光熱費として毎月支払わなければならないガス料金。

みなさんはどのような支払い方法を選択していますか?

コンビニに払いに行ったり、口座振替だったり、クレジットカードで支払っている方もいるでしょう。

様々な払い方がありますが、実はクレジットカード払いにすると、お得になるポイントがあるんです。

毎月の出費をやりくりして節約を頑張ってるのであれば、光熱費の支払いをクレジットカードにするのは常識です。

今回は、支払い方法をご紹介しながら、クレジットカード払いのメリットなど、ガス代の払い方について知りたい情報をまとめていきます。

少しだけ口座の残高足りないかも…
  • あと1万円だけ足りない…
  • 次の給料日まで間に合わないかも…
  • たまたま今月だけ出費が重なっちゃった…
 

急いでください!

 

支払い遅れが続くと信用記録に"キズ"がつき、ローン審査などに悪影響を与える可能性があります。

ガス代はクレジットカード払いに変更できる?カード払いできるところとできないところがある?

私達の使っているガスは、都市ガスとプロパンガスに分かれています。

都市ガスは地下のガス管から直接ガスを引いており、プロパンガスはガスボンベから供給します。

都会ではなくても、比較的街のある地域は都市ガスで、田舎に多い、毎月ボンベを替えにガス屋さんが来るおうちはプロパンガスという事になりますね。

都市ガスは東京ガス大阪ガスなど大手のガス会社が多く、クレジットカード払いができますが、プロパンガスはクレジットカードに対応していない会社もあり、払込用紙か口座振替になります。

