人気急上昇中のdカードGOLDは、dカードに比べてポイントも貯まりやすく、手厚い優待特典サービスや機能が特徴。

特にdocomoユーザーにとっては大変魅力的な特典内容となっております。

docomoユーザーの方はもちろん、docomoじゃない方も、dカードGOLDを理由にドコモに乗り換えるメリットは十分にあります!

dカードGOLDの登場により、ドコモが圧倒的優位に立ち、auとSoftbankだと損だなぁと私は思います。

なので私は、ダントツでドコモ推しです。

 

私もdカードGOLDの存在を知ってから、ソフトバンクからドコモに乗り換えてdカードGOLDをすぐ発行しました。

ちょうど乗り換えの時期ですし、この機会にdカードGOLDとあわせてdocomoでスマホ契約することをオススメします。

この記事を最後まで読んで、dカードGOLDのことを知ってみてください。

最大12000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式サイトへ移動します

見出し一覧

dカードGOLDの魅力的な9つのメリットについて

dカードGOLDの人気の火をつけたのは、この9つのメリットにあります。他のカードでは得られない還元率の高い特典ばかり!順にご紹介していきます。

1.docomoの携帯料金&ドコモ光の料金決済でポイント還元率10%!

docomoの携帯・ドコモ光料金をdカードGOLD決済で行うと、1,000円(税抜)につき100ポイント!ポイント還元率10%!

(契約条件はdocomo携帯のみでOK。ドコモ光の契約は必須ではありません。ドコモ光を契約してるならさらにポイント貯まります、って感じです。)

 

これはdカードGOLDのみの特典です。ベーシックタイプのdカードにはないものなので、月額のトータル利用料が多いとポイント還元だけで年会費の元が取れます!

年会費1万円だけ見ると高い印象を感じますが、docomoで月々9000円以上の支払いをしている方であれば、年会費以上のポイントが貯まるので、十分元が取れる計算になります。

月々1万円であれば、1年で12000ポイント貯めることができます!

 

ちなみに私は、

  • iPhone8Plus 256GB
  • カケホーダイプラン
  • 30GBプラン

これで月々12000円ほどです。年間14000ポイント貯まる計算です。

年会費を差し引いてもプラスになってます。年会費無料のdカードだとこれだけのポイントはもらえません。

 

【注意】”ドコモの引き落とし金額の10%”が貯まるわけじゃない

「ドコモの引き落とし金額」の10%が貯まるわけではありません。実際に私も最初は勘違いしておりました。

正しくは「基本使用料・通話料・通信料・その他利用料金の」の10%となります。

ドコモの引き落とし金額の10%ではありません。詳しくはこちら

 

さらに、dカードGOLDで貯めたポイントは、PontaポイントやJALマイルに交換可能です。

JALマイルは5000ポイントで2500マイル貯まるので、dカードGOLDがあれば年間5000マイルを携帯料金から貯めることができます。

  • ※JALマイルの交換レートは50%
  • ※ANAマイルにレート90%で交換する裏技あり

夫婦二人分だと年間1万マイル、家族4人分だと年間4万マイル貯まる計算になります。月々の利用額が多いとさらにマイルも貯まります。

dカードGOLDでJALマイルが自動で貯まる!

dカードGOLDで貯めたdポイントは、JALマイルに交換することができます。

dカードGOLDは放置で6000マイル貯まります(クリックで開く)

何マイル貯めたらどこの国に行けるのか、一覧でまとめているのでご確認ください。

必要マイル数一覧表(クリックで開く)

 

2.国内空港ラウンジも利用できる!

全国28の空港のカードラウンジを、dカードGOLDの提示で無料で利用できます!

当日の搭乗券とdカードGOLDを提示するだけでOKです。出張や旅行の出発前にゆっくりとしたい方にオススメのサービス!

※全国の空港に併設されているラウンジを利用できます。

利用できる空港ラウンジ一覧(クリックで開く)

⇒ dカードGOLDどこの空港ラウンジで使える?利用方法と利用人数について

3.USJラウンジ & USJのスぺファンの優先搭乗が利用できます!

