今回の記事はデルタスカイマイルアメックスカードのスペックと、ゴールドカードとの比較記事です。

デルタスカイマイルアメックスカードはその名前の通り

  • デルタ航空グループで圧倒的なサービスを受けることができる
  • デルタ航空グループで異常なほどマイルが貯まる
  • アメックスの高品質な会員特典を受けることができる

という3拍子が揃ったカードです。

航空系のカードは種類が多く「どれでもいいや…」となってしまいがちですが、詳細を調べていくと、それぞれのクレジットカード会社がしのぎを削って、ユーザーに最大のメリットがあるようにサービスの競争をしています!

デルタスカイマイルアメックスカードもその中の1つで、デルタ航空は日本国内の運行を行なっていません。そのため、国際線を主に利用する方にとってメリットのあるカードですが、日本ではあまり注目されていない分、ユーザーを獲得するためにデルタ航空が提供するサービスが、信じられないほど高額のサービスになっています。

デルタ航空を全く利用しない人にとっては平凡なカードかもしれませんが、年に1度でも国際線を利用する人にとっては最強クラスにメリットのあるカードになっています。

海外で通用するカードは年会費が高額になるため、何枚も所得するようなこともできないため、カードを選ぶ際には慎重になると思います。

今回の記事ではデルタスカイマイルアメックスカードとそのゴールドカードについての最新情報を全てまとめてあるので、カードの取得を考えている方は参考にしていただければと思います。

1.デルタスカイマイルアメックスカードの特徴スペック一覧表

提携ブランド AmericanExpress
支払日 毎月20日前後、翌月10日払い
※申込日によって個別に設定
年会費 12,000円+消費税
ポイント名称 【ポイント】
ポイントプログラムなし
【マイル】
デルタ航空スカイマイル
マイル還元率 2%~2.6%
(1マイルの価値を2円と想定)
マイル有効期限 無期限
マイル優遇対象サービス ・デルタ航空での利用
マイル2倍
(100円=2マイル)
ポイントの提携 無し
利用可能最低ポイント数 無し
ボーナスマイル ・入会ボーナス
5,000マイル
・1stフライとボーナス
エコノミークラス:10,000マイル
ビジネスクラス:25,000マイル
・継続ボーナスマイル
カードの継続で2,000マイル
・カード利用ボーナスマイル
年間利用累計100万円毎に3,000マイルのボーナス(年間3回まで)
・デルタ航空での利用
ポイント2倍(100円=2マイル)
電子マネー付帯 無し
チャージできる電子マネー 楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA
家族カード 6,000円+消費税
※発行枚数制限無し
ETCカード 【個人】
年会費無料
※発行手数料850円+消費税
【法人】
500円+消費税
年会費割引
年間1回以上のETCカード利用で翌年度年会費無料
年一回以上のETC利用で翌年度年会費無料
国内・海外旅行保険 海外旅行保険付帯 有り
国内旅行保険付帯 有り
ショッピング保険 有り:最高500万円/90日間
(自己負担額10,000円)
ApplePay対応 対応
マイルの還元率 2%~3%(1マイルの価値を2円と想定)
即日発行 無し

2.デルタスカイマイルアメックスカードカードとデルタスカイマイルアメックスカードゴールドカードの比較・デルタスカイマイルアメックスカードゴールドカードの優れている点

①年会費で比較

カード種類 デルタスカイマイル
アメックスカード
デルタスカイマイル
アメックスゴールドカード
本会員
年会費
 12,000円+消費税  26,000円+消費税
家族カード
年会費
 6,000円+消費税  12,000円+消費税
ETCカード
年会費
【個人】
年会費無料
※発行手数料850円+消費税
【法人】
500円+消費税 年会費割引
年一回以上のETC利用で翌年度年会費無料

年会費は他の一般カードやゴールドカードに比べて高くなっています。
デルタスカイマイルアメックスカードとゴールドカードでは本会員、家族カード会員共に約2倍近くの年会費の差がありますが、維持費はそれぞれ

  • デルタスカイマイルアメックスカード=1,080円/月額
  • デルタスカイマイルアメックス・ゴールドカード=2,340円/月額

という風に考え、「それぞれの金額に見合ったサービス・特典があるのか?」を判断していくと分かりやすいでしょう。

②ポイント・マイル還元率で比較

【ポイント】

デルタスカイマイルアメックスカードにはポイント制度がありません!クレジットカードを利用した際は利用金額分が100円=1マイルのレートで全てマイルとして蓄積されるため、完全にマイラー専用のカードと考えて間違いありません。

そのため、他のクレジットカードでかかる「マイル移行手数料」が発生しないのもデルタスカイマイルアメックスカードの特徴です。

他のクレジットカードがデルタスカイマイルアメックスカードの様に100円で1マイルの還元率でマイルを取得しようとする場合『10マイルコース』というサービスに登録する必要があり、年会費が5,000円〜6,000円必要になりますが、デルタスカイマイルアメックスカードでは全て無料です!

