「どこに行こうかな」、「何をしようかな」、「何を食べようかな」、「どんな人がいるかな」…。

旅行の計画は非常に楽しいものですが、準備を整えておくことを忘れてはいけません。

肝心なものを忘れてしまうと、せっかくの楽しい旅行が台無しになることも有り得ます。

そこで今回は、「忘れたら不便だけど忘れがちなもの」を集めてみました。ぜひご参考にしてみてください。

スポンサードリンク

1. スリッパ

普段スリッパを履かないという人もいるかとは思いますが、部屋でスリッパを履く派の私としては真っ先に思い浮かぶのがスリッパです。

当然ながら欧米では部屋で靴を脱ぐ習慣がないため、滞在先で靴を脱いでリラックスしたいと思っても床は結構汚かったりします。

スリッパを利用している時は自分の体の一部のようになっているのでうっかり忘れてしまいがちです。現に私も、フランス滞在中に別の滞在先に移るために荷造りをしていたのですが、「スーツケースに持ち物を全部入れた!よし、準備万端!」と思いきや、足にはスリッパが装着されていました。

それほどまでにあって当たり前の物は意識して忘れないようにする必要があります。

旅先でのリラックスには欠かせないアイテムです。

 

2. 本とか暇つぶしグッズ

旅行の準備をしていると、ついつい現地でのことばかりに気持ちがいってしまいますが、フランスに行くまでの間と日本に帰ってくるまでの間のことも考えておく必要があります。

そう、長い長いフライトが待っているのです!

フライトでも音楽や映画を楽しめる設備がありますが、種類は限られているし、自分にピンとくるものがなければまったくの無意味です。

そのような時のために、自分のお気に入りの小説を持って行ったり、ポータブルDVDプレイヤーで映画を観られるようにしたりという準備があると心強いです。

なくてもなんとかなるものではありますが、フライトや列車などの長時間の移動の疲れやストレスを緩和してくれるものには間違いありません。

 

3. モバイルインターネット

今やインターネットなくしては何も出来ないように思います。

日本では当たり前に使用しているスマホをフランスで同じように使用しようとすると莫大な通信料がかかってしまいます。

大きな駅や空港、ホテルなどではWi-Fiが飛んでいるかな…と呑気な期待だけで何かしらのモバイルインターネットを用意していかなかった私は、結構不便をしました。

たしかにTGVの通っている駅では良いWi-FI環境がありますが、パリのCDG(シャルルドゴール)空港はほとんどあってないような安定しない電波状況でした。

ホテルはあまり利用しないのでわかりませんが、ホテルでもAirBnBでもその他の宿泊施設でも、Wi-FIを利用できるかどうかやその品質は場所によって違います。

フランスの超有名な観光名所などにはほぼ不自由なく行くことができますが、住所を元にしてどこかへ行くようなことがあるならば、モバイルインターネットは用意しておいた方が良いでしょう。

(フランスにはいたる所に地図がありますが、住所の表記が「○○通り」のようにされているので、その通り名を探すのに一苦労だったりします。)

4. エコバッグ

長期滞在をする人は特に、外食だけではなくスーパーで買い物をして自炊をしたりすることもあるでしょう。フランスのスーパーではレジ袋を廃止しているところも多いので、エコバッグを持っていると安心です。

現地でお気に入りのエコバッグを探しているのも良いかもしれません。

 

5. ミニレジ袋

何かと役に立ったのがこのミニレジ袋です!

私はパリ巡りをしていた時はいつも、ランチにはスタンドのサンドイッチやパニーニやマフィンを買って食べていました。パリの美術館や観光地にはほぼ確実に軽食のスタンドがあり、レストランに入るまでもないなというような時には手軽にランチを済ますことができてとても良いです。

ところがこのサンドイッチ、ありがたいことに特大サイズなのです!

