今手持ちのクレジットカードにキャッシング機能はついていますか?限度額はどのくらいですか?

ふと普段使っているクレジットカードについて聞かれると、ショッピング機能・限度額については知っていても【キャッシング】については意外とわからない人もいるのではないのでしょうか。クレジットカードを申し込んだことにある人は、必ずカード入会時にキャッシングの項目に目通してチェックを入れているはずなので、一応クレジットカード所有者には馴染みのあるサービスになります!

実は、クレジットカードを持つ上でキャッシングについて知っておくことは大事なことで、利用する場合の注意点などもいざというときに頭に入れておく必要があります。今回はクレジットカードのキャッシング機能についてまとめてみました!

クレジットカードのキャッシング機能とは?

ここでいう【クレジットカードのキャッシング】とは、クレジットカードに付帯されているキャッシング機能を利用して、提携ATMやCDなどで現金を借り入れすることです。急な出費や手持ちがない時の手段として、必要な時・必要なだけ借りることができるというあると便利で役に立つのがクレジットカードのキャッシングとなります。

特に、「冠婚葬祭が重なって給料日まで遠い…」といった場合にきっといざという時の強い味方になるでしょう「手持ちのクレジットカードでお金を借りることが出来るサービス」ということになります!

クレジットカードのキャッシングのメリットとデメリット

キャッシングは便利な反面、そのデメリットもしっかりと知っておく必要があります。

メリット
  • 急なキャッシュが必要になったときに気軽にATM・CDで借り入れができる
  • 海外旅行時など、提携ATM(国際ブランドが同じ)であれば現地通貨を引き出すことが出来る

メリットとして挙げられるのは主にこの2つだと思います。お金を借りる必要がなければキャッシングをすることもないとは思いますが、イベント・冠婚葬祭・車の修理代・旅行などクレジットカードなど急に現金が必要になった時(クレジットカードでの後払い対応ができない)には便利なものでしょう。

特に、海外旅行時に「現金が必要になったが手持ちがない!」といった場合に海外ATMで一時的にキャッシング=現地通貨でおろし、日本に帰国後返済…といった手段があります。せっかくの海外旅行で手持ちなしでは十分に楽しめないですよね…そういう時にキャッシング機能が付帯しているクレジットカードは非常に役に立つでしょう。

比較的短期間の海外旅行であれば、日本出発時から現金をあまり持たずにクレジットカードのショッピング・キャッシングを利用して、帰国して返済という方も多いようですよ。

一方、「お金を借りる」わけですから、キャッシングには下記のようなデメリットが容易に想像できます。

デメリット
  • 借入には金利手数料がかかる
  • クレジットカードのキャッシング金利手数料は比較的高め
  • 長期的な借入には不向き
  • キャッシングを利用するとショッピング枠が少なくなる

やはり、キャッシングのデメリットとして一番関わってくるのが金利(=手数料)の部分です。お金を無償で貸すわけじゃないので、カード会社としては顧客から得られるキャッシング手数料収入というのは貴重な収入源となります。カード会社の施策などによっては、「キャッシング30日間は金利は0円~」といったキャンペーンなどを展開している場合もありますが、基本的にはキャッシング利用には手数料が必ず発生すると認識してよいでしょう。

また、クレジットカードの付帯しているショッピング枠・キャッシング枠はそれぞれの合計を【与信枠】としてみなされます。

ショッピング枠:100万円・キャッシング枠:30万円が与えられている場合、ショッピング枠を使うとキャッシング枠が減り、キャッシングをするとショッピング枠が減る…といった関係になります。

「どちらの枠も目いっぱいつかえる」というわけではないことを念頭に入れておく必要があります!

気になる手数料

一般的にクレジットカードのキャッシングの金利手数料は、年利:15.00%~18.00%といった幅が平均値のようです。カードによってそれよりも低い金利設定の場合もあると思いますが、ほとんどのクレジットカードがこのラインになっていると思ってもいいと思います。金利の設定はカード会社が好きなように決められるわけではなく、法律によってカード会社が貸し出す金額には【貸金業法】により上限金利が設けられています。それに則ってカード会社は貸出金利を設定しているのです。

また「借入金額が大きいと金利は低く、借入金額が少ないと金利が高くなる」という反比例の関係になっています。10万円借りる場合と100万円借りる場合では、金利のパーセンテージがそれぞれ違う、という感じになります。借入金額が高い場合、金利手数料を少しでも低くして返済計画が立てやすいように…といった狙いがあるのでしょう。

それにしても、15%という金利手数料はかなり高いですね。。。ざっくりと10万円を借りて15,000円/年が手数料として取られる計算になるわけです。

キャッシングにかかる金利手数料の他に、きちんと期日に返済を行わないと発生する「遅延損害金」があります!
キャッシングに限らず、クレジットカードのショッピング枠の未払残高が場合にも請求されるのがこの遅延損害金ですが、キャッシングの場合でも約20%設定されていることが多いです。返済期日を厳守しなければ追加の手数料まで発生してしまうので、利用・返済計画は慎重かつしっかりと立てておくべきでしょう!

クレジットカードのキャッシングの限度額ってどのように決まる?

クレジットカードのキャッシング限度額=融資可能額は、やはり個人の信用によって大きく変わります。
クレジットカードの申し込みをする際に審査が通るか通らないか、ショッピング枠がどのくらい与えられるかと同様に下記のようなポイントが限度額に影響してきます。カード会社が個人の返済能力を判断する上で必要なものです。

  • 職業
  • 年収
  • 債務がどのくらいあるか  など…

雇用形態、居住年数や形態なども判断材料としてあがること可能性もあります。

実はこのクレジットカードのキャッシング枠については【総量規制】という過剰な貸し付け・借り付けを防ぐための制度の下にあり、「借入の総額は原則として年収の3分の1までに制限される」ことになっています。そのため、カード会社はクレジットカードのキャッシング与信についても個人信用情報を参照して、年収以上の貸し付け・与信枠を設定することはできないようになっているのです。(※例外となる借入もあり)

「クレジットカードの種類によってキャッシングの限度額も変わってくるもの?どれも同じだろうか?」と疑問に思う方もいるかもしれません。カード会社による部分は多少あるでしょう。しかし、原則総量規制という制度がある以上年収以上の借入はできないと思ってもよいと思います。個人の信用度によるほうがウェートが高いでしょう。

キャッシングの金利手数料部分については、上限などは法定金利で決められていますが各社によって違いはあります。「絶対的にここが金利が安い!」というカード会社を膨大にあるカードからピックアップするのは難しそうではありますが、プロミス・アコムなどキャッシング専業系会社が発行するクレジットカードについては比較的金利が抑えられているようです。

クレジットカードのキャッシングと消費者金融・銀行カードローンのキャッシングの違いは?

【キャッシング】と言ってもクレジットカードでのキャッシングもあれば、消費者金融あるいは銀行カードローンであったり…現金を借り入れるサービスは他にもあります。しかし、その違いについてなかなか難しいところではあります。どれも同じお金を借りることですが、こんな違いがあります。

総量規制の対象か対象外か

前述の総量規制(年収3分の1までの借入金額)の対象かどうかは大きな違いではないでしょうか。

総量規制の対象
  • クレジットカードのキャッシング
  • 消費者金融のキャッシング、カードローン
  • 信販会社のキャッシング、カードローン

これらの会社にあたるキャッシングについては、総量規制の対象となるため年収の3分の1までに借入が制限されています。信用情報機関に債務・返済状況なども照会されることになります。しかし、下記のケースのように総量規制の中の例外にあたるものもあるようです。

  • 医療費が必要になりお金の借入が急務
  • 社会的通念上必要となる借入ケース
  • 個人事業主への貸し付け など…

審査に通る・通らないはまた別の話になりますが、顧客にとって不利にならないよう(=守る)意味で総量規制の中でもこうした例外を設けているようです。

総量規制の対象外
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 銀行のカードローン など

「クレジットカード・消費者金融・信販系のキャッシングは総量規制で銀行のキャッシングは総量規制の対象外」ということになりますが、銀行のカードローン銀行法というクレジットカード・消費者金融・信販系に適用されている貸金業法とは別の法律が適用されるため、総量規制の対象とはならないのです!銀行ローンの場合は、各行それぞれ独自の審査基準で個人の信用を判断し、貸し付け金額を決めているのです。

また、パートやアルバイトの人は収入があるとみなされるため消費者金融・クレジットカード・信販系からの借り入れをすることができます。しかし、専業主婦の人は総量規制対象の会社では借り入れができない点も大きな違いです。収入がない=返済能力がないとみなされるんですね。その代わり、銀行のカードローンの場合は配偶者の収入など総合的に判断され、銀行が返済能力にOKの判断をすれば借入が可能になります。

金利

クレジットカード・消費者金融・信販系のキャッシングは、銀行カードローンに比べて高めです。

実は、過去に引っ越し費用がかさんでしまい現金を用意することが急務な時期がありました。銀行のカードローンを利用したのですが、年利:9.8%でした。クレジットカードのキャッシングの金利手数料は、年利:15.00%~18.00%が一般的のようなので、それに比べると金利が低いです。

借入金額などにもよるかと思いますが、銀行のカードローンのほうが金利手数料の面では比較的オトクなようです。

また、クレジットカードのキャッシングと銀行カードローンとでは金利に違いには、

クレジットカードのキャッッシング

短期間の借入に向いており、直近で返済できることを前提としてサービスの利用が見込める。一括での返済が基本となる。

カードローン

比較的借入限度額も多く与信枠があり、返済計画も銀行残高からの引き落としのリボルビング方式など、長期・大口の借入向き。そのため金利がクレジットカードのキャッシングに比べ抑えられている。

  • 短期借入であまり大きくない金額の場合→キャッシング
  • 長期借入で借入金額も大きくなる場合→カードローン

といった認識でよいでしょう。カードローンの金利がキャッシングに比べて低めとはいえ、借入残高が増えると金利の負担も大きくなるため気を付けなければなりません。

審査と融資までの期間

クレジットカードのキャッシングの審査は、カードローンに比べて比較的易しいといわれています。クレジットカード申し込みにキャッシングの希望と枠を指定して、カード発行に問題がなければ付与されることが多いでしょう。一方のカードローンは金利設定がクレジットカードのキャッシングに比べ低めな反面、審査はやや厳しくなる傾向があります。消費者金融系カードローンより、銀行カードローンは更に厳しくなるでしょう。その分金利もより低くなることが多いです。

審査の難易度(易しい順)

クレジットカードのキャッシング>消費者金融・信販系>銀行カードローン

金利(低い順)

銀行カードローン>消費者金融・信販系>クレジットカードのキャッシング

また、キャッシング・カードローンの申し込みしてから融資を受ける(口座への入金やATMでの引き出し)についてもキャッシングの場合は付帯しているカードを入れてATMなどで操作すればすぐに現金を引き出すことができます。

銀行カードローンなどの場合は、銀行口座開設が前提になっていたり審査に時間がかかることが多く、即日で入金確認などが難しい場合が多いです。銀行の口座開設はそこそこ時間がかかるので、開設~審査~融資とすぐに必要な場合にはやや不向きになりますね。新生銀行のカードローンのサービスなど一部の銀行では口座開設不要・即日融資に対応しているところもあるようなので、利用のニーズに合わせて選ぶとよいでしょう!

審査から融資までの時間

キャッシング>カードローン

利用と返済計画はしっかりと

気軽にお金を借りることができるので、キャッシング・カードローン含め本当に便利なサービスが身近にあることがうかがえます。私自身も銀行のカードローンの利用を通じて、必要な時に必要な分だけ借りることができたので一時的な出費を乗り切ることができました。もちろんすぐに返済見込みが立つことを大前提ですが、利用の仕方をきちんとしておけば大変便利なものです。

また、クレジットカードについては一度手持ちのカードのショッピング利用可能額だけでなく、キャッシング機能付帯の有無・限度額についても調べておくことをオススメします!「もしもの利用の時に機能として付帯状態をキープしておく」のも大事ですが、不要な場合にはキャッシング機能をなしにするという選択もありだと思います。純粋にクレジットカード=ショッピング決済の手段として使いたい方によいでしょう。

同じ借り入れでも【総量規制】の存在やどこで借りるかにより違うというのも驚きです。借りる前に、一度こういった違いを知っておくのはとても大事なことだと思いました。

上手に使いこなしてスマートなクレジットカードライフを楽しめたらよいですね。

カードの引き落とし日に間に合わないかも…

コメントをどうぞ