申請することなく、自動的にマイルになるため、移行にかかる時間も手間も必要ありません。

【マイル】

カード種類 デルタスカイマイル
アメックスカード
デルタスカイマイル
アメックスゴールドカード
マイル付与レート 100円=1マイル
(マイレージ口座に直接付)
100円=1マイル
(マイレージ口座に直接付)
利用時
マイルボーナス
・デルタ航空グループでの利用
マイル付与2倍
・カード利用ボーナスマイル
年間利用累計100万円毎に
3,000マイルのボーナス
(年間3回まで)
・デルタ航空グループでの利用
マイル付与3倍
・海外でのショッピング利用
マイル付与1.25倍
・カード利用ボーナスマイル
年間利用累計100万円毎に
5,000マイルのボーナス
(年間3回まで)
初回フライトマイルボーナス カード発行後6ヶ月以内の利用
・エコノミークラスの利用 → 10,000マイル
・マイルビジネスクラスの利用 → 25,000マイル
マイル有効期限 無期限 無期限
入会時のボーナスマイル 5,000マイル 8,000マイル
カード継続時のボーナスマイル 2,000マイル 3,000マイル
フライトボーナスマイル 航空券の運賃
1ドルにつき7マイル
航空券の運賃
1ドルにつき8マイル
マイルへの移行コース年会費 無料
※カード利用金額分がそのままマイルに付与されます

マイルの付与について特徴的なのは、ゴールドカードでは入会時に8,000マイル、継続時に3,000マイルが付与されることです。

1,000円=10マイルの計算なので、例えば8,000マイルを貯めるには、通常利用で80万円のカード利用が必要になります。3,000マイルでは30万円で、毎年3,000マイル貰えるのですから、年会費を大幅に上回ったメリットが得られていると考えていいでしょう。

またデルタ航空のグループでカードを利用した場合は、デルタスカイマイルアメックスカードで還元率7%、ゴールドカードで還元率8%という脅威の還元率に跳ね上がります。

例えば片道5万円の航空券をカードで購入すると、

  • 7%の場合=往復で7,000マイル
  • 8%の場合=往復で8,000マイル

というハイスピードでマイルが貯まっていくため、1~2回の利用で近場の海外旅行に行けるほどのマイルが貯まってしまいます!

③国内・海外旅行保険で比較

【海外旅行傷害保険】

カード種類 デルタスカイマイル
アメックスカード
デルタスカイマイル
アメックスゴールドカード

付帯条件

利用付帯のみ 利用付帯、
本会員のみ自動付帯あり

死亡・
後遺障害

最高5,000万 【利用付帯】
最高1億円
【自動付帯】
最高5,000万円
※家族カード会員は自動付帯無し
傷害治療 最高100万円 【利用付帯】
最高300万円
【自動付帯】
最高200万円
※家族カード会員は自動付帯無し
疾病治療 最高100万円 【利用付帯】
最高300万円
【自動付帯】
最高200万円
※家族カード会員は自動付帯無し
救援者費用 最高200万円 【利用付帯】
最高400万円
【自動付帯】
最高300万円
※家族カード会員は自動付帯無し
賠償費用 最高3,000万円 【利用+自動付帯】
最高4,000万円
※家族カード会員は利用付帯のみ
携行品損害 1旅行中最高30万円
自己負担3,000円
年間限度100万円
【利用+自動付帯】
1旅行中最高50万円
自己負担3,000円
年間限度100万円
※家族カード会員は利用付帯のみ
家族特約 あり あり

海外旅行保険は圧倒的にゴールドカードの方が優れています!

クレジットカードの保険には「利用付帯」と「自動付帯」があり、「自動付帯」は旅行の際にクレジットカードを利用しなくてもカードを持っているだけで保険が適用されるサービスです。

デルタ航空は基本的に国際線の利用になるので、海外旅行に行く方にとって、海外旅行の際に自動付帯あることのメリットは安心感に繋がります。

海外で少し怪我をしたり、食あたりに当たって病院を利用した際の医療費は、日本と比べ物にならないくらい高額です。数日の入院で300万円〜500万円は簡単に請求されます。

ですので、カードを持っているだけで保険が適応されるというのは海外に行く人であれば必ず所持しておきたいサービスです。

【海外旅行傷害保険・家族特約】

デルタスカイマイルアメックスカードではどちらのカードにも「家族特約」というサービスが付帯しています。家族特約とは、カードを持っている方の家族まで保険が適用されるサービスです。

「家族旅行で海外に小さい子供連れて行く」
「妻と記念日に海外旅行に行く」
という場合でも安心して旅行をすることができます。

デルタスカイマイルアメックスカード、ゴールドカード共に、一旅行中の補償内容は一般的に十分なレベルの補償を受けることができます。

カード種類 デルタスカイマイル
アメックスカード
デルタスカイマイル
アメックスゴールドカード
付帯条件 利用付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 最高1000万円 最高1,000万円
傷害治療 最高100万円 最高200万円
疾病治療 最高100万円 最高200万円
救援者費用 最高200万円 最高300万円
賠償費用 最高3000万円 最高4,000万円
携行品損害 1旅行中最高30万円
自己負担3,000円
年間限度100万円
1旅行中最高50万円
自己負担3,000円
年間限度100万円

