ダイナースクラブカードは、日本で最初のクレジットカードです。その格式の高さより、昔は、ダイナースクラブカードを所有するためのハードルは、とてつもなく高いものでした。

しかし、現在ではハードルが、普通の会社員でも飛び越すことができるところまで低くなってきています。

実際に、申込資格も「27歳以上」という条件を満たすことができれば、誰でも申し込むことができます。

もちろん、条件を満たすことは最低条件です。条件を満たすことができれば、誰でもダイナースクラブカードを所有できるわけではありません。

ダイナースクラブカードを発行するに当たり、カードを持つに相応しいか審査を行っているのです。

どのような審査基準に基づいてダイナースクラブカードが発行されているのか?ダイナースクラブカードの審査に関することを説明します。

審査に落ちてもすぐ申込み可能!
審査が気になる方でも安心して申込みできるクレジットカードとは?

ダイナースクラブカードの発行スピード

ダイナースクラブカードは、慎重に申込者の審査を行っています。そのため、申込者の属性によって審査スピードは異なり、1日後〜1週間程度とばらつきがあります。

審査完了後は、1週間〜2週間程度でカードが郵送されてくることになります。カードの発行まで、最長で申込みから1か月程度かかることもあります。

そのため、海外旅行の際にダイナースクラブカードに付帯している海外旅行保険を使用したい場合には、最低でも旅行日の1か月前までには申し込んで下さい。

ダイナースクラブカードの審査基準

ダイナースクラブカードは手の届く範囲になったとは言え、未だに格式を大切にしています。そのため、ある程度の年収、地位、返済能力が必要となります。

スコアリングが低いため

ダイナースクラブカードでは、申込者の属性に点数を付けています。この点数付けの仕組みをスコアリングシステムと言います。

年収は高ければ高いほど、勤続年数は長ければ長いほど、良い点数が与えられます。

この合計点が、ダイナースクラブカードの審査基準の合計点を満たすことができなかったとき、審査に落ちてしまう可能性が高いのです。

ダイナースクラブカードのスコアリングを満たすために、年収は最低でも400万円~500万円程度必要です。また、「27歳以上」という申し込み条件より、最低でも3~5年程度の勤務が必要となっていることがわかります。

クレヒスにキズがついている

ダイナースクラブカードに申し込みが入ると、カード会社はその人が信用に足る人かどうかをクレヒスを見て調査します。

クレヒスとは、クレジットヒストリーのことで、信用情報機関に開示請求を行うことにより、申込者のクレジット支払いの履歴を確認することができるのです。

開示請求を行った際に、「クレジットの支払いが遅れたことがある」、「クレジットの支払いが遅れている」という履歴があるとクレヒスにキズがある状態となっています。

もし、「約束どおりお金を返してくれなかった人」や、「お金を返してくれない人」から、再び借金の申し出があっても、断ってしまう人が多いのではないでしょうか。

クレヒスにキズがある人は、それだけで返済されないかもしれないというリスクがあるのです。そのため、クレヒスにキズがあると、審査に通る可能性が低くなってしまうのです。

クレヒスがないため

信用情報機関へクレヒスの開示請求を行っても、クレジットを利用していなければクレヒスがありません。しかし、27歳以上であれば、クレジットカードの1枚くらい所持していてもおかしくありません。

それなのに、クレヒスがないということは、何かしら理由があるのではないかとカード会社は考えます。

その理由として、カード会社が真っ先に考えることが、自己破産や債務整理を行っているのではないかということです。

自己破産や債務整理を行うと、5年以上クレジットによる支払いが行えなくなります。そのため、見た目上はクレヒスがない状態となります。

もし、このような申込者へダイナースクラブカードを発行してしまうと、同じように自己破産や債務整理が行われてしまい、貸し倒れてしまう可能性があります。そのため、クレヒスがないために審査に落ちてしまうことがあるのです。

ダイナースクラブカードの再審査時の注意点

ダイナースクラブカードの再審査は、何度も申し込むことができます。しかし、審査通過のためには3点の注意点があります。

6ヶ月以上の期間を空ける

信用情報機関にクレヒスの開示請求が行われると、ダイナースクラブカードの申し込みのために、クレヒスを開示したという履歴が残ります。

この履歴は、6ヶ月の期間が経たないと消えません。もし、この履歴が消えないまま再審査が申し込まれてくると、カード会社はどのように考えるでしょうか?

申し込みの履歴が残っているために、「何度も申し込まなければならないほど生活に困っている」と考えます。

もし、ダイナースクラブカードを発行してしまうと、返済が行われない可能性あると判断され、審査に落ちてしまうのです。

そのため、クレヒスの開示請求を行った履歴がない状態で申し込まなければならず、再審査まで、6ヶ月以上の期間を空けることにより、履歴がない状態で申し込むことができるようになるのです。

クレヒスを確認する

クレヒスは、個人でも開示請求を行うことができます。まずは、自分のクレヒスを確認してみて下さい。

もし、クレヒスにキズがついている場合、再審査を申し込んでも審査を通過できる可能性は低いです。そのため、クレヒスからキズがなくなるまで待ってから再審査を申し込む必要があります。

また、もし、クレヒスがなかった場合には、クレヒスを作ってから再審査を申し込んで下さい。

クレヒスが必要ないクレジットカードや、携帯電話本体の分割払いを継続して支払っていくことにより、良いクレヒスが作られます。その結果、再審査に通る可能性が高くなります。

キャッシングを申し込まない

ダイナースクラブカードの申し込み時に、キャッシングの希望の有無があります。このときに、キャッシングを希望すると審査が厳しくなります。

なぜならば、キャッシングを希望しているということは、現在手持ちの資金がなく、すぐに現金が必要だという可能性があるからです。もし、手持ちの現金がなければ、約束どおり返済されることはないでしょう。

そのため、収入証明書の提出が求められ、慎重に審査が行われるのです。

もし、キャッシングの必要がないならば、キャッシングを希望しないことにより、審査に通る可能性を上げることができます。

ダイナースクラブカードを所有していると、国内外350空港600ヵ所以上の空港ラウンジサービスを利用することができます。

また、最高1億円の海外・国内旅行保険も付与されており、旅行者にとって必需のクレジットカードとなっています。

審査が通過できるまで再審査を申し込んで、ダイナースクラブカードを所有できたときの達成感を感じてみて下さい。

↑一番最初に戻ってもう一度読み直す↑

更新日:2017/11/13
当サイトが推奨しているクレジットカード

最大10000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式ページへ移動します

もう焦らなくて大丈夫です

審査に落ちてもすぐ申込み可能!
審査が気になる方でも安心して申込みできるクレジットカードとは?

キャッシュバックキャンペーン中のクレジットカード
※クリックすると表示されます
【楽天カード】5000円分の楽天ポイントもらえる
【Yahoo!JAPANカード】1万円分のTポイントもらえる
【エポスカード】8000円分のポイントもらえる
【三井住友VISAカード】最大1万円分キャッシュバック
【dカードGOLD】最大12000円分キャッシュバック
【アメックスカード】合計15000ポイントもらえる
【アメックスゴールド】合計30000ポイントもらえる
"いざ"という時の救世主カード
※クリックすると表示されます
審査に落ちてしまった人へ

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い