家族カードを発行できるおすすめのクレジットカード!

クレジットカードの中でも家族カードが発行できるクレジットカードと、発行できないクレジットカードがあります。

ここでは家族カードを発行しているクレジットカードで、その中でもオススメなカードをいくつかご紹介します!

オススメ1:楽天カード

 楽天カード
カードブランド VISA・MasterCard・JCB
申込対象者 楽天カード会員と生計を共にする満18歳以上(高校生は除く)の配偶者、子供、および両親
家族カード年会費 無料
カード発行手数料 無料
ポイント還元率 通常:1%還元
楽天グループ:2%還元
楽天のキャンペーン時には最大10%プラス
海外旅行保険 死亡後遺障害:最大2,000万円
傷害疾病治療:最大200万円
賠償責任:最大2,000万円
携行品損害:最大20万円【免責3,000円】
救援者費用:最大200万円

1つ目は楽天カードの家族カードです。

楽天カードのメリットは下記の通りです。

  • ポイントが貯まりやすい
  • 旅行保険付帯がついている
  • 年会費無料

ポイントが貯まりやすい

楽天カードのポイントは100円で1ポイント貯まりますが、毎月の使用金額の合計でポイント付与されます。

例えば1,998円の買い物をした場合、普通のクレジットカードだと端数の98円は切り捨てられますが、楽天カードの場合は月の合計なので、98円だとしても、他の買い物の金額と合計され、無駄なくポイントに換算されます。

また、楽天市場ではポイントが通常の4倍、楽天加盟店での利用では2倍〜3倍、毎年定期的に行なっている楽天市場のセールではなんと10倍になることもあります!

楽天市場はネットショップでもトップクラスの大手ネットショップなので、欲しいものがあれば何でも揃うでしょう。学生や主婦に限らず利用しやすいポイント制度です。貯まったポイントは本会員のポイントとして付与されるので、何に使うか話し合ってみるのも楽しみの1つです。

旅行保険付帯がついている

楽天カードには海外旅行保険が付帯しています。年会費無料で海外旅行保険が付帯しているカードはそうそうありません!

しかも楽天カードはVISA、Master、JCBカードの発行を行なっており、これらのカードブランドは世界中のどこにいても通用するカードです。

特にVISAとMasterカードの世界でのシェア率は2大勢力で、他のクレジットカードのシェア率を凌駕しています。

順位 シェア率 カード名
1位 58% Visa
2位 26% Master
3位 10% 中国銀聯
4位 3% アメックス
5位 1% JCB
6位 1% ダイナースクラブ

つまり、世界のどこにいても使えるカードを無料で持つことができ、しかも旅行保険も付帯しているので、旅先で「ケータイを落とした!」「食あたりにあった!」「カバンを盗まれた!」というトラブルの際も安心して保証されるということです。

年会費が無料

楽天カードほどのスペックをもったカードで年会費無料のカードは他にはないでしょう。楽天市場という大手ネットショップがポイント4倍で利用でき、海外旅行保険が付帯していて年会費が無料のカードはほとんどありません。

いわゆるオールマイティな優等生なカードで、家族カードの発行を考えている方であれば発行するのはタダなので何のデメリットもなく、メリットしかないカードとなっています。

【楽天カード】

年会費無料 家族カード
ETCカード
100円=1P
0.5マイル
VISA JCB
Master
楽天市場5%還元  電子マネー
Edy
 ANAマイル
貯まる
不正利用
保証
顧客満足度
No.1
今だけ!!期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今なら5000円分の楽天ポイントと500円分の楽天Edyもらえる期間限定キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

⇒ 楽天カードの詳細はこちら

オススメ2:dカード

 dカード 【 dカード】
 【dカードGOLD】
カードブランド VISA、MASTER
申込対象者 dカードおよびdカード GOLD会員と生計を共にする満18歳以上(高校生は除く)の配偶者、子供、および両親
家族カード年会費 初年度無料
2年目以降400円(税抜)/枚
※前年度に本会員、家族会員どちらか一方にでもショッピング利用があれば無料
1枚目無料
2枚目以降1,000円(税抜)/枚
カード発行手数料  無料
ポイント還元率 1% ※100円のご利用につきdポイントが1ポイントたまります。
dカードポイントUPモール、dカード特約店などではさらに倍付け!
海外旅行保険 なし 傷害死亡:1億円
傷害後遺障がい:400万円~1億円
傷害・疾病治療費用:300万円
賠償責任:5,000万円【免責3,000円】
携行品損害:50万円
救援者費用:500万円
海外航空便遅延費用特約あり

次にdカードについてですが、dカードで家族カードを発行するのであれば絶対にdカードGOLDがお得です!

