シネマイレージカード・セゾンは簡潔に表現すると「TOHOシネマズで映画を観ると最強にお得になるカード」です。

TOHOシネマズ店舗一覧

「また『最強』っていう大袈裟な表現を…」と思うかもしれませんが、例えば映画を6回観ると1回無料になるというサービスがあります。

普通クレジットカードの還元率(カードの利用金額に対するお得になる金額)は0.5%ですが、シネマイレージカード・セゾンはTOHOシネマズで利用すると最大還元率27.2%という、普通のクレジットカードの54.4倍お得なカードとして力を発揮します!

「映画は好きだけど、そんなに観ない…」という方でも、この記事を読めばシネマイレージカード・セゾンが欲しくなるはずです。

最近ではネットの普及でパソコンやケータイで映画が観れる時代ですが、映画の迫力はやはり映画館で一番発揮されます。

また、友達や家族、恋心がある人に

  • 「観たい映画ない?映画がお得になるカードを持ってるからこんど観に行かない?」

遊びやデートに誘うキッカケとしても活躍します!

映画好きな人はもちろん

  • 友達と休日を楽しみたい!
  • 好きな人を自然にデートに誘いたい!
  • 映画で日常の雑談力、話題力を付けたい!

という方は、年会費実質無料のシネマイレージカード・セゾンを発行することで解決です。

この記事ではシネマイレージカード・セゾンの特徴・スペックから「ここはデメリット!」や「この2つの状況だけで利用すればいい!」というような、カードが最大限お得になる使い方を紹介しています。

1.シネマイレージカードセゾンの特徴スペック一覧表

提携ブランド Master,American Express
支払日 月末締め/翌々月4日払い
年会費 【Master】
初年度年会費無料

2年目以降300円+消費税
※年一回のカード利用で翌年度年会費無料
【American Express】
3,000円+消費税
ポイント名称 永久不滅ポイント
※1,000円で1ポイント(5円相当)
ポイント還元率 【Master】
0.5%
【American Express】
国内:0.5%
海外:1.0%
ポイント有効期限 無期限
ポイント優遇対象サービス 【セゾンポイントモール(ネットショッピングサイト)】
楽天:ポイント:2倍
Yahoo!ショッピングポイント:2倍
Amazon:ポイント:2倍
など2〜30倍でポイント付与
ポイントの提携 【永久不滅ポイントを提携先ポイントに移行】
Tポイント:100ポイント→450Tポイント
nanacoポイント:200ポイント→920ドコモポイント
ドコモポイント:200ポイント→1,000ドコモポイント
au WALLETポイント:200ポイント→1,000WALLETポイント
ベルメゾンポイント:200ポイント→1,000ベルメゾンポイント
【ポイントアイテム「ANA・JAL マイル交換」】
ANA:200ポイント→600マイル (1,000円=1ポイント=3マイル)
JAL:200ポイント →500マイル (1,000円=ポイント=2.5マイル)
利用可能最低ポイント数 【景品交換必要ポイント】
100ポイント(10万円利用相当)以上
【金券交換必要ポイント】
100ポイント
→(永久不滅ウォレットスターバックスカード:450円相当)
200ポイント
→(支払い充当・クラブツーリズム旅行代金:900円相当)
200ポイント
→(Amazonギフト券・WebMoney:1,000円相当)
400ポイント
→(SEIYUショッピングカード・プリンスチケット:2,000円相当)
500ポイント
→(UCギフトカード:2,000円相当)※
1,000ポイント
→(出光キャッシュプリカ・JTB旅行券:5,000円相当)
ボーナスポイント
電子マネー付帯 iD、Apple Pay、PiTaPa、QUICPay
チャージできる電子マネー nanaco・楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA
家族カード なし
ETCカード 無料
国内・海外旅行保険 【Master】
国内旅行保険 なし
海外旅行保険 なし
【American Express】
国内旅行保険 最高3,000万円
海外旅行保険 最高3,000万円
ショッピング保険
ApplePay対応 対応
マイルの還元率 ANA:0.6% (1マイルの価値を2円と想定)
JAL:0.5% (1マイルの価値を2円と想定)
即日発行 不可 ※最短3営業日で発行可能

2.シネマイレージカードセゾンのメリットについて

メリット1:TOHOシネマズで毎週火曜日、年に50回以上400円割引!

