スターウッドプリファードゲストアメックスカードは全世界に展開するホテルチェーン店スターウッド・ホテルズ&リゾーツとアメックスカードが一体になったカードです。

アメックスカードは様々な種類がありますが、その中でもSPGアメックスカードはメリットが尖っているカードで、ホテルを利用する人にとっては最高のカードですが、ホテルを利用しない人にとってはコスパの悪いカードになるという性質を持っています。

つまり

「メリットがある人は絶対発行した方がお得です
「メリットのない人は発行しなくて構いません

というハッキリとしたカードになっていて、メリットがある人にとってはクレジットカード業界の中でも最高のカードとなります。

記事の中でご紹介しますが、SPGアメックスカードの特典の1つである『無料宿泊特典』では、場合によって10万円以上の価値を発揮するので、年会費が霞んで見えるメリットがあります。

このような「一点に的が絞られたカード」というのは使い方によって有り得ないほどお得になります。今回の記事ではその尖ったカード、『SPGアメックスカード』を解剖していきます。

特に

  • 旅行が好き
  • 出張によく行く
  • 国内・海外の高級ホテルに宿泊したい

という方は、読むか読まないかだけで数万円のメリット・デメリットが発生するので、是非読んでいただければと思います。

見出し一覧

1.スターウッドプリファードゲストアメックスカードの特徴スペック一覧表

提携ブランド AmericanExpress
支払日 毎月20日前後、翌月10日払い
※申込日によって個別に設定
年会費 31,000円+消費税
ポイント名称 スターポイント
ポイント還元率 2% (1マイルの価値を2円と想定)
ポイント有効期限 無期限
ポイント優遇対象サービス
ポイントの提携
利用可能最低ポイント数 【景品交換必要ポイント】
1,000ポイント
(10万円利用相当)以上
ボーナスポイント 【入会特典】
入会後3ヶ月以内に10万円以上の利用で10,000スターポイント
【ボーナスポイント】
SPGホテルやリゾートでの利用
1米ドル=3スターポイント(ゴールド会員資格が提供されるため)
※ノーマル会員(プリファードゲスト会員):1米ドル=2スターポイント
電子マネー付帯 QUICPay
チャージできる電子マネー 楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA
追加カード 15,500円+消費税
※発行枚数制限無し
ETCカード 500円+消費税
(初年度年会費無料)
年会費割引
年一回以上のETC利用で翌年度年会費無料
国内・海外旅行保険 海外旅行保険付帯 有り
国内旅行保険付帯 有り
ショッピング保険 有り:最高200万円/90日間
(自己負担額10,000円)
ApplePay対応 対応
マイルの還元率 2% (1マイルの価値を2円と想定)
20,000スターポイント移行時 2.5%
(1マイルの価値を2円と想定)
即日発行 なし

2.スターウッドプリファードゲストアメックスカードのメリットについて

スターウッドプリファードゲストアメックスカード(以下SPGアメックスカードを表記します。)は世界規模で展開する大型ホテルチェーンの『スターウッド・ホテルズ&リゾーツ・ワールドワイド』がプロデュースするアメックスカードです。

そのため、トラベル、チケット、エンターテイメント、グルメ、ゴルフ、保険など、様々なジャンルのサービスが充実しているアメックスの『T&E(travel&entertainment)サービス』と、スターウッド・ホテルズ&リゾーツの展開する、全世界100カ国以上の1,500以上のホテルで優待サービスを同時に受けることができるメリットがあるカードです。

なので
①SPGアメックスカード独自のメリット
②アメックスカードとしてのメリット

に分けてご紹介します。

「何が違うの?」というと、アメックスカードとしてのメリットはSPGアメックスカードだけでなく、他のアメックスカードでも受けることができるサービスで、SPGアメックスカード独自のメリットはSPGアメックスカードでしか受けることができないサービスです。

ですので、これからご紹介するアメックスのメリットと、SPGアメックスカード独自のメリットの両方を考慮して「自分のライフタイルにとってSPGアメックスカードはメリットがあるか?」を判断してください。

SPGアメックスカード独自のメリット

まずはSPGアメックスカードでしか受けることができない、カードの特徴的なサービスをご紹介します。

SPGアメックスカードのメリット①:継続特典で世界中のホテルが宿泊無料

SPGアメックスカードではカード発行から1年後のカード更新の際にスターウッド系列ホテルで利用できる有効期限13ヶ月の無料宿泊券を貰うことができます。しかも1度だけではなく、カードを更新する度に毎年貰うことができます!

この宿泊無料特典を上手く活用すれば、年会費31,000円以上のメリットを受けることができます!

「どうせ使い勝手が悪いんでしょ?」と思うかもしれません。大抵、『無料〜』という特典には小さい文字で「〜の場合は対象外です」などと書いてあり、実際はそれほどメリットがある特典ではないことがほとんどです。

ホテルの無料宿泊券でいえば「ゴールデンウィーク・お盆・年末年始は対象外、また、繁忙期にはお断りさせていただくことがあります。」というのが鉄板です。こんなサービスだった場合はもはや「会員特典」ではありません。

「暇な営業日なら来て良いよ」というような、ホテル側が上から目線のサービスですよね?

しかし、SPGアメックスカードで得られる無料宿泊特典はそんなケチなサービスではありません!!

SPGアメックスカードの無料宿泊特典は大規模イベントがあろうと利用可能!

無料宿泊特典は、花火大会があろうとも、祭りがあろうとも、年末年始だろうとも、ホテルに空き部屋がある限り利用するとこができます!!

