楽天Edyは複数枚持つより1枚でいろいろなお店で利用した方が、効率よくポイントが貯まります。

しかし、楽天Edyには、楽天Edy機能単体のカード以外にも、楽天Edyの機能付クレジットカードポイントカードというものがあります。

また、カードだけでなく、楽天Edyをおサイフケータイで使っているという方もいるでしょう。

いつの間にか手元に楽天Edy機能付きのカードが増えて、複数にチャージしてしまっている、なんて事はありませんか?

そんな時、楽天Edyを1枚に統合する事は可能なのでしょうか。

今回は楽天Edyの残高移行について、疑問点を解消していきたいと思います。

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

スポンサードリンク

楽天Edyの残高移行はできる場合と残高移行ができない場合について

楽天Edyの残高移行は、できる状態とできない状態があります。

できる状態とは、スマホを機種変更する際、おサイフケータイ機能で使っていた楽天Edyを移行する状態の事です。

できない状態とは、それ以外を言い、主に楽天Edyカードを何枚も持っている際、残高をひとつにまとめられない状態の事です。

そのため、冒頭で例に出した、複数枚の楽天Edyにチャージしてしまっている状態の時は、残高を1枚にまとめる事はできません。

残高移行する方法と手順

ここでは、スマホを機種変更する時に、おサイフケータイで使っていた楽天Edyを、新しいスマホに残高移行する方法についてご説明します。

この作業を行う時は、機種変更するのスマホを手元に用意しておかなければなりません。

残高移行が面倒という場合は、古い機種でチャージした分の残高は、全て使い切ってしましましょう。

ちなみに、スマホを例に出していますが、おサイフケータイ機能付きの携帯電話も該当します。

1.機種変更する前に、古い方のスマホを設定を確認する

  • オートチャージとポイント設定を解除する
  • 受け取っていないEdyギフトがないか確認する

アプリで、オートチャージを設定していたり、どのポイントを貯めるか選ぶ設定をしている場合は、全て解除します。

また、新しいスマホになると、楽天Edy番号も変わるので、古い方のスマホ時代に送られてきたEdyギフトが受け取れなくなります。

Edyギフトとは、受け取り手続きを行うと、その金額を残高に加算する事ができるサービスです。

誰かかから送られてくるギフトというより、他社ポイントからの交換や、楽天Edyキャンペーンで付与される機会の方が多いでしょう。

そのため、あなたが気付かないうちに楽天Edyギフトが受け取れる状態になっていたり、自分で手続きしたのに忘れたまま放置されている可能性もあります。

未受け取りのEdyギフトがあったら、アプリのプレゼントマークをタップし、受け取り手続きを行って下さい。

2.楽天IDを作成する

おサイフケータイで楽天Edyを利用している方は、ほとんど持っていると思われる楽天ID。

実際は、楽天IDがなくても、個人情報と共に楽天Edyの残高移行はできますが、有料(100円)になってしまいます。

電子マネーを移行するのに出費するなんてなんだか悔しいですよね。

楽天IDは、パソコンやスマホから簡単に無料で作成する事ができるので、是非、楽天IDを作ってからの機種変更をおすすめします。

3.古い方のスマホで残高を預ける設定を行う

楽天Edyアプリのメニューから、機種変更の手続きを選択します。

残高を預けるをタップし、楽天IDを入力しましょう。

作業はこれだけなので、比較的簡単です。

最後に、楽天Edyを削除するボタンをタップして、完了します。

※ちなみに、新しいスマホがおサイフケータイ対応の機種でなければ受け取る事はできません。

カードで使っている楽天Edyで受け取る事もできません。

機種変更後、受け取る事ができないスマホにする場合は、残高を預けずに使い切ってしまいましょう。

4.新しいスマホで楽天Edyを受け取る

新しいスマホで、アプリをダウンロードしたら、預けていた残高を受け取りましょう。

アプリの初回起動時に、「はじめての方」と「機種変更の方」が選べます。

つい勢いで上に表示されるボタンをタップしてしまいがちですが、機種変更は下のボタンなので間違えないよう注意して下さい。

楽天IDを入力すれば残高を受け取る事ができます。

楽天Edyを複数持っている場合、1つに統合することはできるのか?

