お風呂や毎日の料理を作るために必須であるガス

ライフラインの中では比較的に優先度が低いと言えるガスですが、それでもないと不便であることに変わりはありません。

このガス代をうっかり払い忘れてしまった…。

などという場合、どのような対処法があるのでしょうか?

もちろん払い忘れないことが一番になりますが、人にはついうっかりということもあるもの。

今回はガス代を払い忘れてしまった際の対処法、また、ガス代を払い忘れてしまった場合、ガスは止められてしまうのかなど、気になるところをご紹介していきます。


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

ガス代払い忘れで支払いが遅れたらすぐ止まる?

まずガス代の支払い忘れに気づいたときに気になるのが、「もしかしたらガスを止められてしまうかもしれない…」

という上記のような心配。

しかし、ライフラインの一つであるガスは、数日払い忘れてしまったくらいで止められてしまうことはないので、心配はいりません。

ならば、ガスが止められてしまう条件とはどのようなものがあるのかといえば、再三の督促にもかかわらずガス代を支払わなかった場合になります。

基本的にガス代は検針日から支払い義務が発生することになります。

支払い用紙でガス代を支払ている場合、実際に手元に支払い用紙が来なければ動きようがないので、あまり関係ありませんが、この検針日から何日間立ったか。

ガス代の支払い忘れに気づき、ガスがいつ止められるか知りたいと考えるのならば、この検針日からの日数が大きくかかわってくるのです。

多くのガス会社では、検針日の翌日から30日までが支払い期限に充てられています。

例えば毎月5日に検診をするのなら、翌月の4日ないし5日が支払い期限となります。

そして、この支払期限を過ぎれば滞納となり、支払期限から一定の日数が立つとガスが止められてしまうことになるのです。

この一定の日数がどのくらいになるのかといえば、これもガス会社によって変わってきますが、多くのガス会社が20日としています。

なので、あわせて検針日から50日間支払いをしないと、ガスが止められてしまうことになるのです。

延滞料金はいくらになる?

では次に気になる支払いが遅れてしまった場合の延滞料金を見ていきましょう。

支払いが遅れてしまったのですから、延滞金がつくのは仕方がないことです。

しかし、多くのガス会社では支払い期限を過ぎても、10日間は延滞金がつかないという猶予期間を設けてくれています。

嬉しい措置ですが、この10日間を過ぎれば延滞金がかかってきます。

延滞利息は1日当たり0.0274%

1年換算で約10%となっています。

考えていたよりも少額で済むと考えた方も多いでしょうが、延滞金は延滞金。

無駄なお金を払わなくていいように、なるべく早めに支払ってしまいましょう。

ガス代の支払いが遅れた時の対処法

ここからは実際にガス代の支払い忘れに気づいたときに、できる対処法を見ていきましょう。

毎月まじめに支払っていた方からすれば、1度支払い忘れただけでも驚くほど心配になってしまうものです。

ここまでに紹介してきたように、数日払い忘れていたくらいならば、ガスを止められてしまう心配はありません。

なので支払い忘れに気づいたなら、あわてずにまずはガス会社に問い合わせてみましょう

基本的に支払い期限から数日程度の遅れならば、請求書の再発行をしてくれます

いくらか待っていればポストに請求書が届くので、こちらを使ってコンビニや銀行などで支払うことになります。

また、支払期限からいくらか立って気づいた場合には、すでに再請求書が発行されている場合もあります。

この場合も、自宅に請求書が届くのを待って改めて支払いをすればOK。

今すぐ支払ってしまって心配を取り除きたい!