さらに!USJの敷地内にある「ドコモラウンジ」を利用することもできます。

さらにさらに!ドコモラウンジを利用した方は、「スペースファンタジーザライド(スぺファン)」の優先搭乗チケットももらえます。

ドコモラウンジは、USJアトラクションの「スペースファンタジーザライド(スぺファン)」にあります。

 

※スぺファンは現在「ファイナルファンタジーXRライド」に変更となっております。そこにUSJラウンジがあり、優先搭乗チケットも入手できます。

 

なので、ラウンジでゆっくりした後、そのままスぺファンに優先的に乗ることができるってわけです。待ち時間も必要なく至福の時間を楽しむことができます。

USJのドコモラウンジは、dカードGOLD利用者限定の抽選に当選した人のみ利用できます(詳しくはこちらをクリック)

 

4.ETC・家族カードは無料!

dカードではETCカード・家族カードについては条件次第。(前年度に1回以上の利用で次年度の年会費無料)

ですが、dカードGOLDでは無条件で年会費無しでETC・家族カード(1枚まで)持つことが出来ます!

夫がdカードGOLDを発行すれば、ドコモの携帯料金の10%をdポイントで貯めることができます。

さらに家族カードを嫁に発行すれば、嫁の携帯料金の10%もdポイントで貯まります。そして年会費無料。

年会費1万円でdカードGOLDを2枚発行でき、2人分のドコモ携帯料金からポイントを貯めることができます。

別々で1枚ずつ発行するよりも、家族カードで発行したほうが確実にお得です。

⇒ dカードGOLDの家族カードは絶対作っておくべきと断言する理由とは?

5.ローソンで常に5%引き

dカード×ローソン
相性は抜群

もちろんdカードGOLDでも下記のようにローソンでオトクがいっぱいです!

  • ローソンでdポイントカード提示で100円=1ポイントがたまります!
  • dカード決済で100円=1ポイントがたまります!
  • さらにdカード決済で請求時に3%OFFとなります!

 

6.3年間のケータイ補償!最大10万円の補償額が毎年1回!

docomo契約で利用している携帯電話・スマホの端末が3年以内に事故により紛失・盗難・水濡れ・全損といったトラブルにあったとき、新たにdカードで同一機種・カラーの端末をdocomoショップで購入した場合は、なんと、最大10万分を補償するサービスがあります!

dカードGOLDの最大のメリットとも言えるのがこの補償サービスだと思います!

通常のdカードであれば購入から1年以内・最大1万円分ですが、GOLDカードであればもしものときには年会費以上の補償を受けられることになります。

docomoユーザーの方であれば、dカードGOLDを持つだけで手厚いケータイ補償+特典サービスを獲得することが出来ます。

1年目に画面割れて3万円の修理
⇒dカードGOLDがあれば無料!

2年目にiPhoneを紛失してしまった…
⇒dカードGOLDがあれば無料で新品GET!

3年目にAndroidスマホ水没で8万円の費用が…
⇒dカードGOLDがあれば無料!

いくら気を付けていたとしても、ケータイが壊れるときは一瞬です。画面保護シールを貼っていたり、耐性ケースをつけていても、落としどころが悪ければ壊れますし、画面もバッキバキになります。

壊れるかどうかなんて、ほとんど運です。そんな時にdカードGOLDさえあれば、ケータイの故障で悩む心配は無くなります。急な出費で凹むこともなくなります。

⇒ dカードGOLDのケータイ補償は水没も盗難も破損も対応?補償を確実に受けるために

7.お買い物あんしん保険

dカードGOLDはショッピング保険(動産保険)も付帯しています!

この保険が付帯されてるカードって、実は意外と少ないんです。

dカードGOLD決済をして購入したものが、盗難や破損といった損害を受けた場合に購入日から起算して90日間補償されます。

普通カードにも付帯しているものになりますが、dカードGOLDでは年間補償額が300万円と大幅アップです!(普通カードでは100万円)

8.国内・海外旅行保険が”自動”付帯

dカードの普通カードにはない、旅行傷害保険がdカードGOLDではしっかりと付帯しています!

海外旅行中にケガや病気をしてしまった場合の治療費用や、携行品損害などに備えた補償まで手厚くサポート。しかも、自動付帯。

なのでdカードGOLDで旅費を決済しなくてもdカードGOLDを持っているだけで海外旅行傷害保険の対象となります!

しかも「海外航空便遅延費用特約」がついているので、乗り継ぎ遅延や手荷物遅延・紛失といった場合の費用をサポートまで安心!