【国内旅行傷害保険】

カード種類 デルタスカイマイル
アメックスカード
デルタスカイマイル
アメックスゴールドカード
付帯条件 利用付帯のみ 利用付帯のみ
死亡・後遺障害 【本会員】
最高5,000万
【本会員の家族】
最高1,000万円
【家族カード会員】
最高5,000万
【本会員】
最高5,000万
【本会員の家族】
最高1,000万円
【家族カード会員】
最高5,000万
入院費用 補償なし 補償なし
手術費用 補償なし 補償なし
通院費用 補償なし 補償なし
家族特約 あり あり

国内旅行傷害保険に関しては利用付帯のみとなっています。ですので、旅行の際の交通機関や航空券の購入の際にクレジットカードを利用することで保険を受けることができます。

一般カードとゴールドカードでの補償に差はなく、家族カード会員にも金額に差はありません。

デルタ航空自体が国際線でしか運行していないため、国内の補償には差が無いのかもしれませんが、最高5,000万円の補償は十分といえるでしょう。

【ショッピング保険】

ショッピング補償も一般カードとゴールドカードでは差がありません。

クレジットカードで購入した日から90日間であれば、自己負担10,000円で年間500万円までのショッピング補償を受けることができます。

年間500万円というのは他のクレジットカードではプラチナカードレベルの補償限度額です!しかも国内・海外問わず補償してくれるので、知らない土地の知らないお店でもクレジットカードでの買い物の際に安心してショッピングを行なうことができます。

カード種類 デルタスカイマイル
アメックスカード
デルタスカイマイル
アメックスゴールドカード
利用条件 国内・海外問わず 国内・海外問わず
年間保証限度額
[自己負担額]
500万円
[10,000円]
500万円
[10,000円]
補償期間 90日間 90日間

④優待特典で比較

カード種類 デルタスカイマイル
アメックスカード
デルタスカイマイル
アメックスゴールドカード
【トラベル】
空港ラウンジ
海外旅行先での
日本語サポートデスク

グローバル・ホットライン

オーバーシーズ・アシスト
手荷物無料宅配
空港クローク
空港パーキング
エアポート送迎サービス
エアポート・ミール
無料ポーターサービス
エクスペディア
一休.com
での日本旅行優待
レンタカー・カーシェアリング優待
チケット・アクセス
【プロテクション】
リターン・プロテクション
ショッピング・プロテクション
キャンセル・プロテクション
カード盗難・紛失の場合の緊急再発行
【エンターテイメント・ショッピング】
コットンクラブ
新国立劇場
ゴールド・ワインクラブ
京都観光ラウンジ
情報誌(IMPRESSION GOLD)
プリファード・ゴルフ

カードの優待特典として、アメックスが展開する独自の優待特典をご紹介します。

アメックス系のカードは、一般カードのレベルが高く、例えば、「デルタスカイマイルアメックスカード」は一般カードですが、他のクレジットカード会社のゴールドクラスに匹敵する特典を得ることができます。ゴールドカードになると、受けられる特典は他のクレジットカードのプラチナレベルまで上がります。

トラベル特典

トラベルの特典としてデルタスカイマイルアメックスカードとゴールドカードで受けられる特典の違いは「エアポート送迎サービス」です。

  • 羽田空港(国際線)
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

で利用することができ、旅行の出発・帰宅時に空港から指定の場所までのタクシー料金を割引きされた低価格の料金で利用することができます。利用日の3営業日前までに、電話で予約すると利用できるサービスです。

空港から自宅までが遠い方や、帰国時に時差によって疲れている場合などは、空港に着いたらタクシーに乗って行き先を伝えるだけで指定の場所まで行くことができるありがたいサービスです。

最大乗車人数も5人までと、カード会員以外の家族や友人などと一緒にいる場合も利用できるというメリットがあります。

その他の利用できる空港でのサービスは共通していて

  • 手荷物無料宅配=帰国時にスーツケース1つ分を無料で自宅に配達
  • 空港クロークサービス=空港内手荷物預かり所で荷物を無料で預けられるサービス
  • 空港パーキング=空港周辺のパーキングを20~40%割引で利用できるサービス
  • エアポート・ミール=羽田空港・伊丹空港の対象レストランで利用できる1,000円割引券
  • 無料ポーターサービス=空港でスタッフが荷物を運んでくれるサービス

といった空港で受けることができるサービスをデルタスカイマイルアメックスカードとゴールドカード共通で利用することができます。

しかし、空港で受けられるサービスの最大のメリットは「空港ラウンジサービス」でしょう。

デルタ航空を利用する方は、国際線を利用するため、機内で過ごす時間が長くなります。その出発前に、空港の一般客で込み合った待ち合い場所で待つよりも、上質なソファーと無料ドリンクなどが用意されたラウンジを利用できるメリットはかなり嬉しいサービスです。

通常利用だと1,000円〜3,500円かかるラウンジの利用を同伴者1名まで無料で一緒に利用できるので、友達や夫婦、恋人同士での旅の際も専用ラウンジでゆっくりすることができます。

このサービスで利用できるラウンジは全国28空港39ヶ所です。

デルタスカイマイルアメックスカードの使用可能空港ラウンジ一覧(クリックで開きます)
海外旅行先での日本語サポートデスク

アメックスカードが提供するサービスで、海外旅行先でトラブルが起こった場合や、相談したいことがあった場合に日本語で対応してくれるサポートデスクがあります。

このサービスはデルタスカイマイルアメックスカードでもゴールドカードでも利用することができるのですが、それぞれのサービスの対応が若干異なります。それぞれ専用の問い合わせ窓口が用意されており