シネマイレージカード・セゾンを持っていると、毎週火曜日に通常1,800円の映画料金が400円安くなり1,400円で鑑賞することができます。

しかも、シネマイレージカード・セゾンは初年度年会費無料、2年目以降もたった300円+消費税なので、月額にすると僅か27円の維持費です。

さらにその年会費もカードを1年に1回利用するだけでタダになるので、実質無料と考えていいでしょう。

もうこの時点で「発行した方がお得だ!」と気付いている人もいると思います。

シネマイレージカード・セゾンの特典である400円割引特典はカード会員だけでなく、一緒に鑑賞する友達、家族、恋人などの同伴者にも適用されるので、人数が多ければ多いほどお得になっていきます。

「毎週火曜日」なので、1年間で約50回以上割引で映画を鑑賞できるチャンスがあります。

映画を見れば見るほど、カードを持っていない状態で映画館を利用している人より段違いでお得になります。

割引利用回数 割引総額
1回 400円
5回 2,000円
10回 4,000円
20回 8,000円
30回 12,000円
40回 16,000円
50回 20,000円

年に50回は現実味が無いですが、月に1回、年に12回であれば映画好きな人ではなくても現実味のある回数でしょう。

そうすると、年間で4,800円のお得になります。

年会費実質無料でこれだけのサービスが受けられるのであれば発行した方が絶対にお得なカードです。

  • 友達と遊ぶとき
  • 子供を映画に連れて行くとき
  • 恋人とのデート

など、学生でも主婦でも社会人でも誰でも利用しやすいカードです。

メリット2:6回映画を見ると1回無料!1,800円がタダで還元率は最大27%!

シネマイレージカード・セゾンのさらなるメリットとして、映画を1回観る度にチケット発券時にシネマイレージカードを提示するか機械に入れるとポイントが1ポイント貯まります。

そして鑑賞ポイントが6ポイント貯まると映画1本分の鑑賞料がなんと無料になります!

「へ〜。でも『400割引の特典と併用は出来ません』とかの制限があるんでしょ?」という心配もあるかと思いますが、その心配は不要です!

  • 一般鑑賞料金
    →1,800円
  • シネマイレージ・デイ(毎週火曜日)
    →1,400円
  • ファーストデイ(毎月1日)
    →1,100円
  • TOHOシネマズ・デイ(毎月14日)
    →1,100円
  • レディース・デイ
    →1,100円

上記の割引日にカードを利用してもポイントは貯まります!

なので、

  • 安い日(1,100円の日)に6回利用
    →通常料金の日(1,800円の日)に無料特典利用

という方法でカードを利用すると圧倒的にお得なカードとして利用することができます。

「どのくらいお得なの?」というと、下記のようになります。

利用料金 6回利用時の費用 1,800円の日に
無料で鑑賞した場合の還元率
通常料金
1,800円
10,800円 16.7%
シネマイレージ・デイ
1,400円
8,400円 21.5%
ファースト・デイ
TOHOシネマズ・デイ
レディース・デイ
1,100円
6,600円 27.2%

上記のように最高27.2%という信じられない還元率でカードを利用することができます!

『還元率』という表現をすると堅苦しくて、「ふ〜ん、そうなんだ」とあまりスゴさが分からないと思いますが、還元率27.2%というのは有り得ないほどお得な数字です。

例えば、シネマイレージカード・セゾンの元々の還元率は1,000円分のカード利用をすると、5円相当のポイントが1ポイント貰える還元率0.5%のクレジットカードです。

年会費無料のクレジットカードのほとんどはこの「還元率0.5%」というのが普通で、高くても1.0%です。

つまり、

  • クレジットカードの常識
    =1,000円で5円程度のお得(ポイントゲットなど)
  • シネマイレージカード・セゾン
    =1,000円で最大27.2円のお得(無料鑑賞券)

ということになります。

6,600円を利用して、1,800円が無料になるチケットが貰えますが、普通のクレジットカードだと6,600円のカード利用をしても、たった33円程度のポイントしか貰えません!

ちょっと長くなりましたが、どれだけお得かが分かってもらえたでしょうか?

「でも、『○○日以内に6回見ないとダメ!』とかの制限があるんじゃないの?」という心配もあると思います。

大体この手のサービスは、無理矢理期間を短くして特典ゲットまでを達成できなくするのがビジネスの常套手段ですが、なんとシネマイレージカード・セゾンの無料鑑賞券プレゼントには有効期限はありません!

つまり1年間の間に6回映画を見ても、5年間の間に6回映画を見ても、同じように1回無料鑑賞券を貰うことができます!

  • 「今月は忙しくて映画を見に行けない…」
  • 「最近面白そうな映画が無い!」
  • 「友達と予定が合わないから中々映画に行けない…」

という場合にも焦って映画館に駆け込むことはありません。自分のペースで映画を6回観ればOKです!

さすがに「3人で観れば3回分とカウントされる」というようなサービスはありませんが、映画が好きな人も、映画をそんなに観ない人でも自分のペースでポイントを貯めていけるというサービスは非常に使いやすい特典です。

1ヶ月1回映画を観る人であれば、1年間に2回無料で映画を観ることが出来るカードと考えると、年会費無料なのがどれだけ異常なのかが分かると思います。

メリット3:映画を見るとシネマイレージマイルが貯まる!マイルは映画館のアイテムと交換!

ここまでご紹介してきたカードのメリットとして

  • 毎週火曜日は映画鑑賞が400円割引
  • 映画を6回観れば1回無料

というサービスでしたが、さらにシネマイレージカード・セゾンでは映画を観るだけで得られる特典があります。

それが「シネマイレージマイル」という特典です。

航空会社のマイルを真似たサービスで、映画の上映時間1分につき1マイルがたまり、貯まったマイルはアイテムと交換することができます。

交換できるアイテムは下記の通りです。

マイル数 交換商品名 マイルを貯めるのに
必要な映画本数
(120分の映画の場合)
300マイル 抽選で当たるオリジナルグッズ 2.5本分
1,000マイル ポップコーンSサイズ 8.4本分
ドリンクSサイズ
6,000マイル 1ヶ月フリーパスポート
(六本木ヒルズ以外)
50本分
9,000マイル 1ヶ月フリーパスポート
(六本木ヒルズ)
75本分

特にメリットがあるのはフリーパスポートです。

六本木ヒルズのフリーパスポートを手に入れれば、国内でも最高レベルの空間で映画を楽しむことが出来ます!

ただし、マイルの有効期限はマイルを獲得した翌年の12月31日なので、最短で1年、最長で2年という期間です。

例えば、2018年1月にマイルを貯め始めれば、最初のマイルの有効期限が切れるのは2019年の12月で最長の2年になります。

24ヶ月で六本木ヒルズのフリーパスポートをゲットしようと思えば、120分の映画を月に3〜4本観る計算になります。

「それはちょっと厳しいかも…」と思う人もいると思いますが、一ヶ月間映画が巨大スクリーンで観ることが出来ると考えると、確かにそれだけの価値があるでしょう。

2017年12月31日からマイルを貯め始めると、有効期限は最短の2018年12月31日の1年で切れるので、利用開始のタイミングは考慮した方がいいかもしれません。

しかし、一度TOHOシネマズで映画を鑑賞すると

  • 毎週火曜日は映画鑑賞が400円割引
  • 映画を6回観れば1回無料
  • シネマイレージマイルが貯まる

という3つのカード特典が一気に利用できるので、映画を観る場合には絶対に発行した方がいいカードです!

メリット4:映画ライフの管理が便利!

大抵この手のカードは、管理がめんどくさくなってしまい

  • 「あれ?ポイントはどれだけ貯まってたっけ…?」
  • 「この前利用したのいつだっけ?」
  • 「最近どんな映画が公開されてるの?」

という風になってしまいがちです。

シネマイレージカード・セゾンでは、カードの利用履歴を含め、様々な機能を備えた会員限定の便利なサービスを提供しています。

サービス名 サービス内容
会員専用ページトップ 鑑賞ポイントやマイルの合計数の表示のほか、会員限定のお知らせを閲覧可能です。
シネマイレージ レポート 過去3年分の鑑賞履歴を表示・確認できます。
マイル交換特典 交換申し込みが可能なマイル特典を紹介・確認できます。
グループリスト 最大10件まで自分以外のシネマイレージ番号を登録可能で、グループリストに事前に登録すれば会員割引でチケット購入可能です。
簡単チケット購入 ログインIDとパスワードでインターネットチケットを購入可能です。氏名・電話番号などの入力が不要で利用することができます。
TCメール 会員限定のキャンペーンやTOHOシネマズのおトクな情報、最新映画情報がメルマガで配信されます。

これらの情報を一括管理してくれるので、カード会員はカードをスムーズに利用することができ、自分で利用回数などを覚えておく必要はありません。

メリット5:ネットショッピングでポイント最大30倍!

「シネマイレージカード・セゾンは映画観でしかお得にならないの?」という疑問があると思います。

もちろん「TOHOシネマズの映画館限定」ということで割り切って利用するのもありですが、シネマイレージカード・セゾンはセゾンカードが提供するポイントモール「セゾンポイントモール」も利用することができます。

セゾンポイントモールでは通常1,000円で1ポイントの永久不滅ポイント(シネマイレージカード・セゾンのポイント制度)が2~30倍のスピードで貯まっていきます!

「セゾンポイントモールってなに?」というと、誰でも知っているようなネットショップが集まっているポイントサイトで、セゾンポイントモールを経由してネットショップにアクセスすると、指定の倍率でポイントをゲットすることができます。

つまり、例えば大手ネットショップの「Amazon」でショッピングをする場合

  • 普通にAmazonにアクセスしてカードでショッピング
    →Amazonポイントゲット
    →永久不滅ポイント通常倍率(0.5%)
  • 「セゾンポイントモール」を経由してAmazonにアクセス、カードでショッピング
    →Amazonポイントゲット
    →永久不滅ポイント2倍!(1.0%)

という風に、セゾンポイントモールを経由するというワンステップを行なうだけでポイントを倍のスピードで貯めていくことが出来ます!

「うわ…地味にメンドクさそう…」と思うかもしれませんが、確かに最初の1回目は会員情報の入力が必要ですが、2回目以降はブックマークをしておけばOKです!

利用できる店舗とポイントの倍率は下記の通りです。

セゾンポイントモールの店舗、ポイント倍率一覧

総勢約450店舗のネットショップが参加しているため、セゾンポイントモールで見つからないものはないでしょう。

しかも先ほどご紹介した通り、

  • ショッピング先独自のポイント
  • セゾンカードの永久不滅ポイント

の2種類のポイントが同時に貯まっていくというメリットもあるのでネットショップを利用する場合は絶対にセゾンポイントモールを経由した方がお得です!

メリット4までは「TOHOシネマズでお得になります」というメリットをご紹介しましたが、このセゾンポイントモールは全く別のメリットです。

  • 「ネットショップでしか取り扱ってない商品がある!」
  • 「ネットショップで買った方が安い!」
  • 「雨で外に出るのがメンドクサイからネットショップで済ませよう」

などという場合にもシネマイレージカード・セゾンは活躍するということです!

永久不滅ポイントの交換先

「貯めるのはいいけど、永久不滅ポイントって何に使えるの?」という疑問もあると思います。

まず、メリットとして名前の通り有効期限が無期限で、他のクレジットカードのように1年〜2年で消滅しないという特徴を持ったカードです。

シネマイレージカード・セゾンの映画鑑賞ポイントと同じで、自分のペースでポイントを貯めることができるフレキシブルなカードです。

しかも、ポイントの交換先はなんと約300種類以上あり、ポイントを貯めて「何に使えばいいの?」という風に迷うことはないポイントです!

ポイント交換先一例

上記のように、コンビニなどで使いやすい「Tポイント」や「nanacoポイント」から金券、チケット、支払いの充填など、幅広い使い道があるポイントで、貯めていて損はありません。

メリット6:アメックスブランドを選べば限定特典が利用可能!

シネマイレージカード・セゾンでは

  • Masterカード
  • American Express(通称:アメックス)

のどちらかのカードブランドを選ぶことが出来ます。

この内、アメックスブランドを選ぶと、年会費が3,000円+消費税発生します。

Masterカードブランドの場合は

  • 年会費初年度無料
  • 2年目以降300円+消費税
  • 年1回のカード利用で年会費無料

なので、ほとんどの人は「Masterカードブランドの方がいいじゃないの!?」と思おうでしょう。

もちろん映画鑑賞用のみに利用する場合はMasterカードブランドを選んでOKです。

しかし、アメックスブランドを選んだ際に利用できるサービスも、利用する人にとっては年会費3,000円+消費税が安く思えるほどのサービスになっています!

海外・国内旅行保険、ショッピング保険

アメックスブランドを選んだ際には、旅行保険が付帯するようになります。

しかも、その保険の内容は、他のクレジットカードと比べると、年会費10,000円程度のゴールドカードと同じレベルの旅行保険が付帯します!