海外旅行保険の補償内容を確認する

また、旅行代金や移動費をdカードGOLDで支払うことが条件となりますが、国内旅行傷害保険も付帯。(利用付帯)

航空機の遅延などで思わぬ出費がかさんだ場合でも、その費用を補償する国内航空便遅延費用特約もついてくるdカードGOLDは、ビジネスシーンや旅行でも役に立つでしょう。

国内旅行保険の補償内容を確認する

国内・海外旅行傷害保険の付帯内容も、ゴールドカードとして申し分ないものになっています。

 

9.dカードGOLD限定の年間利用額に応じた特典

入会2年目以降には、前年の利用額累計が100万円(税込)以上、200万円(税込)以上を達成した場合は特典の進呈があります!

dカードGOLDをメインカードとして使えば、年間100万円以上は十分超えることができます。

  • 家賃:8万円
  • 光熱費:3万円
  • 携帯料金:1万円
  • 食費・生活費:5万円

これだけで月々17万円の支払いとなります。月々9万円なら年間100万円をギリギリ超えて、月々17万円なら年間200万円をギリギリ超える金額になります。

 

これもdカードGOLDのみにある特典内容となっています。

利用累計額次第では年会費以上の特典を受けられるので集中決済をする方にはかなりオトクになります。

 

 

dカードGOLDのデメリットなし?

1.年会費は1万円(税別)

dカードGOLDで避けられないのが年会費10,000円(税抜)です。

GOLDとつくだけに、その付帯サービスなどは普通カードに比べて充実しているので、この年会費の価値に見合う使い方が出来るかどうかがカギとなります。

しかし、docomoユーザーの方であれば携帯補償金額や期間も大幅にアップするので、ベーシックタイプよりもdカードGOLDのほうが良い気がします。

冒頭でもお伝えした通り、docomoで携帯料金を月々9000円以上利用している方であれば、ポイント10%還元で、年間1万ポイント以上貯めれるので、年会費1万円の元を取れます。

元が取れてなおかつ様々な付帯サービスを利用できるのですから、実質無料でdカードGOLDを所有できるようなものです。

⇒ dカードGOLDの年会費いつ支払う?年会費をポイント払いできる?

2.電子マネーチャージのポイント付与対象外

dカードGOLDについても、プリペイド式の電子マネーへのチャージでのポイント付与は一切対象外となります。

チャージ&利用でのポイント二重取りはdカード同様出来ません。

3.ドコモじゃないとほとんどメリット無し

dカードGOLDは、ドコモでスマホを契約していることが前提です。逆にドコモでスマホを契約していないと、dカードGOLDを持つ意味って正直”無い”です。

auユーザーでもsoftbankユーザーでも、dカードGOLDを発行するのであれば、ドコモに乗り換えるメリットは十分にあります。

逆に、ドコモはdカードGOLDが無いとそんなにメリット無いんじゃないかなって個人的に思います。

私もdカードGOLDの存在を知ったから、softbankからドコモに乗り換えましたし、じゃなければsoftbankのまま契約していました。

「ドコモでスマホを契約」「dカードGOLDの発行」2つセットで覚えておいてください!

 

とりあえず先にdカードGOLDに申し込んでおこう

どうしてもドコモに乗り換えができない方は、dカードGOLDに乗り換えるメリットはほとんどないです。他のカードの申し込みをオススメします。

でも、ドコモユーザーであれば、dカードGOLDを発行しない理由はありません。

12000円分のキャッシュバックキャンペーンも期間限定です。今すぐドコモに乗り換えてほしいところですが、乗り換えのタイミングを考えないと違約金取られてしまいますよね…

なので、ドコモに乗り換える前に、先にdカードGOLDを発行しておきましょう。そうすればドコモの手続きの際もスムーズです。

 

ドコモ契約者なら1か月で1000円分のdポイント以上貯めることができます。

dカードGOLDを先月のうちに申込んでおけば、1か月分多くdポイントを貯めることができていました。

つまり、ドコモなのにdカードGOLD持ってない人は、毎月1000円分のポイントを無駄にしてることと同じです。

1日でも早く申込むのが最もオトク!ドコモ契約者ならdカードGOLDは必須です!