いつもご飯はたくさん食べる方の私でも、一度に全部は食べきれませんでした。そこで残りをレジ袋に入れてバッグの中に保管しておき、また小腹が減ったら食べるようにしていました。

美術館や観光名所は入るために並ぶことも多いので、そのような時にさっと取り出して待ちながらのオヤツにしていました。

また、その他にも急な雨で濡れてしまったものを入れて持ち帰ったり、逆に濡れてしまっては困るものをレジ袋の中に入れることもできますね。

バッグの中の煩雑さを避けるためにも、このようなちょっとした入れ物があるととても便利です。

 

6. ジャケット

旅行に出発する時期が暖かい時期であればあるほど、ジャケットなどの上着の存在を忘れてしまいがちですが、フランスは天気が変わりやすかったり、朝と夜の寒暖差が激しかったりします。

また、フライト中も空調が効きすぎていることもあるので、ジャケットは必須アイテムのひとつと言えます。

ちなみに、フランスでコンサートを聴きに行ったり演劇を観たりする時に男性のドレスコードとしてジャケットが必要であったりします。

 

7. 女性の場合は生理用品

欧米で売られている生理用品は日本の製品のようにやわらかく作られていなかったり、やたらとビッグサイズであったりします。「まだ先だから」と思っていても環境の変化で早めに来てしまうこともありえます。

また、現地で調達したとしても全部を使い切らないと地味にかさばるものなので、自分がいつも使っているものを使う分だけ持って行くのが良いのではないかと私は思います。

8. 連絡先のバックアップ

これも日本にいる間は当たり前すぎて、日本を出てから「ない」ことの不便さに気づくもののひとつかもしれません。

連絡はすべてスマホでしてしまうので、わざわざ家族や親しい友人や恋人の連絡先などを控え持ってはいないですよね?電話番号すら覚えていないというのが現状だと思います。もはや覚える必要がなくなってしまいましたから。

しかしながら旅行中にもしも大事なスマホがなくなってしまったら、どうしましょう?

緊急事態に日本の家族に頼ることもできなくなってしまうし、それどころか連絡もすることができません。

また、非常時に連絡するべき連絡先、たとえばクレジットカードのサポートデスクとか、現地の日本大使館とか、海外旅行保険のサポートデスクなどなど…の連絡先は必ずスマホ以外の紙媒体などで持ち歩いておきましょう!

 

9. 航空券や列車の切符のバックアップ

私は久しぶりの海外旅行で驚いたのですが、航空機に乗るのもスマホひとつでできるようになりました。e-チケットというものです。(あ、もちろんパスポートは必要です。)

ただし、ほとんどの人が紙のチケットも発行しています。

もしも突然、スマホの電源が落ちてしまったら?ありえないことではありません。特にiPhoneは気温の変化によって突然電源が落ちる事象が確認されています。

ということで、連絡先と同様、デジタル端末にすべて頼り切ることは万が一のことを考えると危険です。

紙媒体でバックアップを持っておきましょう!

 

10. コンセントプラグ

言うまでもないかもしれませんが、日本とフランスでは使用している電圧が違います。(日本では100V、海外では100〜280V)

また、電化製品のコンセントプラグの形が違います。

フランスで使うことができるのは、こちらのようなCタイプと、たまにSEタイプです。

(参照元:http://www2.elecom.co.jp/products/T-HPACWH.html

ドライヤーなど、プラグの形だけでなく変圧器も必要な電化製品もありますが、パソコンやスマホなど世界中で販売されている製品は多くが電源アダプタの中に変圧器が内蔵されています。

「これってどうなの?」という電化製品を持って行くという人は、対応している電圧を確認してみてください。

 

まとめ

すでに旅行の常識として知っている人も多いかと思いますが、改めて意識することが必要だと思うものをまとめてみました。

現地で手に入れられるものもありますが、日本で準備できるものは準備して行って快適な旅行をスタートさせましょう!

連絡先やチケットのバックアップは、くれぐれも、お忘れずに!!

スポンサードリンク

↓8種類のカードを厳選しました↓

今月のおすすめカード一覧

スポンサードリンク

クレジットカード13枚利用した私がたどり着いたポイント貯まりやすいカードはこの3枚でした

管理人管理人

2018年5月の段階で発行した枚数は13枚!

