昨今ではライフラインの中でも、電気代の重要性が高まってきています。

なによりも、ごはんやお風呂は我慢できても、ネットやスマホを触らずに我慢することなんてできない!

と考える方が多くなっていることが、電気の重要性を底上げしているのです。

このように大切な電気代ですが、ついうっかり払い忘れてしまった、こんな場合どのような対処法が必要になるのでしょうか。

今回は電気代を払い忘れてしまったときの対処法、また、電気代を払い忘れてしまった際、電気が止まってしまうのはいつになるのかなど、ご紹介していきます。

少しだけ口座の残高足りないかも…
  • あと1万円だけ足りない…
  • 次の給料日まで間に合わないかも…
  • たまたま今月だけ出費が重なっちゃった…
 

急いでください!

 

支払い遅れが続くと信用記録に"キズ"がつき、ローン審査などに悪影響を与える可能性があります。


▶【人気急上昇】審査に落ちた人でも申込みできる唯一のクレジットカード

電気代払い忘れで支払いが遅れたらすぐ止まる?

電気代の支払い忘れについて、まず知っておいてほしいことがあります。

皆さんは電気代の支払い義務というものが、どこから発生しているか知っていますか?

実は電気料金は、電気の検針日からその支払い義務が発生するのです。

このことからわかるように、電気代の支払い期限というものは検針日から計算されており、他の公共料金とは、少し考え方が違ってくるのです。

日本には多くの電気会社があり、その会社ごとによって考え方や規定が違ってきますが、およそ検針日から30日の間が支払い期限になります。

そして、この30日を過ぎてからが延滞料金の対象となります。

なので、支払期日が過ぎてから〇日たてば電気が止まってしまう、という話ではなく、検針日から何日間支払いがなければ電気が止まる、ということになりますね。

この検針日から何日間支払いがなければ電気が止められてしまうのか、と言ったところが気になるところになりますが、こちらも電気会社によって変わってきます。

一例として東京電力の場合はどうなるのか、と言ったところを見ていきましょう。

東京電力の支払期日は検針日から30日。

そして支払期日から20日間支払いが認められなかった場合、送電停止となって電気が止められてしまいます。

この20日間が過ぎれば、問答無用で電気を止められるのかと言えばそんなことはありません。

まず先に「送電停止のお知らせ」や、「督促状」など、事前通知がありますので、払い忘れてしまったことに気が付いたら、早急に行動を起こしましょう。

延滞料金はいくらになる?

さて、ある日いきなり電気が止められてしまった。

このような事態になることは事前に通達される「督促状」などで回避されますが、次に気になるのが「延滞料金」のこと。

電気代の支払いを忘れてしまった場合、延滞金はどのようになっているのでしょうか?

電気代の延滞金では、利息率と、いつから延滞金がかかり始めるのかという点で違いがあります。

まず、延滞金の利息率ですが、これは一律1日当たり0.03%となり、電力会社による違いはありません

しかし、困ってしまうのが延滞金がかかり始める時期。

こちらは電力会社によって変わってくるのです。

上記で例に挙げた東京電力は、支払期日が過ぎても10日までは延滞金がかかりません。

しかし、他の電気会社では支払期日が過ぎたその日から延滞金がかかる会社もあるので、お住まいの地域の電力会社に問い合わせてみましょう。

電気代の支払いが遅れた時の対処法

では実際に電気代の支払いを忘れてしまい、遅れてしまったときに取れる対処法とはどのようなものがあるのでしょうか。

まず第一に、電気会社に連絡を試みましょう

どのような支払方法を取っていたとしても、支払いを忘れてしまっていたということを知らさなければ、なぜ支払われていないのかと言ったところが電力会社にはわかりません。

口座振替やクレジット払いを採用していた場合など、特にどのようにして払い忘れてしまった分を払えばいいのか、と言ったところもわかりません。

電力会社に問い合わせてみれば、どのような対応をすればいいのか指示してくれますよ。

多くの場合は、請求書の再発行や督促状を待つことになります。

そして期限をあまりにも過ぎてしまった場合は、コンビニに据え付けられている端末から請求書を発行、そのコンビニで支払いを、と言われることもあります。

遅れたら電気代の支払いってどうすればいい?

