dカードGOLDでは新規ユーザーに対して入会キャンペーンを開催しており、クレジットカードの作成や支払い設定などで実質現金利用可能なポイントがキャッシュバックされます。

そのキャッシュバックが期間限定で12,000円の大型キャンペーンとなっていて、他にも最大2,500円(基本無印のdカードのみ)1,000円を上乗せしてキャッシュバックを受け取ることが出来るマル秘情報も掴んでいます。

今回はそんな見逃すことの出来ない期間限定情報と共に、どうすれば確実に12,000円分満額でキャッシュバックを受け取ることが出来るのか?について紹介していきます。

入会キャンペーンの詳細はもちろんのこと、他にもポイントが付与されるタイミングや条件など、とにかく今からdカードGOLDに申し込むユーザーが最大限利益が出るような申し込みを案内出来ればと思います。

とにかくこの機を逃してしまうと通常の新規入会キャンペーンとなり、キャッシュバック額が下がることは明白なので、間を置かず読んでいただければ幸いです。

ちなみにdカードGOLDについては一つずつ詳しく丁寧に掘り下げた記事も書いているので、合わせ読んでもらえると如何にメリットの多いクレジットカードであるかがわかります。

dカードGOLDの家族カードは絶対作っておくべきと断言する理由とは?

dカードGOLDの特典スゴすぎるから全員ドコモに乗り換えるべき

dカードのケータイ補償は水没も盗難も破損も対応?

dカードGOLDどこの空港ラウンジで使える?利用方法と利用人数について

dカードGOLDの年会費いつ支払う?年会費をポイント払いできる?

▶dカードGOLDの審査時間が遅い?審査結果の確認方法

dカードGOLDの入会キャンペーンでもらえる12000円分のキャッシュバックを確実にGETする条件

▶dカードGOLDポイント還元率10%対象の支払先と条件について

dカードGOLDでドコモの携帯料金の支払いをすると損してしまう理由

dカードGOLDの入会キャンペーンの詳細について

dカードGOLDを作るなら今しかないと言わんばかりの大盤振る舞いの期間限定特典の全貌は以下の通りです。

私が調べたところ、期間限定で3つのキャッシュバックキャンペーンが開催されているので、ここではメインとなる新規入会キャンペーンについて重点的に触れ、残り2つに関してはそれぞれ後述項目にて確認してください。

キャンペーン① 新規入会キャンペーン12,000円

※ キャンペーンエントリーの確認は完了画面で行うか、会員画面エントリー中のキャンペーンで確認することが可能

この新規入会キャンペーンでも内訳としてみれば3つのキャッシュバックが受けられるので、都合すべてのキャンペーンで5個の現金特典があるわけですが、本キャンペーンで一番大きいものは特典②のiD8,000円分キャッシュバック

クレジットカードを新規発行し、2万円以上利用することが条件となっており、日常生活でちょっとした買い物、ネット通販にカード決済を利用するユーザーであればすぐに達成出来てしまいます。

損得を考えるに、2万円分の買い物で8,000円返ってくる計算なので、12,000円で購入出来る特典(なんでも40%オフ)と考えればとんでもない恩恵です。(しかもこれで数あるキャンペーンの一つ)

ただし、ドコモ利用料金、dカードの各種手数料、電子マネーチャージなどは対象外となるので、気を付けましょう。

早い話が何か品物をクレジットカードのショッピング枠で買えば大丈夫ということです。

キャッシュバックされるiDには2種類ある

次点で2,000円付与と同額の特典①と③ですが、①はただ単に初めてdカードGOLDに入会したユーザー、③は①の条件を満たしたうえで支払いをこえたらリボ設定に変更+キャッシングリボ設定をすることが条件となっています。

①に関しては言わずもがなで、これから利用するであろう未ドコモユーザーの皆さんであれば即条件達成です。

逆に③はどちらの条件も自身で手続きを進める必要があり、自動的に付与されるキャンペーンではないのでこちらからアクションを起こす必要があります。(特典②も同じく)

こえたらリボとキャッシングリボに関しては記事後半で紹介していますので、ぜひそちらを参考にしてみてください。

また、他にも下記の注意事項がありますので、ご確認ください。

  • 特典進呈前にdカード GOLDを退会、またはこえたらリボ、キャッシングリボ利用枠設定を解除、発行会社が定めるdカード利用規約に違反した場合
  •  DCMX GOLDからdカード GOLDへの切替した場合(無印はOK)
  • dカード/dカード miniおよびdカード GOLD家族カードの入会
  • 利用者のdカード GOLD支払い状況、利用状況によっては参加出来ない場合も
  • 同時期に施される他のキャンペーンと重複して利用出来ない場合
  • 利用額が条件となっているキャンペーンは、対象期間中の利用であっても利用先の店舗からの売り上げ情報が期間集計日当日になっても受け取れていない場合は無効
  • 特典②の20,000円(税込)以上の利用はカード利用およびiD利用のみ対象となるので、その他、ドコモご利用料金、dカードの各種手数料、年会費、遅延損害金、電子マネーチャージ、ユニセフなどの募金、国民年金保険料は対象外
  • 特典③は海外キャッシュサービス利用枠の設定は特典の進呈対象外

今回のようにあまりにユーザー利益の高いキャンペーンだと、それだけ悪用されてしまうケース(ポイントの不正受給)も考えられますので、若干注意事項が多いのは致し方のないこと。

私としても皆さんに十全に本特典のメリットを最大限味わってほしいので、もしも申し込む場合は本記事を一度読み直してから申し込んでいただければと思います。

 

もう一点気を付けないとならない点としては、家族カード分については利用できないことと、ポイント付与前に退会、条件を満たしている状態から外れてしまうこと。

家族カードは3枚まで発行することが出来る言わば本会員のコピーカードですが、こちらにもキャンペーンを適応してしまうと総計4枚で48,000円ものキャッシュバックとなりユーザーにはうれしく、発行会社からすれば倒産しかねないことになってしまいます。

あくまでもdカードGOLD本会員が対象です。

次に条件を満たしている状態から外れてしまうというのは、例えば、ポイント付与前に退会してしまうこともそうですが、リボ払い設定を変更するなど、一度は条件を満たしても付与時に同条件を満たしていなければ無効となるので要注意。

仮にdカードGOLDを作成してもキャンペーンのキャッシュバックだけもらってとんずらだ!と考えている方も、確実にポイント授与を踏まえてから退会すると良いでしょう。

 

dカードGOLDのキャッシュバックを全額確実に入手する為の条件

ここではキャッシュバックを全額確実に入手する為の条件を紹介したいと思います。

せっかくdカードGOLDであれば13,000円最大額のポイント還元(恐らく2,500円分は無印→ゴールドのため)が受けられるといっても、実際に条件を満たしてキャンペーン対象にならなければ意味がありません。

全額を無駄なく受け取るためには以下の点に注意してください。

  • 利用時期を守る
  • 確実に手順を踏む
  • NG行動を取らない
  • 条件の対象を把握する

キャンペーンの対象期間にクレジットカードを作成することはもちろんのこと、それぞれのキャンペーン条件に設定されているアクションの利用期間も順守しなければなりません。

例えば、ショッピング利用の時期や支払い設定は時期を逃すと仮に同条件のアクションだったとしても無効となるので気を付けて下さい。

特にショッピング利用が条件になっているケースでは、あまりに時期がぎりぎりだとお店のデータやり取り如何によってはドコモ側が利用売り上げを受け取る時期が遅くなる場合もあるので、早めに対処することが望ましいです。

次に確実に手順を踏むは、文字通り指定されたやり方で条件を満たしましょうというもの。

キャンペーンによっては対象となる機種や媒体が決まっているので、それ以外のもので事前に手順を消化してしまうと再度行っても取り返しがつかなくなることが予想できます。

必ず、公式でアナウンスされている通りに手続きを進めていきましょう。

続いてNG行動を取らないも同様に、条件外と設定されている要綱は避けるように利用するのが吉です。

確認もなしで適当に利用していたらいつの間にかNG行動を取っていたとならないように、本記事でも再三挙げている注意事項等チェックしてください。

最後は条件の対象を把握するというのは、主に利用金額を満たすキャンペーンで重要です。

利用金額が一定を超えることが条件になっているものは、そのカテゴリーに指定があり、例えば、携帯代金の利用は対象外でショッピング利用はOK、またはその逆というパターンもあるので、利用する前に一呼吸おいて事前確認してから条件を満たすようにすると失敗し辛くなります。

いつどのタイミングで獲得できる?

正直、今回のキャンペーンは多くのものを掛け合わせているので、総額15,500円がどの内訳でいつ付与されるのか一目で把握することは難しいでしょう。

そこでそれぞれのキャンペーンの付与期間と金額を抜き出してみたので、いつ頃キャッシュバックの恩恵に実際に預かれるのかの参考にしてください。

キャンペーン特典付与時期一覧

新規入会キャンペーン

特典① 入会日当日(予定)2,000円
特典②、特典③ 入会完了月の4か月後まで(予定)8,000円+2,000円

iD利用設定キャンペーン(dカード→dカードGOLD)

初回設定 2018年1月上旬頃予定 2,000円

初回利用 2018年3月12日引き落とし分から充当予定 500円分

携帯代金支払い設定キャンペーン

入会と同時に進呈され、入会日当日からのiD利用分に対し、キャッシュバック 1,000円分

となっており、紹介しておいてなんですが、実際に付与されるのは先のものが多い印象です。

クレジットカード作成で直近で利用出来るものは携帯代金支払いの1,000円分と、新規入会キャンペーンの特典①の2,000円分でしょうか。

他はおいおい特典を受け取るスタンスなので、ある程度腰を据えて利用をする必要がありそうです。

ただ、今の時期(10月)に申し込みを行ってクレジットカードを発行し、各々手続きや利用条件を満たせば1月と2月にまとまってポイントが付与されるので、私としてはお楽しみが先に待っているイメージです。

付与時期が遅いからこそぜひ、早めに申し込みを行って、一斉にキャッシュバックを受け取れる月を楽しみに待ってはいかがでしょうか。

こえたらリボの設定/キャッシングリボご利用枠の設定で2,000円分もらえるけど設定しても大丈夫?設定することでデメリット発生しないのか?

こえたらリボキャッシングリボが2,000円キャッシュバックの条件となっていることから、果たして左記設定をしても大丈夫なのか、リボ払いで損をしないのか?という考えが浮かぶユーザーもいることでしょう。

結論から言うと、デメリットは存在します。

そのデメリットとはリボ払いの欠点でもある手数料や利息です。

通常の1回払いの支払いであれば1万円利用したら1万円返済することになりますが、例えば、1万円を2,500円で4回返済するのがリボ払いです。

そのため、総じて返済期間が長くなり(返済回数が増える)利息も多くつきますので最終的な支払い額が増えてしまいます。

しかし、一般的なリボ払いのデメリットが薄いのがこえたらリボ最大のメリットとなっています。

こちらのこえたらリボ払いは一定額までは通常の返済と同様に行い、溢れた金額に対してのみリボ払いが適応されるサービス。

私としてはリボ払いのデメリットを極力打ち消した画期的なサービスだと思いますが、具体的な内容は以下の通りです。

項目 内容
手数料 15%
支払方法 あらかじめ指定した支払いコースに基づいて支払い期日の前々月締切日翌日から前月締切日までの期間におけるリボ払いの未決済残高に対して、提供会社所定の手数料率により年365日(閏年は年366日)で日割計算した手数料(包括信用購入あっせんの手数料)と元金の合計額を弁済金として、毎月所定の支払日に支払いを行う
支払日 利用代金は毎月15日締め切りで翌月10日(金融機関休業日の場合は翌営業日)
リボ払い利用枠 0万円~100万円

となっていて、一般的なショッピングの利率と同額と言えるので特別手数料(金利)が高いわけではありません。

支払方法のリボ払い未決済残高というのが味噌で、一括払い出来る分には金利のリボ金利の掛からない部分的リボシステムと言えます。

利用感が沸きやすいように利用例を用意したので参考にしてください。

こえたらリボ利用例 指定支払額1万円で5月16日から6月15日までに3万円をリボ払いで利用したケース

また、通常のリボ払いにはないメリットとして、リボ払い手数料が発生した月の利用代金に対し、100円で1ポイントたまる通常のdポイントに上乗せして、dカードの利用代金1,000円ごとに5ポイントが付与されます。

つまり、このこえたらリボを利用すると200円で1ポイントの0.5%倍率のポイント還元特典が受けられ、利息分に充てるとすれば支払いを一括でせずに済む=長期間で安定分割した支払いが出来るサービスに変貌します。

以上のことからほとんどデメリットがないばかりか、利用してお得な内容となっていますので、設定したら損をするんじゃないかという不安は心配ありません。

こえたらリボを利用すべきダメ押しのさらなるお得特典!

続いてキャッシングリボですが、こちらはこえたらリボほど独自の恩恵はなく、仕組み的に一般的な消費者金融の借入と同様のものとなっています。

しかし、無印のdカードと上位グレードのdカードGOLDではスペックが異なるので下記にまとめてみました。

利用枠  dカード 5万円~90万円
dカードGOLD 5万円~100万円
実質年率※1  dカード 18.00%
dカードGOLD 15.00%
返済方式   毎月元金定額返済またはボーナス月元金増額返済併用
返済期間、回数 最長4年3か月、51回(利用枠50万円、元金定額毎月返済額1万円、50万円利用の場合)返済期間、回数は利用内容によって異なる
一回の利用可能額 利用枠の範囲内で1万円以上(1万円単位)
毎月の返済額 1万円以上(1万円単位)ボーナス月・ボーナス返済額年2回(夏・冬)(1万円単位)

利用枠が51万円~100万円の場合は2万円以上(1万円単位)

※担保、保証人は不要、遅延損害金は年20.0%、資金使途は自由

※1 1年365日(閏年は366日)で日割り計算。

となっていて、明らかに無印よりもdカードGOLDの方が優遇されています。

利用限度額は10万円程度の差ですが、実質年率では3%もの差があり、これは消費者金融のキャッシングに置き換えると相当大きいことで、年間で仮に10万円返済したとすれば3,000円の差が出ることになります。

仮に利用限度額マックスまで利用すれば100万円で年3万円の差に単純計算でなるので、ゴールド会員ならではのメリットでしょう。

この低金利に加えて、2,000円分のキャッシュバックを受けれることを鑑みれば、キャッシング利用を無理に行うのではなく、自身の都合でしなければならない場合はデメリットはほぼないと言えます。

逆にキャッシュバック目当てでキャッシングリボにするのはデメリットも大してないですが、メリットも差額にして僅かだと思うので、お好みで選択すると良いでしょう。(キャッシング設定でのキャッシュバックが1,000円分のため)

一点注意が必要なのが、このキャッシングにはあまりスピード性がないこと。

申し込んでから3営業日での振込処理されるとのことなので、急いでいる場合には気を付けてください。(支払い口座をゆうちょ銀行に指定した場合、土日祝日を除く4営業日後)

もしも10万円を毎月最低額の1万円で返済したらどうなるのか?というシミュレーションを15%(dカードGOLD)と18%(無印)の2パターン作成してみたので、実際に利用するシーンを思い浮かべて参考にしてみてください。

dカードGOLDで優遇された金利の場合

支払日 支払元金 利息 支払合計金額 支払い後残高
2017年5月10日 10,000 1,602 11,602 90,000
2017年6月10日 10,000 1,146 11,146 80,000
2017年7月10日 10,000 986 10,986 70,000
2017年8月10日 10,000 891 10,891 60,000
2017年9月10日 10,000 764 10,764 50,000
2017年10月10日 10,000 616 10,616 40,000
2017年11月10日 10,000 509 10,509 30,000
2017年12月10日 10,000 369 10,369 20,000
2018年1月10日 10,000 254 10,254 10,000
2018年2月10日 10,000 127 10,127 0

dカードで通常金利の場合

支払日 支払元金 利息 支払合計金額 支払い後残高
2017年5月10日 10,000 1,923 11,923 90,000
2017年6月10日 10,000 1,375 11,375 80,000
2017年7月10日 10,000 1,183 11,183 70,000
2017年8月10日 10,000 1,070 11,070 60,000
2017年9月10日 10,000 917 10,917 50,000
2017年10月10日 10,000 739 10,739 40,000
2017年11月10日 10,000 611 10,611 30,000
2017年12月10日 10,000 443 10,443 20,000
2018年1月10日 10,000 305 10,305 10,000
2018年2月10日 10,000 152 10,152 0

さらに今だけ期間限定でプラス3,500円分もらえて合計15,500円分に!その条件とは?

それでは、12,000円に上乗せしてキャッシュバックを受けることの出来る2つのキャンペーンを紹介します。

キャンペーン② Apple Pay、iD設定、利用キャンペーン2,500円

新規入会キャンペーンはともかく電子マネーに関するもので2,000ポイント+500ポイントキャッシュバックは破格です。

私が経験した中だと、某カードマンのedyのキャンペーンで500円分付与されたぐらいが最大の記憶。

それの約5倍と考えれば思わずiDをメインの電子マネーに据えても良いかなと考えるくらいお得です。

しかし、後述する12,000円キャンペーンよりも終了時期が近いので、手続き込みである程度余裕をもって申し込みを検討しなければなりません。

内容としてはApple payを支払い方法として設定すると2,000円、500円以上Apple payを利用して決済を行うと500円のキャッシュバックが受け取れるシンプルなものとなっており、単純ゆえに恩恵の大きい内容です。

利用してみて使い勝手が良ければこちらに乗り換えるのも悪くありませんね。

こちらのキャンペーンの注意事項をまとめておきましたので、軽くさらっておいてください。

  • ポイントはdポイントとiD残高で付与される
  • 既存ユーザーでもdカードからゴールドへの切り替えは有効(dカードGOLDからの申し込みは恐らく不可)
  • 利用電話番号登録が必要
  • dポイントクラブ未入会は特典進呈の対象外

となっているので一つでも地雷を踏んでしまわぬように、しっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

基本的にはdカード向けのキャンペーンではなく、dカードなどワンランク下グレードのキャンペーンのようです。

続いて携帯料金dカード支払いキャンペーンの概要はこちらです。

キャンペーン③ 携帯料金dカード支払いキャンペーン1,000円

こちらのキャンペーンはキャッシュバックが1,000円と小粒ですが、携帯代金をdカードで支払うだけでキャッシュバックされる良キャンペーンです。

何が良キャンペーンなのかと言うと、当然同系列のクレジットカード、携帯、回線を利用するのですからすべて一色淡に支払いを設定した方がポイント還元の面でもお得なわけです。

ということは特別考えずとも自然にドコモ携帯の支払いはdカードGOLDで支払う算段となるので、キャンペーンのために何かするということがない点が優れています

ついついキャンペーンの特典目当てで支度もない支払い設定や手続きをすることもしばしばあるので、無理をせずに恩恵を受け取れるのは素晴らしいメリットですね。

期間も一番最初に紹介した新規入会キャンペーンと同期間なので、利用しやすい点もグッド。

ただし、クレジットカードを新規作成した後の設定では恐らくキャンペーン条件を満たさないので、必ず新規申し込み時に毎月のドコモのケータイ利用料金の支払方法をdカードで登録するようにしてください。

御多分にもらえず、他キャンペーンと同様に細かい条件がありますので、こちらも是非チェックしてみてください。

  • 充当額はiDキャッシュバックの名称で請求明細に表示される
  • Mastercard/VISA、ETC、キャッシング利用代金、年会費、遅延損害金、ドコモのケータイ料金およびドコモ光利用代金、故障修理代金、事務手数料などの一部については、iDキャッシュバックの充当対象外となる
  • 利用店舗からの売上情報がカード発行会社の集計日を過ぎても到着しなかった場合、当該売上情報に記載されている利用代金は対象期間中であっても、本キャンペーンにおけるiDキャッシュバックの対象とならない場合がある
  • 残高は翌月に繰り越し、有効期限は6か月。繰り越したiDキャッシュバックは進呈月の5か月後の15日までのiD利用代金に充当される
  • 当該期間を超過した場合、iDキャッシュバックは失効する
  • 支払い状況や利用状況などによっては利用代金に充当できない場合や、iDキャッシュバックの残高が消失する場合がある

こちらのキャッシュバックも残高に直接足されるタイプではなく、請求額に充当されるタイプのiDキャッシュバックな点に留意。

また、その対象からMastercard/VISA、ETC、キャッシング利用代金、年会費、遅延損害金、ドコモのケータイ料金およびドコモ光利用代金、故障修理代金、事務手数料から外れているので、いつまでも対象とならない利用のみしか明細に出てこない場合は6ヶ月を限度に喪失してしまいます

必ずiDキャッシュバックの項目が請求明細に印字(キャッシュバックを受けた)されていることを確認してください。

15,500円を最大獲得するためには今すぐ申し込みを!

今回のdカードGOLD関連のキャンペーンは本当に種類が豊富でキャッシュバックも多いものです。

そのため、満たすべき条件が多かったり、手続きに必要な工程が複雑になっています。

キャンペーン開催時期もバラバラであることから申し込みの初動が遅いと、どんどん最大獲得額がランクダウンし、挙句には新規入会するだけでもらえる特典以外受け取れない可能性も出てきてしまいます。

そうならないためには一刻も早くdカードGOLDに申し込み、遅くてもカード発行出来た翌週にはすべての条件を満たしておくと安心です。

また、今回15,500円をキャッシュバック出来ると紹介しているのは新規ユーザーが恩恵に預かれるものを総動員して提示しています。

他記事では12,000万円等の表記が大多数だと思うので、お得なキャンペーンをすべて網羅したい、最高の状態でdカードGOLDを作りたいという方は、申し込む前にもう一度本記事を読み返していただければ幸いです。

直近でiDカードの利用設定をするだけで2,500円キャッシュバックを受け取れるキャンペーンが、2017年9月1日(金)~2017年11月30日(木)までとなっていますので、申し込みの後押しの参考にしてください。

※新規入会キャンペーンとEdy利用設定キャンペーンの申込期限は2017年10月1日(日)~2017年12月31日(日)まで(入会期間はまた別)

↑一番最初に戻ってもう一度読み直す↑

更新日:2017/10/25
当サイトが推奨しているクレジットカード

最大10000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式ページへ移動します

もう焦らなくて大丈夫です

審査に落ちてもすぐ申込み可能!
審査が気になる方でも安心して申込みできるクレジットカードとは?

キャッシュバックキャンペーン中のクレジットカード
※クリックすると表示されます
【楽天カード】5000円分の楽天ポイントもらえる
【Yahoo!JAPANカード】1万円分のTポイントもらえる
【エポスカード】8000円分のポイントもらえる
【三井住友VISAカード】最大1万円分キャッシュバック
【dカードGOLD】最大12000円分キャッシュバック
【アメックスカード】合計15000ポイントもらえる
【アメックスゴールド】合計30000ポイントもらえる
"いざ"という時の救世主カード
※クリックすると表示されます
審査に落ちてしまった人へ

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い