最大12000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式サイトへ移動します

 

dカードGOLDでやってはいけない注意点

dカードGOLDを発行したら、絶対にやってはいけないことがあります。

それは、dカードGOLDでドコモの携帯料金を支払うことです。なぜなら、dカードGOLDでドコモ携帯料金を払っても、dポイントは貯まらないからです。

普通にカードで支払えば100円で1ポイント貯まりますが、ドコモの携帯料金は対象外となっています。その代わり10%のポイント還元をしているような感じです。

「dカードGOLDでドコモ携帯料金を支払えば1500円分のiDキャッシュバック」というキャンペーンを、2018年3月31日まで実施されております。

これを見ると、ケータイ料金の支払いをすればオトクに感じるかもしれませんが、その代わりにポイントは貯まらないようになっています。

しかし、別のカードでドコモの携帯料金を支払えば、ポイントを貯めることができます。こちらの記事でおすすめのクレジットカードをピックアップしておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

⇒ dカードGOLDでドコモの携帯料金の支払いをすると損してしまう理由

 

dカードとdカードGOLDを比較してみた結果

まずは普通ランクのdカードと、その上位ランクにあるdカードGOLDの特徴と違いについて知っておきましょう。

dカード
dカードGOLD
年会費 無料 10000円(税抜)
ポイント還元率 1%(カード利用) 1%(カード利用)
10%(月々の携帯料金から)
ケータイ補償期間 1年間 3年間
ケータイ補償額 最大1万円 最大10万円
補償適用条件 水没・盗難・画面割れなども補償可能
補償回数 年1回
ラウンジ利用 利用可能
USJラウンジ 利用可能
海外旅行保険 最大1億円
国内旅行保険 最大5000万円
ショッピング保険 年間100万円 年間300万円

dカードGOLD圧勝!

サービス内容を確認すると、ダントツでdカードGOLDに魅力を感じます。圧倒的な特典です。

これを見たらdカードを申し込む理由はなくなるでしょう。

dカードGOLDの特徴
  • dポイントの使い道がかなり広い!
  • dポイントはPontaポイントに交換できる!
  • ドコモの携帯料金の10%ポイント貯まる!
  • 貯めたポイントをマイルに交換できる!
  • スマホ本体が故障しても最大10万円まで補償(iPhoneもOK)
  • 補償は3年間適用と長い!

その中で最も魅力的に感じるのが、携帯料金を支払う時のポイント還元率です。

dカードGOLDは年会費かかりますが、docomoで毎月8500円以上の携帯料金であれば、毎月850ポイント×12か月=10200ポイント貯まり、年会費は実質無料になります。

貯めたdポイントは、ドコモの月々の携帯代の支払いとしても使えるので、現金を浮かすことができます。

docomoでiPhoneを契約すれば、必然的に月々それぐらいの携帯料金になりますので、ほとんどの方が年会費を意識することなくdカードGOLDを所有できます。

 

年会費実質無料で【ケータイ補償・旅行保険・ラウンジ利用】を受けることができるんですから。

ここまできたらもう迷わずdカードGOLD1択です。

ポイント10%の還元率で1万円する年会費は実質無料になるのに優待特典はそのまま。年会費無料のdカードを発行する理由は無いです。

 

dカードGOLDはメインカードとしてもサブカードとしても使いやすい!

私の場合、dカードGOLDは、

  • dポイントを貯める為
  • 携帯料金の10%還元を受けるため
  • 電子マネーiDを使う為
  • 空港ラウンジ・USJラウンジを使う為
  • 海外旅行保険の為
  • JALマイルを貯める為

という目的があって持っています。

なので、基本的には「サブカード」扱いです。dカードGOLDをメインに使いまくることはしていません。

ですが、100円で1ポイント貯まる”還元率の高いカード”なので、メインカードで使っても十分お得感を感じることはできます。

 

dカードGOLDはdocomoユーザーにおすすめできる最強カード!

dカードGOLDはdocomoの利用者に非常に有利なカードとなっています。

docomoじゃないしなぁ…というアナタも、これを機会にドコモに乗り換えてdカードGOLDを発行するメリットは十分にあります。

auとかSoftbankに比べると、ドコモは最近評判が下がってきているのかもなぁ…と、私もそう感じてました。

ここ最近の携帯業界は、乗り換えキャンペーンもキャッシュバックもほとんどありませんからね。でも、dカードGOLDの登場でスマホ業界の流れは一気に変わりました。

dカードGOLDを持つことによって、他のキャリアには無い魅力と特典がたっぷりあります。

通常のカード決済での還元率は普通カードと同じですが、docomo利用料金・ドコモ光でのポイント10%の還元率、エンターテイメントやビジネスシーンでも役に立つゴールドカードならではの特典を持ち合わせているdカードGOLDは、オトクなカードとしての存在感を十分に感じられます。

