日本-フランス間のフライトには乗り継ぎを含めると様々な経路がありますが、フランスの航空会社であるエールフランス航空にはやはり、フランスならではのこだわりが感じられます。

そこで今回は、エールフランス航空に限って言える、日本-フランス間のフライトの楽しみ方をご紹介します!

最新映画を観られるチャンス!

エールフランス航空に限ったことではありませんが、国際線の航空機内では日本で公開ホヤホヤの映画でさえも観ることができます。これは映画好きにとってはかなり嬉しいことではありませんか?

そこまで映画好きの人ではなくとも、長時間のフライトをより快適にしたり暇つぶしをできるツールとしてかなり重宝するでしょう。

でもなぜ、最新の映画を観ることができるのでしょうか?

それは、多くの映画は日本で上映される頃には海外ではすでに最新ではなかったりするのと、日本の配給会社が映画の配給権を買わないと上映できないという背景がありますが、航空会社においては日本発着の航空機であっても日本の配給会社とは別のルートで映画を購入しているためです。

1. カンヌ映画祭関連のカテゴリーがあったりする

こちらはエールフランス航空限定かもしれません。カンヌ映画祭に出品されて話題になったり、何らかの賞を受賞した映画作品は「カンヌ映画祭」というカテゴリーで分けられていて、すぐに見つけることができます。

日本の映画もカンヌ映画祭で評価されることが多々ありますので、日本語のままで映画を観ることが可能なのです。

カンヌ映画祭で評価されるような作品には芸術的な要素が強い映画が少なくないですが、「そういうジャンルはいつもは観ない」というような人でも、フライトの中でならいつもとは違う視点で観られて楽しいかもしれません。

2. ぜんぶが日本語対応ではない

最新の映画を観られるのは嬉しいことですが、それらのすべてが日本語対応されているかといったら、必ずしもそうではありません。私が見た限りでは、日本語字幕の入っているものはほとんどありませんでした。字幕が入っているとしても英語がほとんどで、たまにスペイン語もあるようです。

よって、「英語はそこまで出来ない…」という人には日本映画をおすすめします!親日のフランスということもあるかもしれませんが、日本映画や日本のアニメ映画も良質なものが揃えられていたりします。

ぜひ探してみてください!

 

美味しいチーズをお供に、ワインでもいかが?

1. 機内食のチーズがとても美味しい

エールフランス航空の機内食には、フランス料理を期待していた私ですが、私が搭乗した際には和食の味付けのおかずでした。

それにゆかりの乗ったご飯、その他にちょっとミスマッチかもしれませんがバターとパンとチーズが付いてきます。

何を隠そうこのチーズが絶品なのです!封を切った瞬間から漂う本格的な香り。

そして食事のお供にはワインを頼むこともできます。ワインとチーズ。これぞフランスという雰囲気と本場の味を、フライトでも先取りしてしまいましょう。

ちなみに、デザートのチョコレートケーキも絶品でした!

 

フライトにもフランスの個性が満載!

1. 機内の安全喚起の映像に注目

とっても驚いたと同時に「さすがフランス!」と感動してしまったのが、機内の安全のためのアナウンスです。

フライトに際してはどの航空会社でも必ず、シートベルトの着用非常時に使用する器具の説明避難方法について説明がありますが、エールフランス航空はこだわりぬいているのです。

まず「エールフランスをご利用いただきありがとうございます」というような挨拶が始まったと思ったら、とってもオシャレで綺麗なパリジェンヌ風の女性が登場。

そして同じく綺麗でありながらそれぞれに個性を持った女性複数並んでラインダンスのように長い手足を動かして身振り手振りで説明してくれるのです。

シートベルトの着用の仕方から始まり、スマホやタブレットなどの電波をオフにすること、そして非常時に使う酸素マスクの着用の仕方まで、すべてをこの綺麗な女性たちがにこやかに楽しげに説明してくれるのです。

それはもう軽快で、見ずにはいられません。

このような一見まじめに伝えなければいけない、まじめに聞かなければいけないと思ってしまうような必須事項も、楽しく伝えてくれるというのは全体的な気分に好影響を及ぼしますよね。

良い気分でフライトスタートです!

2. 知らなかったフランスの魅力を知ることができる時間になるかも

フライト中には目の前の座席に埋め込まれた画面で映画を観たり音楽を聴いたり、はたまた今この✈️はどこを飛んでいるのか、というような位置情報やリアルタイムの飛行映像まで楽しむことができますが、その他にも楽しみがあります。

フランスの見どころを案内するような項目があるのです。それはたとえばフランスの世界遺産や観光名所にとどまらず、フランス郊外の田園風景やそこで楽しめるアクティビティなどが紹介されています。

ガイドブックを見ればフランスの観光スポットも、中心部のことも郊外のこともある程度は知ることができますが、それが動画になっているというのはかなり印象が変わります。

実際に車窓から眺めているように流れるフランスの豊かな自然や田園風景が、まだ見ぬフランスの魅力を教えてくれます。

 

まとめ

さて、エールフランス航空だけの日本-フランス間のフライトはイメージできましたか?

実を言うと私は以前、「直行便は高い」「エールフランス航空は高い」というようなイメージを持っていましたが、実はそうでもありません。

格安チケット予約サイトで検索したところ、中国やロシア、中東などの乗り継ぎ便の次ぐらいに安い価格で提示されました。

中国の航空会社は以前利用したことがありますが、出発時間が2時間以上も遅れたり、ロストバゲッジに遭ったりと散々でした。仮にそうではないとしても、格安航空券での乗り継ぎ時間は24時間だったりとか、かなり長時間であったりします。

あくまでも個人的な意見ですが、心の余裕や最低限の安心感を得るためにも、直行便のエールフランス航空を選択することをおすすめします!

日本からの直行便なので、機内アナウンスも日本語がありました。そして前述のように、和食が出てきます。ドリンクや食事の希望を聞くキャビンアテンダントも日本語を話せる人がいたりします。

せっかくなら、フライトからゆとりを感じつつのフランス旅行をスタートさせるのも良いのではないでしょうか?

楽天カード入会キャンペーン実施中!
カードの支払日を過ぎてしまったら…

【支払い遅れそう…】カードの引き落とし日に間に合わなかったらどうなるの?