  • デルタスカイマイルアメックスカード=グローバル・ホットライン
  • デルタスカイマイルアメックスカード・ゴールドカード=オーバーシーズ・アシスト

という名称でサービスが提供されています。双方の窓口で相談できる内容は下記の通りです。

・航空券の予約・確認・キャンセル
・旅行先のホテル・レンタカー・予約・確認・キャンセル
・レストランの案内・予約・確認・キャンセル
・ゴルフコースなどの予約・確認・キャンセル
・パスポート・査証・予防接種
・カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
・トラベラーズチェックの紛失・盗難
・パスポート・所持品の紛失・盗難
・電話による簡単な通訳サービス
・緊急メッセージの伝言サービス
・医師、歯科医、病院、弁護士の紹介
・海外旅行傷害保険の保険金請求
・最寄りの日本大使館・領事館

デルタ航空を利用する方であれば、デルタ航空が提供するサービスや、渡航先の海外で、何かしらのトラブルや、相談事をしたくなる場合があるでしょう。

特に『カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き』などは緊急を要するトラブルです。しかし、そんなトラブルの際にも、世界中どこにいても日本語で対応してくれる相談窓口を用意しているため、安心して旅をすることができます。

では「『グローバル・ホットライン』と『オーバーシーズ・アシスト』の何が違うのか?」ということですが、『グローバル・ホットライン』はアドバイス、『オーバーシーズ・アシスト』はサポートというイメージです。

例えば、問い合わせに関しての対応は下記のようになります。

問い合わせ例:
「アメリカの○○を旅行中にパスポートを紛失してしまった!どうすればいいでしょうか?」

【グローバル・ホットラインの場合】
「近くに○○という場所があるので、そちらで再発行してください」

【オーバーシーズ・アシストの場合】
「近くに○○という場所があります。先に連絡を入れて内容を伝えておくので、そちらで再発行を行なってください。手順は〜です。」

という風に、サポートについてゴールドカードの『オーバーシーズ・アシスト』の方がより充実したサポートを受けることができます。レストランの予約の際や、急な怪我の際も、レストランや病院の予約や詳しい情報を詳細まで伝えてくれます。

海外旅行中に日本語で現地の案内や予約をしてくれるコンシェルジュがいるようなサービスで、英語ができなくても快適な海外旅行を楽しむことができます。

プロテクション特典

プロテクションとは各種の補償サービスのことで、デルタスカイマイルアメックスカードでは

  • ショッピングプ・ロテクション=購入商品の破損・故障に対する補償
  • リターンプ・ロテクション=購入商品が返品できない場合の補償
  • キャンセル・プロテクション=予約キャンセルの際のキャンセル料の補償

というサービスを受けることができ、ゴールドカードのみ「キャンセル・プロテクション」を受けることができます。

例えば、航空券を購入した後に

「子供が熱を出して旅行に行けなくなった」
「急な用事でキャンセルしなければならなくなった」
「怪我で入院してしまい、旅行にいけなくなった」

など、急なキャンセルをしなければならなくなった場合、カードの補償でキャンセル料を補償してくれます!飛行機を頻繁に利用する人はもちろんですが、飛行機以外にもカード利用で行なったコンサートのチケットやレストランの予約などにも対応しているので、どんな時でも安心して事前予約をすることができます。

エンターテイメント特典

ゴールドカード以上になると、エンターテイメント特典が圧倒的に充実してきます。
※赤字はゴールドカード会員のみのサービスです。

・コットンクラブ
→東京丸の内にあるライブ&バーで有名アーティストのライブなどを会員特典や割引、優先予約で利用できるサービス

・新国立劇場
→オペラ、演劇、バレエなどの舞台を優先予約でき、ドリンクサービスなどの特典が得られるサービス

・ゴールド・ワインクラブ
→希少価値の高いワインが会員限定で購入できるサービス

・京都観光ラウンジ
→高台寺の塔頭の一つ「圓徳院」にある「京都特別観光ラウンジ」を観覧無料などの会員限定待遇で観光できるサービス

・情報誌(IMPRESSION GOLD)
→定額750円+消費税の会員誌を無料で購読できるサービス

・プリファード・ゴルフ
→全国の有名ゴルフコースを会員割引で予約できるサービス

・エクスペディア、一休.com
→カード会員価格で予約、利用できるサービス

つまり、ゴールドカード会員以上になると、旅行保険やラウンジサービスの他に、『遊び』に関してのサービスが充実してくるということです。

家族がいる場合や、恋人などと一緒に過ごすことが多い人にとっては一緒に優雅な時間を過ごすことができるようなサービスが多く用意されています。

⑤デルタ航空スカイマイル メダリオン特典で比較

次にデルタ航空が提供する『スカイマイル メダリオン特典』というサービスで比較します。デルタスカイマイルアメックスカードの最大の特徴であり、年会費を遥かに上回るレベルのサービスを受けることができるサービスがこの『スカイマイル メダリオン特典』です!

