楽天Edyは便利だけど、チャージするのが面倒という人には、オートチャージがおすすめ。

オートチャージとは、楽天Edy残高が一定以下の金額になると、自動的に即時チャージしてくれるサービスです。

何となく名前は聞いた事あるけど、実際使った事がないという人もいるでしょう。

「どうやってチャージして、お金はどこから出てくるの?いつチャージされるの?」

こんな疑問を解消できれば、あなたも気兼ねなくオートチャージ設定ができるようになるはず。

今回は、楽天Edyのオートチャージについて、まとめていきたいと思います。

クレナビクレナビ

※Edy使うなら楽天カード!

Edyを使うなら、Edy機能付きの楽天カードがおすすめです。楽天カードは年会費無料ですし、edyチャージでポイントも貯まるので、楽天ポイント2重取りできてお得になりやすいからです。

楽天市場でも常にポイント3~5倍になるし、普通にedy使ってるよりもポイント貯まりやすくなりますよ。

まだ楽天カードを持ってない方は、これを機にedy機能付きの楽天カードに切り替えてみてはいかがでしょうか?

【楽天カード】

顧客満足度No.1!!国内発行数No.1!!迷ってるならとりあえず楽天カードで間違いなし!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
100円=1P
0.5マイル
VISA JCB
Master
AMEX
楽天市場5%還元  電子マネー
Edy
 ANAマイル
貯まる
不正利用
保証
顧客満足度
No.1
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今なら5000円分の楽天ポイントと500円分の楽天Edyもらえる期間限定キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

楽天Edyのオートチャージを設定する方法と手順

オートチャージ設定をしておくと、楽天Edyの残高が少なくなった時に、レジでの支払い時、または1日1回のチェック時に、自動的にチャージされます。

自動的と考えると、思いもよらないタイミングで、勝手に大金をチャージされてしまったらどうしよう、と感じるかもしれません。

しかし、オートチャージは利用者自身で設定できるので、自動的に高額チャージされる事はありません。

では、楽天Edyの使い方別、オートチャージの方法を見てみましょう。

楽天Edy機能付楽天カードの場合

楽天Edyの機能が付いているクレジットカード=楽天カードをお持ちのかたは、以下の方法でチャージ設定ができます。

1.楽天e-NAVIで申込む

楽天カード会員向けのインターネットサービス、楽天e-NAVIは、パソコンやスマホで楽天カードに関する様々な設定や確認ができます。

楽天e-NAVIにアクセスして、楽天Edyへのオートチャージ設定を行って下さい。

ここでは、残高が○○円を下回ると○○円チャージされるという設定が選べます。

2.実際に買い物をする

オートチャージ設定は、実際に楽天Edyで買い物をした時点で完了します。

そのため、ローソンやファミリーマートなど、オートチャージ対象店舗に行って、楽天Edyで支払いを済ませて下さい。

【オートチャージ対象店舗】

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100
  • モスバーガー
  • ココ壱番屋
  • はるやま
  • コメダ珈琲
  • ツルハドラッグ
  • ブックオフ
  • ラウンドワン

…etc

また、お買い物をしなくても、以下の方法で、オートチャージ設定を完了させる事もできます。

  • Famiポートの楽天Edyメニューで完了させる。
  • 専用機器「パソリ(型番:RC-S380)」を使用し、パソコンで楽天e-NAVIにアクセスして、完了させる。

おサイフケータイの場合(Android限定)

楽天Edyをおサイフケータイで利用している場合、アプリの設定で簡単にオートチャージ設定ができます。Android限定ですが…。

1.楽天Edyアプリのオートチャージをタップ

2.詳細を設定する

  • クレジットカード
  • 銀行口座
  • 楽天会員ID

のいずれかからチャージする方法を選べます。

楽天会員IDを選択すると、普段楽天市場などでお買い物をする際に、「お買い物で通常使うカード」に設定されているクレジットカードから、チャージされます。

ちなみに、楽天Edyアプリで行うオートチャージは、1時間に1回、自動的に残高チェックが行われ、設定金額を下回っているとチャージされるシステムです。

iPhoneの場合

iPhoneユーザーの方は、ちょっとひと手間かかってしまいます。

ICカードを読み込む専用機器「パソリ(型番:RC-S390)」を購入すれば、iPhoneと繋いで、楽天Edyでオートチャージ設定ができるようになります。

ただし、楽天Edyの支払いの際に、パソリを持ち歩かなければなりません。

パソリは厚さのあるカードサイズではありますが、持ち歩くという点では面倒なので、あまりおすすめできません。

どうしても利用したい場合は、

1.パソリ用楽天EdyアプリをiPhoneにダウンロード

2.アプリ内の「パソリの設定」で初期設定を行う

iPhoneとパソリをBluetoothで繋いで、接続します。

3.設定メニューでチャージの詳細設定を行う

パソリでオートチャージを行う場合も、残高が○○円を下回ると○○円チャージされるという設定が選べます。

クレジットカード、もしくは、楽天会員IDに設定した「お買い物で通常使うカード」からチャージを行う事が可能です。

他にも、iPhoneケースにおサイフケータイ機能がついたおサイフケータイジャケットを装着して利用する方法もあります。

こちらも、購入やアプリの設定が必要です。

オートチャージの金額を変更する方法

オートチャージを使ってみたものの、チャージ額を増やしたり減らしたくなる事もあるでしょう。

そんな時は楽天e-NAVIや楽天Edyアプリで金額を変更する事ができます。

楽天e-NAVIの場合

ここで気をつけて欲しいのが、楽天e-NAVIでは、「チャージ金額の変更」という項目はありません。

楽天e-NAVIで初期のオートチャージ設定をしたのと同じように、再度申込みを行います。

ここでの設定の際に、希望の金額を入力して下さい。

楽天Edyアプリの場合

  1. アプリ右上の設定アイコンをタップ
  2. チャージ→オートチャージ設定をタップ
  3. オートチャージの設定・変更を選択し、希望金額を入力し完了

アプリの方が比較的簡単に設定できます。

オートチャージの設定は楽天カードのみ?他のカードでもオートチャージの設定できる?