USJの年パス持ってる方もdカードGOLDをぜひ持ってほしいです。ドコモラウンジ利用しつつスぺファンを並ばず優先的に乗れますからね。

年会費のかかるカードの申し込みには思わず躊躇してしまうと思いますが、ショッピング保険、旅行傷害保険の充実した内容に、携帯端末の補償額。それにポイント10%還元で年会費実質無料。

ドコモ携帯の人であれば、年会費以上の価値は十分に感じれる。それがdカードGOLDです。

最大12000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式サイトへ移動します

dカードGOLDの特徴スペック一覧表

提携ブランド  VISA、MASTER
支払日  毎月15日締め/翌月10日支払
年会費  10,000円(税抜)
ポイント名称  dポイント
ポイント還元率  1% (100円=1ポイント)
docomoの携帯料金及びドコモ光の利用金額は10%(1,000円=100ポイント)
ポイント有効期限  獲得月から起算して48ヶ月後の月末(使い続ければ半永久的にポイントは消えない)
ポイント優遇対象サービス  dカード特約店
ポイントの提携  Pontaポイント、JALマイル
利用可能最低ポイント数  1ポイント
ボーナスポイント  dカードポイントUPモール、dカード特約店など
電子マネー付帯  iD
チャージできる電子マネー  ポイント加算対象外
家族カード  1枚目無料/2枚目以降は1,000円(税抜)
ETCカード  無料
国内・海外旅行保険  国内・海外ともに有
ショッピング保険  有(お買い物あんしん保険)
ApplePay対応かどうか  有(iD)
マイルの還元率  0.5%(5,000ポイント→JAL2,500マイル)※50%のレートを90%にする裏技あり
即日発行 不可

 

dカードGOLDのよくある質問まとめ

Q. iDキャッシュバックとは?12000円分のiDってどう使うの?

A. 電子マネーとして、dカードGOLDをかざすか、ApplePayで使うことができます。

 

「キャッシュバックキャンペーンでもらえる12000円分のiDってどう使えばいいのか?」

電子マネーiDは、楽天EdyやWAONと違って“後払い方式”なので、チャージしなくても電子マネーを使えます。そして登録してる銀行口座から使った分の合計が引き落とされます。

なので、チャージする手間無しで電子マネーが使えるってワケです。

「どうすれば12000円分のキャッシュバックを使えるのか?」気になっていたのですが、解決しました。

dカードGOLDで電子マネーのiDを使った後、引き落としされる直前に割引されます。入会してすぐもらえるキャッシュバックが2500円分あったので、カード利用した分から割り引かれています。

残りのキャッシュバックは、申し込みから4ヶ月以内に付与されるとのことなので、気長に待ちます。

※電子マネーiDの明細は、クレジットカードの明細と一緒に確認できます。

※電子マネーiD利用以外では割引されませんのでご注意ください。iDで使った分のみキャッシュバック分の割引が適用されます。

iDのキャッシュバックが付与されているかどうかはこちらで確認できます。(dカードGOLD発行後、確認できます)

 

キャッシュバックの電子マネーiDを実際に使ってみて気づいたことについてこちらの記事にまとめております。

⇒ dカードGOLDのキャッシュバックでもらったiDの使い方について

 

Q. dカード申し込む前にやるべきことってある?

A. dアカウントを作っておきましょう。

 

dカードGOLDを新規発行する場合は、予め「docomo ID(dアカウント)」というドコモ専用のアカウントが必要です。

携帯料金の確認や、ポイントの管理もすべて、dアカウントで一括管理します。誰でも簡単に、スマホから、いつでも無料で、アカウント作成ができますので、今のうちにコチラからアカウント登録を済ませておいてください。

アカウント登録を済ませた後に、当ページに戻ってきて、申し込みページへ移動してください。(このページをお気に入りに保存しておくと便利です)

 

Q. dカードGOLDを申し込んでからいつぐらいにカード発行される?

A.Web申し込み後、最短5分で審査完了し、最短1週間ほどでカードが到着します。

 

公式サイトから抜粋した一文ですが、dカードGOLDのweb申し込み完了から最短5分で入会審査完了すると記載があります。

しかし、この条件を満たすためには、午前9時~午後7時50分の間にWebでカード申し込みが完了していることが条件となります。

さらに、Web申し込みの際に、オンライン上で引き落とし口座の設定も完了していることが条件です。

※Web申し込みの時に、既にドコモでスマホを契約している方は、ドコモと同じ引き落とし口座に設定も可能です。それだと手続きがスムーズなのでおススメです。

もし仮に、夜遅くに申し込みをした場合でも、1~2日あれば審査完了します。

オンライン上で引き落とし口座の設定ができなかった場合だと、口座振替用紙が郵送で届きます。必要事項を記入して返信する必要があるため、カード発行まで3~4週間かかる場合があります。

 

dカードGOLDの審査結果を確認する方法と審査時間についてこちらの記事でまとめております。

⇒ dカードGOLDの審査時間が遅い?審査結果の確認方法

 

Q. dカードGOLDの申し込み方法を教えてください

A. WEB申し込み、電話申し込み、郵送の申し込みの3パターンあります。

 

でも、WEB申し込みがダントツでおすすめです。

電話申し込み

  • 個人情報を電話で口頭で伝えないといけない
  • 通話料がかかる場合がある
  • 電話をかけている時間、縛られる
  • 時間帯によっては電話申し込みできない

郵送の申し込み

  • 時間がかかる
  • 記入ミスで申し込みできない場合がある
  • 間違えたら再度郵送しないといけない

WEB申し込みの場合

  • いつでもどこでもすぐに申し込める
  • 入力ミスを減らせる(自動認識されるから)
  • 最短でカード発行できる

 

WEB申し込みでdカードGOLDを発行しましょう。

 

Q. dカードからdカードGOLDにアップグレードできる?

A. はい。可能です。キャッシュバックも受け取れます。dカードの会員ページにログイン後、手続きをしてください。

 

dカードからアップグレードした場合でも、dカードGOLDのキャッシュバックキャンペーンも適用されます。

dカードGOLDのカードが手元に届くまで、dカードを使えます。カードが届いたら、dカードを使わずにdカードGOLDを使うようにしましょう。

カード番号は新しいものに変更されますので、支払い方法として設定している場合はカード番号の変更が必要です。ただし、設定している暗証番号や引き落とし口座や、引き落とし日に関してはそのまま引き継がれます。

しかし、dカードのdポイントは、カードが届くまで使えなくなります。dポイントに関してはdカードGOLDのカードが届いてから使えるようになります。(dポイントの番号は変わりませんので、引き継いでポイントを貯めることができます)

 

実際に私もdカードGOLDを愛用しています

もちろん、当サイトを運営している管理人の私も、dカードGOLDを使っています。その証拠がこちら。

限度額が100万円とケタ違いの設定にびっくりしました。なので後日オペレーターに電話して限度額を30万円に下げてもらいました。

私の場合、アメックスゴールドカードをメインに使用しているので、dカードGOLDでこんなに限度額は必要ないんですよね…(ポイント貯める目的で発行したので)

限度額が高すぎると、新たにカード発行する時の審査で悪影響でるかもしれないので、今は限度額を30万円に下げています。

(2018年1月24日の状況)

ドコモに乗り換えてdカードGOLDを契約して2か月が経ち、2973ポイント貯まってました。これなら年間約18000ポイントほど貯まる計算なので、年会費1万円は余裕で元取れます。

 

申し込み時の入力フォームがややこしいので注意!

※申し込む前に確認!

dカードGOLDの申し込み、スムーズにできましたか?私も申し込んでみたのですが、一部ややこしい入力があり、理解するまで時間がかかりました。理解したら全く問題ないのですが、わかりにくくて…。

スムーズに申し込み手続きを進めるため、私がつまづいたところについてこちらで解説しております。申し込む前に一度ご確認ください。

dカードGOLDを申し込む前に知ってほしい公式ページの入力フォームのややこしさ

 

キャッシュバックを確実にGETするための注意点

※確実にキャッシュバックをもらうための注意点

キャッシュバックは、公式サイトのエントリーボタンをクリックしないと受け取りができないため注意が必要です。「カード発行して2万円以上使ってるのにiDが反映されない…」という方は、エントリーできていないかもしれません。

以下の公式サイトから「キャンペーンエントリーはこちら」をクリックしてエントリー完了させてください。

⇒ dカードのキャンペーンのエントリーはこちら

こちらのページでも詳しく情報をまとめているので、あわせてご確認ください。

⇒ キャッシュバックを確実に受け取るための条件について

 

 

最大12000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式サイトへ移動します

5000円8000円分の楽天ポイントもらえる入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式サイトへ移動します