変化をじっくり入力できます。

契約会社から増額を促される

見開きで紹介したアコムのように増額審査を会社側から促してくるケースも少なくありません。

ただ単に一定期間契約しているユーザーに文字通り機械的に増額を促している場合や、既に増額審査を終えて後はユーザーの合意を受け取るのみの場合があります。

いずれもカード会社から増額を案内してもらうためには、問題を起こしていないユーザー、つまりは優良顧客であることが前提条件です。

契約会社から増額を促されてアドバンテージのある状態で増額審査を受けたい方は、意識して下記の項目を実践してみてください。

  • 積極的に前倒しや最低返済額以上を返済する
  • カード会社からの電話連絡は必ず折り返す
  • 定期的に求められる住所、勤め先、収入証明書の更新を行う
  • カードの支払い引き落としを絶対に落とさない

クレジットカードの限度額はユーザーを映す鏡

設定される限度額はまさにユーザー自身の行いや環境を表す鏡です。

今まで誠実に支払いや返済を行っていれば自然と利用可能額も高くなりますし、逆に問題を起こしてばかりでは最低限度額に近い金額が設定されるでしょう。

限度額を高くして自由にクレジットカードが利用出来るも、限度額いっぱいで返済に苛まれる生活を送るもあなた次第。

基本的な仕組みについては理解してもらえたはずなので、ぜひ、本記事で紹介している注意事項メリットデメリットに気を付けて、マイナスにつながるようなことは出来るだけ避けて利用するよう心掛けてください。

そうすれば自然と限度額も増額されてより豊かな人生が送れるようになるのではないでしょうか。

5000円8000円分の楽天ポイントもらえる入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式サイトへ移動します