カードを利用する上で把握しておかなければならないのが、支払日ですよね。

そこで、エポスカードの締め日と支払日はいつになるのか、何時ごろに引き落としされるのかをご紹介します。

また、口座引き落とし以外の支払い方法についてもご紹介しますよ。

引き落とし足りない…残高不足で支払いできないかも…そんな状況でも間に合わせる方法とは?⇒ 詳しくはコチラ

スポンサードリンク

エポスカードの締め日と支払日いつ?カードの種類によって違う?どこで確認できる?

エポスカードに入会する際に、支払い方法を「口座引き落とし」にした場合、支払日を4日と27日から自分の好きな日を選ぶことができます。

一部金融機関では27日のみの取り扱いとなっています。また、インターネットや郵送でエポスカードを申し込んだ人は、「口座引き落とし:27日」が案内されています。

それぞれの支払日の前月の日が締め日となります。支払日が金融機関の休業日の場合は、翌営業日の引落しとなります。

  • 支払日:4日→締め日:前月の4日
  • 支払日:27日→締め日:前月の27日

カードの種類によって支払日や締め日は変わりません

あくまで、自分が入会するときに指定した支払日になります。また、支払日については、会員専用オンラインサービス「エポスNet」のマイページの「お支払予定額照会」から確認できます。

エポスカードの支払日は変更できる?

支払日の変更は可能です。インターネット、郵送、マルイ各店カードセンターでの手続きになります。

インターネットでの手続きの場合、エポスカードのホームページの「口座振替Net手続きサービス」にパソコンまたは携帯からアクセスして、手続きを行います。

エポスNetに登録している場合は、エポスNetから変更を行います。エポスNetに登録していない場合は、エポスカード番号から変更することができます。

まず、利用できる金融機関一覧表があるので、そこで変更が可能かどうか確認します。通帳を用意することやインターネットバンキング契約が必要など、金融機関より条件が異なります。エポスカードの名義と口座名義が同一の場合のみ利用できます。

さらに、手続き期限日の目安が決まっています。手続き期限日を過ぎると、次回の支払日に手続きの内容が反映されないので注意です。

  • 支払日:27日にしたい→当月14日までが目安
  • 支払日:4日にしたい→前月22日までが目安

郵送での手続きの場合、エポスNetのマイページの資料請求から「預金口座振替依頼書」を取り寄せて手続きを行います。

預金口座振替依頼書がエポスカードの会社に到着してから、約1ヶ月~1ヶ月半ほど時間がかかるので、注意が必要です。すぐに変更したい場合は、インターネットでの手続きの方が良いですよ。

マルイ各店カードセンターでは、エポスカード、金融機関のキャッシュカードと届印を用意して行けば、手続きができます。

 

支払日の引き落としは何時ごろされる?引き落とし時間を知りたい!

実は、支払日の引き落とし時間はエポスカードのクレジット会社によって決まっているのではなく、自分の登録した金融機関によって決まっています。引き落とし時間は、日付が変わったらすぐ、開店時間、日付が変わる寸前、など様々です。

さらに、引き落としをかける回数も金融機関によって様々です。そのため、直接自分の金融機関へ問い合わせるのが確実です。

引き落としがちゃんとされるように、口座への入金は支払日の前営業日の金融機関営業時間内までに行いましょう。

エポスカードの支払い方法は口座引き落とし以外に何がある?

口座引き落とし以外に、持参払いが可能です。

エポスATM、コンビニや銀行のATM、ネットバンキングのペイジー(Pay-easy)、マルイ各店などのエポスカードセンターで支払うことができます。

支払日も5日・10日・15日・20日・25日・30日から選ぶことができます

エポスATMの支払方法をまとめました。

エポスATMでの支払い方法
  • エポスカードを入れる
  • 「お支払い」をタッチ
  • 暗証番号を入力
  • 支払金額を確認して、「確認」をタッチ
  • 紙幣や硬貨を投入
  • 投入金額を確認して、「確認」をタッチ
  • カードと明細票、続いておつりを受け取る

また、エポスカードの支払いに対応しているコンビニや銀行の一覧です。

支払いに対応しているコンビニや銀行のATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • Enet(ファミリーマートなど)
  • イオン銀行ATM(イオン、ミニストップなど)
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 横浜銀行
  • 北海道銀行

ペイジーでの支払い方法は、インターネットバンキングと銀行ATMの2通りです。月々の支払いのみ利用可能で、リボ増額払いや一括精算などは受け付けていません。

インターネットバンキングの場合、エポスカードホームページから自分の指定したインターネットバンキングで支払うことができます。指定できる金融機関が決まっているので、確認しておきましょう。

銀行ATMの場合、エポスカードホームページを経由して支払い用の番号を取得し、銀行ATMで支払うことができます。現金での支払いは、硬貨の取扱いのある銀行ATMに限られています。

エポスカードセンターでの支払いは、マルイやモディがある場所に限られています。そのため、近くにそうした店舗がない人は、違う支払い方法を選ぶ必要があります。

エポスカードの支払日と締め日をちゃんと把握して、支払いが遅れないようにしよう!

エポスカードの締め日と支払日、引き落とし時間をご紹介しました。また、口座引き落とし以外の支払いである持参払いについてもご紹介しました。

エポスカードでは、支払日を自分で決められるので、それに伴って締め日が変わります。

支払日は、口座引き落としでは4日・27日、持参支払いでは5日・10日・15日・20日・25日・30日と選ぶことができます。

持参払いは、エポスATM、コンビニや銀行のATM、ネットバンキングのペイジー、マルイ各店などのエポスカードセンターで行うことができます。

引き落とし時間はカード会社によって決まっているのではなく、金融機関によって決まっています。そのため、口座への入金は支払日の前営業日の金融機関の営業時間内までに行って、支払いが遅れないようにしましょう!

引き落とし足りない…残高不足で支払いできないかも…そんな状況でも間に合わせる方法とは?⇒ 詳しくはコチラ

スポンサードリンク

↓8種類のカードを厳選しました↓

今月のおすすめカード一覧

スポンサードリンク

クレジットカード13枚利用した私がたどり着いたポイント貯まりやすいカードはこの3枚でした

管理人管理人

2018年5月の段階で発行した枚数は13枚!

でも正直ハズレと思うカードもいくつかありましたし、全然ポイント貯まらないカードもありました。実際に使ってみないとわからないものです…。

その中で、私が実際に13枚のカードを使ってみて、ポイント貯まりやすいと思ったカードがこちらの3枚でした。

  • 楽天カード
  • dカード
  • Yahoo!JAPANカード

なかでもこの3枚は、かなりポイント貯まりやすいので、どのカードにすればいいかわからない場合はこの3枚からひとつ選んでおけば間違いないです。

ちなみに、3枚ともすべて年会費無料なので、カードを作って損することは一切無いので、気軽な気持ちで1枚持っておいて大丈夫です。

1位:楽天カード
管理人管理人

楽天カードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • 楽天市場で使うようにすれば、100円で4ポイント貯まる
  • 楽天ポイント貯まる
  • ETCカード発行可能
  • 楽天ポイント、楽天Edyが一体型

楽天カードは100円につき1ポイント貯まります。ETCカードを発行すれば高速料金に対しても楽天ポイント貯まります。

楽天市場で買い物をすれば、100円につき2~5ポイント貯めることもできます。楽天市場ってほぼすべてのジャンルの商品が揃っているので、普段の買い物を楽天市場で買うようにするだけでポイントはものすごく貯まりやすくなります。

実際に私も、生活用品や日用品、家具や家電なども楽天市場から買うようにしています。家電量販店や薬局などで商品を目で確認して型番やサイズを確認して、最終的に楽天市場で買うという流れです。

私の場合、楽天市場で買い物をすれば、100円につき4ポイント貯まるようになっています。

他の店舗で楽天カードを使えば、100円で1ポイントしか貯まりませんが、楽天市場で購入すれば100円で4ポイント貯まります。4倍もの差があるので、楽天市場を利用しない理由はありません。

しかも、店舗で買うよりも楽天市場で買った方が安い場合もありますしね。メリットだらけです。

貯まった楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルといった楽天関連のサービスで使えますし、楽天Edyという電子マネーに交換すれば、スーパーやコンビニでも楽天ポイントを使うことができます。

なにより、入会キャンペーンでたくさんポイントもらえるのが嬉しいですね。カード発行は無料なのに5000円分もポイントもらえるなんて、発行する価値十分アリです。

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

2位:dカード

管理人管理人

dカードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • dポイント貯まる
  • ドコモ携帯料金の1%ポイント貯まる
  • dポイントを電子マネーiDの支払いに充当できる
  • カード提示でローソン、マクドナルドで割引
  • カード提示でdポイント貯まる店舗も急増中

ドコモが発行しているdカードですが、ドコモユーザーじゃなく誰でも申込可能のカードです。100円につき1円分のdポイントが貯まります。

正直、ポイント業界の中では楽天ポイントがダントツで優位な位置にいると思っています。ポイントも貯まりやすく使い道も広く、対応店舗も多いので、利用しやすい環境がバッチリ整備されています。

それに続いて、dポイントはここ数年で急速に普及が広がっており、楽天ポイントと同等レベルぐらいまで対応店舗が増えております。

支払いをすべてカード払いに切り替えるなら、dカード1枚にまとめるのもアリです。

年会費実質無料!
最大9000円もらえる入会特典実施中!

dカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

管理人管理人

私の場合は、年会費無料のdカードではなく、年会費1万円(税別)のdカードGOLDを持っています。 ドコモユーザーであれば、携帯料金の10%が毎月dポイントとして貯まっていくので、毎月1500円分のdポイントが勝手に貯まり続けています。 dカードGOLDの特徴はこちら

  • 年会費1万円(税別)
  • ドコモ携帯料金の10%のdポイント貯まる
  • ケータイ補償あり
  • 海外旅行の保険の範囲が広い
  • 空港のラウンジを無料で使える
さらにdカードGOLDの詳細を知りたい方はコチラ

最大14000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

dカードGOLDのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

3位:Yahoo!JAPANカード
管理人管理人

ヤフーカードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • Tポイント貯まる
  • ヤフーショッピングやヤフオク、ロハコ利用でポイント貯まりやすい
  • ソフトバンク携帯料金でTポイント貯まる
  • Tポイント使える店舗数も多い

Yahoo!JAPANカード。通称ヤフーカードやワイジェイカードとも呼ばれています。100円につき1円分のTポイントが貯まります。

楽天カードは楽天関連のサービスで、ヤフーカードはヤフー関連のサービスで効果を発揮します。

ヤフーショッピングやヤフオク、ロハコでTポイント貯めたり使ったりできます。ソフトバンクユーザーであれば、携帯料金でTポイントを貯めることもできます。

そもそもTポイントは歴史が長く、ファミマやTSUTAYAを筆頭に対応店舗も非常に多く、楽天ポイントやdポイントと同じように貯めやすいと評判も高いです。

年会費無料!
8000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

Yahoo!JAPANカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます