エポスカードはよく使わないし、解約しようかなと考えている方!

エポスカードを解約する前に確認すべきポイントがあるので、ご紹介します。

また、よりお得になるクレジットカードもご紹介しますよ!

入会キャンペーン実施中!

エポスカード(年会費無料)
▼申し込みはこちら▼

エポスカードを解約する前に確認すべき4つのポイント

ポイントは使い切った?

まずは、エポスポイントを使い切ったかを確認しましょう。

エポスポイントはカード利用200円ごとに1ポイントまります。エポスポイントを利用する際は、会計時のレジにて500ポイント以上1ポイント単位で使うことができます。1ポイント=1円相当の値引きとなります。

そのため、自分が保有しているポイントが500ポイントを超えているのなら、何か小さな買い物をして、ポイントを全部使用してしまいましょう。

また、500ポイントに満たない場合は、エポスVisaプリペイドカードを作りましょう

エポスVisaプリペイドカードだと、1ポイントからチャージできるので、貯まっていたポイントを全部使い切ることができます。さらに、利用金額200円ごとに1円、エポスVisaプリペイドカードにキャッシュバックされます。

例)エポスポイントが400ポイント残っている場合

①エポスVisaプリペイドカードにチャージ:400円

②1000円の買い物に使用(400円引き)→実質600円の買い物

③エポスVisaプリペイドカードに3円キャッシュバック

支払い方法は1回払いを指定します。

ちなみに、公共料金の支払い、ガソリンスタンド、保険会社への支払いなどには利用できません。

ETCカードを使用していないか?

エポスカードでは、ETCカードも年会費無料です。

エポスカードと一緒にETCカードも申し込んだ人もいるのではないでしょうか。エポスカードのETCカードを使っている人は、新しく他のETCカードを申し込んで、手元に届いてからエポスカードを解約するようにしましょう。

ETCマイレージサービスにエポスETCカードを申し込んでいる人も、変更が必要です。ETCマイレージサービスとは、高速道路を利用するたびにポイントが貯まるプログラムです。

貯まったポイントは、対象の高速道路や有料道路の通行時に無料走行分として使用できます。平日朝夕割引の適用には、ETCマイレージサービスへの登録が必要なので、よく高速道路を走る人は登録しておくといいでしょう。NEXCO東/中/西であれば、10円につき1ポイントがもらえます。

1000ポイントから交換でき、1000ポイントで500円分の割引になります。つまり、10000円分で500円が割引されるので、還元率は5.0%と高い還元率です。

支払い方法をエポスカードのまま設定していないか?

毎月の支払い方法を解約するエポスカードのまま設定していると、料金未払いになってしまう場合があるので、注意が必要です。

エポスカード支払いの設定をしたままにしていると危険なもの
  • 公共料金(電気、ガス、水道料金など)
  • 携帯電話料金・プロバイダー料金
  • 保険料
  • 新聞代、有料放送料金

こうした料金はカードが生きているのかに関わらず請求されますので、変更手続きをしないでいると、料金未払いになってしまいます。そうならないためにも、過去のカード利用明細をチェックしましょう。

支払い料金の引き落としが年一回のものもありますので、最低1年分はさかのぼって利用明細書をチェックします。エポスカードでの支払いを見つけたら、別のカード支払いか銀行口座からの引き落としに変更しましょう。

特に、携帯電話の料金を未払いになってしまうと、その情報が信用情報機関に記載されて、新たなカードを発行することが難しくなります

近いうちにエポスカードを利用する機会はないか?

エポスカードは、持っているだけ、使うだけで、特典があります。

まず、海外旅行傷害保険が自動付帯します。出発前の届け出や手続きは一切ありません。傷害死亡、傷害治療費用、疫病治療費用、賠償責任、救援者費用、携行品損害、と多岐にわたって補償してくれます。

また、提携店でエポスカードを使うと、割引などの特典があります。例えば、ロイヤルホスト、シダックス、ピザーラ、31アイスクリーム、などです。

さらに、マルイのデパートで買い物をする人は、年4回10%オフの期間があるため、お得に買い物ができます。

年会費はかからないので、こうした特典を利用したい人はエポスカードを解約しないようにしましょう。

 

エポスカードを解約するとETCカードはどうなる?

エポスカードの発行の際に一緒に申し込んだETCカードは、エポスカードを解約すると使えなくなります。

間違えて使わないように、エポスカードを解約したときはETCカードも一緒にハサミを入れて、捨ててしまいましょう

新しいETCカードをETC搭載機に挿入するのと、ETCマイレージサービスに変更をかけるのを忘れないようにしましょう。

高速道路のバーが開かなかったり、ポイントが貯まらなかったりするので、大変なことになってしまいますよ。

 

エポスカードの解約方法

エポスカードの解約方法は、エポスカスタマーセンターに電話をかけるだけ、と簡単です。

エポスカードカスタマーセンター

東京:03-3383-0101

大阪:06-6630-0101

(営業時間:9:30~18:00)

退会した証明書も、エポスカスタマーセンターに問い合わせれば発行してもらえます。

注意するのは、まだエポスカードの支払いが残っている場合です。その場合は、支払いが全部完了してから、カスタマーセンターに電話しましょう。

 

もっとお得になるあなたに最適なクレジットカードを申し込もう!

エポスカードを解約したなら、もっと自分に最適なクレジットカードを使いたいですよね。

そこで、おすすめのクレジットカードを3種類ご紹介します。それぞれ特徴がありますので、自分が何を重視するかで選んでくださいね。

 ポイントを貯めるなら楽天カード!

今だけ8000円分のポイントもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※キャンペーン終了すると5000ポイントに下がるので今がチャンス!

楽天カード(年会費無料)
▼申し込みはこちら▼

楽天カードはポイントが貯まりやすいので有名です。

楽天カードの基本情報
  • 年会費:無料
  • 家族カード:作成可能(5枚まで、年会費無料)
  • ETCカード:作成可能(年会費540円)
  • 提携ブランド:MasterCard、JCB、VISA
楽天カードの詳細について(クリックで開く)

マイルを貯めるならJALカード!

飛行機をよく利用する方には、マイルが貯まりやすいJALカードがおすすめです。

JALカードの基本情報
  • 年会費:2160円(入会後1年間無料)
  • 家族カード:作成可能(年会費1080円、初年度無料)
  • ETCカード:作成可能
  • 提携ブランド:JCB、VISA、MasterCard
JALカードの詳細について(クリックで開く)

ステータスを高めたいならアメックスカード!

アメックスカードとは、アメリカン・エキスプレス・カードの通称です。ステータスの高いカードとして有名です。

アメックスカードの基本情報
  • 年会費:12000円(税抜)
  • 家族カード:作成可能(年会費6000円(税抜))
  • ETCカード:作成可能(新規発行手数料850円(税抜)、年会費初年度無料、2年目以降500円(税抜)、ただし年間1回以上利用すると、翌年度の年会費無料)
  • 提携ブランド:AmericanExpress
アメックスカードの詳細について(クリックで開く)

エポスカードの解約前にポイントをチェックしよう!

エポスカードを解約する前に確認すべき4つのポイントをご紹介しました。また、よりお得になるように最適なクレジットカードとして、3種類のクレジットカードをご紹介しました。

ポイント重視なら楽天カード、マイル重視ならJALカード、ステータス重視ならアメックスカードがおすすめです。クレジットカードを解約するときには、先ほど挙げたポイントを見落とさないようにしましょう。

特に、ETCカードの変更と公共料金の支払いは見落としがちなので、注意です。自分が何を重視しているかを考えて、クレジットカードを発行しましょう!

入会キャンペーン実施中!

エポスカード(年会費無料)
▼申し込みはこちら▼