【海外旅行傷害保険】
カード セゾンブルー・
アメックスカード
三井住友VISA
ゴールドカード
年会費 3,000円+消費税 10,000円+消費税

付帯条件

自動付帯 自動付帯+利用付帯

死亡・
後遺障害

最高3,000万円
【自動付帯】
1,000万円
【利用付帯】
4,000万円
傷害治療 最高300万円 最高300万円
疾病治療 最高300万円 最高300万円
救援者費用 最高200万円 最高500万円
賠償費用 最高3,000万円 最高5,000万円
携行品損害 1旅行中最高30万円
自己負担3,000円
1旅行中最高50万円
自己負担3,000円
家族特約 なし なし
【国内旅行傷害保険】
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円
入院費用 5,000円/1日
手術費用
通院費用 3,000円/1日

特に海外旅行保険は、このレベルの保険を任意で掛けようとすると、1回4万円近くの費用が発生します!

もし海外で事故や病気になって入院などになると、一回の医療費で300万円近くの出費になります。「海外に行く時は絶対に保険を掛けておけ!」と言われる理由はここにあります。

もちろん必要がない人は利用する必要はありませんが

  • 「近々海外に行く予定がある」
  • 「留学するつもりだ」
  • 「仕事で海外も有り得る」

という方は、旅行保険が充実したアメックスブランドを発行しておいて財布の中に入れておくだけで安心して海外旅行を楽しむことが出来ます。

さらに、国内海外で利用できるショッピング保険も付帯しており、カードで購入したものについて下記の補償を受けることができます。

【ショッピング保険】
保険限度額 年間100万円
自己負担額 1事故1万円
補償期間 購入から120日間

特に海外でのショッピングでは「ホントにこの商品大丈夫かな…?」というような場合があるでしょう。

そんな時にコレだけ充実したショッピング保険が付帯していれば迷うこと無く楽しくショッピングを楽しむことが出来ます!

アメリカン・エキスプレス・セレクト

アメリカン・エキスプレス・セレクトでは

  • ダイニング(レストラン)
  • ショッピング
  • トラベル、レジャー

の3つのジャンルでカード会員限定の優待特典を受けることができるサービスです。

レストラン、トラベル、レジャーでは

  • ANAインターコンチネンタルホテル
  • ANAクラウンプラザホテル
  • ヒルトンホテル
  • ザ・リッツカールトンホテル
  • ウェスティンホテル
  • シュラトンホテル
  • 帝国ホテル

などの高級ホテルでの宿泊や食事に対して会員限定の割引や優遇サービスを受けることができるサービスを利用することができます。

レストランでは10〜20%引きで食事ができるサービスで、ホテルではなんと最大75%割引で宿泊することができます!

しかも、日本のみではなく下記の国でも利用できます。

エリア
アジア インド
インドネシア
シンガポール
タイ
バングラディッシュ
マレーシア
モンゴル国
中国
台湾
日本
韓国
香港
ヨーロッパ
中東

アラブ首長国連邦
アルメニア
エジプト
エチオピア
オマーン
カザフスタン
カタール
キプロス
クウェート
サウジアラビア
ジョージア
スイス
チュニジア
バーレーン
ポルトガル
モロッコ
ヨルダン
リトアニア
レバノン
ロシア

海外アシスタンスデスク

アメックスが提供する「海外アシスタスデスク」では旅行中のカード会員に対して、24時間365日年中無休、通話料無料で日本語で相談に乗ってくれるサービスです!

海外旅行中に

  • 「ここら辺で美味しいレストランないのかな?」
  • 「コンサートのチケットが欲しいな」
  • 「パスポートを盗まれた!どうしよう!」

などという様々なトラブルや相談に対して対応してくれます。

【対応内容一覧】

都市・観光情報案内
ホテル、レストラン、鉄道、レンタカー、リムジン送迎などの案内・予約
観光ガイドの手配
航空券の予約・リコンファーム代行
スポーツ・イベント・コンサートなどのチケット手配
海外ゴルフ場の手配
各種オプショナルツアーの案内・予約
事故、トラブル時の各種手配&アドバイス
カード・パスポートなどの紛失・盗難時の手続きの案内
日本人医師または日本語が話せる医師・医療施設の案内
トラブル時の現地警察・保険会社などの各種案内

このサービスだけあれば

  • 「初めての海外だから不安…」
  • 「1人旅だから何かあったらどうしよう…」
  • 「トラブルが起きても英語が話せない…」

という不安は一気に解消できて、安心して旅を楽しむことができます!

アメックスブランドまとめ

アメックスブランドのメリットを簡潔に表現すると

  • 海外にいく人はアメックスブランドにした方がいい

という感じです。

「他に海外旅行用のクレジットカードを発行するから大丈夫」という方は別ですが、持ってない人はアメックスブランドを選んで間違いないでしょう。

特に旅行保険に関しては、他のクレジットカードの旅行保険と合算されて適用されます。(死亡・後傷害保険は除く)

例えば

  • シネマイレージカード・セゾン
    =傷害保険300万円
  • 別のクレジットカード
    =傷害保険200万円

という2枚を持っていれば、合計500万円の補償を受けることが出来ます。

つまり、持っていて損はないということです。

「全く海外には興味がない!」という人はMasterカードブランドを選んでOKです。

メリット7:セゾン共通のメリットが利用可能!

シネマイレージカード・セゾンの最後の特徴として、セゾンカードが提供している共通のメリットも利用できるという点です。

利用できるサービスの一例は下記の通りです。

カード会員特典 サービス内容
24時間スーパー西友(SEIYU)・リヴィン・サニーでの利用特典 毎月5日、20日と特別開催日に利用金額から5%OFFで買物が出来ます。
e+(イープラス)で会員優待サービス コンサート ・演劇・ミュージカル・伝統芸能・お笑い クラシック・ダンス・バレエ スポーツ・イベントなどのチケットを優先予約・優待価格で購入できます。
会員制特典サービス「トク買」  約90万店舗以上が優待価格で利用できるようになる「トク買」に月額324円(税込)で入会することができます。
安心サービスのSuper Value Plus ショッピング保険やスポーツ保険など、ライフスタイルに合わせた保険を年額300円から掛けることができます。

この中でシネマイレージカード・セゾンを利用する人に最もメリットがあるであろうサービスは「トク買」でしょう。

「トク買」では

  • カフェ
  • カラオケ
  • 映画館
  • レストラン

など、全国約90万店舗のお店で割引サービスを受けることが出来るサービスです。

登録すると月額324円(税込)が発生しますが、月に1〜2回利用する方であれば、十分その元をとることが出来ます。

シネマイレージカード・セゾンで映画を見に行った帰りにカフェでお茶したり、カラオケなどに行ったりする人であれば有効活用できるサービスです。

「トク買」利用可能店舗例一覧

約90万店舗という莫大な加盟店があるので、学生、主婦、社会人問わず利用しやすいサービスです。

3.シネマイレージカードセゾンのいまいちポイントについて

シネマイレージカード・セゾンのイマイチな点としては、通常のカード還元率が低いところです。

「還元率」とは、カードで利用した金額に対して、ポイントなどでお得になる割合のことです。

シネマイレージカード・セゾンでは1,000円利用して貰えるポイントは5円相当で、還元率0.5%のカードです。

Masterカードブランドであれば、実質年会費無料なので、0.5%というのは妥当な数字ですが、年会費無料のカードでも「楽天カード」は還元率が1.0%なので、還元率だけを重視するのであれば楽天カードに軍配があがります。

しかし、メリットの部分でもご紹介しましたが、還元率が低いことの救済措置として「セゾンポイントモール」があります。

セゾンポイントモールを利用すれば、最低でもポイントが2倍になり、1.0%の還元率でカードを利用することができます。

つまり

  • カードはメインとしてTOHOシネマズで利用する!
  • カードでショッピングする時は「セゾンポイントモール」を利用する!

と決めてしまえば、他の高還元率のクレジットカードと対等のカードとして利用することが出来るということです!

家賃や光熱費などの支払いには向いていませんが、還元率が低いことに嘆く必要がないようにセゾンポイントモールを有効活用していきましょう。

4.シネマイレージカードセゾンの最大の強み!こんな人におすすめしたい!

シネマイレージカード・セゾンの最大の強みは、言う必要も無いと思いますが「映画を観るとお得になる」と言う点です!

1回映画を観るだけで

  • チケットが割引される
  • 鑑賞ポイントが貯まる
  • アイテム交換できるマイルが貯まる

という3つのメリットを得ることが出来ます。

逆に言えば、映画を観るのにシネマイレージカード・セゾンを持っていない人は、このメリットをポロポロと取りこぼしているのと同じということになります!

もし映画を観る方でシネマイレージカード・セゾンを発行したくないという方は

  • クレジットカードを発行したことが無くて不安な方
  • 発行するのがメンドクサイ方

のどちらかでしょう。

「クレジットカードを発行したことが無くて不安…」という方は、Masterカードブランドを選びましょう。

実質年会費無料のクレジットカードなので、何のデメリットもありません。むしろ、クレジットカードを利用する練習用のカードとしても利用することができます。

また、シネマイレージカード・セゾンは特定の店舗で利用することでメリットが得られる「提携店特化型カード」なので、複雑なサービスがなく、「ここで利用すればOK!」という非常に分かりやすいカードです。

シネマイレージカード・セゾンの利用ポイントをまとめると

  • 映画を観る時はTOHOシネマズで利用する
  • ネットショッピングは「セゾンポイントモール」で利用する

というたった2つのポイントに絞って利用するだけでOKです。

もしくはクレジットカードというより「映画専用のカード」として、会員カードのように利用するのもいいでしょう。

「映画観にはあまり行かない…」という方でもシネマイレージカード・セゾンを発行することをキッカケに月に1回でも「映画デイ」を作って友達や好きな人を

  • 「映画が割引になるカードがあるから映画見に行かない?」

という自然に遊ぶキッカケになったり、デートに誘うキッカケにすることもできます。学生、主婦、社会人、どの立場の人でも利用できる救世主のようなカードです。

 

5.シネマイレージカードセゾンはどういう使い方が最もお得になるのか?

お得に利用するコツ1:カードブランドを自分のライフスタイルに合わせて選ぶ!

まずシネマイレージカード・セゾンを発行する際の始めの分岐点として、カードブランドを選ぶステップがあります。

選べるブランドは

  • Masterカードブランド
    =年会費実質無料
  • American Expressブランド
    =年会費3,000円+消費税

ですが、「どっちを選べばいいの?」という質問に対しての答えとしては「自分のライフスタイルに合わせて選ぶ!」というのが適切な答えです。

海外旅行に行くのであればアメックスブランドを選んだ方がお得ですし、「海外には行かない!」という方にとってはアメックスブランドは損です。

「どっちか分からない!」という方はMasterカードブランドでOKです。

必要になった時に、必要に応じて海外旅行用のカードを発行しましょう。

お得に利用するコツ2:割引の日に利用する!人数が多いほどお得!

シネマイレージカード・セゾンの割引サービスは大勢で利用すればするほどお得です。

毎週火曜日は400円×人数分の割引が適用されるので、カード会員だけでなく、友達を誘って映画を見に行くことでカードを有効活用することができます。

特に映画という話題性のあるものであれば

  • 好きな異性をデートに誘える
  • 旬の話題についていける
  • 日常の雑談のネタとして映画の話題を使える

などというメリットもあるので、自分の人脈を広げるキッカケやコミュニケーション力を上げるツールとしても使うことができます。

大抵話し上手な人や、話が面白い人は「趣味は映画鑑賞です」という人が多いですよね。

それは面白い映画の言葉や展開を無意識に学んでいるからかもしれません。

話がズレましたが、友達、異性と遊ぶキッカケが作れ、人生の質が上がる要素が盛り沢山の上に割引サービスが利用できるという優れたカードです。

お得に利用するコツ3:マイルで1ヶ月無料鑑賞パスポートを狙え!

カードで貯まるシネマイレージマイルを貯めるのであれば

  • 6,000マイル
    =一ヶ月フリーパスポート(六本木以外)
  • 9,000マイル
    =一ヶ月フリーパスポート(六本木)

を狙いましょう!

もちろんポップコーンやドリンクに利用するのもいいですが、Sサイズのポップコーンやドリンクに1,000マイル使ってしまうのであれば、6,000マイル貯めて1ヶ月映画が観放題のフリーパスポートをゲットしたいところです。

1回の鑑賞料を1,800円として、1ヶ月30日、毎日映画を観れるとしたら、単純計算で

  • 1,800円×30日
    =54,000円

と、年会費無料のカードで5万円以上のメリットを受けることが出来ます。

6,000マイル貯めるのには6,000分(100時間分)の映画を観る必要がありますが、マイルの有効期限である2年間であれば現実的な数字です。

映画好きな人は是非この特典を狙いましょう。

お得に利用するコツ4:シネマイレージカード・セゾンを利用するポイントは2つに絞る!

シネマイレージカード・セゾンは通常の還元率が低いので、家賃の支払いや光熱費の支払いなどにカードを利用してもポイントがあまり貯まらないのでメリットの少ないカードです。

その代わり、映画を観る際に利用すると、最大還元率27.2%という他のクレジットカードでは再現できない化け物じみたメリットを叩き出す最強のカードとして利用することができます。

つまり、シネマイレージカード・セゾンは

  • TOHOシネマズで利用すると最強のクレジットカード!
  • それ以外で利用すると普通のクレジットカード以下!