楽天Edyを複数持っている場合、今までの利用履歴や設定を1つにまとめる事はできません。

まとめるのではなく、メインで利用する楽天Edyを残し、他の楽天Edyは削除するくらいしか方法はありません。

しかし、楽天Edyの削除といっても、クレジットカードや、いつも利用しているスーパーやドラッグストアのポイントカードに楽天Edyが付帯しているパターンもあります。

クレジットカードやポイントカードはそのまま利用し、楽天Edy機能を使わないという方法が、楽天Edyを1種類しか使いたくない方にはベストでしょう。

しかし、特にポイントカードでは、付帯の楽天Edyで支払いをした方が、ポイントが貯まりやすいという店舗もあります。

その場合は、その店舗ではそのポイントカードに付帯している楽天Edyで支払う、と割り切った方が断然お得です。

楽天Edyを1枚にまとめた方が、おサイフやカードケースはスッキリしますが、ポイントを活用するためには、やむを得ない事もあります。

どうしても楽天edyの残高移行や統合ができない場合ってどういう状況?

楽天Edyは、おサイフケータイを利用している時の機種変更でのみ、残高移行ができます。

それ以外の状況では、残高の移行や統合は、どうしてもできません。

そのため、複数の楽天Edyを利用している方は、少し面倒ですが、どの楽天Edyをメインで使うか、ポイント還元率などを計算して、自分で決める他ありません。

しかし、分かりやすくてお得な楽天Edyの利用法がひとつだけご紹介できます。

楽天カードに付帯している楽天Edyを利用する事です。

楽天カードはクレジットカードで、楽天Edyは電子マネーです。

使い道は別ですが、一緒に利用する事で、

  • 同じ楽天ポイントが貯まる
  • 楽天カードからのチャージでポイントの2重取りが可能
  • キャンペーンにエントリーして楽天Edyを使えば大量ポイントゲットのチャンス

…などなど、特典がたくさんある上に、楽天Edyを無駄なくお得に使えます。

まとめ

  • 楽天Edyを複数もっていても、カードの統合はできない
  • 残高移行ができるのは、おサイフケータイの機種変更の時だけ
  • 楽天Edy付帯の楽天カードをメインに、他のカードは臨機応変に使うのがお得

楽天Edyには、おサイフケータイやカードの多種類がありますが、1つにまとめるという意味では、あまり充実していない事が分かりました。

しかし、おサイフケータイで利用する場合は、残高移行もアプリひとつで簡単です。

もし、手元に楽天Edyカードが何枚もある場合は、カードの利用目的について、一度精査してみましょう。

ポイントカードとして使うか、クレジットカードとして使うか、楽天Edyをメインい使うか。

使い方はあなた次第です。

残高をまとめる事はできなくても、それぞれのカードに合った利用方法を見つけ、この機会に不要なカードを整理してみるのはいかがでしょうか。

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

スポンサードリンク

実際に電子マネーを愛用している管理人が選ぶおすすめランキング

管理人管理人

私もほとんど現金を使うことは無く、すっかり電子マネーで支払う習慣になりました。やはり電子マネーを使うメリットといえば、

  1. 支払いがスピーディ (小銭でモタモタしない)
  2. ポイント貯まる
この2つですね。めっちゃスピーディで早い!財布が小銭でパンパンになることもありません。初めて電子マネーを使ったときの感動を今も覚えています。 いまだにレジ前で小銭モタモタしてる人は、ぜひこの機会に電子マネー使ってみてください。なんでもっと早く使わなかったんだろうって思うはずです。きっと。 しかし、電子マネーといってもたくさん種類があるし、どれをどのように使えばいいかわかりにくいのが現状です…。 そこで、実際に私がいろんな電子マネーを利用してきた中で、便利で使いやすかった種類を3つピックアップしてみました。

1位:楽天Edy(らくてんえでぃ)
  • 200円で1ポイント貯まる
  • 楽天ポイント貯まる
  • 楽天ポイントをedyに移行して使える
  • 楽天カードからチャージでポイント貯まる
  • 支払い時に「楽天Edyで支払います」と伝える

楽天edy一体型楽天カードを使用してます

楽天カードで貯めたポイントを楽天Edyに移動して使っています。そうすれば楽天Edyでの買い物はすべて実質無料ってことになります。

「楽天ポイントを使って買い物している」というのでお得感を凄く感じます。コンビニもほぼ全店舗対応してるので、ちょっとした買い物に使えて便利です。

ちなみに私は、楽天Edy機能付きの楽天カードを使っています。まだ持ってない方はぜひ使ってみてください。今貯まってる楽天ポイントを楽天Edyに移動して使えますので。

