今回はセディナカードJiyu!da!イオンカードを徹底的に4項目から比較検証していきます。

具体的には年会費ポイント還元率割引サービスポイントの利用用途で見比べ、各項目でどちらが優れているかを導き出します。

さらに両者が得意(優遇)としているイオンでの買い物などから、スーパーでの実際に利用が想定されるシーンではどちらに軍配が上がるかをずばっと回答。

また、後半の項目でそれぞれのメリットデメリットをまとめ、読んでいただいているユーザーに「最適なカードはこっちだ!」ということもわかる構成です。

ぜひ、セディナカードJiyu!da!とイオンカードで申し込みを検討されている方は、参考にしてみてください。

ちなみにイオンカードは派生カードも含めれば相当数種類がありますが、今回は系列クレジットカードの中でもwaonチャージでポイントが貯まって人気の高いイオンカードセレクトを比較対象にさせていただきます。

イオンで買い物すれば還元率1.5%!イオンカードよりもオトク!


※申込みにかかる時間:5~10分前後

PayPayの賢い使い方を徹底解説!!

年会費で比較

年会費項目 セディナカードJiyu!da! イオンカードセレクト
本体カード 無料 無料
家族カード
ETCカード 基本無料で一部有料

別途1,000円の発行手数料あり

イオンもセディナも本体カードと家族カードは無料で大変手に取りやすい印象です。

今回はスーパーのイオンで利用するのはどちらが?ということで、日常的に利用することが想定出来ます。

毎日の買い物で「年会費=維持費のかかるカードなんて使ってられない!」と言う奥様方も多いでしょう。

どちらも基本的なグレードのクレカなので、コストが必要以上にかかることはありません。

ただし、セディナのETCカードは基本年会費無料なものの、一部カード発行のETCは有料となります。

上記とは別にETCを発行するための手数料が1,000円かかる点も気を付けるべきポイントです。

以上のことを鑑みれば、年会費での比較は一切支払いが発生しないイオンカードに利点がある結果となりました。

ちなみにどちらも国際ブランドはVisa、Master、JCBから選択することが可能です。

ポイント還元率で比較

ポイント還元率項目 セディナカードJiyu!da! イオンカードセレクト
基本還元率  200円利用で1ポイント 0.5%還元
常時ポイント優待  下記で毎日ポイント3倍=1.5%還元

  • セブン-イレブン
  • ダイエー
  • イオン
 イオングループ対象店舗でいつでも2倍=1%還元

  • イオン
  • イオンモール
  • ダイエー
  • マックスバリュなど
自社ポイントモール  セディナポイントモールで最大21倍  ときめきポイントTOWNで最大21倍
割引サービス 毎月第2、第4日曜日にマルエツで買い物をすると5%引き

※ただし、マルエツでは各店舗毎週日曜日に5%引きが行われている

感謝デー割引:上記対象店舗で毎月20日、30日は利用で5%引き

55歳以上のユーザーは15日も5%引き

その他 トクトクステージによって基本ポイント倍率が変化 電子マネーwaonチャージで0.5%のキャッシュバックが受けられる

基本還元率は200円につき0.5%還元なので、やや低い印象ですが、どちらも特定の利用先で基本倍率がアップする機能付きなので心配いりません。

セディナの場合はセブンイレブンなどで還元率1.5%、イオンは同社のグループで1%の還元です。

イオンカードの場合は引き上げられてやっと一般的なカードの還元率となり、それに対してセディナカードはそんじょそこらでは考えられない超還元率

スーパーで一円でも安いものを買う、レジを通る前に一度購入物を確認する倹約家には貯まらない特典ではないでしょうか?