デルタスカイマイルアメックスカードではカードを発行し、持っているだけで『メダリオン会員資格』を取得することができます。この『メダリオン会員資格』を取得すると、空港でのサービスや、座席のアップグレードなど信じられないほど豪華でVIPな待遇を受けることができます。

「所詮クレジットカードの特典でしょ」と思うかもしれませんが、この『メダリオン会員資格』を取得するには、通常であれば1年間の間に下記の条件をクリアする必要があります。

会員グレード シルバー
メダリオン
ゴールド
メダリオン
プラチナ
メダリオン
ダイアモンド
メダリオン
①メダリオン会員
資格取得必要マイル
(MQM)
25,000MQM 50,000MQM 75,000MQM 125,000MQM
②メダリオン会員
資格取得必要区間
(MQS)
30MQS 60MQS 100MQS 140MQS
③メダリオン会員
資格取得必要ドル
(MQD )
※米国在住の会員の方のみ
$3,000MQD $6,000MQD $9,000MQD $15,000MQD

それぞれのメダリオン会員になるには、①だけ、もしくは②と③を同時に条件を満たす必要があります。

上記の数字だけ見せられても、何のことだか分からないと思います。簡単にご説明すると

①MQM
デルタ航空とその他提携する航空会社のフライトで貯まったマイルの数

②MQS
デルタ航空とその他提携する航空会社のフライトで指定された区間の利用回数

③MQD
デルタ航空とその他提携する航空会社のフライトで利用した金額

例えば、シルバーメダリオンを取得するには下記の条件をクリアする必要があります。

【シルバーメダリオンを取得する場合】
①25,000MQM
・デルタ航空とその他提携する航空会社のフライトで25,000マイル貯めてください。
→100円で1マイルなので、約250万円の利用が必要がある

②30MQS
・デルタ航空とその他提携する航空会社のフライトを30回利用してください。
→1年間の間に30区間利用する必要がある

③$3,000MQD※米国在住の方のみ
・デルタ航空とその他提携する航空会社のフライトで$3,000以上の利用をしてください
→2017年8月現在1ドル=110.6円、3,000ドル=322,000円の利用が必要になる

上記①のみ、もしくは②と③の条件クリアで取得可能

どうでしょうか?少しハードルが高いように感じると思いますが、デルタスカイマイルアメックスカードの会員であれば、これらの条件をクリアせずに無条件で

  • デルタスカイマイルアメックスカード→シルバーメダリオン
  • デルタスカイマイルアメックスゴールドカード→ゴールドメダリオン

の会員資格を取得することができます!!これは明らかにデルタスカイマイルアメックスカードを取得するメリットであり、年会費の金額分の価値の何倍もの価値があります。

しかし、大切なのは「どんなサービスを受けることができるのか?」ですよね。
『シルバーメダリオン』と『ゴールドメダリオン』のそれぞれのサービス比較は下記のようになります。

カード種類 デルタスカイマイル
アメックスカード
デルタスカイマイル
アメックスゴールドカード
会員クラス シルバーメダリオン ゴールドメダリオン
【フライト特典】
ファーストクラスへの
無制限無償アップグレード

出発の24時間
(1日)前より

出発の72時間
(3日)前より
デルタ・コンフォートプラスへの
無制限無償アップグレード

出発の24時間
(1日)前より

出発の72時間
(3日)前より
デルタ・コンフォートプラス座席の
無制限無償でのご利用

出発の24時間
(1日)前より

出発の72時間
(3日)前より
プリファードシートの
無償でのご利用
優先空席待ち
【プログラム特典】
メダリオン会員資格取得必要マイルの繰り越し
メダリオン会員のマイル加算 1ドルにつき
7マイルを獲得
1ドルにつき
8マイルを獲得
【手数料免除】
手荷物手数料免除
搭乗日当日の時間変更手数料免除
当日空席待ち手数料免除
【空港サービス】
優先チェックイン
優先搭乗
(スカイプライオリティ)
セキュリティライン優先アクセス
お手荷物の優先受け取り
【スカイチーム特典】
スカイチーム・ステータス
エリート

エリートプラス
お手荷物の優先的お取扱い
スカイチーム ラウンジ利用

フライト特典

デルタ航空の上位会員であるメダリオン資格取得者は、優先的に、かつ無料で座席のアップグレードを行なえます。シルバーメダリオン、ゴールドメダリオン共に座席のランクをアップグレードすることができます。

デルタ航空は上位会員への優遇やVIP待遇に力を入れており、「どうせ空席があるんなら会員さんに使ってもらおう」と、「ファーストクラス」や「コンフォート・プラス」という足を伸ばせてゆったりできる席を状況によって解放しています。

もちろんお金を払って予約している人は利用できるのですが、「シルバーメダリオン」や「ゴールドメダリオン」の資格を持っている場合、搭乗前に空席があれば座席をアップグレードすることができます!

  • シルバーメダリオン=搭乗の1日前から
  • ゴールドメダリオン=搭乗の3日前から

それぞれアップグレードを申し込むことができます。

申し込んだ時点で空席があれば座席をアップグレードできるという他の航空会社にはないサービスです。海外に行く際は長時間のフライトになりがちですが、席をアップグレードすることで、座席間隔の広い席に座ることができ、足をグッと延ばして広いスペースでゆったりと旅を楽しむことができます。

アップグレードできる席と、内容は下記の通りです。

座席クラス プリファードシート コンフォート・プラス ファーストクラス
リクライニング スタンダード スタンダードより50%
深く傾きます
スタンダードより50%
深く傾きます
レッグルーム
(足下の間隔)
非常口付近の座席のため
通常より広くなっています。
スタンダード席より
最大4インチ(約10cm)
広くなっています
スタンダード席より
最大8インチ(約20cm)
広くなっています
機内食
無料提供
スナック
ウェルカムドリンク
(ソフトドリンク)
スナック
軽食
アルコール
(ビールorワイン)
食事
ソフトドリンク
アルコール
(ビールorワイン)
メディア ・9インチモニター
・無料Wi-Fi
・9インチモニター
・無料Wi-Fi
・無料コンセント
・11インチモニター
・無料Wi-Fi
・無料コンセント
搭乗サービス 優先降機 優先搭乗 優先搭乗
優先チェックイン

上記のそれぞれのシートが無料で使用することができます。

例えば、足下が広いプリファードシートは、非常口付近の座席という理由で足下が広くなっているのですが、プリファードシートを取得するのにも通常約7,500円が必要です。しかし、メダリオン会員だとそれが無料で使用できます。

座席のアップグレードはシルバーメダリオンよりもゴールドメダリオンの方が優先されます。このサービスだけのためにカードを取得する方もいるくらいメリットのあるサービスです!

プログラク特典

プログラム特典は「メダリオン会員資格取得必要マイルの繰り越し」と「メダリオン会員のマイル加算ボーナス」です。

メダリオンの会員になるには、1月1日〜12月31日の間のデルタ航空利用状況によって判断されます。ですので、例えば、2018年にシルバーメダリオンの会員資格を得たいのであれば、2017年1月1日〜12月31日の間の利用分で取得条件のMQMを満たす必要があります。

しかし、2017年12月31日になる前にMQM満たしてしまった場合、必要以上分のMQMは次年度に繰り越されるというサービスです!

ですので、翌々年度分のMQMにも余裕ができたり、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンド会員と、さらに上のグレードが狙えるサービスです!

そして「メダリオン会員のマイル加算ボーナス」はマイルの部分でもご紹介しましたが、デルタ航空でカードを利用すると

  • シルバーメダリオン=通常の7倍のマイル付与
  • ゴールドメダリオン=通常の8倍のマイル付与

というマイルがザクザクと貯まるサービスです!飛行機一回の搭乗の料金100円(もしくは1ドル)単位でマイルが付与されるので、海外に行った際には一気にマイルが貯まります!

例えば、羽田からニューヨークまでの運賃が片道約143,000円(時期によって異なります)なので、カードを利用すると

  • シルバーメダリオン=約10,000マイル
  • ゴールドメダリオン=約11,430マイル

という有り得ないほどの量のマイルがザクザクと貯まっていきます!場合によっては一回の搭乗で、近場の海外旅行にも行けてしまうくらいのマイルが貯まってしまいます。

手数料免除

手数料免除のサービスを受けられるのは

  • 手荷物手数料
  • 当日時間変更手数料
  • 空席待ち手数料

の3つです。

手荷物手数料はシルバーメダリオン、ゴールドメダリオン共に受けることができるサービスです。

海外旅行をする際だと、短期滞在だとしても、荷物が多くなることがあるでしょう。普通、国際線であれば、無料で機内に持ち込める荷物の重さは7kg程度が限界です。7kgとなると、パソコンと充電器、服などであっという間に許容量を超えてしまいます。

そうなると必要になってくると荷物を預ける必要が出てきますが、荷物を預けると手数料が発生し、約3,000〜4,000円(25ドル〜35ドル)がかかります。しかし、シルバーメダリオン、ゴールドメダリオン両方とも、無料で手荷物を預けることができます。

つまり、一回の渡航で6,000円〜8,000円の費用が浮くことになります。

一方で、ゴールドメダリオン会員しか受けることができないサービスとして「当日時間変更手数料免除」と「空席待ち手数料免除」があります。

海外によく行く方であれば、

「交通機関が遅れて飛行機に間に合わない!」
「どうしても明日の便で帰らなければならない!」
「時間を勘違いしてしまって飛行機に間に合わない!」

などのトラブルを一度は経験するでしょう。その場合、取れる選択肢は

  • 諦める、航空券を無駄にする
  • 手数料を払って手続きをする

の2択です。どちらとも手痛い対処法ですが、ゴールドメダリオン会員で、エコノミークラス以上の座席を購入していれば、上記の手数料は0円でサービスを受けることができます。

例えば、空席待ちは空席が確定し、座席が確保できると通常約8,000円(75ドル)の手数料が必要ですが、ゴールドメダリオン会員だと、空席が確保できたとしても手数料を払う必要はありません。

このような手数料だけで、気づけば数十万円を損している場合もあるので、飛行機を多用する人にとっては嬉しいサービスです。

空港サービス特典

空港で受けることができるサービスのシルバーメダリオンとゴールドメダリオンの会員の違いはハッキリしています。

シルバーメダリオンではチェックインと機内搭乗の際にはビジネスクラス、ファーストクラス専用のエリアの利用と待遇をうけることができます。

ゴールドメダリオンでは、『スカイプライオリティ』という会員専用の場所でチェックインを行なうことができ、政治家や搭乗員が利用するルートを利用して搭乗することができます。

空港の混雑に巻き込まれること無く、VIPのルートで一般客より先に余裕を持って搭乗することができ、手荷物などをゆっくり整理することができます。

このレベルのサービスを受けられるゴールドカードはデルタスカイマイルアメックスゴールドカードだけでしょう。

スカイチーム特典

最後は「スカイチーム特典」についてです。「スカイチーム」とは世界中の航空会社20社からなる航空連合です。つまり、デルタスカイマイルアメックスカードを持っているだけで、20社全ての航空会社でVIP待遇を受けることができます。

加盟航空会社は下記の通りです。

【スカイチーム加盟航空会社】
・デルタ航空-アメリカ合衆国
・アエロメヒコ航空-メキシコ
・エールフランス-フランス
・大韓航空-韓国
・チェコ航空-チェコ
・KLMオランダ航空-オランダ
・アエロフロート・ロシア航空-ロシア
・エア・ヨーロッパ-スペイン
・ケニア航空-ケニア
・中国南方航空- 中国
・アリタリア-イタリア航空- イタリア
・タロム航空-ルーマニア
・ベトナム航空-ベトナム
・チャイナエアライン-中華民国
・中国東方航空-中国
・厦門航空-中国
・アルゼンチン航空-アルゼンチン
・サウディア-サウジアラビア
・ミドル・イースト航空-レバノン
・ガルーダ・インドネシア航空-インドネシア

受けることができるサービスは下記の通りです。
※スカイチーム全ての空港で利用できます。

会員クラス シルバーメダリオン ゴールドメダリオン以上
優先チェックイン
優先搭乗
優先予約キャンセル待ち
空港での優先空席待ち
メインキャビンのプリファードシート
予約の確保保証
優先手荷物取り扱い
スカイチームラウンジを無料で利用

上記のように、シルバーメダリオンクラスでも一般人に比べると遥かにVIP待遇を受けることができますが、特筆するべきは、ゴールドメダリオン以上のクラスで受けることができるサービスの『スカイチームラウンジを無料で利用』です。

スカイチーム加盟航空会社の国際線搭乗時に、「デルタスカイクラブ」ラウンジを含む世界490以上のスカイチームのラウンジを無料で使用するとこができます!

他のクレジットカードに付帯してある、空港ラウンジの無料利用も便利ですが、「デルタスカイクラブ」ラウンジはレベルが違います。

  • ソフトドリンク
  • ビール、ワインなどのアルコール類
  • パスタ、サラダ、スイーツなど食事
  • おつまみ類
  • 無料Wi-Fi
  • シャワー

などが用意されいてるラウンジで、誰でも利用できるわけではなく、会員専用のラウンジなので、決められた人しか利用することはできません!

通常クレジットカードに付帯しているラウンジ無料利用場所は、一般の人もお金を払えば利用できますが、スカイチームラウンジは決められた人のみが利用できるラウンジです。

空の長旅の前に、世界中の空港のラウンジでマッタリと静かで優雅なひと時を過ごせる価値は他のゴールドカードでは味わえない感覚です。

フライト特典に並んで、このサービスだけでも年会費以上の価値があるサービスです!

デルタスカイマイルアメックスゴールドカードの優れている点

ここまでの情報を一旦整理すると、デルタスカイマイルアメックスのゴールドカードのみが受けられるサービスは下記の通りです。

【ゴールドカードだけのスペック・特典】
【カードスペック】
入会時マイルボーナス8,000マイル
継続時マイルボーナス3,000マイル
海外旅行傷害保険の自動付帯最高5,000万円

【カード基本特典】
オーバーシーズ・アシストで海外でも電話一本で予約完了、日本語でサポート
エアポート送迎サービスで格安のタクシー利用
キャンセル・プロテクションで急なキャンセル料も補償
エンターテイメント・ショッピングの優待特典

【ゴールドメダリオン会員特典】
飛行機で優先的に座席アップグレード
デルタ航空グループでのマイルが1ドルで8マイル
当日時間変更手数料無料
空席待ち手数料無料
スカイプライオリティで有名人級の空港利用サービス
(VIP専用通路での空港利用)
全世界の490以上のスカイチームラウンジの無料利用

ここまで読んでいただけた方であれば、どちらのカードがメリットがあるかはハッキリしていると思いますが、驚くべきは、これほどまでにも特典が充実しているにもかかわらず、年会費の差が14,000円しかないことです。

デルタ航空は日本国内便は運行していませんが、海外に行く人であれば、一回の利用で年会費の元が取れるようなサービスが充実しています。

デルタスカイマイルアメックスカードでも他のクレジットカードのゴールドカードレベルの、十分なサービスを受けることができます。

しかし、デルタスカイマイルアメックス・ゴールドカードはいわば他のクレジットカードのプラチナカードレベルのサービスになっており、カードを所持しているだけで得られるメリットはデルタスカイマイルアメックスカードを圧倒的に凌駕していることがわかります。

3.年会費を払ってデルタスカイマイルアメックスゴールドカードにする価値あるのか?

デルタスカイマイルアメックス・ゴールドカードの年会費は26,000円+消費税で、諸費税8%と考えると、年間の維持費は28,080円で、12ヶ月で割ると1ヶ月あたり2,340円の維持費になります。

つまり、1ヶ月2,340円支払ってデルタスカイマイルアメックス・ゴールドカードを持つメリットがあるか?ということになります。

これまでご紹介してきた通り、年会費以上の価値があるカードであることは疑う余地はありません。あとは利用する方がどのような視点でデルタスカイマイルアメックス・ゴールドカードのメリットを捉えるかということが重要になってきます。

金額以上にデルタスカイマイルアメックス・ゴールドカードで得られるメリット

例えば、デルタスカイマイルアメックス・ゴールドカードを所持していると、空港で受けられるサービスは、金額以上に、精神的にもストレスがゼロになるようなサービスです。

  • 優先搭乗サービス
  • 世界中のVIPラウンジの無料利用
  • 座席のアップグレード
  • 各種キャンセル料の免除

などがあります。

海外旅行の長旅を

  • 混雑した騒がしい待ち合い場所…
  • 狭くて座っているだけで疲れるエコノミー席…
  • 長蛇の列に並んで、搭乗手続きで1時間以上の手間…
  • 思わぬ海外でのトラブルで足止め、対応方法が分からない…

というような低品質のサービスでストレスフルな旅をしていると、帰国してきた際も疲れがドッと押し寄せて丸一日が潰れてしまいます。

つまり、これらのデルタスカイマイルアメックス・ゴールドカードのメリットを受けることは、金額の他に、精神的なメリットも、時間的なメリットも得られているということです。

もちろん不要であれば無駄に年会費を払って取得する必要はありませんが、年に1度でも海外に行く機会がある方にとっては取得しないことのデメリットの方が多いカードになっています。

デルタスカイマイルアメックス・ゴールドカードは持つだけで信頼を得られる

何度かご紹介しましたが、デルタスカイマイルアメックス・ゴールドカードは他のクレジットカードと比べるとプラチナカードレベルのカードです。つまり、それだけステータス性が高いカードでもあります。

クレジットカードを持っていると『クレジット・ヒストリー』という履歴が信用情報機関に蓄積されます。例えば住宅ローンや、銀行の借入の際は、この『クレジット・ヒストリー』が重要になってきます。

その『クレジット・ヒストリー』に「私はアメックスのゴールドカードを持っている」と記録されることはメリットの他の何ものでもありません。

つまり、「アメックスのゴールドカードを持っている」という事実がそのままあなたの社会的信用度として通用するようになります。

働いている会社でどれだけ信頼を得ても、一歩会社の枠から飛び出すとその信用は通用しませんが、「アメックスのゴールドカードを持っている」という事実は全世界で通用します!

年会費の月額維持費2,340円という、飲み会1回分以下の値段で、世界中で信頼を得られるカードを持つことができると考えると、高いか安いかは一目瞭然です。

クレジットカードは所持している期間が長ければ長いほど『実績』としてクレジット・ヒストリーに刻まれて行くので、持つならば早めの取得をオススメします。

クレジット・ヒストリーに信用が蓄積すれば

  • 住宅ローンの審査
  • 高級住宅の賃貸契約
  • 高級車のローン審査
  • 他社のハイレベルクレジットカードの審査

など様々な社会的信用を問われる場面で有利になります。つまり、デルタスカイマイルアメックス・ゴールドカードを所持しているだけで、長期的な目線でみても、人生の幅、可能性を広げていることになります。

4.最後のまとめ

いかがだったでしょうか?

デルタスカイマイルアメックスカードの最大の特徴は『メダリオン会員の自動取得』です。デルタスカイマイルアメックスカードを取得する方のほとんどはこの『メダリオン会員の自動取得』を目的としている方です。

それだけの価値がある特典であり、普通に取得しようとしても簡単に取得できるものではありません。それがカードを発行するだけで取得できるというのは利用するべきメリットです。

「なぜこんなレベルのメリットがカードを発行するだけで得られるのか?」というと、デルタ航空は日本の国内線での運行を行なっていないためです。

ですので、「デルタ航空」というワードを聞いてもピンと来ない人も日本人には多いでしょう。日本ではANAやJALが有名です。そのため、ユーザー獲得のために、デルタ航空では日本人向けにこれまで紹介したような有り得ないほどの高級サービスをカードを発行するだけで得られるようにしています。

この記事を読んでいる方の中でも、デルタ航空を利用する方や、国際線を利用したことがある方であれば、デルタスカイマイルアメックスカードのメリットがどれだけスゴいのかが伝わったと思います。

  • デルタスカイマイルアメックスカードは5,000マイル(50万円利用相当)
  • デルタスカイマイルアメックス・ゴールドカードは8,000マイル(80万円利用相当)

がそれぞれ入会特典として“もれなく”プレゼントされるので、入会を考えている方はこの記事を参考にして申し込んでみてください。

楽天カード入会キャンペーン実施中!
5000円分7000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーンもうすぐで終わっちゃう!

楽天カード(年会費無料)
▼申し込みはこちら▼

クレジットカード
ランキング特集

クレジットカード 総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い