というピンポイントで力を発揮するクレジットカードです。

繰り返しになりますが、シネマイレージカード・セゾンの利用ポイントとしては

  • TOHOシネマズでの利用
  • セゾンポイントモールでの利用

この2点に絞って利用することで最大限のメリットを得られるカードです!

それ以外のことに利用する際は、別のバランスの取れたクレジットカードをもう1枚発行して、シネマイレージカード・セゾンは「サブカード」、バランスのいいカードを「メインカード」として利用しましょう。

6.まとめ

シネマイレージカード・セゾンはクレジットカードというよりも「会員カード」というニュアンスの方が強いカードかもしれません。

TOHOシネマズを利用する人は発行しなければ驚異的に損をしてしまいます。

「映画は観るけど、TOHOシネマズでは観てないな〜」という方は、カードを発行してTOHOシネマズで観るようにすることをオススメします。

6回映画を観て1回無料になる、しかも期限は無期限となると、そんなに映画を観ない人でも利用しやすいメリットです。

最後にシネマイレージカード・セゾンのメリットをまとめると

  • Masterカードブランドにすれば実質年会費無料
  • アメックスブランドにすればサービスがゴールドカードレベル
  • TOHOシネマズで映画を観れば
    ①カード会員限定割引
    ②鑑賞ポイントゲット、6回観れば1回無料
    ③シネマイレージマイルゲットで、1ヶ月映画観放題も可能
  • ネットショップでポイント2~30倍

というメリットのあるカードです。

パソコンやケータイで映画が観れる時代ですが、映画観で観る映画は圧倒的に迫力が違います!

是非シネマイレージカード・セゾンを発行して友達や家族、好きな人と映画を観て思い出を増やすキッカケにしてみてください。

↑一番最初に戻ってもう一度読み直す↑

クレジットカード
ランキング特集

クレジットカード 総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い
「審査がちょっと心配…」というあなたにオススメしたい記事
審査に落ちた人でも申込みできる「ACマスターカード」とは?
クレジットカードの審査を絶対に通すためにやるべき13のチェック項目
クレジットカードの審査に落ちたら他カードの審査もできないのか?
クレジットカード限度額の増額審査に落ちる5つの理由と4つの審査基準
楽天カードの審査を確実に通すために準備すべきこと&よくある質問まとめ
   
少しでも多くのポイントを貯めたいあなたに読んでほしい記事
dカードゴールドの還元率と特典スゴすぎ!全員ドコモに乗り換えて発行すべきだわ
楽天カードはポイントの貯まりやすさが魅力!口コミ評判まとめ
Yahoo!JAPANカードとファミマTカードを徹底比較!2枚発行して二重取りできる?
Yahoo!JAPANカードでTポイント貯まる!メリットデメリットまとめ
リクルートカードのポイント還元率1.2%最強!メリットデメリットまとめ
     
マイルを貯めて、家族全員分の海外旅行費用を無料にする方法とは?
ANAマイルを貯めるとどんなメリットが得られるのか?
JALとANAのマイルを貯める4つの方法を徹底解説!
ANASKYコインとは?ANAマイルを使うよりもANASKYコインに交換したほうがお得?
ANAマイルの36か月間の有効期限を少しでも延長させる賢い方法
dカードゴールドで年間1万マイルを貯める陸マイラー必見の最新手法
     
楽天カードを申し込む前に読んでほしい記事
楽天カードの期間限定入会キャンペーンでもらえる8000円分の楽天ポイントを確実にGETする方法と注意点について 
楽天カードの過去の新規入会キャンペーンまとめ!いつ始まる?いつポイント付与される?
楽天ゴールドカードは申し込む価値ある?どう違うのか比較してみた
楽天プレミアムカードは申し込む価値あるのか?どう違うのか比較してみた
楽天カードの審査時間は遅い?審査結果はいつ頃メールで届く?
     
dカードGOLDを申し込む前に読んでほしい記事
dカードGOLDの家族カードは絶対作っておくべきと断言する理由とは?
dカードGOLDのケータイ補償は水没も盗難も破損も対応?補償を確実に受けるために
dカードGOLDの年会費いつ支払う?年会費をポイント払いできる?
dカードGOLDどこの空港ラウンジで使える?利用方法と利用人数について
dカードの特徴スペックとメリットデメリットまとめ