クレジットカードとデビットカード。どちらも使用方法は同じですが、仕組みが違います。クレジットカードは後でまとめて支払う流れですが、デビットカードは利用した瞬間に、連携している銀行から引落しされる流れです。

クレジットカードは分割払いやリボ払いが利用できるので、自分の都合に合わせて支払管理ができるのがメリットとして挙げられますし、使い方によってはデメリットとしてもとらえることもできます。

逆にデビットカードは預金残高以上の利用ができないため、使いすぎたり信用にキズをつけたりする心配がないですが、分割払いができないため利用範囲はある程度制限されます。

それぞれ特徴がありますが、結局どちらを選べばよいのでしょうか?今回はデビットカードのメリットデメリットについて調査し、できる限り多くピックアップしてまとめてみました。

デビットカードのメリット

1.審査無しでカード発行できる

デビットカードは銀行口座を持っていれば審査無しで発行できます。過去に自己破産をしていた方でも、クレジットカードの新規発行の審査に落ちた方でも、クレジットカードの支払いを延滞した経験のある方でも、審査無しでデビットカードを持つことができます。でも使い方はクレジットカードと同じです。

クレジットカードは一時的にカード会社に立て替えてもらい、後でお金を返済するような流れになるため審査が必要ですが、デビットカードは常に自分の銀行口座の預金残高の範囲で利用する流れとなります。なのでカード会社の審査無しで発行することができます。

2.クレジットカードと同じ感覚で使用できる

デビットカードの使い方はクレジットカードで同じです。レジでデビットカードを出して「一括で」と言えば決算してくれます。サインもしくは暗証番号の入力をすればそのまま決算ができ、決算完了後すぐに銀行口座から支払額が引き落としされています。

クレジットカードは後払い、デビットカードは即引落し。なので使っている感覚は現金と同じです。

急遽大きい買い物をするときや、近くにATMが無い時、手持ちのお金が足りなくなったときなどにデビットカードは非常に重宝します。

3.使いすぎて借金を負うことが無い

デビットカードは常に連携している銀行の預金残高の範囲内で利用できます。預金残高が2万円しかないのに10万円の買い物はできませんし、決算しようとすると「カードが利用できません」と支払いできないようになっています。

クレジットカードは、手元にお金が無くても銀行口座に預金が無くても、カードの限度額の範囲内であれば利用可能ですが、デビットカードは常に預金残高が限度額となります。

クレジットカードは借金を背負うイメージですが、デビットカードは自分のお金を使うだけなので、マイナスになるまでお金を使いすぎる心配はありません。

4.利用した金額分のポイントが貯まる

クレジットカードは利用した分だけポイントが貯まり、それを目当てにクレジットカードを利用する方も多いですが、デビットカードでもポイントを貯めることができます。

クレジットカードと比べてデビットカードはポイント還元率は低いですが、現金払いよりもお得に利用することができます。

楽天JCBデビットカードは1%とデビットカードの中でもトップレベルのポイント還元率となっているので、ポイントをたくさん貯めたい方は楽天JCBデビットカードがかなりおすすめです。

5.お財布がスマートになる

財布にお金を入れて持ち歩かなくてもデビットカード1枚あれば、銀行に預けているお金を自由に使うことができます。(現金の引き出しはNG)

わざわざATMに行って現金を引出さなくても、カード1枚あればそのまま決算可能です。ATMに行く手間がかからないのもメリットですが、引き出し手数料もかからないのも大きなメリットですね。

6.16歳以上からデビットカード発行できる

クレジットカードは高校生を除く18歳以上から発行できますが、デビットカードは16歳以上であれば高校生でも発行できます。自分の銀行口座を持っていれば連携したデビットカードが利用可能です。

高校生であっても、現金払いよりカード払いの方が、ポイントも貯まるしATMに行く手間省けるしと、利用する理由は十分にあります。何より海外に行く機会がある場合は、デビットカードを通じて海外ATMから自分の銀行口座のお金を、現地通貨で引き出すことができるので、海外に滞在する機会があるなら、高校生でもデビットカードを1枚持っておくと便利です。

7.デビットカードの対応店舗数がものすごく多い

デビットカードはクレジットカードと同じように利用することができます。VISAブランドのデビットカードであれば、世界でトップクラスのシェア率を誇るVISAブランド対応店舗ならどこでも利用可能です。

JCBブランドのデビットカードもありますが、対応店舗がどんどん増えており、国内だけじゃなく海外でも利用できる場所が増えています(特にグアムやハワイなど日本人が行く観光スポットではJCB対応店舗が多い)

小さな個人経営店でもクレジットカード払いできるお店が多いので、露店や個人取引じゃなければデビットカードも基本的にどこでも利用可能です。

8.お金の計画が立てやすい

デビットカードは連携している銀行口座の預金残高の範囲内でしか利用できないため、お金の計画を立てやすいです。いくら使えば残り残高はいくらになるのか。給料日まであと数日だからいくらまで使えるか、など。

クレジットカードだと、分割払いやリボ払いを選ぶことができるので、最悪支払いを後回しにすることもできます。後回しを繰り返してしまうと結局最後は自分の首を絞めることになります。でもデビットカードはそういう心配がありません。

賢くお金の計画を立てやすいのはデビットカードの大きなメリットです。

9.信用会社にキズがつかない

クレジットカードは引き落とし日に支払いができていなかったり、何度も支払日を遅れたり、支払日を過ぎても支払いができていなかったりすると、信用を失います。

カードで利用した分ちゃんと支払いができるという信頼のもとでカードを使うことができているのに、支払いができないのであれば信用してくれません。カード会社はあなたの代わりに一時的にお金を負担していますから、ちゃんと使った分は返してくれないと。

もし信用にキズがついてしまうと、今後ローンを組むことができなくなったり、カード発行できなくなる可能性もあります。

でもデビットカードはそういう心配が一切ありません。信用問題関係なく自分の銀行残高の範囲内であれば自由に使えます。

10.海外でも利用できる

意外と知らない人も多いのではないでしょうか。デビットカードは海外でも利用することができます。(カードブランドが対応している店舗に限る)

さらに海外ATMを使って、銀行口座から現地通貨を現金で引き出しすることができるんです。ただし手数料は必要となります。(海外から銀行の預金残高を引き出す手数料+海外ATMを利用する手数料の2種類の手数料が必要になります。)

11.銀行ATMを利用する手間・手数料を省ける

銀行口座に預けているお金を使用する分だけ引き出してお店で買い物をする。これが一般的な流れでしょう。しかしデビットカードを持っていれば銀行ATMに行かなくても、支払いに必要な分だけ決済後すぐに引き落としされます。

つまり、わざわざATMに行って現金を引き出す手間も時間もかかりませんし、引き出し手数料も一切ゼロです。頻繁にATMから現金を引き出す方はデビットカードを持つと便利さをより強く感じて頂けると思います。特に引き出し手数料が必要になる場合は、デビットカードのメリットはものすごく大きいです。

5000円分の楽天ポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式ページへ移動します

デビットカードのデメリット

1.分割払い・リボ払いはできない

デビットカードで支払いをすれば、連携している銀行口座から支払額が自動的に引き落としされます。それ以外の機能は存在しませんので、クレジットカードのように分割払いやリボ払いを選ぶことはできません。常に一括、1回払いとなります。

クレジットカードは後払いのため、お金を使っている実感が薄いですが、デビットカードは即時引き落としされるため、使用感覚は現金と同じです。分割払いはできませんが、使いすぎることなく無駄使いすることなく利用できるのが逆にメリットになります。

2.ETCやガソリンスタンドで利用できないところがある

デビットカードは連携している銀行口座の残高状況によって利用できるかどうかを瞬時に判断しています。デビットカードを読み込んだ瞬間に、支払金額が預金残高を超えていなければ決算可能です。

一部のETCや高速道路では、瞬時に預金残高を確認するシステムが導入されていない場所があるため、一部ではETCや高速道路で利用できますが、出来ない地域もあるので注意が必要です。

また、ガソリンスタンドでも利用できない場所が多いです。なぜならカード払いの場合、ガソリンをどれぐらいの量を入れるかどうかによって決算する金額が変わるからです。ガソリン代金の最大値が預金残高を超えていると給油することができません。

カード決算システムは、銀行口座の残高を確認することができず、そのカードは利用できるかどうかの判断しかできないため、預金残高によって判断があいまいになるデビットカードは、ガソリンスタンドでは利用できない場合が多いです。(一部地域ではデビットカード決算ができる場所もあります)

3.ポイント還元率はやや低め

カード会社はクレジットカードの分割払いやリボ払い時に発生する手数料で利益を得ています。その利益をポイントや商品など形を変えて還元してくれています。ですがデビットカードの場合は分割払いができないため手数料を支払うことがありません。

なのでクレジットカード利用時と比べると、デビットカード利用時に貯まるポイントはやや低めに設定されています。

クレジットカードのポイント還元率は平均0.5%~1%ですが、デビットカードのポイント還元率は平均0.2%~0.5%となっています。(楽天JCBデビットカードのみ1%のポイント還元率となっている)

デビットカードに向いている人

以上のメリットデメリットを考慮したうえで、デビットカードに向いている方は

  • 16歳以上の高校生だけどカードを持ちたい人
  • 任意整理や自己破産をしてカードを作れない人
  • クレジットカードでついつい使い過ぎちゃう人
  • クレジットカード反対派の人

こういう方たちです。

16歳以上の高校生だけど節約志向が強い方はデビットカードを重宝することでしょう。ネットショッピングもクレジットカード払いの要領でデビットカードが利用できるので、コンビニ払いや銀行から振込みといった面倒くさい作業もしなくて済みます。

また、信用にキズがついていたりブラックリストに追加されている方でもデビットカードは一切関係なく発行できます。デビットカードを使いこなせば現金払いよりも賢く節約ができるので、貯金をしたり無駄遣いを減らしたい場合は、あえてデビットカードを1枚持っておくのもアリです。

クレジットカードを持ちたくない方でも、デビットカードは現金と同じ感覚で安心して利用できます。特に意味も無く現金払いに執着しているのであれば、それは損をしてるかもしれません。ぜひこの機会にデビットカードを1枚持ってみてはいかがでしょうか。

↑一番最初に戻ってもう一度読み直す↑

5000円分の楽天ポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式ページへ移動します

キャッシュバックキャンペーン中のクレジットカード
※クリックすると表示されます
【楽天カード】5000円分の楽天ポイントもらえる
【Yahoo!JAPANカード】1万円分のTポイントもらえる
【エポスカード】8000円分のポイントもらえる
【三井住友VISAカード】最大1万円分キャッシュバック
【dカードGOLD】最大12000円分キャッシュバック
【アメックスカード】合計15000ポイントもらえる
【アメックスゴールド】合計30000ポイントもらえる
"いざ"という時の救世主カード
※クリックすると表示されます

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い