しかも利用できるホテルはスターウッド系列ホテルのカテゴリーの1~6までの部屋で利用することができます。「カテゴリー」とはいわゆるホテルのランクで、1から順に数字が大きくなるほど高価でラグジュアリーなホテルになってきます。

日本国内のスターウッド系列ホテルには以下のようにカテゴリー分けされています。

 ホテル名  カテゴリー
フォーポイントバイシェラトン函館  2
神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ  4
キロロトリビュートポートフォリオホテル北海道
シェラトン北海道キロロリゾート
シェラトン都ホテル大阪
ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス
ウェスティンナゴヤキャッスル
シェラトングランドホテル広島  5
ウェスティンホテル仙台
シェラトン都ホテル東京
ウェスティン都ホテル京都
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート宮崎
ヨコハマベイシェラトンホテル&タワーズ
ウェスティンホテル大阪
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 6
ウェスティンルスツリゾート
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
セントレジス大阪
ウェスティンホテル東京

上記のように、例えば「ウェスティンホテル」などはホテルに詳しくない人でも高級ホテルということが分かるほど有名なホテルです。

それらのホテルで空室があれば祝日だろうがクリスマスだろうが、年末年始だろうが1泊2名を無料で泊まることができます!

無料宿泊特典で泊まれる部屋はスタンダードルームです。

「なんだ、結局スタンダードルームなの!?」とガッカリした方もいるかもしれませんが、例えば、『シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル』で2018年1月1日に予約したとします。

すると、1泊にかかる費用は…

最安値で1泊57,333円です…!

これだけで31,000円+消費税の年会費は一発でペイできてしまいます。しかも、1泊57,333円は大人1人の値段です。

SPGアメックスカードで貰える無料宿泊特典は、1泊1室につき、2名まで無料で利用することができます…。つまり、57,333円×2名=114,666円がタダになる計算です。

この驚異的な特典が1年に一度貰えるのですから

  • 恋人との誕生日祝い
  • 妻との結婚記念日
  • 特別な人とのクリスマス

など、大切な人と年に一度は必ず素敵な時間を過ごすことができます。

もちろん日本国内だけでなく、海外のホテルでも利用することができるので、非日常の特別な時間を自分の好きな日に設定して世界中で利用することができます。

スターウッド系列ホテルは世界100カ国以上の1,500件以上のホテルで利用することができ、利用できるホテルの系列は下記の通りです。

スターウッド系列ホテルブランド
・St. Regis セント・レジス
・The Luxury Collection ラグジュアリー・コレクション
・W Hotels ダブリュー
・Westin ウエスティン
・Sheraton シェラトン
・Le Meridian ル・メリディアン
・Design Hotels デザインホテルズ
・Aloft Hotels アロフト
・Four Points by Sheraton フォーポインツ
・Element HOTELS エレメント
・Tribute Portfolio トリビュート・ポートフォリオ

世界中のホテルを検索しながら「どこで無料宿泊特典を利用しようか?」と検索しているだけで楽しくなります。このサービスが毎年利用できるとなると、人生に自分だけの特別なイベントが増える感じがして毎年楽しみになること間違いなしです。

SPGアメックスカード無料宿泊特典のまとめ

まとめるとSPGアメックス無料宿泊特典のルールとしては

  • カード発行から1年後からカード継続ごとに毎年付与
  • スターウッド系列ホテルのカテゴリー1から6のスタンダードルームで利用可能
  • 1泊1室2名まで無料で利用可能
  • 祝日、GW、お盆、クリスマス、年末年始関係なく利用可能
  • 有効期限は13ヶ月間

となっています。さすがに使い勝ってが良すぎて、年会費31,000円が安く感じてしまいますね…。

SPGアメックスカードのメリット②:SPGゴールド会員資格が自動的に付帯

「SPGゴールド会員資格ってなに?」という疑問があると思いますが、各業界に会員のランクがあるように、スターウッド系列ホテルにも滞在数と宿泊数の数によって上級会員資格が発行されます。

SPGで得られる会員資格と条件は下記の通りです。

会員資格 取得条件
SPGプリファード 会員登録のみ
SPGゴールド 年間10滞在または25泊以上
SPGプラチナ 年間25滞在または50泊以上
【滞在数】
1つのホテルに1度滞在すること。例えば、Aホテルに1泊すると1滞在カウント。連続で2泊しても1滞在カウント。AとBホテルで1泊づつすると2滞在カウント。【宿泊数】
1つのホテルでの宿泊日数。Aホテルに1泊すると1泊カウント。連続して2泊すると2泊カウント。

上記の取得条件で得られる会員資格ですが、SPGアメックスカードではカードを発行した時点で『SPGゴールド会員資格』をゲットすることができます!

「発行した年だけで、1年以内に『年間10滞在または25泊以上』の条件を満たさないと翌年度は一般会員に逆戻りでしょ…?」

確かにそういうカードは多いです。初年度の特典で惹き付けておいて、結局翌年度からは普通のカードと変わらなくなってしまうパターンですね。

しかし、SPGアメックスカードで得られる『SPGゴールド会員資格』はカードを持っている限り、永遠にゴールド会員として優待を受けることができます。

SPGゴールド会員資格で受けられる特典

重要なのはゴールド会員になれることではなく、「ゴールド会員の特典は何か?」ということですよね。SPGゴールド会員資格を持っていることで得られる特典は下記の通りです。

SPGゴールド会員の主要な特典
・1米ドルあたり3ポイントを獲得できる
※一般会員(プリファード会員)は2ポイントです。
・チェックアウトが午後4時までに延びる「レイトチェックアウト」
・チェックイン時に、お部屋のアップグレード
※より広い部屋、スイート、眺めの良い部屋、特定の階にある部屋など
・宿泊時に選べるウェルカムギフト

ゴールド会員特典1:レイトチェックアウト

特典の1つである「トイレチェックアウト」とは、通常チェックアウトが10時〜12時のところを16時までに延ばせるサービスです。ネーミングはともかく、帰りの新幹線や飛行機の時間などによっては、チェックアウトが10時〜12時だと早すぎますが、トイレチェックアウトだと、かなり余裕を持ってチェックアウトすることができます。