また、余談ですがプロパンガスより都市ガスの方ガス代が安いので、料金的にもお得です。

口座振替で支払いをする3つの特徴

クレジットカード払いができない場合、多くのガス会社が推奨する支払い方法が口座振替です。

クレジットカード払いと同じく、自動的に引き落とされるので払い忘れがありません。

ではこの口座振替には、どんな特徴があるのでしょうか。

口座振替割引がある場合がある

東京ガスでは、口座振替を選ぶと毎月54円の割引制度が適用されます。

口座振替には…

  • 払込用紙の郵送コストがかからない
  • クレジットカードの手数料(ガス会社がカード会社に払う分)コストがかからない

という点で、ガス会社側にも嬉しいメリットがあるのです。

だからこそできる割引制度ですが、現在は1社のみしか対応していないので、今後増えていくと嬉しいですよね。

ポイントは貯まらない

口座振替は、クレジットカードのようにポイントが貯まりません。

支払いに手間がかからない便利さはありますが、お得感は薄めですね。

一部の都市ガスではマイページ登録でポイントが貯まる制度などを行っていますが、料金に応じてではなく、ホームページ利用に応じて貯めるポイントなどがあります。

引き落とし日の把握が面倒

ガス代以外にも、電気代や水道代など、私達は様々な生活費を支払わなければなりません。

引き落としを口座振替にしていると、各支払いの引き落とし日がバラバラなので、何日にいくら引き落とされるのか、把握が面倒になります。

指定日に一括で引き落とせるクレジットカードの方が、管理がしやすいとう事になりますね。

払込用紙で支払いをする3つの特徴

銀行やコンビニへ支払いに行くのが面倒

払込用紙で支払う場合は、自動的に引き落とされるクレジットカードや口座振替と違い、自分で銀行やコンビニに出かけなければならず、面倒です。

その反面、自分の都合の良い時に支払う事ができます。

しかし、やはり支払い期限は定められているので、遅れないよう守らなければなりません。

忘れてしまいがち

払込用紙で支払う際に一番気をつけなければならないのが忘れてしまう事です。

ガスの支払いが滞ると、督促の連絡がきます。

あまり周りに体験したことがある人はいませんが、料金を支払わないとガスを止められる事もあるようなので、注意しましょう。

いきなりお湯が出なくなっては、冬場はやっていけませんからね。

現金のみの対応

銀行やコンビニで払込用紙を持ってガス代を払う場合、支払いは現金のみでしか受け付けてもらえません。

「手持ちがないので支払いはクレジットカードで!」というつもりでいると、払えずに痛い目をみます

必ず現金を用意して払込に行きましょう。

ガス代をクレジットカード払いに変更する3つのメリット

ポイントが貯まる

ガス代をクレジットカード払いにすると、カード利用料金に応じてポイントがもらえます。

還元率はカード会社によってそれぞれ違いますが、生活費が少しでもポイント還元されるのは嬉しい事ですよね。

毎月決まった引き落としは、カード払いでまとめると便利なだけでなく、ポイントでお得も感じられちゃいます。

引き落とし日をまとめることができる

クレジットカードの便利さは、数々の支払いを一括にまとめる事ができるというところにあります。

支払い日や支払い額に合わせて口座にお金を用意するのって、実は結構面倒ですよね。

光熱費や保険料を1枚のクレジットカード払いにまとめてしまえば、支払いで意識するのはカードの引き落とし日のみ。

何回も訪れるいろんな支払い日に追われずに済みます。

支払い管理が楽になる

支払い日が一括でまとめられると、家計の管理も楽になります。

クレジットカード支払う内訳は、毎月、利用明細として一覧表を見る事ができるので、それだけで家計簿にもなりますよね。

もちろんカード払い不可の支払いもあると思うので、できる限りまとめて管理できると、時短にもなり効率的です。

ガス代をクレジットカード払いに変更する方法

各地域のガス会社ホームページから、電話番号を調べる

各都市ガス会社のホームページには、クレジットカード払いの変更窓口電話番号が記載されています。

他にも、引越しやガス機器の修理等、様々なお問い合わせ窓口がありますので、間違えないように注意しましょう。

いくつも電話番号がある場合は、特に注意。

コールセンターは専門の窓口がいくつもある事が多いので、クレジットカードの専用窓口に電話しないと、修理担当者では何の手続きもできない、という事もあり得ます。

受付の曜日や営業時間について

ガス会社の電話窓口は、地域によって平日のみ、土日も営業とバラバラです。

しかし、比較的他の光熱費の窓口と比べて土日祝日も対応している会社が多いようです。

ガス漏れなど緊急事態に応じる窓口は年中無休ですが、クレジットカードへの変更窓口は営業時間が決まっている場合がほとんどです。

大体開始は9:00や10:00~夕方17:00、18:00まで営業しているので、余裕をもって昼間のうちに電話する事をおすすめします。

ネット申し込み

都市ガス会社では、クレジットカードの変更受付をインターネットで行っています。

地方の都市ガス会社では、インターネットで「クレジットカード変更届の郵送受付」を行っており、申し込むと後日送られてくる書類に、必要事項を記入して返送するという方法です。

大手のガス会社になると、ネット上の専用フォームにカード情報を入力するだけで、翌月(申込み日時によっては翌々月)から、クレジット払いが可能になる所もあります。

ガス代って毎月の平均相場いくらぐらい?

一人暮らし

様々なアンケート結果を見てみると、ガス代の月平均額は3,000~4,000円台の方が多いようです。

電気代や水道代に比べて、高額です。

一人暮らしでもこれくらいの料金がかかってしまうのは驚きですね。

オール電化で節約を意識する人の気持ちが、分かるような気がします。

4人家族場合

4人家族のガス代平均は6,000円前後です。

家族が増えるとガス代も高くなりそうな気がしますが、ガス代は、給湯器やコンロの利用でかかるものが多く、2人家族でも4人家族でもさほど大きな差はありません。

人数が増えてもキッチンでのガス利用量があまり変わらないという事も影響していそうですね。

還元率1%なら年間何ポイント貯まるか

では、もしガス代をクレジットカードで支払っていたら、年間どれくらいポイントが貯まるのでしょうか。

今ご紹介した一人暮らし、4人家族を例に見てみましょう。

(例)還元率1.0%のクレジットカード

・一人暮らしの場合

4,000円×12か月=48,000円
…480ポイント

・4人家族の場合

6,000円×12か月=72,000円
…720ポイント! 

一人暮らしの場合、年間で貯まるポイントは480ポイントです。

もし、お使いのガスが東京ガスなら、口座振替は年間648円の割引が適用されるので、クレジットカード払いよりもお得になります。

4人家族なら、口座振替割引よりも獲得ポイントの方が高いので、クレジットカード払いにしておいた方が、実質お得です。

クレジットカード払いの注意点

ここまでクレジットカード払いのメリットを中心にお伝えしてきましたが、クレジットカード払いには注意点もあります。

利用金額を気にせずカードで買い物をしたり、生活費の引き落としをしていると、突然引き落としがきなくなってしまう事があるのです。

原因は、限度額。

決められた限度額を超えるお買い物をしようとすると、クレジットカードでエラーが発生して、支払いができなくなってしまいます。

もしいつもより高額な買い物をした後で、ガス代の引き落としがかかり、限度額を超えているとどうでしょう。

ガス代が払えなくなり、ガス会社から引き落としエラーの連絡がきてしまいます。

ある程度決まった毎月のクレジットカード払いにするなら、専用カードがおすすめです。

毎月払いの専用カードを作っておけば、高額のお買い物の影響を受ける事なく、安心して毎月の支払いを継続する事ができます。

毎月払い専用カードとお買い物専用カードの2枚使いで、計画的に上手に金銭管理をしていきましょう。

毎月の支払いに登録するならこの3つの条件に該当するクレジットカードがおすすめ

ポイント還元率1%以上

毎月払いのクレジットカードを選ぶなら、還元率は1%以上のカードをおすすめします。

最近では利用金額200円につき1ポイント還元率0.5%というクレジットカードも多いのですが、ポイントはできるだけ早くたくさん貯めたいですよね。

100円で1ポイント以上貯まれば、目標ポイントまで早く貯まりやすくなります。

年会費無料

これからクレジットカードを作るなら、やはり年会費無料の方が嬉しいですよね。

特に、毎月払い専用カードは、大体決まった額が引き落とされるので、できるだけ引き落とし額は抑えたいもの。

わざわざ年会費にもコストをかけたくありません。

年会費がずーっと無料のクレジットカードの他に、条件を満たすと年会費無料になるカードもあります。

「年間〇〇万円利用すると年会費無料」という条件付きの場合は、公共料金の支払い分はカウントされない可能性もあるので、詳細をしっかり読んでおきましょう。

入会キャンペーン特典

これからクレジットカードを作る方に、特に注目して選んで頂きたいのが、入会キャンペーン特典です。

このキャンペーンを上手に利用すれば、発行から数か月の間に大量ポイントがゲットできちゃいます。

例)

新規発行で最大6000ポイントプレゼント!

【内訳】

新規入会特典…2000ポイント
初回利用特典…2000ポイント
光熱費カード引き落とし登録特典…1000ポイント
携帯料金のカード払い登録特典…1000ポイント

他にも、指定サイトの商品購入や、リボ払い登録にすると、ポイントアップする特典などもあります。

ポイント付与期間は、新規入会特典は即日が多いです。

それ以外は条件クリアから1か月後等バラバラで、ポイントごとに利用期間が定められているので、使い方に注意しなければなりません。

ガス代の支払いを、少しでもお得にラクに済ませる事ができるよう、生活スタイルにぴったりの毎月払い専用クレジットカードを見つけましょう。

少しだけ口座の残高足りないかも…
  • あと1万円だけ足りない…
  • 次の給料日まで間に合わないかも…
  • たまたま今月だけ出費が重なっちゃった…
 

急いでください!

 

支払い遅れが続くと信用記録に"キズ"がつき、ローン審査などに悪影響を与える可能性があります。

楽天カード入会キャンペーン実施中!
5000円分7000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーンもうすぐで終わっちゃう!

楽天カード(年会費無料)
▼申し込みはこちら▼

クレジットカード
ランキング特集

クレジットカード 総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い