フランスのホテルはおおむね衛生環境も設備も整っていることが多いですが、設備のメンテナンスやサービスが隅々まで行き届いていないことも多々あります。

旅行で疲れて帰ってきたホテルでまで何かのトラブルがあったら、とても気が休まりませんよね。

ですが日本とは習慣も違って慣れない土地でのホテルではどのようなトラブルが待ち受けているのかわかりません。

不測の事態に直面しても落ち着いて対処できるよう、フランスのホテルで遭遇しやすいトラブルの例や対処法、そしていざという時に知っていると役立つフランス語をご紹介したいと思います。

ダブルブッキング・予約がない・二重請求

今や予約関係のほとんどがオンライン完結やコンピュータの管理になったとはいえ、まだまだ予約に関するトラブルはなくなることがありません。

その例として多いのが、二重に予約されていた”ダブルブッキング”、予約したのに”予約されていない”、もう支払いをしたのに再度請求されるという”二重請求”です。

多くの場合は登録内容のミスであったり、ホテルと手配会社との連携ミスであったりするので、まずはあなたの名前をきちんと伝えましょう。この時に、「姓と名が逆になっている」ために予約情報が出てこないということもかなり多くあるので、姓名を逆にしてみたらどうかと提案してみることであっさりと解決してしまうこともあります。

その方法で解決しない場合には、ホテルと手配会社(あなたがホテルを予約したサイトもしくはツアー会社など)との連携ミスである可能性が高いため、手配会社に確認をしてもらうように伝えましょう。

手配会社が日本の会社であれば、自分で連絡するのでも良いかもしれません。手配会社やホテルのミスであるのなら、代わりの部屋を用意してもらうか、満室の場合は他の宿泊先を探してもらうところまで責任をもってやってもらうようにしたいですね。

とは言っても必ずしもそこまでやってもらえるとは限りませんので、ホテルの予約内容はプリントアウトや端末のスクリーンショット、予約確認のメールなどを取っておくことが必須の予防策となります!

 

そして宿泊料金の二重請求に対処するためには、支払いをした時にきちんと領収書をもらって、保管しておきましょう。

 

盗難や紛失

どのようなホテルでも完全に安心しないこと

フランスでは常にスリや置き引きなどに遭うリスクを考えて「貴重品管理に気をつける」というのが基本ですが、街中や観光スポットだけではなく宿泊先のホテルなどでも完全に安心してしまうのは非常に危険です。

まずホテルの従業員が完全に信頼できる人間かどうかも分からないし、他の宿泊客にもどのような人がいるか分かりません。たとえ星の数が多いホテルであっても信頼し切ることはせずに、絶対的に大切な貴重品の管理は自分で行うようにしましょう。

室内や館内で盗難や紛失に遭った場合でも、ホテル側が宿泊者に保障をしてくれることはあまりありません。

掃除中は部屋が開放されていることも

あなたの外出中に部屋の掃除がされる場合、従業員が部屋に出入りすることになります。そこまでは日本でもフランスでも変わりはありませんが、ここで知っておきたいのは、掃除をした後の鍵のかけ忘れが多いということです。

そしてひどい時にはドアも開け放されたままであったりするので、ホテルの従業員以外でホテルに出入りしている人や他の宿泊客にも室内を物色される可能性があるということになります。

このような事態に遭遇した人の体験談によると、持ち歩けない大事なものはスーツケースの中に入れて鍵をかけ、室内の家具や椅子などにロック付きのチェーンで繋いでおいたそうです。

紛失や盗難に遭ったら

実際に紛失や盗難に遭ってしまった時は、被害を届け出ましょう。

フランス語ではこういう言葉が使えます。フランス語しか伝わらない!というホテルもありますので、覚えておくといざという時に役立つかもしれません。

  • 「On m’a vole mon passeport.(オン・マ・ヴォレ・モン・パスポー)」(パスポートを盗まれました)
  • 「On m’a volé mon portefeuille.(オン・マ・ヴォレ・モン・ポートゥフォイユ)」(財布を盗まれました)
  • 「On m’a volé mon sac.(オン・マ・ヴォレ・モン・サック)」(バッグを盗まれました)
  • 「Je l’avais déposé dans ma chambre.(ジュ・ラヴェ・デポジィ・ダン・マ・シャンブル)」(部屋に置いてありました)

 

電気関係

電気使用量がオーバーしてブレーカーが落ちてしまったり、漏電が原因であったり、部屋の電球が切れていて点かないということが稀にあります。部屋が真っ暗だと何かと不便だし、落ち着くことができませんよね。

停電の場合はよほどのことが無い限り長引くことはなさそうなので待っていても良いかと思いますが、電球が切れている場合はそれを伝えないと分かってもらえません。

そのような時にはこう言って電球を替えてもらいましょう!

  • 「L’ampoule  est  grillée.(ランプール・エ・グリエ)」(電球が切れています)

 

ナンパされる

フランスの男性の中には日本の女性が好きだという人も多くいます。店員だろうと何の躊躇もなくお客さんを口説いたりもします。

ホテルのレセプションにもそのような男性がいたということもあったそうで、かなりしつこかったり強引なこともあります。自分の部屋の鍵を開けようと思えば開けられるような立場の人から、執拗に好意を寄せられたらと思うと少しゾッとします…。

そうならないためにも、「自分にはその気がない」という意思はしっかりと伝えておかなければなりません。私のフランス人の友人の話によると、外国人の間では「日本人はノーと言わない」というイメージが当たり前のように持たれているそうです。

日本人的な人付き合いでは断りづらい気持ちを持つのも当然だと思いますが、外国人は日本人ほど断られることに対して気にしません。むしろはっきりノーを言わないと理解できないようです。

断り方にも色々なバリエーションがありますので、こちらを参考にしてみてください。

  • Non, ça ne me dit rien(ノン・サ・ヌ・ム・ディ・リアン)」(気分じゃないです)
  • Non, j’ai pas envie(ノン、ジェ・パ・アンヴィー)」(行きたくないです)
  • Jamais de la vie(ジャメ・ドゥ・ラ・ヴィ)」(絶対に嫌です)

 

火災

あなたや他の宿泊客の部屋から、もしくはホテルの厨房など、火が出る可能性はどこにでもあります。

もしもあなたが火事に気づいたときには、こう言ってホテルの従業員に知らせましょう。

  • 「Au feu!(オ・フー!)」(火事だ)
  • 「Appellez le pompier, s’il vous plaît.(アプレ・ル・ポンピエ・スィル・ヴ・プレ)」 (消防車を呼んでください)

 

忘れ物

ホテルをチェックアウトした後に大事な忘れ物に気づいてしまったら?

まずは自分がそのホテルの宿泊客であったことを伝えなければなりません。そして、どのような忘れ物をしたのかを伝える必要があります。

  • 「J’appelle de la chambre 201.(ジャペル・ド・ラ・シャンブル・201)」(201号室の者です)
  • 「J’ai oublie mon portefeuille dans la chambre.(ジェ・ウーブリエ・モン・ポフトフゥィユ・ダン・ラ・シャンブル)」(部屋に忘れ物をしてしまいました)

何を忘れたのかを伝える時には、以下の単語を使ってみてください。

  • 私のバッグ:mon sac(モン・サック)
  • 私の財布:mon portefeuille(モン・ポートゥフォイユ)
  • 私のパスポート:mon passeport.(モン・パスポー)

 

鍵のトラブル

鍵のトラブルに遭ったときには、鍵という単語の「la  clef(ラ・クレ)」を使って、鍵について困っていることを伝えましょう。

鍵を失くした

  • 「J’ai  perdu  la  clef  de  ma  chambre.(ジェ・ペルドュ・ラ・クレ・ドゥ・マ・シャンブル)」(部屋の鍵を失くしました)

部屋に入れなくなった

フランスのホテルの部屋はほとんどがオートロックです。部屋の鍵を室内に置いたままうっかり外へ出てしまって、部屋へ入ることができなくなったというのはよくあることです。(私も一回やってしまいました…。)

その時はレセプションの人に事情を説明して、合鍵を持ってきてもらいましょう。

  • 「Je  suis  sorti(e)  en  laissant  la  clef  à  l’intérieur.(ジュ・スイ・ソルティ・オン・レサン・ラ・クレ・ア・ランテリウール)」(部屋に鍵を置いたままドアを閉めてしまいました)
  • 「J’appelle de la chambre 201.(ジャペル・ド・ラ・シャンブル・201)」(201号室の者です)

 

ホテル内におかしな人がいる

もしもホテル内にちょっとおかしな人がいたら、そして万が一自分に危害を加えそうなことがあれば、迷わず助けを呼びましょう!

  • 「Il y a une personne étrange près de ma chambre.(イリヤ・ウン・ペルソン・エトランジュ・プレ・ド・マ・シャンブル)」(私の部屋の近くに変な人がいます)
  • 「Au secours !(オ・スクール!)」(助けて!)

 

水回り関係

シャワーやトイレや流しなどの水が出ない、もしくは詰まって流れないということがあると困ってしまいます。最悪の場合は部屋が水浸しになったりして大きなトラブルに発展しかねないので、気づいた時点でホテルの従業員に知らせておいた方が良いでしょう。

具体的には次のような言葉を使ってみてください。

お湯が出ない

  • 「Il  n’ y  a  pas  d’eau  chaude.(イル・ニ・ヤ・パ・ド・ショードゥ)」(お湯が出ません)

シャワーが出ない

  • 「La  douche  ne  marche  pas.(ラ・ドゥシュ・ヌ・マルシュ・パ)」(シャワーが出ません)

水が流れない

  • 「Le  lavabo  est  bouché.(ル・ラヴァボ・エ・ブーシェ)」(流しの水が流れません)
  • 「Les toilettes est  bouché.(ル・トワレ・エ・ブーシェ)」(トイレの水が流れません)

水が止まらない

  • 「Le  robinet  fuit.(ル・ロビネ・フュイ)」(蛇口の水が止まりません)

トイレットペーパーがない

  • 「Il  n’y  a  pas  de  papier  toilette.(イル・ニ・ヤ・パ・ドゥ・パピエ・トワレ)」(トイレットペーパーがありません)

 

部屋が掃除されていない

いろいろな人が入れ替わり宿泊するのがホテルというところですが、どこの誰かも分からない前の宿泊客の痕跡が残っているのは、決して気持ちの良いものではありませんね。

そのような時には部屋の掃除をしてもらってください。

  • 「La  chambre  n’est  pas  encore  faite.(ラ・シャンブル・ネ・パ・オンコール・フェットゥ)」(部屋の掃除がされていません)
  • 「Pouvez-vous me nettoyer ma chambre?(プ・ヴェ・ヴ・メ・ネトワイエ・マ・シャンブル?)」(部屋を掃除してくれませんか?)

 

部屋が暑い・寒い・うるさい

部屋の中が極端に暑い・極端に寒い、などという場合にも、我慢をせずに訴えましょう。

また、「隣の部屋がうるさすぎて眠れない・苦情を言いたい」などといった場合にも、ホテルの従業員から間接的に伝えてもらうことであなたと隣の宿泊客とのトラブルを避けることができます。

  • 「Il fait trop chaud dans ma chambre.(イル・フェ・トロ・ショ・ダン・マ・シャンブル)」(部屋がとても暑いです)
  • 「Il fait trop froid dans ma chambre.(イル・フェ・トロ・フワ・ダン・マ・シャンブル)」(部屋がとても寒いです)
  • 「Les gens font trop de bruits dans la chambre voisine.(レ・ジョン・ソン・トロ・ド・ブルイ・ダン・ラ・シャンブル・ヴォワジン)」(隣の部屋がとてもうるさいです)

 

まとめ

旅先でのトラブルは考え出すときりがないほど、いろいろな可能性が考えられます。実際にその時その場になってみないと、何をどう伝えるのが適切かも分からないでしょう。

特に貴重品の盗難や紛失などのトラブルでは一刻を争うような重大な問題になることも有り得ますので、日本語を話せる人を探したり、日本領事館に駆け込むということも考えておきましょう。

最後に、以下の言葉を用意しておくと安心です。

  • 「Y a-t-il quelqu’un qui comprend le japonais?(イ・アチル・ケルクン・キ・コンポ・ル・ジャポネイズ?)」(誰か日本語ができる人はいませんか?)
  • 「Quel est le numéro du consulat du Japon?(ケレ・ル・ヌメロ・ドゥ・コンシラ・ドゥ・ジャポン?)」(日本領事館の電話番号は何番ですか?)
  •  「Où se trouve le consulat du Japon?(ウ・セ・トゥヴ・ル・コンシラ・ドゥ・ジャポン?)」(日本領事館はどこですか?)

日本領事館へいくほどでもないけれど、部屋のちょっとしたトラブルで見て欲しいな、といった場合には、「とりあえず私の部屋へ来てください」といった感じで状況を見てもらうのも良いですね。

  • 「Venez dans ma chambre, s’il vous plaît.(ヴェネ・ダン・マ・シャンブル・スィル・ヴ・プレ)」(私の部屋へ来てください)

言葉を話すのが難しい場合は、紙に書いておくか、こちらのページを表示した端末画面を見せても良いと思います。

そしてホテルの従業員になにかを助けてもらった時には、チップを忘れずに!

 

それでは、滞在先のホテルでの快適な時間を過ごされますように。

 

↑一番最初に戻ってもう一度読み直す↑

クレジットカード
ランキング特集

クレジットカード 総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い
「審査がちょっと心配…」というあなたにオススメしたい記事
審査に落ちた人でも申込みできる「ACマスターカード」とは?
クレジットカードの審査を絶対に通すためにやるべき13のチェック項目
クレジットカードの審査に落ちたら他カードの審査もできないのか?
クレジットカード限度額の増額審査に落ちる5つの理由と4つの審査基準
楽天カードの審査を確実に通すために準備すべきこと&よくある質問まとめ
   
少しでも多くのポイントを貯めたいあなたに読んでほしい記事
dカードゴールドの還元率と特典スゴすぎ!全員ドコモに乗り換えて発行すべきだわ
楽天カードはポイントの貯まりやすさが魅力!口コミ評判まとめ
Yahoo!JAPANカードとファミマTカードを徹底比較!2枚発行して二重取りできる?
Yahoo!JAPANカードでTポイント貯まる!メリットデメリットまとめ
リクルートカードのポイント還元率1.2%最強!メリットデメリットまとめ
     
マイルを貯めて、家族全員分の海外旅行費用を無料にする方法とは?
ANAマイルを貯めるとどんなメリットが得られるのか?
JALとANAのマイルを貯める4つの方法を徹底解説!
ANASKYコインとは?ANAマイルを使うよりもANASKYコインに交換したほうがお得?
ANAマイルの36か月間の有効期限を少しでも延長させる賢い方法
dカードゴールドで年間1万マイルを貯める陸マイラー必見の最新手法
     
楽天カードを申し込む前に読んでほしい記事
楽天カードの期間限定入会キャンペーンでもらえる8000円分の楽天ポイントを確実にGETする方法と注意点について 
楽天カードの過去の新規入会キャンペーンまとめ!いつ始まる?いつポイント付与される?
楽天ゴールドカードは申し込む価値ある?どう違うのか比較してみた
楽天プレミアムカードは申し込む価値あるのか?どう違うのか比較してみた
楽天カードの審査時間は遅い?審査結果はいつ頃メールで届く?
     
dカードGOLDを申し込む前に読んでほしい記事
dカードGOLDの家族カードは絶対作っておくべきと断言する理由とは?
dカードGOLDのケータイ補償は水没も盗難も破損も対応?補償を確実に受けるために
dカードGOLDの年会費いつ支払う?年会費をポイント払いできる?
dカードGOLDどこの空港ラウンジで使える?利用方法と利用人数について
dカードの特徴スペックとメリットデメリットまとめ