両者のポイントモールでの優待も同じ程度のため、ポイント還元率では圧倒的にセディナカードJiyu!da!の勝利です。

唯一セディナにイオンカードが優るとすれば、電子マネーwaonのチャージで0.5%ポイントが貯まることくらいでしょうか。

クレジットカード業界全体を見ても電子マネー入金でポイント還元される仕様はあまりなく、waonに至っては数えるほどしかないので、非常にレアな特徴です。

個別にこちらでイオンカードについてまとめた記事があるので、気になる方はぜひ覗いてみてください。

イオンカードセレクトの割引、ポイント還元を最大限利用した場合

せっかく本記事を読んでいただいているので、いろいろな利用状況を想定したお得度を知りたい方向けに少し突っ込んだ話をします。

イオンセレクトの場合は割引とポイント貯蓄を両立できるメリットがあり局地的な利用では一時的にセディナを上回ることも可能です。

イオンカードセレクトで割引+ポイント還元:1,000円利用×割引5%=950円×1%還元=9.5円キャッシュバック+50円引き

セディナカードJiyu!da!でポイント還元:1,000円利用×1.5%キャッシュバック=15円キャッシュバック

しかし、表の通り毎月20日と30日の月2回だけであり、毎日制限なく高還元キャッシュバックの恩恵を受けられるセディナのサービスには改めて脱帽と言ったところ。

簡単に言えば、美味しいものが月2回しか食べられないか、毎日そこそこ美味しいものが食べられるかの違いです。

またセディナの特徴的なシステムとして、カードを使えば使うほどポイント倍率が上昇するトクトクステージサービスがあります。

こちらは一時的なものではなく年間での適応となり、今回のセディナカードJiyu!daでは1倍から1.3倍、上位クラスカードになると1.2倍から1.6倍まで変化します。

  • 50万円利用-1.1倍
  • 100万円利用-1.15倍
  • 200万円利用-1.3倍

と基準が設けられており。

仮に年間200万円利用を2年間続けた場合、基本還元率が0.5%に1.3倍となるので、10万円のキャッシュバックが13万円のポイント還元へと変化します。

いくらストイックな節約をしても年間3万円をねん出しようと思えば血のにじむような努力が必要です。

それをセディナカードでたくさん買い物するだけで得られるとあれば、お財布のひもを握っている主婦(あるいは主夫)の重荷も少し減るのではないでしょうか?

最低限の50万円利用であっても本来2万5千円還元が2,500円分増量され、ただ多く利用するだけで付与率が上がるのは嬉しいポイントです。

月々の支払をセディナカードにするだけで年間5,100ポイントも還元!?

例えば、公式が提示している到達例では、さきほど紹介したように無理にカードを利用しなくても決済をセディナカードへ変更することで簡単に達成できることが明示されています。

年間50万円、100万円利用しなければならないと聞くと、ユーザーにとってはさも不可能で大変かのように感じますが、こちらの表を見れば「これなら自分でも簡単に達成できるかも!」と思ってもらえるはずです。

または、「家族すべての生活費を考えれば、これぐらい全然いっちゃう!」と思わず画面の前でため息をついているユーザーもいるかもしれませんね。

項目 支払額
電気料金 8,000円
ガス料金 7,000円
携帯電話通話料 17,000円
固定電話料 3,000円
プロバイダー料
衛星放送料
新聞購読料 4,000円
国民年金保険料 15,040円
買い物利用 25,000円
1ヶ月合計金額 85,040円
年間合計金額 1,020,480円
年間合計 425ポイント×12ヶ月5,100円キャッシュバック

※別に表の支払額以上にカード決済する必要はなく、皆さんの可能な範囲で現金払いからセディナ払いに変更するだけで、これだけお得になるという一例です。

割引サービスで比較(ポイントアップの対象となるスーパーの店舗の違い)

ここでは、さきほど優待サービスとして出たスーパー利用時のポイント還元率アップについて深く掘り下げていきます。

まずは両者のポイントアップ対象スーパー、店舗をご覧ください。

※公式にて一覧で表示されているもの

イオンカードよりもセディナの方が全国規模でポイント還元

セディナは上記に加え、海外でのショッピング利用も対象となりポイント3倍、全国にガソリンスタンドを450店舗展開している宇佐美グループでも3倍藤田観光グループの対象施設に至ってはわくわくポイントが5倍貯まります。

藤田観光グループは名前に馴染みのない方もいると思いますが、首都圏はもちろんのこと、北陸や近畿、南は九州、沖縄まで全国展開している企業です。

運営媒体も雑多で、宿泊施設をメインにレストランやレジャー施設など、セディナユーザーがお世話になる機会も多いのではないでしょうか?

なので、数にすると33対17店舗とセディナが少ないものの、全体的に恩恵の受けられる利用店舗の幅はセディナカードJiyu!daに軍配があがります

何といっても忘れてはならないのが、対象店舗ならばイオンの感謝デー割引のように日にちで制限されることなくいつでも3倍還元されること

そして、セブンイレブンが対象に入っている点は見逃せません。

スーパーは地域差が大きく、近くに対象となるお店がないこともありえますが、セブンイレブンが近隣に一件もないことはごくごく稀でしょう。

イオン、セディナカードポイントアップ対象比較まとめ!
  1. スーパーの常時ポイントアップ対象店舗はイオン33店舗、セディナ17店舗
  2. セディナはその他にも海外での買い物、全国展開のホテル、レストラン、レジャー施設、ガソリンスタンドでポイント3倍~5倍
  3. セディナは対象店舗にセブンイレブンが入っているのでどのユーザーもお得感を満喫できる

貯めたポイントの使い道について比較

ここでは両者のポイントプログラムであるわくわくポイントと、ときめきポイントの使い道を比較していきます。

まず、セディナJiyu!da!のわくわくポイントの使い道は大きく分けて以下の通りです。

  • グッズ交換
  • 商品交換
  • 他社ポイント交換
  • 寄付
  • キャッシュバック
  • プレミアムセレクション(抽選)

OMCマークのある店舗がわくわくポイント貯蓄の対象店舗となり、100品目にもなる商品と交換出来たり、定番の商品券への引きかえ他社ポイント交換も可能となっています。

また、キャッシュバックサービスも完備しいているので、貯めたポイントを直接換金することも出来ます。

個人的にはこの点が一番セディナカードの利点であると考えており、カードから直接現金へと変換可能なのは大変うれしいポイントです。

家庭を預かっている人ほど、見えないお金より手元にあるお金が大事だという意見もありますので、実生活にフィットした制度となっています。

ときめきポイントも上記使いみちと大差ありません。

ただポイントプログラムからの直接的な換金はできず、プレミアムセレクションのような抽選にて景品をゲットできるサービスもありません。

そこで両者が共通して用意されているであろう商品交換、他社ポイント交換、金券、寄付、自社ポイントモールの項目で比較してみると以下のような内容となりました。

商品交換比較表
項目 ときめきポイント わくわくポイント
商品交換
  • キッチン
  • ヘルス&ビューティ
  • ファッション
  • リビング
  • キッズ&レジャー
  • ペット
  • フード
  • フーズ&ドリンク
  • キッチン
  • ヘルス&ビューティ
  • リラックス&ライフ
  • ビジネス&オフタイム
  • エコロジー&アイデア
  • ハローキティコレクション
  • 「そうだ京都、行こう。」セレクション
他社ポイント交換比較表
項目 ときめきポイント わくわくポイント
他社ポイント
  • 電子マネー利用可能なWAONポイント
  • イオンの買い物に利用出来るポイント(web限定)
  • マイーレジバンク(マイル)
  • dポイント
  • Suicaチャージ
  • コジマポイント(web限定)
  • ベネッセポイント
  • E-NEXCOポイント
  • JRキューポ
  • nanacoポイント
  • ドトールポイント
  • Gポイント
  • dポイント
  • WALLETポイント
  • JALポイント
金券交換比較表
項目 ときめきポイント わくわくポイント
金券
  • ワタミグループ外食店舗で利用可能な食事券
  • イオンコンパス海外パッケージ旅行利用券
  • イーハート食事券
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンパス
  • イオン商品券
  • JCBギフトカード
  • ツーリスト旅行券
  • カスミ商品券
  • nanacoカード(チャージ済み電子マネーカード)
  • VJAギフトカード
  • JTBナイスギフト
  • 日本旅行ギフト旅行券
  • ジェフグルメカード
  • 図書カードNEXT
  • ダイエーグループ商品券
  • JCBギフトカード
  • Amazonギフト券
寄付交換比較表
項目 ときめきポイント わくわくポイント
寄付
  • WWF(公益財団法人世界自然保護基金)への募金(カスミカード会員限定)
  • 公益社団法人国土緑化推進機構への募金
  • 社会福祉法人日本点字図書館
  •  公益財団法人 日本ユニセフ協会
  • 日本赤十字社
  • 公益財団法人 緑の地球防衛基金
  • WWFジャパン
  • 公益財団法人 日本盲導犬協会
  • 公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟
  • 公益財団法人 日毋おぎゃー献金基金
  • 赤い羽根共同募金
  • 一般財団法人 地球・人間環境フォーラム(GEF)
  • 公益財団法人 国際湖沼環境委員会(ILEC)
  • 特定非営利活動法人 エコデザイン市民社会フォーラム
自社ポイントモール比較表
項目 ときめきポイント わくわくポイント
自社ポイントモール(オンラインショップ)
  • イオンワイン通販サイト
  • イオン自転車通販サイト
  • イオン人気ブランド通販サイト
  • イオンボディ
  • アンドリューズタイズ(ハンドメイドネクタイ)
  • R.O.U(雑貨店)
  • イオンスマホオンライショップ
  • イオン琉球(特産物)
  • キッズリバブリック
  • イオンスタイル
  • おうちでイオン(カタログ)
  • ホームコーディ
  • グラムビューティーク
なし