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

2位:iD(あいでぃー)
  • 100円で1ポイント貯まる
  • クレジットカードと一体型になってる
  • 後払いだからチャージしなくていい
  • 支払いはカード利用分とまとめて引き落とし
  • 支払い時に「アイディーで払います」と伝える
  • iDの支払いにdポイント使える
  • ApplePay対応

dカードはid一体型なので便利

iDは他の電子マネーと違って、チャージして使うタイプではなく、クレジットカードと一体型になっているタイプです。iDで支払いしたものはカードの引き落とし日にまとめて支払うことになります。

他の電子マネーなら200円で1ポイント貯まるのが相場ですが、iDは100円で1ポイント貯まるので、ポイント貯まりやすいタイプの電子マネーです。

iDって聞きなれない人も多いかと思いますが、実は電子マネーが登場した頃から使われてる大御所で、電子マネー使える店舗ならほぼすべての場所で使えるくらい、実は意外とめっちゃ普及しています。

さらに、iDで利用した分の支払いに、dポイントを使って充当ができます。iDで3000円利用した場合、3000ポイント使う申請をしておけば、引き落とし日に3000円差し引かれて実質ゼロ円となります。

私はdカードGOLDを愛用してます

dカードやdカードGOLDを持ってる方は、iDはカードと一体型になっているので使いやすいです。もちろん私もdカードGOLDでiDを利用しています。

私が個人的に嬉しいのは、iDはApplePay対応という点です。iPhoneにdカードを登録すれば、iPhoneをかざしてiDを利用できます。財布持たずにスマホ1台だけ持ち歩くだけで買い物できるのでものすっごく楽です。これぞ電子マネーの境地です。

個人的な話ですが、iDはスキー場で大活躍しました。iDをApplePayに登録したスマホをポケットに入れておき、休憩の時にiDで支払って飲み物買ったりしてました。荷物が最小限に抑えられて便利でしたよ。

iDを使うなら、入会キャンペーンで9000円分のiDもらえるので、dカードもしくはdカードGOLDをおすすめします。

年会費実質無料!
最大9000円もらえる入会特典実施中!

dカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

最大14000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

dカードGOLDのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

3位:WAON
  • 200円で1ポイント貯まる
  • イオン系列の店舗で大活躍
  • イオンで買い物してるなら必需品

WAON一体型イオンカードを使ってます

イオンモールなどイオンの建物内のショップでは、楽天Edyが使えずWAON対応してる店舗が多いので、愛用してる楽天Edyが使えない為、WAONを作りました。

イオンで買い物する機会が多いのでWAONポイントを地道にコツコツ貯めています。このカード持ってるだけで毎月20日30日は5%OFFになるのも嬉しい点です。年会費無料なので持ってて損することは無いですからね。

イオンカードセレクトという種類であれば、クレジットカードチャージでポイントを貯めることができます。チャージで貯めて利用で貯めて、2重でポイント貯めれるお得なワザです。

最大6000円分のときめきポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

最大6000円分のときめきポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

もはや交通系電子マネーは必需品!電車やバスを利用する為、1枚は持っておきましょう
  • 200円で1ポイント貯まる
  • チャージして使うタイプ
  • 全国の電車やバスで使用可能
  • ただしオートチャージは関東地域限定
管理人管理人

関東にお住いの方ならSuicaは必需品です!2018年3月からSuicaも改札機で自動チャージされるようになってさらに便利になりました。

SuicaはApplePayにも対応しているので、Suica機能付きのクレジットカードをiPhoneに登録すれば、iPhoneをかざして改札機を通過できます。(これがPiTaPaでもできるようになれば嬉しいんですけどね)

ちなみに私は関西なのでPiTaPaを愛用しています。大阪でもSuica使えるのですが、オートチャージ対応してないので、改札から出るときに残高不足だと止められます。これが面倒…。

Suicaもクレジットカードチャージ対応しておりますが、チャージでポイント貯まらないのが欠点。…しかし、この2種類に限り、クレジットカードのチャージでポイントを貯めることができるんです。

チャージで貯めて利用で貯めて、2重にポイント貯めれるお得ワザができるカードは、この2枚となります。

Suica使うならビュースイカカードが最もお得!

最大7000円相当のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

ビックカメラで驚異の還元率11.5%!
最大6500円相当のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

ビックカメラを利用する機会がある方はビックカメラSuicaカードを、ほとんど利用しない方はビュースイカカードを選ぶといいですよ。


↓電子マネーiD↓

↓楽天Edy↓

↓Suica↓

↓WAON↓
↓dポイント↓