ホテルに泊まってゆっくりしている時は、前日にお酒を飲んだり、夜更かしをして翌日の起床がチェックアウト時間ギリギリになることも多くあります。

「バタバタしてチェックアウトしたから、ホテルに忘れ物をしてしまった…」なんてこともあります。「ホテルで過ごす日くらいゆっくりしたい!」という欲求を叶えてくれるサービスです。

ゴールド会員特典2:お部屋のアップグレード

チェックイン時に「部屋のアップグレードをお願いしたいです」と伝えると、当日に空いてる部屋を考慮して予約した部屋をグレードアップしてくれます。ただし、原則としてスイートルームへのアップグレードはありません。

泊まるホテルによっては、オーシャンビューや、夜景が綺麗な部屋などがあり、アップグレード特典を利用することで優先的に案内してくれます。一番安いランクの部屋に泊まっていても、2ランク上のデラックスルームなどへ案内されることもあります。

ただでさえスターウッド系列ホテルは「ウェスティンホテル」や「シェラトンホテル」などの高級ホテルを利用できるので、いつでも部屋のグレードアップができるゴールド会員は宿泊すればするほど年会費以上のメリットを得ることができます。

しかも、日本国内だけでなく、全世界1,500以上のホテルで利用できるサービスなのが嬉しいところです。

ゴールド会員特典3:宿泊時に選べるウェルカムギフト

ウェルカムギフトでは

  • 250スターポイント
  • 無料インターネットアクセス
  • ウェルカムドリンク

の3つの中から選ぶことができます。しかし、最近ではほとんどの場所でインターネットは無料でアクセスできるので、ホテルによっては「250スターポイント」と「ウェルカムドリンク」の2択になる場合もあります。

もちろんゴールド会員であればスターウッド系列ホテルに宿泊する毎に利用できるサービスなので、自由に選んでOKですが、一番メリットになるのは、通常利用だと25,000円かかる250スターポイントを選ぶとお得になります。

もともとゴールド会員だとスターウッド系列ホテルに宿泊でのポイントは3倍なので、更にお得にポイントを貯めることができます。

特典を受けるための注意点!

上記のゴールド会員資格の特典を受けるためにはSPGの公式サイトからホテルを予約する必要があります!!

ここでもよくありがちな、悪い予感があるかと思います。「公式サイトから予約すると、『公式の値段』でしか予約できなくて、結局損しそう…」。

例えば、店舗で「20%引きの大セール!!」と派手に宣伝しておいて、実はAmazonで購入すると30%引きになっているというような、「結局公式サイトで買うのは高い!」というサービスは近年多くなっています。

ホテルでいうと「楽天トラベル」「エクスペディア」や「一休.com」ではお手頃な値段でホテルを予約することができます。

しかし、SPGの公式サイトからホテルを予約する時はそんなデメリットはありません。SPGの公式サイトが常に最も最安値です!

なぜそう言い切れるのか?というと、SPGでは『ベストレートギャランティー』というサービスを展開しており、もし、公式サイトより安値で同じホテルの予約を見つけた時は、申告フォームから申告することで

  • 他サイトと同額からさらに20%割引の料金適用
  • 他サイトと同額料金になり、さらに2,000スターポイント付与

のどちらかのサービスを受けることができ、格安サイトのサービスをぶち破るサービスを展開しています。20%割引でもスゴいですが、2,000スターポイントは普通に貯めようとすると20万円かかると考えると、かなりお得なサービスです。

プラチナ会員との違い、グレードアップは現実的?

ゴールド会員の上にはプラチナ会員が存在し、ゴールド会員の特典との違いは下記の通りです。

  • スタンダードスイートへのアップグレードが可能
  • ヘルスクラブ&ジム、クラブレベル、エグゼクティブレベルの無料利用
  • インターネットへのアクセスが常時無料
  • ウェルカムギフトのレベルアップ
    「500スターポイント」「朝食無料サービス」「ローカルアメニティ」の中から1つ選ぶことができます。

大きな違いとしては、アップグレードできる部屋にスイートルームが使いされていることです。プラチナ会員になるには「1年以内に25滞在または50泊以上の実績」が必要になります。

月間に換算すると25滞在の場合は月に2〜3滞在、50泊の場合は月に4〜5泊の宿泊が必要になります。ほとんど業務上ホテルを頻繁に利用する方が達成可能なレベルの話になってきます。

ただし、SPGアメックスカードを所持いていると、2年目以降から、年会費を払う毎に、自動的に「2滞在+5泊」の実績が付与されるので、SPGアメックスカード所持者に限っては事実上「1年以内に23滞在または45泊以上の実績」になるため、通常の方よりは楽に条件をクリアすることができます。

マリオットとザ・リッツ・カールトンのゴールド会員も自動取得

SPGゴールド会員のメリットでもお腹いっぱいかもしれませんが、SPGアメックスカードを持っていると、マリオットホテルとリッツカールトンのゴールド会員にも自動的になれます。

SPGとマリオット、リッツカールトンはそれぞれが提携しあって会員プログラムがリンクしているので、SPGでゴールド会員になれば、マリオット、リッツカールトンでもゴールド会員に、SPGでプラチナ会員になればマリオット、リッツカールトンでもプラチナ会員になってしまいます。

この3つの大手ホテル会社のホテルを合計すると全世界で5,500件以上にも登り、SPGアメックスカードを1枚発行するだけで、全世界のホテルで優待特典を受けることができます。

マリオット、リッツカールトンのゴールド会員の特典は下記の通りです。

ザ・リッツ・カールトン ゴールドメンバーシップの特典
無料の客室アップグレード
無料の室内インターネットアクセス
リワードのボーナスポイント 25%
エリートのみの利用リワード
エリート会員予約用パーソナルフリーダイヤル
ゲストサービス専用電話
プライオリティレイトチェックアウト
マリオット ゴールドエリートの特典
無料の客室アップグレード
無料の客室内高速インターネットアクセス
追加ボーナスポイント25%
ルームタイプの保証
午後4時までのレイトチェックアウト保証
ラウンジの利用・2名分の朝食

特にマリオットでは上質のラウンジ空間で朝食サービスを得られるのがポイントです。

日本国内のマリオットとザ・リッツ・カールトンは現在下記の19件があります。

日本国内のマリオット、リッツカールトン一覧
ザ・リッツ・カールトン東京
ザ・リッツ・カールトン大阪
ザ・リッツ・カールトン京都
ザ・リッツ・カールトン沖縄
コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション
軽井沢マリオット・ホテル
オキナワ マリオット リゾート&スパ
名古屋マリオットアソシアホテル
ルネッサンス・リゾート・ナルト
南紀白浜マリオット・ホテル
ルネッサンス・オキナワ・リゾート
コートヤード新大阪ステーション
大阪マリオット都ホテル
琵琶湖マリオット・ホテル
伊豆マリオット・ホテル修善寺
ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
東京マリオットホテル
富士マリオット・ホテル山中湖

SPGアメックスカードを発行するのであれば、それぞれのホテルで会員限定の特典を受けながらリッチなサービスを満喫してみてください。

SPGアメックスカードのメリット③:スターポイントの使い道が幅広い

次にスターポイントの使い道についてです。アメックスカードでは通常「メンバーシップ・リワード」というポイントが付与されますが、SPGアメックスカードに限っては「スターポイント」が付与されます。スターポイントはSPG参加ホテルで利用できるポイントです。

つまり、そもそもとしてSPGアメックスカードはホテルをよく利用する方に特化して作られたカードだと言うことです。しかし、スターポイントはホテルの宿泊以外にも航空券やマイルにも変換して利用することができます。

スターポイントの利用方法を

  • 2,000ポイントから宿泊へ
  • スターポイントを航空券へ
  • スターポイントをマイルへ

の3つに分けてご紹介します。

ポイントの使い道1:2,000ポイントから宿泊へ

スターポイントのメインの利用方法としては、2,000ポイントからSPGのホテルの1泊と交換する方法です。ポイントの利用での宿泊も無料宿泊特典と同じく、スタンダードのみの利用ですが、GWでも年末年始でもいつでも利用することができます。

宿泊に必要なポイント数と、ホテルのカテゴリーの関係は下記の通りです。

カテゴリー 平日 週末
1 3,000 2,000
2 4,000 3,000
3 7,000 7,000
4 10,000 10,000
5 12,000~16,000 12,000~16,000
6 20,000~25,000 20,000~25,000
7 30,000~35,000 30,000~35,000

カテゴリー4からは平日でも週末でも必要ポイント数が変わらないので、週末に利用した方がポイントの利用方法としてはお得になります。

つまり、ホテルの宿泊費が高くなればなるほど、1ポイントあたりの価値が高くなるので、ポイントを利用して宿泊するのであれば、できるだけ高いホテルで、高い時期に利用するとお得に利用することができます。

ポイントで5泊すると1泊分が無料に!

さらにスターポイントを利用して宿泊した場合のメリットとして、5泊目の宿泊費が無料になります。例えば、カテゴリー4のホテルで5泊宿泊しようと思った場合、通常50,000ポイントが必要ですが、最終日の5泊目のポイントは引かれずに、40,000ポイントのみで宿泊できるということです。

このサービスもホテルのカテゴリーが上がれば上がるほどお得になります!繁忙期には1泊85,000円のホテルなどもあるので、1泊分が無料になるのは大きなメリットでしょう。

スターポイントで部屋をグレードアップ!

スターポイントでできることはまだまだあります。スターウッド系列ホテルを普通に予約したら、スターポイントを追加で支払うことで部屋をグレードアップすることができます。もともと『SPGゴールド会員』なので、通常のグレードアップは必要ないと思いますが、ポイント利用ではスイートルームにもアップグレードすることができます。

カテゴリー アップグレードに
必要なポイント
スイートへの
アップグレードに
必要なポイント
1 1,000~1,500 3,000
2 1,000~1,500 4,000
3 1,000~1,500 7,000
4 1,000~1,500 10,000
5 1,500~2,750 12,000~16,000
6 1,500~2,750 20,000~25,000
7 1,500~2,750 30,000~35,000

1年間ポイントを貯めたり、無料宿泊特典を利用する際に、一気にポイントを利用してスイートルームにアップグレードして、特別な人と非日常を過ごすのも良いかもしれません。

ポイントを利用したいけど必要ポイント数に達してない…という場合

「来週ホテルを利用する機会があるけど、ポイントが少し足りない…」などという場合もあるでしょう。SPGではそんな時に役に立つ『キャッシュ&ポイント』というサービスを取り扱っています。

つまり、必要ポイント数に達していなくても現金とポイントを併用して支払う方法です!日本では効率の悪い方法ですが、海外では還元率が高くなる方法なので、海外で宿泊する際には利用したいサービスです。

現金は米ドルベースの計算になるので、為替の状況にもよりますが、円高時には高いホテルに安く宿泊することができます。

カテゴリー スタンダード アップグレードルーム スイート
1 1,500+30ドル 2,000~2,250
+50~60ドル
3,000+75ドル
2 2,000+35ドル 2,500~2,750
+55~65ドル
4,000+95ドル
3 3,500+55ドル 4,000~4,250
+75~85ドル
7,000+125ドル
4 5,000+75ドル 5,500~5,750
+95~105ドル
10,000+175ドル
5 6,000+110ドル 6,750~7,250
+135~150ドル
12,000+275ドル
6 10,000+180ドル 10,750~11,250
+210~230ドル
20,000+400ドル
7 15,000+275ドル 15,750~16,250
+290~315ドル
30,000+625ドル

2017年3月から、日本国内のホテルのカテゴリーは、全て1ランクづつアップしたので、ポイントと宿泊費の交換レートが悪くなっています。ですので、上記の『キャッシュ&ポイント』を利用する際には海外で利用するとお得なレートでポイントを使用していくことができます!

マリオット、リッツカールトンでもスターポイントは利用可能!

マリオットとリッツカールトンでは『マリオットリワードポイント』利用されていますが、SPGの提携ホテルなのでスターポイントをリワードポイントに交換して宿泊することができます。

ポイントのレートは

  • スターポイント:リワードポイント=3:1

なので、マリオット、リッツカールトンで必要なポイントの約3分の1でホテルを利用することができます。マリオット、リッツカールトンそれぞれの必要ポイントは下記の通りです。

マリオットでスターポイントを利用する場合
※マリオットではカテゴリー9まで存在します
カテゴリー マリオットで
必要なポイント数
(リワードポイント)
スターポイントを
利用した場合
1 7,500 2,500
2 10,000 3,334
3 15,000 5,000
4 20,000 6,667
5 25,000 8,334
6 30,000 10,000
7 35,000 11,667
8 40,000 13,334
9 45,000 15,000
リッツカールトンでスターポイントを利用した場合
※リッツカールトンのホテルランクは「ティア」で表されます。
ホテルランク リッツカールトンで
必要なポイント数
(リワードポイント)
スターポイントを
利用した場合
ティア1 30,000 10,000
ティア2 40,000 13,334
ティア3 50,000 16,667
ティア4 60,000 20,000
ティア5 70,000 23,334

リッツカールトンの「ティア5」のホテルでは一番安い部屋でも1泊が12万円する部屋もあり、その場合スターポイントを利用すると『1ポイント=5円』となり、5%の還元率という脅威の数字を叩き出すほどまでになります。

SPG系列のホテルだけでなく、マリオットやリッツカールトンのホテルも視野に入れることで、泊まれるホテルの幅はグッと広がります!

ポイントの使い道2:スターポイントをマイルへ

貯めたスターポイントはなんと30社以上の提携航空のマイルに変換して利用することもできます。つまり、例えばスターポイントを貯めて、無料宿泊特典を使って宿泊をすれば、

  • 航空券もタダ+ホテルでの宿泊もタダ

という夢のような旅行を実現することができます!
各航空会社マイルとの交換レートは下記の通りです。

スターポイントで交換できる提携マイル一覧【クリックすると開きます】

上記のように世界中で利用できるマイルのほとんどと1:1で交換することができますが、中には交換レートが悪いものもあるので注意が必要です。

上記の中でもオススメなのが『ブリティッシュエアウェイズ(BA)』です。BAのWEBサイトではANAの航空券を購入することができます。しかも、ANAの必要マイルより、少ないマイル数で航空券を取得することができます。

例えば、ANAのマイルで15,000マイル必要な区間でも、BAのサイトからANAの航空券を購入すると9,000マイルで購入できます!

つまり、

  • スターポイント▶︎ANAマイル▶︎航空券

ではなく

  • スターポイント▶︎BAマイル▶︎ANA航空券

というステップで航空券を入手すれば、少ないマイル数で航空券を手に入れれるということです!その他のメリットとしては下記のようなものが上げられます

・当日まで申し込み可能
・マイル有効期限がほぼ無期限(36ヵ月以内にマイルの付与・利用)
・発券から24時間以内はキャンセル料無料

ただし、BAのサイトは英語文が多いので、英語が苦手な方は苦労すると思いますが、日常英語が読める方であれば挑戦してみる価値は十分にあります。

ポイントの使い道3:スターポイントを航空券へ、でも…

スターポイントをマイルに交換せずに、直接航空券に換えることもできますが、単刀直入に言います。

スターポイントで航空券を取得するのは、お得ではないし、使い勝手も悪いので利用する必要はありません!

150社以上の航空会社で利用が可能ですが、SPG公式サイトでは全て英語ですし、スターポイントで航空券を購入した場合、1ポイント1.5円という悪いレートでの交換になるのでメリットはありません。

利用するのであれば、ホテルの利用でスターポイントを利用した方が、1ポイントで最大5円の価値を発揮するので、断然お得です!

1ポイント1.5円というのは、年会費無料の普通のクレジットカードよりも交換レートの悪い方法なので、無視して構いません。

アメックスカードとしてのメリット

次にアメックスカードで共通して提供されいてるサービスをご紹介します。アメックスカードは先ほどご紹介したように

  • トラベル
  • 保険
  • エンターテイメント
  • グルメ

など、カード利用者がカードを持っているだけで人生が充実するようなメリットを提供しており、これらのサービスが充実しているクレジットカードを業界では『T&E(travel&entertainment)カード』と呼んでいます。アメックスはT&Eカードの代表格で、そのサービスも充実しています。

今回の記事では、「もうこれだけで既に31,000円の年会費の価値があるんじゃないの!?」というようなアメックスカードのメリットをご紹介します。

アメックスカードとしてのメリット①:トラベルサービスが充実

アメックスカードは旅行時や国内・海外出張時など、トラベルに関してのサービスが充実しています。空港で受けることができるサービスは下記の通りです。

 サービス  サービス内容  備考
空港ラウンジサービス 国内28空港、海外2空港のラウンジ41カ所を無料で利用することができます。 【対象空港ラウンジ】
全30空港41カ所のラウンジ
手荷物無料宅配 海外旅行からの帰国時に対象空港から家や指定した場所まで、スーツケース1つまでを無料で宅配してくれるサービスです。 【対象空港】
成田空港
中部空港
関西国際空港
エアポート送迎サービス 海外旅行の出発・帰国時に、提携タクシー会社(MK株式会社)の車をチャーターし、利用可能地域内の指定場所と空港との間を格安の定額料金にて送迎してもらえます。※アメックスのトラベルデスクで航空券などを購入した場合に限ります。 【対象空港】
成田空港
羽田空港(国際線のみ)
関西国際空港
中部空港
無料ポーターサービス 出発時、帰国時に駅やバス停からチェックインカウンターまでの間を専任のスタッフが荷物を運んでくれるサービスです。 【対象空港】
成田空港
関西国際空港
空港クロークサービス 空港内の手荷物預かり所にて、飛行機の出発時間まで荷物を2つまで預けることができるサービスです。 【対象空港】
中部空港
関西国際空港
エアポート・ミール  対象空港のレストランで利用できる1,000円割引クーポン券を貰えるサービスです。 【対象空港】
羽田空港
伊丹空港
空港パーキング
サービス
 対象の空港周辺にあるパーキングエリアを会員専用割引料金(20%~40%など)で利用することができるサービスです。  【対象店舗】
成田空港
→サンパーキング成田店
羽田空港
→サンパーキング羽田 浮島店
関西国際空港
→VIPカーデリバリーサービス
→関西空港駐車場
福岡空港
→福岡空港サイドパーキング
航空便遅延費用補償 乗継遅延、出航遅延、欠航、搭乗不能など、飛行機のトラブルで発生した、宿泊費、食費、衣料費などを補償してくれるサービスです。 【対象】
海外への渡航
海外旅行先での
日本語サポートデスク
海外旅行先でのトラブルから緊急時の対応まで、24時間365日年中無休で世界中のどこからでもサポートしてくれるサービスです。もちろん国内から問い合わせることもできます。 【対象】
国内外からの問い合わせ

上記のようなサービスを利用することができます。成田空港や関西空港ではほとんどのサービスを受けることができますが、よく利用する空港がサービスの対象外になってしまっている場合もありますが、全ての人に共通して利用できるサービスとして

  • 空港ラウンジサービス
  • 航空便遅延費用補償
  • 海外旅行先での日本語サポートデスク

があり、利用する人にとってはこれだけでも十分な価値があるサービスになっています。

空港ラウンジサービス

空港をよく利用する方であれば、空港ラウンジサービスは必須のサービスといっていいサービスでしょう。国内旅行や海外旅行の出発時には空港に早く着くこともしばしばあります。

「チェックインも済ませてしまったから、何もすることがない」という場合、空港の一般ラウンジでずっと座っておくしかありません。

空港の一般ラウンジではお土産を沢山買い込んだ外国人客や、大きな荷物を抱えた修学旅行生や一般客で混雑していることがほとんどです。空港にパソコンやケータイの充電場所があったとしても、ほとんど場合は誰かが使用していて使うこともできません。

喉が乾いても空港内のコンビニは長蛇の列で、フードコートでは観光向けの価格で高くなっています。

そんな時に、フカフカのソファーがある静かな空間でフリードリンクや無料Wi-Fi、充電コンセントが用意された場所を利用できるメリットは、金額以上に精神的にも絶大なメリットがあるサービスです。

 

空港のラウンジは通常1,080円〜3,000円の利用料金が発生しますが、SPGアメックスカードを持っていれば、カードと航空券を提示するだけで、カード会員と同伴者1人まで、無料で使用することができます!

つまり一回の空港ラウンジ利用で2,000〜6,000円分のメリットがあることになります。

SPGアメックスカードで利用できる空港は下記の通りです。

アメックススカイトラベラーカードの使用可能空港ラウンジ一覧(クリックで開きます)

航空便遅延費用補償

そしてもう1つ、空港問わず利用できるサービスが『航空便遅延費用補償』です。

航空便遅延費用補償
保険適応項目 補償内容 備考
乗継遅延費用 1回の到着便遅延につき2万円まで 乗り継ぎ便の登場予定時刻から4時間以内に代替便に登場できなかった場合。
出航遅延、欠航、
搭乗不能費用
1回の出航遅延、欠航もしくは運休または搭乗不能につき2万円まで 出航予定時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合
受託手荷物
遅延費用
1回の受託手荷物の遅延につき2万円まで 目的地に到着してから6時間以内に手荷物を受けとれず、衣料や必需品を購入した場合。
受託手荷物
紛失費用
1回の受託手荷物の紛失につき4万円まで 目的地に到着してから48時間以内に荷物が受けとれず、その後96時間以内に衣料や必需品を購入した場合
注意事項 ・対象航空のチケットが証明書になります
・本会員のみ利用可能な保険です

国内では荷物の紛失や遅れなどは珍しい出来事ですが、海外旅行中だと、頻繁に起こり得ることです!

特に乗り継ぎ便の遅延などは気候や天候によっては避けられないものです。気候や天候による遅延や欠航であれば諦めが付くかもしれませんが、機内トラブルや航空会社の手違いで飛行機が遅延・欠航などした場合、自己負担で食事やその他の費用を払うのはバカバカしく感じてしまいます。

そんな時にカードを持っておくだけで、食事代や衣料費などの出費が補償されるのは、旅行や出張で飛行機を利用する方にとっては非常にありがたいサービスです!

海外旅行先での日本語サポートデスク

アメックスカードのサービスの中でも非常に重宝されているサービスの1つが、海外旅行中にカード利用者のトラブルに対して24時間365日体制、通話料無料で対応してくれるカード会員専用デスク『オーバーシーズ・アシスト』の存在です!