では支払方法に払い込み用紙を採用していた場合、支払期限が過ぎてしまったり紛失してしまった場合の対処法は何があるのでしょうか。

こちらもやはり、電力会社に問い合わせてみることが一番になります。

特に支払い用紙を紛失してしまった場合などは、新たに再発行してもらえることが可能になりますし、上記の場合と同じように督促状で払ってくださいと言われることもあります。

また、支払期限を忘れていたにしても、数日間だった場合は払い込み用紙自体がまだ使える場合もあります

問い合わせた際に何月分の電気代なのか、ということがわかれば、支払い用紙がまだ使用可能かどうかも教えてくれます。

電気代の払い忘れが無いようにクレジットカード払いに変更をおすすめします

ここまで電気代の支払い忘れをしてしまった場合、どのような対処法があるのか、また電気代が止まってしまう期限はいつなのかと言ったところをご紹介してきました。

しかし、やはり一番は支払い忘れをしないようにすること。

支払い忘れをしなくてすむ方法とはどのようなものがあるのか、ここから見ていきましょう。

メリット デメリット
払い込み用紙
  • 期限内ならいつでも支払いができる
  • 払い忘れが起こりやすい
  • 用紙紛失の恐れも
銀行口座振り込み
  • 支払いを忘れにくい
  • 割引サービスが利用できる
  • 口座の残高がなかった場合支払い忘れに
クレジット払い
  • 支払いの遅れが起きにくい
  • ポイントバックがある
  • 特になし

上記の表でわかるように、何が何でも支払い忘れや遅れがないようにしたい、と考えているのならばクレジットカードでの支払いが一番になります。

クレジットカードでの支払いならば、払い忘れをおこしにくいほかにも嬉しいポイントバックがついてきます。

1件1件の金額は少額でも、積もり積もれば結構な額になってくれます。

また、大手の電力会社のほとんどが、口座振替を推奨していることから、口座振替には割引サービスがついています。

普段の電力消費量によって電気料金が変わってきますので、ポイントバック、割引サービスどちらがお得になるかによって支払い方法を変えてみるのもおすすめです。

ここまで紹介してきたことでわかるように、基本的に支払い用紙での支払いはあまりお勧めできません。

メリットと言えるのは、支払期限内ならばいつでも支払いをすることができるという点くらいなので、払い忘れを頻繁に繰り返すようならば、支払い方法を変えてみることおすすめします。

お金が足りなくてどうしても電気代が払えない場合の対応について

ここまでいろいろと電気代についてご紹介してきましたが、実際問題手持ちがなくて支払えない。

こんな場合はどうすればいいのでしょうか?

ここからどうしても電気代が払えない、と言った際の対処法についてご紹介していきます。

交渉してみる

支払期限を過ぎてしまったけれど、どうしても支払うことができないとなった場合は、まず何よりも電力会社に相談をしてみましょう。

基本的に交渉をしたからと言って、電気代の支払い期限を延ばしてくれることはありません。

しかし、あと1日だけ伸ばしてほしい

このくらいならば交渉が通ることもあります

ただ、この場合は1日だけ伸ばすことによって、確実に支払いができる状態であることを明確に提示しなければいけません。

例えば、次の日が給料日であるなどに限ります。

しかし、基本的に電気代の支払い延長は、よほどのことがない限り伸ばしてもらえることはありません。

早め早めに相談しておきましょう。

どうにもならない場合はキャッシングに頼ってみる

上記で一度は電気会社に相談してみるのも手だと紹介しました。

しかし、電気代の支払い延長をしてもらうことは、なかなか難しいのも事実です。

どうにもならないとなってしまった場合は、抵抗感がある方もおられるでしょうが、キャッシングに頼ってみましょう

おすすめはACマスターカード

カードの即日発行が可能なので、今すぐなんとしないといけない!

こんなときにも便利です。

また、パートやアルバイトでも融資が可能になっているので、本当に困ってしまったときはおすすめできます。

少しだけ口座の残高足りないかも…
  • あと1万円だけ足りない…
  • 次の給料日まで間に合わないかも…
  • たまたま今月だけ出費が重なっちゃった…
 

急いでください!

 

支払い遅れが続くと信用記録に"キズ"がつき、ローン審査などに悪影響を与える可能性があります。


▶【人気急上昇】審査に落ちた人でも申込みできる唯一のクレジットカード

楽天カード入会キャンペーン実施中!
5000円分7000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーンもうすぐで終わっちゃう!

楽天カード(年会費無料)
▼申し込みはこちら▼

クレジットカード
ランキング特集

クレジットカード 総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い