オートチャージは、楽天カード以外のクレジットカードでも設定できます。

おサイフケータイやiPhoneとパソリを使って楽天Edyを使う時に有効な方法です。

オートチャージ設定をする際に、クレジットカードや口座引き落としでチャージ元を選べるので、その際に、希望のクレジットカード番号を入力しましょう。

また、楽天会員IDを使ってオートチャージする場合も、「通常のお買い物で使うカード」に楽天カード以外のクレジットカードを使っていれば、自動的にオートチャージもそのカードから引き落とされます。

しかし、楽天会員IDに登録しておくカードは、やはり楽天カードが一番おすすめです。

楽天ポイントが通常でも4倍、キャンペーンなどで10倍以上にもなる事がありますからね^^

楽天Edyのオートチャージを設定するメリット

ポイントの2重取りができる

楽天カードでオートチャージ設定をすると、ポイントの2重取りができます。

通常、楽天Edyは200円利用で1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

しかし、オートチャージでも200円で1ポイント貯まるので、還元率0.5%だったのが2倍の1.0%にUPするのです!

楽天カードでお買い物するのと同じ還元率ですから、楽天Edy払いがもっと使いやすくなりますね。

チャージの手間が省けて時短になる

楽天Edyは、2017年4月まで、ファミリーマートでしかオートチャージできませんでした。

しかし今は、ローソンやその他提携店舗で利用できるようになり、全国6000店舗でオートチャージに対応、拡大しています。

いくらタッチでお買い物できるからと言え、レジでチャージする手間に関してはやはり面倒でしたよね。

オートチャージ対応店舗が増えた事で、支払いがますますスムーズになりました。

残高不足の不安に襲われなくて済む

楽天Edyを使っていると、「あれ?この間使ってからチャージしたっけ?」と不安になる事がありませんでしたか。

提携店舗には限られますが、オートチャージ設定をしておけば、残高不足を心配する必要がなくなります。

自動的にチャージされると、支払い時も心強いですよね。

オートチャージした金額はいつ引き落としされる?

クレジットカードの場合

オートチャージをクレジットカードで登録している場合は、そのクレジットカードの口座引き落とし日に基づいて、引き落とされます。

例えば楽天カードなら、楽天カードを利用した月の翌月27日に引き落とされます。

オートチャージ分も同じです。

ただし、月末が締め日の場合、大体28~31日あたりにオートチャージされた分は、チャージ利用の情報がすぐに反映されず、翌月利用と換算される事もあります。

そのため、月末のオートチャージ分は、翌々月の引き落としになる可能性もあります。

楽天カード以外のクレジットカードでも、締め日に近くなると、締日後の期間に利用したと換算される可能性があります。

銀行口座の場合

銀行口座からオートチャージする場合、オートチャージした時点で即時引き落としとなります。

また、時間帯によっては、銀行口座からオートチャージできない事もあるので、注意が必要です。

例えば、「土日祝日や、夜間から朝方までなど、銀行が営業していない時間は利用できない」等です。

利用不可時間帯は、銀行によって異なるので、楽天Edyのホームページでチェックしておきましょう。

Edyのオートチャージを解除する時が面倒くさい…

Edyのオートチャージを設定するのはとても簡単なのですが、解除する時の手続きが面倒なので要注意です。

実際に私もEdyのオートチャージを解除したくていろいろ調べたり試したりしたのですが、ものすごくわかりにくくて非常に苦戦しました…

結論から言うと、オートチャージの解除はファミマのファミポートから設定しなくてはいけません。近くにファミマが無いとオートチャージの解除は面倒かも…

まとめ

  • 楽天Edyのオートチャージは、楽天カードかおサイフケータイが便利
  • iPhoneで楽天Edyのオートチャージをするのは、面倒
  • オートチャージされた金額は、クレジットカードなら締日に合わせて、銀行口座なら即時引き落とされる

楽天Edyは、スマホと合わせて使うなら、Androidスマホおサイフケータイ機能付きの携帯電話が便利です。

それ以外では、楽天Edy機能付の楽天カードは、ポイントも貯めやすく機能的でおすすめ。

オートチャージを活用する事で、支払い時もチャージ時も、手間が省けます。

楽天Edyを上手に使う事も、かなりの時短技として利用できそうですね。

クレナビクレナビ

※Edy使うなら楽天カード!

Edyを使うなら、Edy機能付きの楽天カードがおすすめです。楽天カードは年会費無料ですし、edyチャージでポイントも貯まるので、楽天ポイント2重取りできてお得になりやすいからです。

楽天市場でも常にポイント3~5倍になるし、普通にedy使ってるよりもポイント貯まりやすくなりますよ。

まだ楽天カードを持ってない方は、これを機にedy機能付きの楽天カードに切り替えてみてはいかがでしょうか?

【楽天カード】

顧客満足度No.1!!国内発行数No.1!!迷ってるならとりあえず楽天カードで間違いなし!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
100円=1P
0.5マイル
VISA JCB
Master
AMEX
楽天市場5%還元  電子マネー
Edy
 ANAマイル
貯まる
不正利用
保証
顧客満足度
No.1
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今なら5000円分の楽天ポイントと500円分の楽天Edyもらえる期間限定キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /