docomoユーザー全員が発行したほうがいいレベル

dカードには、その上位カードとして「dカード GOLD」があります。GOLDとつくだけにベーシックタイプのdカードとは異なり年会費も必要となります。

しかし、そのdカード GOLDは普通カードに比べ手厚いサービスや機能が特徴。特にdocomoユーザーにとっては大変魅力的な内容となっております。docomoユーザーの方で、新たにクレジットカードの申込を検討している方は要チェックです!普通カードとの違いなどをチェックしてみましょう。

⇒docomoじゃなければ無難に「楽天カード」

⇒Pontaポイント貯めるなら「リクルートカード」

dカード GOLDの特徴スペック一覧表

提携ブランド  VISA、MASTER
支払日  毎月15日締め/翌月10日支払
年会費  10,000円(税抜)
ポイント名称  dポイント
ポイント還元率  1% (100円=1ポイント)
docomoの携帯料金及びドコモ光の利用金額は10%(1,000円=100ポイント)
ポイント有効期限  獲得月から起算して48ヶ月後の月末
ポイント優遇対象サービス  dカード特約店
ポイントの提携  Ponta、JALマイル
利用可能最低ポイント数  1ポイント
ボーナスポイント  dカードポイントUPモール、dカード特約店など
電子マネー付帯  iD
チャージできる電子マネー  ポイント加算対象外
家族カード  1枚目無料/2枚目以降は1,000円(税抜)
ETCカード  無料
国内・海外旅行保険  国内・海外ともに有
ショッピング保険  有(お買い物あんしん保険)
ApplePay対応かどうか  有(iD)
マイルの還元率  0.5%(5,000ポイント→JAL2,500マイル)
即日発行 不可

dカードGOLDのメリット

docomoの携帯料金&ドコモ光の料金決済でオトク!

docomoの携帯・ドコモ光料金をdカードゴールド決済で行うと、1,000円(税抜)につき100ポイントという還元率10%!

(docomo携帯のみでOK。ドコモ光契約が必須ではありません。ドコモ光を契約してるならさらにポイント貯まります)

これはゴールドカードのみの特典です。ベーシックタイプのdカードにはないものなので、月額のトータル利用料が多いとポイント還元だけで年会費の元が取れます!

年会費1万円だけ見ると高い印象を感じますが、docomoで月々9000円以上の支払いをしている方であれば、十分元が取れる計算になります。月々1万円であれば1年で12000ポイントを貯めることができます!

さらに、貯めたポイントはPontaポイントやJALマイルに交換可能です。JALマイルは5000ポイントで2500マイル貯まるので、dカードゴールドがあれば年間5000マイルを携帯料金から貯めることができます。

夫婦二人分だと年間1万マイル、家族4人分だと年間4万マイル貯まる計算になります。月々の利用額が多いとさらにマイルも貯まります。

マイル一覧表を見る(クリックで開く)

ETC・家族カードを無料で持てる!

dカードではETCカード・家族カードについては条件次第(前年度に1回以上の利用で次年度の年会費無料)ですが、dカード GOLDでは無条件で年会費無しでETC・家族カード(1枚まで)持つことが出来ます!

ETCと家族カードも利用してポイントを貯めたい人には嬉しいですね。

ローソン利用でもちろんオトク。

dカード×ローソンの相性は抜群です、もちろんdカードゴールドでも下記のようにローソンでオトクがいっぱいです!

  • ローソンでdポイントカード提示で100円=1ポイントがたまります!
  • dカード決済で100円=1ポイントがたまります!
  • さらにdカード決済で請求時に3%OFFとなります!

d POINT CLUBのステージ優遇

d POINT CLUBではステージ制度があり、下記の条件達成状況に合わせてステージが決まります!

  • 6か月間(毎年12月~5月/6月~11月)のdポイント獲得数
  • (docomo契約者の場合)継続利用期間
  • dカード/dカードの契約状況

普通カードではブロンズステージとなりますが、dカードGOLDホルダーはゴールドステージへ。ゴールドステージならではのクーポンなどを獲得できます。

ステージの決まり方について

  • レギュラーステージ:600ポイント未満/dカード未契約
  • ブロンズステージ:600ポイント以上/docomo継続契約10年以上/dカードユーザー
  • シルバーステージ:3,000ポイント以上/docomo継続契約15年以上
  • ゴールドステージ:10,000ポイント以上/dカードGOLDユーザー

携帯補償額が大幅アップ!

docomoユーザーの方は必見です

docomo契約で利用している携帯電話・スマホの端末が3年以内に事故により紛失・盗難・水濡れ・全損といったトラブルにあったとき、新たにdカードで同一機種・カラーの端末をdocomoショップで購入した場合は、なんと費用:最大10万分を補償するサービスがあります!

dカード GOLDの最大のメリットとも言えるのがこの携帯補償サービスだと思います!

通常のdカードであれば購入から1年以内・最大1万円分ですが、GOLDカードであればもしものときには年会費以上の補償を受けられることになります。docomoユーザーの方であれば、ゴールドカードを持つだけで手厚い補償+サービスを獲得することが出来ます。

お買い物あんしん保険

ショッピング保険(動産保険)も付帯しています!dカード決済をして購入したものが、盗難や破損といった損害を受けた場合に購入日から起算して90日間補償されます。

普通カードにも付帯しているものになりますが、GOLDカードでは年間補償額が300万円(普通カードでは100万円)と大幅アップです!

国内・海外旅行保険が付帯

dカードの普通カードにはない、旅行傷害保険がdカードGOLDではしっかりと付帯しています!

海外旅行中にケガや病気をしてしまった場合の治療費用や、携行品損害などに備えた補償まで手厚くサポート。しかも、自動付帯なのでdカードで旅費を決済しなくてもdカードを持っているだけで海外旅行傷害保険の対象となります!

しかも「海外航空便遅延費用特約」がついているので、乗り継ぎ遅延や手荷物遅延・紛失といった場合の費用をサポートまで安心!

海外旅行保険の補償内容を確認する

また、旅行代金や移動費をdカードGOLDで支払うことが条件となりますが(利用付帯)、国内旅行傷害保険も付帯。航空機の遅延などで思わぬ出費がかさんだ場合でも、その費用を補償する国内航空便遅延費用特約もついてくるdカードGOLDは、ビジネスシーンや旅行でも役に立つでしょう。

国内旅行保険の補償内容を確認する

国内・海外旅行傷害保険の付帯内容も、ゴールドカードとして申し分ないものになっています。

国内空港ラウンジが利用できます!

全国28の空港のカードラウンジを、dカードGOLDの提示で無料で利用できます!

当日の搭乗券とカードの提示するだけでOKです。出張や旅行の出発前にゆっくりとしたい方には是非オススメのサービス!

dカードGOLD限定の年間利用額に応じた特典

入会2年目以降には、前年の利用額累計が100万円(税込)以上、200万円(税込)以上を達成した場合は特典の進呈があります!

これもdカードGOLDのみにある特典内容となっています。利用累計額次第では年会費以上の特典を受けられるので集中決済をする方にはかなりオトクになります。

dカードGOLDをメインカードとして使えば、年間100万円以上は十分超えることができます。

  • 家賃:8万円
  • 光熱費:3万円
  • 携帯料金:1万円
  • 食費・生活費:5万円

これだけで月々17万円の支払いとなります。月々9万円なら年間100万円をギリギリ超えて、月々17万円なら年間200万円をギリギリ超える金額になります。

  • ケータイ割引クーポン:機種変更時の購入などに。
  • d fashionクーポン:洋服などの購入に。
  • dトラベルクーポン:宿泊や移動に。
  • dTVターミナルクーポン(dTVお試しレンタルクーポン付):家でエンターテイメントを楽しみたい人に。
利用累計額:100万円(税込)以上

10,800円相当(dTVターミナルクーポンは12,722円相当)

利用累計額200万円(税込)以上

21,600円相当(dTVターミナルクーポンは23,522円相当)

dカードGOLDのイマイチなところ

年会費が高めに設定されている

dカードGOLDでは避けられないのが年会費10,000円(税抜)です。

GOLDとつくだけに、その付帯サービスなどは普通カードに比べて充実しているので、この年会費の価値に見合う使い方が出来るかどうかがカギとなります。手持ちのカードやランニングコストをよく考える必要がありますね!

しかし、docomoユーザーの方であれば携帯補償金額や期間も大幅にアップするのでベーシックタイプよりもゴールドのほうが良い気がします。

冒頭でもお伝えした通り、docomoで携帯料金を月々9000円以上利用している方であれば、年会費の元を十分に取ることができます。元が取れてなおかつ様々な付帯サービスを利用できるのですから、実質無料でゴールドカードを所有できるようなものです。

電子マネーチャージのポイント付与対象外

dカードGOLDについても、プリペイド式の電子マネーへのチャージでのポイント付与は一切対象外となります。チャージ&利用でのポイント二重取りはdカード同様出来ません。

dポイント⇔他ポイントへの交換単位が大きいのは変わらず

ゴールドカードであっても、交換特典内容(iDキャッシュバック、Pontaポイント、スターバックスカードへのチャージやマイルへの交換など)は変わらず、交換単位もやや大きいまましっかりポイントを貯めてからでないと交換しにくい、ということですね。

しかし、有効期限は48ヶ月とたっぷりありますので、気長に貯めていくこともできますし、dポイントを普段の買い物に利用する方法もあるので、このデメリットはそこまで気にならないです。

dカードGOLDはこんな人にオススメ!

dカードGOLDは、ざっくりと下記に当てはまる人に是非オススメです!

1. docomoユーザー全員発行したほうがいいレベル

dカードを持つだけで携帯・スマホ端末の「もしも」に備えて補償サービスがあります。

iPhoneの方であれば、Apple Careの代わりにゴールドカードを持ち、購入から3年以内&最大10万円の補償サービスのメリットをキープしておくことができます。iPhoneの保険に入らなくても、dカードGOLDを持つだけで安心です。

docomoユーザーの方であれば、普通カードとゴールドカードどちらも持っておいて損はないです。特に月々9000円以上の携帯料金であれば、迷わずdカードGOLDにしましょう。

2. 財布の中をすっきりさせたい人

dカード1枚にクレジットカード・電子マネー・ポイントカードの機能が詰まっています。これは普通カードと同様ですね!

3. ローソンによく行く人

提示で1%+決済で1%+更にローソン×dカードの特典で請求時に3%OFFとなり、最大5%還元となります。普通カードと同様、このメリットはdカードGOLDでもしっかりと受けられます。

4. 出張や旅行機会が多い人

国内・海外旅行傷害保険の付帯もあり、国内空港のカードラウンジも使うことが出来るので旅行や出張機会が多い人には非常に便利で手厚いサービスを受けられ、メリットでいっぱいだと思います!

dカードGOLDはどういう使い方が最もおトク?

普通カードではローソンや特約店での集中決済を中心とするサブカードとしての利用が理想ではありますが、dカードGOLDの場合は、年会費を支払う分「メインカードとして使い倒すこと」を中心とすべきでしょう!

docomoの利用料金はもちろんのこと、日々の決済もdカードGOLDですべて行うようにし、年間利用額に応じた特典も獲得したいところです!年会費のかかるカードをサブカードとして持っておくのは勿体ないので、是非日々の生活費決済などのメインカードとしての候補にすべきです。

ETCカードや家族カードの利用で更にポイント獲得をアップです!

dポイントUPモール

dポイントモールへアクセス→dカードで決済→各サービスや店舗によってポイント倍付を受けられます!Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング・Expedia・TOWER RECORDS ONLINEなど…人気&お馴染みのショップやサービスがたくさんあります。

dカード特約店

dカード特約店でのdカード決済(iD・カード決済など)、利用金額に応じてポイント獲得がさらにアップ。通常の決済でのポイント+特約店ポイントのダブルゲットになります!

例:docomoオンラインショップ・ENEOS・JAL・高島屋・伊勢丹・AOKI・洋服の青山・THE SUIT COMPANY・スターバックスカードチャージ・BIG ECHOなど…

スターバックスカードへのチャージでは、100円で3ポイントとなかなかの還元率です!スタバ愛好者は、dカードでチャージする&スタバカードでドリンク購入が一番オトクですね。

ローソン

何度も上記で紹介されていますが、dカードGOLD×ローソンの相性も抜群です。提示&決済はマストです!私の場合は、Pontaカードを提示&決済はdカードという使い方をしていますが、Pontaとdカードのメリット両方が受けられてオススメです。

定期・不定期なポイントアップキャンペーン

不定期なキャンペーンですが、特定の店舗やサービスでdポイント加算●倍などもありますので、常に情報チェックしておくのもよいでしょう。(スターバックスへのチャージでポイント倍増、マクドナルドでのdカード提示でのポイント倍付など)

dカードGOLDはメインカードとして、docomo利用者にオススメ

普通カードに比べて、dカードGOLDはdocomoの利用者に非常に有利なカードとなっています。

通常のカード決済での還元率は普通カードと同じですが、docomo利用料金・ドコモ光での10%の還元率、エンターテイメントやビジネスシーンでも役に立つゴールドカードならではのメリットを持ち合わせているゴールドカードは、オトクなカードとしての存在感が十分にあるでしょう。

年会費のかかるカードの申し込みには思わず躊躇してしまうと思いますが、ショッピング保険、旅行傷害保険の充実した内容に、携帯端末の補償額。使い方次第で、どれも年会費以上元を取れるのでは?と思います。

⇒docomoじゃなければ無難に「楽天カード」

⇒Pontaポイント貯めるなら「リクルートカード」