でも正直ハズレと思うカードもいくつかありましたし、全然ポイント貯まらないカードもありました。実際に使ってみないとわからないものです…。

その中で、私が実際に13枚のカードを使ってみて、ポイント貯まりやすいと思ったカードがこちらの3枚でした。

  • 楽天カード
  • dカード
  • Yahoo!JAPANカード

なかでもこの3枚は、かなりポイント貯まりやすいので、どのカードにすればいいかわからない場合はこの3枚からひとつ選んでおけば間違いないです。

ちなみに、3枚ともすべて年会費無料なので、カードを作って損することは一切無いので、気軽な気持ちで1枚持っておいて大丈夫です。

1位:楽天カード
管理人管理人

楽天カードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • 楽天市場で使うようにすれば、100円で4ポイント貯まる
  • 楽天ポイント貯まる
  • ETCカード発行可能
  • 楽天ポイント、楽天Edyが一体型

楽天カードは100円につき1ポイント貯まります。ETCカードを発行すれば高速料金に対しても楽天ポイント貯まります。

楽天市場で買い物をすれば、100円につき2~5ポイント貯めることもできます。楽天市場ってほぼすべてのジャンルの商品が揃っているので、普段の買い物を楽天市場で買うようにするだけでポイントはものすごく貯まりやすくなります。

実際に私も、生活用品や日用品、家具や家電なども楽天市場から買うようにしています。家電量販店や薬局などで商品を目で確認して型番やサイズを確認して、最終的に楽天市場で買うという流れです。

私の場合、楽天市場で買い物をすれば、100円につき4ポイント貯まるようになっています。

他の店舗で楽天カードを使えば、100円で1ポイントしか貯まりませんが、楽天市場で購入すれば100円で4ポイント貯まります。4倍もの差があるので、楽天市場を利用しない理由はありません。

しかも、店舗で買うよりも楽天市場で買った方が安い場合もありますしね。メリットだらけです。

貯まった楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルといった楽天関連のサービスで使えますし、楽天Edyという電子マネーに交換すれば、スーパーやコンビニでも楽天ポイントを使うことができます。

なにより、入会キャンペーンでたくさんポイントもらえるのが嬉しいですね。カード発行は無料なのに5000円分もポイントもらえるなんて、発行する価値十分アリです。

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

2位:dカード

管理人管理人

dカードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • dポイント貯まる
  • ドコモ携帯料金の1%ポイント貯まる
  • dポイントを電子マネーiDの支払いに充当できる
  • カード提示でローソン、マクドナルドで割引
  • カード提示でdポイント貯まる店舗も急増中

ドコモが発行しているdカードですが、ドコモユーザーじゃなく誰でも申込可能のカードです。100円につき1円分のdポイントが貯まります。

正直、ポイント業界の中では楽天ポイントがダントツで優位な位置にいると思っています。ポイントも貯まりやすく使い道も広く、対応店舗も多いので、利用しやすい環境がバッチリ整備されています。

それに続いて、dポイントはここ数年で急速に普及が広がっており、楽天ポイントと同等レベルぐらいまで対応店舗が増えております。

支払いをすべてカード払いに切り替えるなら、dカード1枚にまとめるのもアリです。

年会費実質無料!
最大9000円もらえる入会特典実施中!

dカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

管理人管理人

私の場合は、年会費無料のdカードではなく、年会費1万円(税別)のdカードGOLDを持っています。 ドコモユーザーであれば、携帯料金の10%が毎月dポイントとして貯まっていくので、毎月1500円分のdポイントが勝手に貯まり続けています。 dカードGOLDの特徴はこちら

  • 年会費1万円(税別)
  • ドコモ携帯料金の10%のdポイント貯まる
  • ケータイ補償あり
  • 海外旅行の保険の範囲が広い
  • 空港のラウンジを無料で使える
さらにdカードGOLDの詳細を知りたい方はコチラ

最大14000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

dカードGOLDのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

3位:Yahoo!JAPANカード
管理人管理人

ヤフーカードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • Tポイント貯まる
  • ヤフーショッピングやヤフオク、ロハコ利用でポイント貯まりやすい
  • ソフトバンク携帯料金でTポイント貯まる
  • Tポイント使える店舗数も多い

Yahoo!JAPANカード。通称ヤフーカードやワイジェイカードとも呼ばれています。100円につき1円分のTポイントが貯まります。

楽天カードは楽天関連のサービスで、ヤフーカードはヤフー関連のサービスで効果を発揮します。

ヤフーショッピングやヤフオク、ロハコでTポイント貯めたり使ったりできます。ソフトバンクユーザーであれば、携帯料金でTポイントを貯めることもできます。

そもそもTポイントは歴史が長く、ファミマやTSUTAYAを筆頭に対応店舗も非常に多く、楽天ポイントやdポイントと同じように貯めやすいと評判も高いです。

年会費無料!
8000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

Yahoo!JAPANカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます