アメックスカードは他のクレジットカードよりも発行基準が厳しいと言われているクレジットカードです。

しかし、カードデザイン、カードの優待特典、ステータス性、どれをとってもハイスペックで、学生であれば誰もが憧れるクレジットカードです。

アメックスでは発行基準として「20歳以上の安定した収入のある方」という条件があり、解釈の仕方によっては学生でも発行できそうな発行条件です。

この記事を読んでいる方も、「アメックスグリーンって大学生でも発行できるの?」という疑問を持っている方だと確信しています。

ネット上には色々な噂が蔓延しているので混乱している方もいると思いますが、この記事で全てをハッキリさせます!

曖昧でいい加減な情報に惑わされずに、正確な情報を吸収して、計画的にアメックスカードの発行を狙ってください。

1.アメックスカードは大学生でも発行可能?アメックスグリーンの申し込み条件について

大学生での発行は難しい!アメックスの入会条件

アメックスグリーンの入会条件は下記の通りです。

  • 20歳以上の安定した収入がある方

この一文だけを見ると学生でも発行できそうな気がします。

しかし、アメックスの公式サイトのヘルプによると定職が無い方には発行できないという回答になっています。

つまり、アルバイトやパートなどでは発行できないため、学生は発行出来ないということになります。

※アメックス公式サイトのヘルプサービス「よくあるご質問」より

アメックスカードでは正確な発行基準は公表されていませんが、発行できている人の統計をとると概ね下記のような審査基準になっています。

項目 内容
年齢 20歳以上
収入 300~350万円以上
職業 勤続年数3年以上
在籍確認 あり

その他、他社からの借入があったり、奨学金やケータイ料金、他のクレジットカードの支払い遅延・延滞などがあると審査に通り辛くなります。

つまり、率直にいうと学生では発行することは難しいということです!

申込の本人情報記入時にも選択欄に「学生」という項目はなく、必ず就業先の会社名や住所、役職、年収などを事細かに記入する必要があります。

アメックスからの職場へ在籍確認のための電話が実施されるため、ウソの情報で申し込んでも定職に就いていないことがバレてしまいます。

大学生が入れる唯一のチャンスはキャンペーン

ネット上にある「大学生でもアメックスグリーンを発行できた!」という情報は真に受けないようにしましょう。

公式で発表している通り、学生の申込はできないようになっているので、アブノーマルな方法を利用している可能性があります。

もし、危ない方法を利用して発行できたとしても、バレた時にはアメックス社のブラックリストとして記録され、今後一切アメックスのカードが発行できなくなる可能性があります。

ただし、大学生がアメックスに入会できるチャンスとして、アメックスの公式キャンペーンとして、稀に「内定キャンペーン」が実施されることがあります。

※下記の画像は過去のキャンペーンです。2017年11月現在は終了しています。

内定者キャンペーンでは

  • 本人確認書類
  • 内定証明書のコピー
  • 学生証のコピー

などを提出のうえ、審査に通過した人がアメックスグリーンを発行できるキャンペーンでした。

今後内定者キャンペーンが実施されるのかは、現在のところ不明です。

家族カードであれば18歳から発行可能

「どうしてもアメックスグリーンが学生のうちに欲しい!」という方が唯一アメックスグリーンをほぼ確実に発行できる方法があります。

それは、家族カード会員になることです。

例えば、親がアメックスグリーンのカード会員であれば、18歳以上(高校生は不可)の子供はアメックスカードを発行することができます。

家族カードの場合、家族カードを使う人の年収や職業は関係ありません。

家族カードで利用した決済分は本会員の銀行口座から引き落としがされるので、審査の基準は本会員の情報を元に行なわれます。

つまり、親が定職に就いていて、安定した収入があれば、家族カードを発行する子供が無収入の学生でも関係ないということです。

学生のうちにアメックスグリーンと同等のサービスを利用したい方であれば親に頼んでみましょう。

2.大学生がアメックスカードを持つメリット

アメックスカードのトラベルサービスが利用できる

アメックスカードの特徴は卓越したトラベルサービスです。

アメックスグリーンであれば

  • 28空港40カ所の空港ラウンジの無料利用
  • 手荷物無料配達サービス
  • 空港送迎サービス優待
  • 空港クロークサービス
  • エアポート・ミール(食事クーポン1,000円分)
  • 海外用レンタルケータイ割引
  • 充実した旅行保険
  • 海外旅行中の電話サポートサービス
  • 世界中のVIP空港ラウンジが利用できるプライオリティパス優待

など、他のクレジットカードが真似できない圧倒的なトラベルサービスを利用することができます。

学生であれば友達との国内旅行などで利用しやすいのが「空港ラウンジ無料利用サービス」です。

一般人とは違う空間で、無料のドリンクを飲みながら優雅に飛行機を待つのは一つの憧れでしょう。

普通のクレジットカードであればゴールドカードからしか利用できないサービスですがアメックスカードであれば、普通カードであるアメックスグリーンから空港ラウンジの無料利用サービスが付帯しています。

「でも、アメックスグリーンは学生は発行できないんでしょ?」というと確かにその通りです。

しかし、アメックスグリーンではなく、アメックスブランドのカードであればアメックスが提供するサービスが付帯しているので、空港で利用できるサービスが付帯しています。

旅行好きの学生の方であればアメックスが提携しているカードを利用することで旅が格段に快適になります。

アメックスカードのサービスを使いこなせるようになる

普通のクレジットカードであれば、カードに付帯しているサービスは

  • 提携店でポイント○○倍!
  • 年間利用金額○○円でボーナスポイント!
  • 提携店で利用するとお買い物金額から○○%OFF!

という風にカードをショッピングに利用する場合のサービスばかりです。

それに比べてアメックスカードはT&E(トラベル&エンターテイメント)カードと言われていて

  • トラベル
  • レジャー
  • ダイニング
  • ホテル
  • エンターテイメント

など、クレジットカード機能以外の優待サービスが沢山盛り込まれています。

なので、アメックスカードは初心者向けのカードではなく、クレジットカード中級者向けのクレジットカードです。

アメックスカードを利用した事がない方であれば、アメックスグリーンのサービスを十分に使いこなすのにも少し時間が必要になります。

アメックスカードはゴールドカードやプラチナカードにグレードアップできて、アップグレードする度にT&Eサービスが増えてきます。

例えば、アメックスゴールドカードでは下記のボリュームのサービスが付帯しています。

・空港ラウンジ無料利用サービス
・プライオリティパス優待
・手荷物無料宅配サービス
・海外旅行無料電話サポート
・HISアメックストラベルデスク
・エアポート送迎サービス
・無料ポーターサービス
・空港クロークサービス
・エアポート・ミール
・空港パーキング優待
・旅行サイト優待サービス
・海外用レンタル携帯割引
・トラベル・サービス・ロケーション
・カーシェアリングサービス
・レンタカー優待
・エクスプレス予約
・国内・海外旅行損害保険
・航空便遅延費用保険
・カード紛失・盗難時緊急発行サービス
・ショッピング・プロテクション
・リターン・プロテクション
・キャンセル・プロテクション
・オンライン・プロテクション
・ゴールド・ダイニング
・American Express Invites
・アメックス・セレクト
・ゴールドワインクラブ
・京都観光ラウンジ優待
・カード会員限定イベント
・プリファード・ゴルフ
・チケット・アクセス
・コットンクラブ優待
・新国立劇場の優待
・会員誌「IMPRESSION GOLD」無料登録

アメックスカードを利用したことがない方であれば「サービスが多すぎて、結局何がどうなの?」と混乱してしまうレベルのサービス量です。

例えるならばパソコンやスマホなどの高性能電子機器と同じです。

アメックスカードは、使いこなせる人にとっては他のクレジットカードでは考えられないくらい最大限にメリットを発揮させることができますが、使いこなせない人にとっては維持費が高い効率の悪いカードです。

学生のうちからアメックスカードのT&Eを利用していれば社会人になって旅行や出張、会社での付き合いでアメックスカードのサービスをスマートに使いこなせるようになっています。

「アメックスはサービスが多くて分からない…。スーパーの年会費無料のクレジットカードの方が分かりやすい…。」という大人になるのとどちらが良いかといえば、確実にステータス性の高いアメックスを使いこなせた方が良いに決まっています!

もちろん年会費無料のクレジットカードが悪いわけではないですが、大好きな女の子の前や、会社の後輩の前でスーパーなどで発行されている年会費無料のカードを利用している自分を想像してみてください。

…アメックスカードをスマートに使いこなしていたいですよね。

アメックスのクレヒスを育てられる

クレヒスとは「クレジットヒストリー」といわれるいわばクレジットカードの成績表のようなものです。

遅延なくクレジットカードの支払いを済ませていれば、いい成績が付き、ゴールドカードやプラチナカードを発行する際に審査に通りやすくなります。

例えば、三井住友VISAカードを利用していれば三井住友VISAカードのクレヒスが貯まり、「この人は三井住友VISAカードを遅延なく利用してくれている!」という評価を受け、ゴールドカードやプラチナカードへのアップグレード審査に通りやすくなります。

また、クレヒスが貯まれば、自分から申込をしなくてもカード会社側から「ゴールドカード・プラチナカードにアップグレードしませんか?」というインビテーション(招待状)が届きます。

そうなれば、通常だったら厳正な審査のうえで発行できるカードをいとも簡単に発行することができてしまいます。

学生のうちからアメックスカードを利用していれば、アメックスのクレヒスが貯まり、将来的にゴールドカードやプラチナカードを持つことができるようになります!

アメックスカードは他のクレジットカードよりもステータス性(社会的信用)が高く、誰でも発行できるカードではありません。

例えば、アメックスカードのプラチナカードはインビテーション制で、誰もが申込めるカードではありません。

カード種類 アメックスプラチナ
三井住友VISAプラチナ
楽天プレミアム
JCBプラチナ
年会費 130,000円+消費税 50,000円+消費税 10,000円+消費税 25,000円+消費税
申込条件 インビテーションのみ ・直接申込可能
・インビテーション
・直接申込可能
・インビテーション
・直接申込可能
・インビテーション

アメックスカードを持つことができれば、国内・海外問わず、カード自体が身分証明書のような役割を果たします。

  • アメックスカードを発行できている
    =社会的に信用がある人だ

という目線で見られ、レストランでは景色の良い席へ、ホテルでは無料で部屋をアップグレードなどをしてもらえることもあります。

アメックスのハイグレードなカードを持つための絶対条件、前提条件は「アメックスカードを長年利用していること」です!

例えば

  • ①年収800万円、アメックスカード歴0年
  • ②年収400万円、アメックスカード歴5年

であれば、アメックス側は確実に後者の②を優遇します。

クレジットカード会社にとって重要なのは、「いくら稼いでいるか?」よりも、「その人は信用できる人か?(本当に支払いをしてくれるか)」ということです。

アメックスカードを20歳で発行するのか、30歳、40歳で発行するのかで、アメックスのハイグレードなカードを持つ年齢が決まってきます。

20歳でアメックスカードを発行して、支払いの遅延なく利用していれば、20代のうちにプラチナカードを発行することも全然難しくないでしょう。

もし将来的に

  • 仕事でも遊びでも利用できるカードが欲しい
  • 世界中のどこで利用しても恥ずかしくないカードが欲しい
  • どうせ持つなら世界最高クラスのカードが欲しい

という方は絶対に早めにアメックスカードを発行するべきです!

3.アメックスカードよりもセゾンブルーアメックスがおすすめ?どちらが最適か?

「とは言っても学生だからアメックスグリーンを発行できない…」という心配がある方もいるでしょう。

そんな方にとっておきのクレジットカードがあります。

それが、アメックスカードの中でも学生が発行できるカード、セゾンブルーアメックスカードです。

セゾンブルーアメックスはセゾンカードとアメックスが提携して発行しているカードで、

  • セゾンカードのサービス
  • アメックスカードのサービス

の両方が味わえるカードです。

しかも発行条件も簡単で、学生でも発行しやすいカードです!

セゾンブルーの特徴1:大学生でも発行が簡単

セゾンブルーアメックスでは、従来のアメックスカードの入会条件から大幅に緩和して、セゾンカードの発行基準を採用しています。

発行基準は下記の通りです。

18歳以上、電話連絡可能な方

つまり

  • アルバイト
  • パート
  • 無収入

の方でも申込める条件となり、クレジットカード業界の中でも「学生でもアメックスカードが持てる!」と話題になっているクレジットカードです。

セゾンブルーの特徴2:年会費はアメックスグリーンの4分の1

年会費は下記の通りです。

カード種類 アメックスグリーン
セゾンブルーアメックス
年会費 12,000円+消費税 初年度無料
2年目以降3,000円+消費税
家族カード年会費 6,000円+消費税 1,000円+消費税
※4枚まで発行可能

アメックスグリーンは年会費12,960円(税込)と学生にとっては手が出し辛い年会費ですが、セゾンブルーアメックスは初年度年会費無料のうえに2年目以降も3,240円(税込)と学生にとっては良心的なコストパフォーマンスなクレジットカードです。

年会費3,240円は月額維持費にするとたったの270円なので、270円でアメックスのサービスが利用できると考えるとかなりお得です。

セゾンブルーの特徴3:大学生活で役立つ優待特典が盛りだくさん!

アメックスグリーンとセゾンブルーアメックスのカード特典を比較すると下記のようになります。

カード種類 アメックスグリーン
セゾンブルーアメックス
共通で利用できる特典 ・海外旅行無料電話サポート
※提供元は異なります
・旅行サイト優待サービス
・海外用レンタル携帯割引
・カーシェアリングサービス
・レンタカー優待
・ショッピング・プロテクション
・アメックス・セレクト
共通で利用できない特典 ・空港ラウンジ無料利用サービス
・プライオリティパス優待
・HISアメックストラベルデスク
・エアポート送迎サービス
・無料ポーターサービス
・空港クロークサービス
・エアポート・ミール
・空港パーキング優待
・リターン・プロテクション
・キャンセル・プロテクション
・オンライン・プロテクション
・エクスプレス予約
・カード紛失・盗難時緊急発行サービス
・トラベル・サービス・ロケーション
・セブンイレブン・イトーヨーカドーポイント1.5%
・セゾンポイントモールでポイント最大30倍
・西友・LIVIN・ロフトで5%割引
・ヘアサロン、ヨガスタジオ、整体などのサロン優待
・ワールドおみやげサービス
・会員割引サービス「トク買」

上記のように、アメックスグリーンではトラベルサービスや補償サービスが充実していて出張が多いビジネスマン向けのサービスが多く用意されています。

一方でセゾンブルーアメックスでは海外旅行サービスに加え、アメックスグリーンでは利用できない

  • セブンイレブンでポイントが3倍貯まりやすくなる
  • スーパー「西友」、雑貨ショップ「ロフト」で指定日に5%OFFでショッピングできる
  • 会員サイト経由でネットショップを利用するとポイント30倍

などの日常的に利用しやすい特典が多く付帯しています。

会員割引サービスの「トク買」では月額費が別途324円必要ですが、エンタメ、レジャー、旅行、宿泊、グルメ、スポーツなど、日本全国約90万店舗で割引・優待が利用できるようになるというサービスで、学生にとっては毎日でも利用しやすい特典です。

「トク買」利用可能店舗例一覧

カラオケや映画など、恋人や友達と利用できる学生にとってありがたい優待が、たった324円で利用できる「トク買」はアメックスグリーンでは利用できません

セゾンブルーの特徴4:ゴールドカード級の国内・海外旅行保険

セゾンブルーアメックスの驚異的なメリットとして国内・海外旅行損害保険があります。

セゾンブルーアメックでは、年会費12,000円のアメックスグリーンの旅行保険を凌駕するどころか、その他の1万円以上するゴールドカードクラスの旅行保険が利用できます。

【海外旅行損害保険】
カード種類 アメックスグリーン
セゾンブルーアメックス
付帯条件 利用付帯 自動付帯
死亡・
後遺障害
最高5,000万円 最高3,000万円
傷害治療 最高100万円 最高300万円
疾病治療 最高100万円 最高300万円
救援者費用 最高200万円 最高200万円
賠償費用 最高3,000万円 最高3,000万円
携行品損害 1旅行中最高30万円
自己負担3,000円
年間限度100万円
1旅行中最高30万円
自己負担3,000円
1品につき10万円が限度
家族特約 あり
【国内旅行損害保険】
カード種類 アメックスグリーン
セゾンブルーアメックス
付帯条件 利用付帯 利用付帯
死亡・
後遺障害
最高5,000万円 最高3,000万円
入院治療 1日あたり5,000円
通院費用 1日あたり3,000円
手術費用 5万円/10万円/20万円
※内容によって変わります

表を見ても分かる通り、圧倒的にセゾンブルーアメックの旅行保険の方が秀逸です!

特に海外旅行保険では、ケガ・病気に対する保険額が300万円と、アメックスグリーンの3倍なうえに、カードを持っているだけで保険が適用される『自動付帯』です。

アメックスグリーンの場合は、旅行中の交通機関をカード支払いにすることで保険が適用される『利用付帯』です。

海外では事故や病気で数日間の入院をしただけで200万円〜300万円の医療費を請求されることが当たり前のようにあります。

旅行する方はもちろん、学生であれば留学の際にも海外旅行保険は絶対にかけておいた方が良いでしょう。

セゾンブルーアメックスを持っていれば、任意保険を掛けずにカードを持っているだけで安心して旅行に行くことができます。

年会費2万円のMUFGプラチナカードでさえ、ケガ・病気に関する補償金額は最大200万円なので、たった年会費3,000円のクレジットカードでこのレベルの保険が利用できるのは驚異的なメリットです。

国内旅行保険に関しても、アメックスグリーンでは死亡・後遺傷害の際にのみ適用されますが、セゾンブルーアメックスであれば入院・通院・手術の際にもカードで補償されます。

ハイコストパフォーマンスでこれだけの優待特典と旅行保険が利用できるので、セゾンブルーアメックスは誕生以来、学生を含めた多くの人に愛用されているセゾンの主力カードです。

セゾンブルーの特徴5:将来的にコスパ最強のプラチナカードまで目指せる

アメックスグリーンで利用できて、セゾンブルーアメックスで利用できないサービスの大きな違いとして「空港ラウンジの無料利用サービス」があります。

海外のラウンジが利用できる「プライオリティパス」の優待もセゾンブルーアメックスでは利用することができません。

学生の方であれば、旅行の際に優雅な空港ラウンジを利用するのは一つの憧れでしょう。

「ラウンジが利用できないなら、セゾンアメックスは微妙だな…」と思った人もいるはずです。

しかし、セゾンブルーアメックスでは将来的に

  • セゾンゴールドアメックス
  • セゾンプラチナアメックス

というカードにグレードアップすることができます。

主な特典として下記のようなものがあります。

カード種類 セゾンゴールドアメックス
セゾンプラチナアメックス
年会費 10,000円+消費税 20,000円+消費税
主な優待特典 ・セゾンブルーで利用できる基本特典
・JALマイル還元率2.25%
・国内空港ラウンジ無料利用サービス
・プライオリティ・パスが1万円で利用可能
・航空機遅延・乗継遅延保険
・航空機寄託手荷物紛失・遅延保険
・セゾンゴールドで利用できる基本特典
・専用コンシェルジュサービス
・プライオリティパス無料
・有名ホテルでの優待特典

上記の内容から、セゾンアメックスのコストパフォーマンスはクレジットカード業界を震撼させました。

セゾンゴールドアメックスは年会費1万円と、アメックスグリーンよりも低価格な上に、空港ラウンジの利用や、プライオリティパスの利用優待が利用できるといった驚愕のサービスを提供しています。

プラチナカードにグレードアップすると、専用コンシェルジュが利用できる上に、プライオリティパスの年会費399ドル(約45,300円)は無料になり、世界中の空港ラウンジをタダで利用できるようになります。

コストパフォーマンスが良い上にカード特典も実用性のあることから、セゾンアメックスは絶大な人気を誇っているカードです。

比較まとめ:学生ならセゾンブルーを発行するべき!

アメックスグリーン
セゾンブルーアメックス
発行元 アメックス セゾン
発行条件 20歳以上の定職がある方 18歳以上の電話連絡が可能な方
年会費 12,000円+消費税 3,000円+消費税
優待特典 トラベルサービスに特化 日常的に利用できる割引や
ポイントサービスに特化
旅行保険 海外旅行に行くには不足
※他のクレジットカードで充填が必要
ゴールドカード級の充実
しかも自動付帯
将来性 ・ゴールドカード
・プラチナカード
・ブラックカード
の3段階の伸びしろあり
・ゴールドカード
・プラチナカード
の2段階の伸びしろあり
ステータス性 非常に良い 普通

アメックスのプロパーカードは学生へのカード発行を行なっていないので、アメックスのサービスを学生のうちに実感したい方であれば、セゾンブルーアメックスを発行するべきです!

もしアメックスグリーンが欲しい場合は、就職して発行できるようになった時に乗り換えればOKです。

優待サービスを比べてみても、明らかにアメックスグリーンは社会人向け、セゾンブルーは学生向けといったサービス内容です。

仮にアメックスグリーンが学生のうちに発行できたとしても、余程旅行や海外に行く方でなければ年会費に見合う利用をするのは難しいです。

セゾンブルーを発行していれば、アメックスのトラベルサービスの一部を利用することができ、将来的にアメックスグリーンに乗り換えることも、そのままセゾンゴールドアメックスにグレードアップすることも可能なので、選択肢が広がります。

ステータス性の高いアメックス本場のカードが欲しければアメックスカードへ、コスパの良いカードを利用したいのであればセゾンカードのままでという風に、フレキシブルに対応することができます。

注意点!:セゾンブルーアメックスでアメックスのクレヒスは貯まらない!

一つ注意が必要なのは、アメックスカードの発行元はアメックスで、セゾンアメックスの発行元はセゾンであることです。

つまり

  • アメックスカード
    =アメックス社が発行しているカード(プロパーカード)
  • セゾンアメックスカード
    =セゾンがアメックスの名前を借りて発行しているカード(提携カード)

なので、セゾンアメックスを利用し続けても、アメックスのクレヒスは貯まりません!

「セゾンゴールドアメックスを利用していたら、プロパーカードのセゾンプラチナカードのインビテーションが来た!」などということは無いということです。

もし将来的にステータス性の高いアメックスの本物のプラチナカードやブラックカードを持ちたい方は、学生を卒業したらすかさずアメックスカードを発行しましょう!

4.まとめ

今回の記事をまとめると

【Q1】
Q:アメックスグリーンは学生でも発行できる?発行条件は?

A:アメックスグリーンは学生への発行を行なっていません。発行条件は「20歳以上の安定した収入(定職)がある方」で、パート、アルバイトの方の申込みは受け付けていません。

【Q2】
Q:学生が発行するチャンスは絶対にない?

A:過去に内定者向けの発行キャンペーンを行なっていましたが、2017年11月現在は行なっていません。今後開催されるかも未定です。その他の方法であれば家族カードの発行なら18歳から可能です。

【Q3】
Q:学生のうちからアメックスカードを利用するメリットは?

A:以下のことがいえます。
①アメックスのトラベルサービスを利用しながら旅行ができる。
②アメックスの充実したサービスに使いこなせるようになる(慣れることができる)
③アメックスのクレヒスが育てることができる。

【Q4】
Q:セゾンブルーアメックスってなに?特徴は?

A:下記の特徴があります。
①学生でも発行できる
②年会費が安い
③学生向けのカード特典が多い
④旅行保険がゴールドカードクラスに充実している
⑤将来的にコスパの良いゴールド、プラチナカードを目指せる

【Q5】
Q:学生にとってアメックスグリーンとセゾンブルーアメックスはどっちが良い?

A:アメックスグリーンは学生への発行を行なっていないので、セゾンブルーアメックスが絶対におすすめです。十分な特典が利用できるうえに、社会人になったときに選択肢が増えます。

学生にはアメックスグリーンを発行できないと知ってガッカリした方もいると思いますが、セゾンブルーアメックスのメリットに気づいたという点では大きな収穫です!

アメックスの特典を利用したい方、旅行が好きな方が学生のうちに発行するのであればセゾンブルーアメックスが絶対にオススメです。

↑一番最初に戻ってもう一度読み直す↑

当サイトが推奨しているクレジットカード

最大10000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式ページへ移動します

もう焦らなくて大丈夫です

審査に落ちてもすぐ申込み可能!
審査が気になる方でも安心して申込みできるクレジットカードとは?

キャッシュバックキャンペーン中のクレジットカード
※クリックすると表示されます
【楽天カード】5000円分の楽天ポイントもらえる
【Yahoo!JAPANカード】1万円分のTポイントもらえる
【エポスカード】8000円分のポイントもらえる
【三井住友VISAカード】最大1万円分キャッシュバック
【dカードGOLD】最大12000円分キャッシュバック
【アメックスカード】合計15000ポイントもらえる
【アメックスゴールド】合計30000ポイントもらえる
"いざ"という時の救世主カード
※クリックすると表示されます
審査に落ちてしまった人へ

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い