セディナとイオンカードの交換先の評価

全体的な印象はときめきポイント(イオン)がニッチで専門的な利用先が多いのに対し、わくわくポイント(セディナ)カードは、どなたでも利用しやすいラインナップが揃っているように思います。

商品交換では、セディナ側は一般的な種類のほかにハローキティ専用のカテゴリーがあったり、京都セレクションがあるなどポイント獲得後も楽しませてくれようとしている意気込みが伝わってきます。

対する他社ポイント交換ではややイオンが優勢で、電子マネー利用可能なWAONポイントへ申し込めるのは魅力的。

わくわくポイントのauWALLETポイントへと交換できる点も見逃せません。

寄付のカテゴリーは総数を見てもらえれば一目瞭然ですね。

寄付は気持ちが大事なのは重々承知していますが、セディナ側の寄付先はラインナップ豊富+有名な基金が多くユーザーが安心して寄付出来るのも高評価です。

さて、何といっても素晴らしいのがセディナカードJiyu!da!の金券交換先

換金しても利用してもよしである天下のamazonギフト券がある他、5,000円分のチャージ済みnanacoカードと交換できたり、図書カードグルメカードとも交換できます。

お子さんに現金を持たせるのは心配というご両親も、カードで浮いたポイントでチャージ済み電子マネーや、用途の決まっている商品券を持たせるのであればまだ安心出来るはずです。

オンラインショップでのポイント利用は残念ながらイオンカードのみ可能で、セディナのポイントは交換専用となっています。

しかし、どうせポイントを貯めてネットで利用するならば、なるべく現金に換えて手元に置いておきたいと思うのは私だけではないはずです。

セディナはジャパンネットと三井住友銀行から簡単に6,000ポイント分現金化可能!

OMCPlus限定にはなりますが、1,000ポイント以上1,000ポイント単位で銀行へ振り込みしてもらうことができ、三井住友銀行なら交換レートあたり800円ジャパンネット銀行は700円でのキャッシュバックとなります。

申し込んだ翌々月には振り込まれ、現金として納めることが出来るので、無駄に商品券やポイントに変えて無理やり消費したくないユーザーにはぴったりです。

ちなみにセディナカードJiyu!da!では、2018年2月28日まで新規入会で最大6,000ポイントのキャッシュバックが必ず受け取れるweb限定キャンペーンを開催しています。

三井住友銀行計算で、6,000×0.8%=4,800円が実物で手に入る算段なので、無料でお得なクレジットカードと言えど、タダでは作りたくない反骨精神多めな節約家にもおすすめ出来ます。

クレカを利用するけど出来ればお財布を温めるのが好きという方はぜひお見逃しなく!

イオンで買い物するならどちらがお得?

では、肝心のイオンでの買い物をするならばどちらがお得か?の結論ですが、総合的に見てもセディナカードJiyu!da!がお得です。

イオンで買い物をすれば常に還元率1.5%と、どのクレジットカードよりもお得な状態で買い物出来ますし、ダイエーといった他の大手スーパーも対象に含まれています

イオンセレクトカードは月2回の還元率アップ+割引でやっとこそ薄氷の勝利となるものの、セディナは第二、第四日曜日にマルエツで5%引きまで付いてくるとあれば総合的な勝ち目はありません。

スーパー以外で考えても、わくわくポイントは全国で無駄なく使える高い水準のポイントプログラムであり、交換先の素晴らしい内容は既にお伝えした通りです。

そして、再度お伝えしたいのがセディナのポイントは現金化に強いこと

本当の意味での現金に交換することもそうですし、利用頻度の高い無駄とならない商品券へと変えることも出来ます。

ポイント貯蓄も重要おちろんです。

しかし、継続利用していく上では貯めたポイントを如何に使えるかがユーザーの利益には外せないので、ぜひ覚えておいてください。

おっと、忘れてはならない点がもう一つありました。

セディナカードは利用すればするほど基礎還元率が最大1.3倍まで跳ね上がる利点があることも思い出してもらえれば幸いです。

たくさん利用するほど得るものが大きいので、メインカードとして十分活躍してくれます。

最後にそれぞれのカードのメリットデメリットを総まとめしておきました。

復習して帰ってくださいね。

セディナカードJiyu!da!のメリット

  1. 本体カードと家族カードは年会費無料
  2. 基本200円で1ポイントの0.5%還元率(イオンと同じ)
  3. イオン、ダイエー、セブンレイレブンなど対象のお店で常時3倍の1.5%還元率
  4. 自社ポイントモールで最大21倍貯蓄
  5. マルエツで5%引き(実質毎週日曜日ごと)
  6. トクトクステージで多く利用するほど基本ポイント倍率が上昇する
  7. ポイントが貯まる対象が国内外問わず3倍(が多い)
  8. ポイント交換先の安定性抜群
  9. なんなら交換プログラムの現金性能高い
  10. nanacoへはポイント交換、電子マネーカード交換両方対応

セディナカードJiyu!da!のデメリットまとめ

  1. ETCカードのみ1,000円の発行手数料の発生あり
  2. ポイントは交換のみで決済に利用出来ない

イオンカードのデメリットまとめ

  1. 本体カードと家族カード、ETCカードすべて年会費無料
  2. 基本200円で1ポイントの0.5%還元率(セディナと同じ)
  3. イオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなど対象のお店で常時2倍の1%還元率
  4. 自社ポイントモールで最大21倍貯蓄
  5. 対象店舗で5%割引あり
  6. 電子マネーwaonチャージで0.5%ポイント還元
  7. waonポイントへ交換可能(suicaへも)
  8. 貯めたポイントを自社ポイントモールで決済に利用出来る

イオンカードのデメリットまとめ

  1. 割引が月2日で固定日
  2. 全国でポイント倍率アップ対象を見た場合にセディナと比べてやや少ない
  3. ポイント交換先がやや偏っている

イオンでの買い物も全国での利用もセディナカードJiyu!da!がおすすめ

毎日ポイント3倍1.5%還元でイオンでの買い物は常にお得、現金値引きが良ければマルエツで日曜日に買い物と、ユーザーに合わせて優待を使い分けることが可能なセディナカードJiyu!da!。

スーパーでのショッピングは日用品や食品など、日々の生活に密着した買い物が多いと思うので、イオンカード1%との0.5%の差が年間で見ればものすごい大きな違いとなって現れます。

本文中で一例を出した通り、月々の公共料金固定費用セディナカード払いにするだけ年間で5,000円もの節約効果確約されるようなものです。

さらに言えばポイント還元も1.3倍になるおまけ付きです。

毎日スーパーで買い物をする、特に奥様方にはぜひ一枚メインで持っておいてほしいカードと言えるでしょう。

ここだけの話し、カードを作って得たキャッシュバックでこっそり現金へそくりにしたり、家族の生活費で貯まりに貯まったポイントで自分へのささやかなご褒美旅行なんて素敵かもしれません。

お住まいの地域にもよりますがセブンイレブンをはじめとして、イオンカードよりもセディナカードの方が貯蓄対象となる店舗も周りに多いはずです。

ぜひ、いつでもどこでも1.5%の超還元率でモリモリポイントを貯める快感を味わってみてください!

イオンで買い物すれば還元率1.5%!イオンカードよりもオトク!


※申込みにかかる時間:5~10分前後

【イオンカード(WAON)】

【ディズニーデザイン】

クレジットカードとWAONとポイントカードが1枚に!!イオン利用するなら絶対に持っておくべき!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
VISA JCB
Master
20日 30日
5%OFF
イオンシネマ
300円OFF
イオンシネマ
20日 30日
1100円
イオン利用
200円=2P
=2WAON
イオン以外
200円=1P
カード提示で
WAON PONT
貯まる
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今だけ!!最大6000円分のポイントもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

【イオンカードセレクト】

【ディズニーデザイン】

クレジットカードとWAONとイオン銀行のキャッシュカードが1枚になった便利なカード!!貯金するならイオン銀行がお得?!

年会費無料 家族カード
ETCカード
VISA JCB
Master
イオン銀行
預金金利
0.12%
イオン銀行
入出金手数料
無料
振込手数料
月5回無料
イオン利用
200円=2P
イオン以外
200円=1P
WAONオートチャージ
ポイント貯まる
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今だけ!!最大8000円分のポイントもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

クレジットカードを使ったポイント活用術の魅力にハマり、現在は15枚のカードを所有。使う場所や組み合わせを変えたりなど、いつもクレジットカードのことばかり考えている。(累計30万ポイント、累計20万マイル以上を保有)貯めたポイントを使ったプチ贅沢が大好き。貯めたポイントを使って宿泊費を無料にしたり、貯めたマイルを使って飛行機代を無料にして、完全無料で旅行に出かけるのが至福。クレナビ管理人がクレジットカードを使って実際に30万ポイント以上を貯めた方法はこちら