こんな場合は問い合わせた際に、直に払いに行けるのかを聞いてみましょう

身分を証明できるものを持って行けば、支払いに応じてくれます。

ガス代の支払いが遅れた時の対応

ではガスの支払いに払い込み用紙を採用していた場合は、どのような対処法があるのでしょうか。

有効期限が過ぎてしまったことに気づいたときも驚きですが、そもそもの払い込み用紙を紛失してしまったときなど、家中をひっくり返してしまいそうです。

しかし、この場合も基本的にはガス会社へ問い合わせてみるのが一番にすべきこと

払い込み用紙の再発行、または再請求書が発行済みの場合があります。

また、払い込み用紙が手元にあるのならば、支払期限を過ぎてしまっても払い込みが可能な場合もあります。

例えば期限が10日、気が付いたのが11日などごく短期の場合は、払い込み用紙のバーコードがまだ読み取り可能なことも多くあるのです。

払い込み用紙が手元にある場合は、まず払い込みを試してみてからガス会社に問い合わせてみる、という順序を踏むのももおすすめです。

ガス代の払い忘れが無いようにクレジットカード払いに変更しよう

ここまでガス代の支払いをうっかり忘れてしまったときの、対処法などご紹介してきました。

しかし、何よりも支払い忘れをなくしてしまえるのが一番です。

ガスの支払いを忘れないですますには、支払方法そのものを考え直してみるのも一つの手。

ここからはそれぞれの支払い方法の、メリットデメリットなど見ていきましょう。

メリット デメリット
払い込み用紙
  • 少しだけの払い忘れなら挽回可能
  • 支払い忘れを起こしやすい
口座振替
  • 支払い忘れが起きにくい
  • 割引サービスがつく(東京ガスのみ)
  • 残高不足のうっかりもある
クレジット払い
  • 支払い忘れが起きない
  • ポイントバックがある
  • クレジットカードに対応していないガス会社もある

一覧を表にまとめてみましたが、それぞれにメリットデメリットがありますね。

何よりも支払い忘れを防ぎたいと考えている方におすすめになってくるのが、口座振替、またはクレジットカード払いになります。

やはり払い込み用紙での支払いは、「まだ時間があるから今度でいいや」

この考え方をしてしまうことによって、つい払い忘れてしまった、ということが起きやすくなってしまいます。

もちろん、絶対に忘れない!

こう考える方もおられるでしょうが、支払期限にうっかり風邪をひいてしまって、まず外に出ることすらできなかったなんて場面も考えられます。

支払い忘れを起こさないということを一番のメリットに考えるのならば、口座振替かクレジットカード払いに変更してみましょう。

また、東京ガスのみになりますが、口座振替とクレジットカードでもメリットに違いがあります。

割引サービスとポイントバックの違いですが、これは自宅でかかっているガス代の方によって決めることができます。

ガス代が多めの方はクレジット、普段そこまでガスを使わないから低額という方は、口座振替がおすすめです。

お金が足りなくてどうしてもガス代が払えない場合の対応について

しかし、長い人生、どうしても手元にお金がない!

こんな事態に陥ることもあるでしょう。

どうしてもガス代を払うことができない時には、どのような対処法があるのでしょうか?

まずはガス会社に相談

あと数日で給料が入るから、それまで待ってほしい。

このような場合はまず最初にガス会社に相談してみるのが一番です。

ここでもガス会社によって対応が変わってくるので、一概には言えません。

しかし、明確に支払う日時を指定することができるのならば、ある程度は待ってくれるガス会社もあります

ただし、この数日待ってくれるというのも、早めに相談していればの話です。

ガス停止の予告を何度もしていたのに、前日になって払えないといわれてもガス会社も困ってしまいます。

悪意を持って払わないわけではない、ということをわかってもらうためにも、早め早めに相談しましょう。

どうしても無理そうならばキャッシングに頼ってみる

軽々しくお勧めすることはできませんが、どうしても手元にまとまったお金がない。

このような場合には、カードローンなどのキャッシング枠を利用するのも手です。

支払いが遅れてしまえば遅れてしまうほど、ガス会社に対してあなたの印象は悪くなってしまいます。

まして、ガスを止められてしまえば、生活に支障が出てしまうことも事実。

そして、滞納が続けばいつかはガスを止められてしまうのです。

キャッシングで一時的にお金を借りて払ったとしても、きちんと計画的に使うことができるのならば問題はありません

それでも怖いという方におすすめなのが、ACマスターカードのキャッシン

カードを即日発行してくれるので、先にしっかりと調べたうえで契約することもできます。

安心できるまで悩んでからというのも、悪いことではありませんが、あまりに悩みすぎて時間が足りなくなってしまっては本末転倒。

一度はキャッシングに頼ることも検討の中に入れてみましょう。


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い