dカードGOLDを発行した場合は年会費が1,000円かかりますが、それだけのメリットは十分に受けることができます。

まず、普通のdカードとゴールドカードのスペックは全く異なりゴールドカードは

  • 海外旅行保険が付帯している
  • 空港のラウンジが無料で使用できる
  • 国内旅行保険、ショッピング保証がついている

という圧倒的な違いがあります。
ですので、本会員のカードがdカードGOLDの場合は家族カードの発行を検討してみましょう。

空港のラウンジが無料で使用できる

海外旅行保険については表にご紹介しているので、無料で使用できる空港ラウンジについてご紹介します。

dカードGOLDでは全国28カ所の空港のラウンジが無料で使用できるようになります。

利用できる空港ラウンジ一覧(クリックすると開きます)
地域 空港ラウンジ名
北海道 新千歳空港 スーパーラウンジ/ロイヤルラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
東北 青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
ビジネスラウンジWEST SIDE
関東 成田国際空港 T.E.Iラウンジ
ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ
羽田空港 エアポートラウンジ
SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX
東海 中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア
北陸 新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 ラウンジ らいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
関西 伊丹空港 ビジネスラウンジ(ラウンジオーサカ)
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ
六甲(北ウイング) 金剛(南ウイング)
比叡(ターミナルビル3階)
アネックス「六甲」(北ウィング)
神戸空港 ラウンジ 神戸
中国 岡山空港 ラウンジ マスカット
広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
米子空港 ラウンジ DAISEN
山口宇部空港 ラウンジ きらら
四国 徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
高松空港 ランジ讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ
九州・沖縄 北九州空港 ラウンジ ひまわり
福岡空港 くつろぎのラウンジ TIME
大分空港 ラウンジ くにさき
長崎空港 ビジネスラウンジ アザレア
熊本空港 ラウンジ「ASO」
鹿児島空港 スカイラウンジ 菜の花
那覇空港 ラウンジ 華 ~hana~

羽田第一ターミナル

羽田第二ターミナル

羽田国際ターミナル

関西国際空港

福岡空港

国内旅行保険、ショッピング保証がついている

dカードGOLDの場合、海外だけでなく、国内旅行保険やショッピング保証の付帯しています。

ショッピング保証については

  • 「買った日に壊れた!」
  • 「自分で落として壊してしまった!」
  • 「不注意で部品を失くしてしまった!」

というように過失の有無に関わらず、90日以内であれば自己負担額3,000円で保証を受けることができます!

この安心感はショッピング保証があるカードでしか味わうことはできません!特に海外などでの買い物は不良品を掴まされた時の対処法が分からないので、ショッピング保証があると安心して買い物をすることができます。

dカードではリボ払い3回以上で購入した商品が対象で、年間の保証金額が100万円ですが、ゴールドカードの場合は支払い方法に縛りはなく、しかも年間の保証金額は300万円です!

dカードの場合は本会員の方がゴールドであればかなりお得なことが分かります。

ちなみに国内旅行保険の詳細はこちらです。

国内旅行保険の内容(クリックすると開きます)
補償内容 本人会員/家族会員
傷害死亡保険金 5,000万円
傷害後遺障がい保険金 200万円~5,000万円
入院保険金 5,000円(日額)
通院保険金 3,000円(日額)
手術給付金 入院保険金日額の5倍 or 10倍
乗継遅延による宿泊・食事費用 2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用 1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用 2万円
出航遅延・欠航による食事費用 1万円

【dカードGOLD】

年会費
10000円+税
家族カード
1枚無料
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
空港ラウンジ ケータイ補償
JALマイル
還元率0.5%
国内海外保険
自動付帯
電子マネーiD
ApplePay
今だけ!!期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大13000円分の電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

⇒ dカードGOLDの詳細はこちら

オススメ3:三井住友VISAカード

 三井住友VISA
クラシックカード
 【三井住友VISAクラシックカード】
カードブランド VISA・MasterCard・JCB
申込対象者 三井住友VISAカード会員と生計を共にする満18歳以上(高校生は除く)の配偶者、子供、および両親
家族カード年会費 税抜400円+税
カード発行手数料 無料
ポイント還元率 通常:0.5%還元
「ポイントUPモール」「ココイコ!」でポイント2倍〜20倍!
海外旅行保険 死亡後遺障害:最大2,000万円
傷害疾病治療:最大50万円
賠償責任:最大2,000万円
携行品損害:最大15万円【免責3,000円】
救援者費用:最大100万円

次に三井住友VISAカードについてです。

三井住友VISAカードには様々な種類のカードがありますが、三井住友VISAカードも楽天カードと同様にスペックがオールマイティで日常生活に非常に使いやすいカードとなっています。

この記事の最初の方にもご紹介しましたが、三井住友VISAカードのカード種類と年会費は下記の通りになっています。

カード種類 本会員の年会費 家族会員の年会費
三井住友プラチナカード
税抜50,000円+税 無料
ゴールドカード
税抜10,000円+税 1人目無料
2人目から税抜1,000円+税
プライムゴールドカード
税抜5,000円+税 1人目無料
2人目から税抜1,000円+税
エグゼクティブカード
税抜3,000円+税 税抜250円+税
クラシックカード
税抜1,250円+税 税抜400円+税
アミティエカード
税抜1,250円+税 税抜400円+税

 

プラチナカードが『無料』という脅威のカードなので

  • 家族カードを発行▶︎本会員のクレヒスを一緒に育てる▶︎プラチナカードゲット▶︎家族でプラチナカード

というルートも狙えるカードです。

「プラチナカードは別にいらない」という方でも、三井住友VISAカードは「ポイントUPモール」というサービスを行なっており、Amazonや楽天市場を始めとする有名ネットショップで買い物をするとポイントが2~20倍付与されるサービスを一年中行なっています!

ですので、買い物をメインに考えている方にはイチオシのカードです。

三井住友VISAカードで買い物をしていれば、必然的に本会員のクレヒスが成長していき、三井住友VISAカードから「ゴールドカード(もしくはプラチナカード)を作ってくれませんか?」というインビテーション(招待状)が届きます。

ゴールドやプラチナに格上げされると

  • 空港ラウンジの無料化
  • コンシェルジュサービス
  • 保証制度の充実
  • ゴールド、プラチナ会員限定サービス

など様々なVIP待遇を受けることができます!

三井住友VISAカードのゴールドカードやプラチナカードはクレジットカード業界のなかでもトップクラスな高貴なカードなので1枚持っておけばそれだけで社会的信頼を得ることができます。

家族でグレードの高いカードを狙う場合は三井住友VISAカードが最適です。

はじめてカード発行する方におすすめできる安心の1枚!

最大10000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

オススメ4:ライフカード

 ライフカード  【ライフカード】
カードブランド VISA・MasterCard・JCB
申込対象者 三井住友VISAカード会員と生計を共にする満18歳以上(高校生は除く)の配偶者、子供、および両親
家族カード年会費 無料
カード発行手数料 無料
ポイント還元率 通常:0.5%還元
L-Mall(エルモール)で最高3.3%までUP!
海外旅行保険

「高い還元率でポイントがつくなら他は何もいらない!」という方はライフカードがオススメです!

ライフカード限定で利用できる「L-Mall」というサービスがあり、L-Mallで得られるポイントは最大で25倍という驚異的な数字です!

「L-Mallってなに?品揃えはいいの?」という疑問があると思いますが、いくらポイントの倍率が良くても品揃えが悪ければ何も意味が無いですよね。

L-Mallとは、ライフカードが運営するショップではなく、Amazonや楽天市場などの超大手のネットショップとライフカードが提携しているショップの総称です!

ですので、「L-Mallに欲しいものがなかった!」というのはほぼ有り得ません。

通常そのままAmazonや楽天などのネットショップにアクセスするとことろを、ライフカードの会員サイトの「L-Mall」を介してアクセスすることで、ネットショップ側は「あ、この人はライフカード会員なんだ」と認識し、ボーナスポイントが付与される仕組みです。

dカードは発行から1年間はポイントが1.5倍になり、それらはL-Mallを利用している際にも上乗せされます。そうなった場合のポイント獲得倍率はクレジットカード業界でも最高水準です!

貯めたポイントの有効期限も最大5年間と長く、ポイントは

  • ANAマイル
  • Amazonギフト券
  • 電子マネー、Vプリカ

など様々な使い方ができるのでポイントをメインに貯めていきたい方にとっては最適のカードです。

ポイントは本会員に集約されて貯まるので、業界最高水準の倍率のカードを家族で利用した場合のポイントの貯まるスピードは計り知れません!

家族カードのオススメまとめ

家族カードのおすすめをまとめると

【楽天カード】

保険からポイントまで幅広くメリットがあるカード。使いやすく、知名度も高いため安心して使えるカードです。

【dカード】

dカードGOLDがお得です。海外、国内旅行保険、ショッピング保証、ラウンジ無料サービスなどが利用できるため、家族で旅行に行く方や、単身で旅行に行く方、高い買い物をする方にオススメです。

【三井住友VISAカード】

楽天カードと同じく、保険、ポイントシステムが充実しており、隙のない非常に使い勝手の良いカードです。三井住友銀行系列のため、クレジットカード業界でもランクの高いカードとされており、プラチナカードはクレジットカード業界でもトップクラスで高級なカードです。 最終的に家族でグレードの高いカードを所持するのであれば三井住友VISAカード一択です。

【ライフカード】

保険や特別なサービスがついていない代わりに業界最高水準のポイント倍率が得られるカードです。「とにかく買い物にだけクレジットカードを使う」「ポイントが貯まれば良い」という方はライフカードがオススメです!

年会費無料なのに誕生日の月はポイント3倍!


※申込みにかかる時間:5~10分前後

⇒ ライフカードの詳細はこちら

クレジットカードを使ったポイント活用術の魅力にハマり、現在は15枚のカードを所有。使う場所や組み合わせを変えたりなど、いつもポイントを貯めることばかり考えている。(累計30万ポイント、累計20万マイル以上を保有)貯めたポイントを使ったプチ贅沢が大好き。貯めたポイントを使って宿泊費を無料にしたり、貯めたマイルを使って飛行機代を無料にして、完全無料で旅行に出かけるのが至福。