『オーバーシーズ・アシスト』はアメックスカードの中でもゴールドカード以上にしか付帯していないサービスで、海外旅行中に起こる様々なトラブルや相談に対して世界中のほとんどどこからでも、日本語で問い合わせることができるサポート窓口です。

「パスポートを紛失してしまった…」
「アメリカに来たけど、美味しいレストランがどこにあるのか分からない」
「海外の食事が合わなくて体調を崩してしまったけど、言葉が通じなくて病院に行けない」

などというトラブルに対して、日本語でサポートしてくれる安心感はハンパなく、まるで自分専用の優秀な秘書を連れて歩いているような感覚になります。

『オーバーシーズ・アシスト』で対応してくれる内容は下記のようになっています。

・旅行関連サービス(航空券の予約、発券、予約の再確認、変更/ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取り消し/レンタカー・リムジンサービスの案内、予約、取り消しなど)
・レストラン・ゴルフコースの案内、予約、取り消し
・主要都市でのミュージカル等のチケットの案内
・天気予報
・パスポート、査証、予防接種などについての案内
・最寄りの日本大使館、領事館の案内
・アメリカン・エキスプレスのトラベル・サービス・オフィスの案内
・カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
・T/Cの紛失・盗難の処理
・パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート
・フラワー・デリバリー・サービスの手配
・その他のカードに関する問い合わせ
・電話による簡単な通訳サービス(業務の場合を除く。)
・通訳派遣のアレンジメント
・医師、歯科医、病院、弁護士の紹介
・カードに付帯される海外旅行傷害保険の保険金請求のお手伝い

上記のサービスに加え、ただ”相談に乗ってくれる”だけでなく、『緊急支援サービス』というサービスで、カード会員に変わって以下のことに”対応”してくれます。

緊急支援サービス
・24時間電話医療相談、病院紹介、病院の予約、入院手配・電話での日本語アシスト
・医療機関への信用保証サービスおよび上限5,000USドル立替え資金援助サービス
・家族への緊急事態連絡サービス
・緊急移送サービス
・治療経過管理サービス
・帰国手配サービス
・緊急時の弁護士紹介
・弁護士費用として1件につき上限1,000USドル立て替え、上限1,000USドルまで保釈金立て替え

つまり、「今、イギリスのロンドンにいるんですが、体調が悪くて…」と相談すると、「お調べすると、お近くにA病院という病院がありました。○○時に予約をおとりしますので、向かってください。もし歩けないようでしたら現在地まで救急車を手配しますが、いかがいたしましょう。」

という手厚い対応をとってもらうことができます。

もし海外旅行する度に専属の通訳やコンシェルジュを雇おうと思うと、どれだけのコストが発生するでしょうか?私自身、雇った経験はありませんが、そのような有能な人材は数千円では雇えないでしょう。そう考えると、このサービスは使う人によっては非常にメリットのあるサービスです。

アメックスカードとしてのメリット②:国内・海外旅行傷害保険が充実

次にアメックスカードの旅行保険です。SPGアメックスカードに付帯している海外旅行傷害保険は最高1億円と高額になっており、さらに『自動付帯』という、旅行中にカードを使用せずに旅行をしていても保険が適用されるサービスを提供しています。

普通クレジットカードであれば、航空券や空港までの交通費をクレジットカードで支払うことで保険が適用される『利用付帯』のみのカードがほとんどですが、SPGアメックスカードではカードを“持っているだけで”保険が適用されるというVIP待遇のメリットが付帯しています。

しかもカード会員だけでなく、会員の家族にまで自動付帯が適用されるので

「小さい子供と海外旅行に行く」
「両親の結婚記念日に海外旅行に招待する」
「妻と新婚旅行に行く」

などという場合にも、家族に保険が適用されます!

海外の医療費は日本の医療費とは比べ物にならないほど高額です。

「子供が観光中につまずいて怪我をしてしまった!」
「妻が食あたりにあって入院した!」
「交通事情がわからなくて交通事故にあってしまった!」

という場合、数日の軽い通院、入院でも300万円〜500万円の医療費がかかることは十分に考えられます。

しかし、カードを所持していれば、カード会員、家族含めて下記のような手厚い保険が適用されます。

【海外旅行傷害保険】
カード種類 本会員 本会員の家族 家族カード会員

付帯条件

利用付帯+自動付帯 利用付帯+自動付帯 利用付帯のみ

死亡・
後遺障害

【利用付帯】
最高1億円
【自動付帯】
最高5,000万円
【利用+自動付帯】
最高1,000万円
最高5,000万円
傷害治療 【利用付帯】
最高300万円
【自動付帯】
最高200万円
【利用+自動付帯】
最高200万円
最高300万円
疾病治療 【利用付帯】
最高300万円
【自動付帯】
最高200万円
【利用+自動付帯】
最高200万円
最高300万円
救援者費用 【利用付帯】
最高400万円
【自動付帯】
最高300万円
【利用+自動付帯】
最高300万円
最高400万円
賠償費用 【利用付帯】
最高4000万円
【自動付帯】
最高4000万円
【利用+自動付帯】
最高4,000万円
最高4,000万円
携行品損害 【利用+自動付帯】
1旅行中最高50万円
自己負担3,000円
年間限度100万円
【利用+自動付帯】
1旅行中最高50万円
自己負担3,000円
年間限度100万円
1旅行中最高50万円
自己負担3,000円
年間限度100万円
家族特約 あり あり あり
【国内旅行傷害保険】
カード種類 本会員 本会員の家族 家族カード会員
条件 利用付帯のみ
死亡・
後遺障害
最高5,000万円 最高1,000万円 最高5,000万円

怪我や病気、事故の他に『携行品損害』も1旅行で50万円の補償が付いているのが嬉しいところです。

「目を離してた隙にケータイを盗まれてしまった!」
「パソコンを充電していたら電圧が違って壊れてしまった!」
「ビーチでケータイを落としてしまった!」

などのトラブルは海外旅行では日常茶飯事に起こっていることです。そんな時

「あ〜…ショック…。」とトラブルのショックを引きずりながら海外旅行を続けるのと、「ま、保険が適用されるからOK!」と残りの旅行を楽しむのでは全く旅行の質が異なるでしょう。

せっかくの海外旅行を苦い思い出にしないためにも上記のような保険は非常にメリットがあります。

アメックスカードとしてのメリット③:プロテクションが充実

アメックスカードでは「もしもの場合」に対して様々なプロテクションが用意されており、安心してカードが使用できるようになっています。

サービス名 サービス内容
キャンセル・
プロテクション
カードを利用して予約していた航空チケット、コンサートなどを諸事情によりキャンセルする際に発生するキャンセル料を最大10万円まで補償してくれます。
オンライン・
プロテクション
インターネット上でカードを不正利用された場合、損害金額を全額補償してくれます。
リターン・
プロテクション
ネット、実際の店舗限らず、カードで購入した商品の返品を、購入店舗が受け付けてくれない場合、1商品につき最高3万円相当額まで、年間最高15万円相当額まで補償してくれます。
ショッピング・
プロテクション
国内外問わず、カードで購入した商品について破損・盗難にあった場合自己負担1万円で年間500万円分まで補償してくれます。
カード紛失・盗難の
場合の緊急再発行
カードの紛失、盗難にあった際、新しいカードを無料で発行してくれます。新しいカードが発行されるまでは「仮カード」を即座に届けてくれます。

アメックスカードの中で、ゴールドカード以上から付帯されるプロテクション

  • キャンセル・プロテクション
  • リターン・プロテクション

の2つで、特に『キャンセル・プロテクション』は万が一の際には役に立つサービスです。

「事故で怪我をして旅行に行けなくなった」
「子供が熱を出して旅行に行けなくなった」

など、カード会員の方の事情でキャンセルする場合は最大10万円、その他家族の事故や病気でのキャンセルの場合は最大3万円まで補償されます。

自分だけでなく、家族の事情まで考慮されるので、万が一の際も最小限のキャンセル料で済ませることができます!

アメックスカードとしてのメリット④:エンタメ&グルメサービスその他

SPGアメックスカードを持っているだけで利用できるエンタメ&グルメサービスその他のサービスは下記の通りです。

サービス名 サービス内容
アメリカン・エキスプレス・セレクト
国内・海外のレストラン、レジャー、ショッピングなどで利用できる会員専用の優待サービスを10%〜で割引を受けることができるサービスです。
チケット・アクセス
ミュージカル、演劇、バレエなどのチケットを一般発売に先駆けて予約できたり、会員限定で優良なシートを確保できるサービスです。
ゴールド・ワインクラブ
入手が困難な希少価値の高いワインを購入できるサービスです。必要であれば会員専用のデスクに問い合わせると、ワインのプロが様々な質問に答えてくれます。
京都観光ラウンジ
重要文化財や国指定名勝の北庭、由緒ある小間の茶室等で、お茶のサービスや拝観料のサービスを受けることができるサービスです。

上記のサービスはアメックスカードのおまけ的な要素として付帯しているので必要に応じて利用していきましょう。

3.スターウッドプリファードゲストアメックスカードのいまいちポイントについて

SPGアメックスカードのイマイチなポイントは31,000円+消費税という年会費でしょう。
アメックスカードのなかでもゴールドカードに匹敵する年会費になっています。もちろんカードに付帯しているサービスはゴールドカード同等レベルのサービスです。

しかし、SPGアメックスカードはスターポイントという、ホテルを利用する方に特化したカードなので、普段ホテルを利用しない方にとっては31,000円のメリットのあるカードではありません。

ただし、二年目から貰える「無料宿泊特典」によって、31,000円という年会費は一瞬でペイできてしまいます。

つまり

  • ホテルをよく利用する人=SPGアメックスカードが最適
  • ホテルを利用しない人=2年目以降は年会費以上のメリットあり

というカードです。

とりあえず発行しておいて、2年目以降から貰える無料宿泊特典を活用するだけでも十分このカードの価値はあります。

なにしろ、GWやクリスマス、土日祝日問わず無料で2名まで高級ホテルに宿泊できるので

「年に1度、彼女とウェスティンホテルで過ごす」
「結婚記念日は毎年高級ホテルで過ごす」
「クリスマスだけは大切な人と高級ホテルで過ごす」

などのイベントが確定します。しかも海外の高級ホテルも利用できるので、大切な人とどのホテルに泊まるか一緒に考えるだけでも楽しい時間を過ごせるでしょう。

4.スターウッドプリファードゲストアメックスカードの最大の強み!こんな人におすすめしたい!

SPGアメックスカードのメリットはホテルに特化している点です。

つまり

  • 出張でホテルを頻繁に利用する人
  • 職業柄、ホテルを転々とする人
  • 大切な人とホテルでラグジュアリーなひと時を過ごしたい人
  • 海外を転々として仕事をしている人

などに向いているカードです。

SPGではウェスティンホテルのような高級ホテルもありますが、中には低価格のホテルも用意されています。ですので、仕事でSPG系のホテルの宿泊をする方であれば、軽々とプラチナ会員まで昇格し、当たり前のように、ホテル宿泊時にはスイートルームで過ごすことができます。

また、職業柄ホテルを利用しない人でも、年に数回ホテルを利用する方でも、2年目以降の『無料宿泊特典』は他のカードでは絶対に有り得ない、SPGアメックスカードのみの特典なので、上手く活用すれば、年会費以上のメリットは受けることができます。

5.スターウッドプリファードゲストアメックスカードはどういう使い方が最もお得になるのか?

お得に利用するコツ1:入会キャンペーンを最大限利用する!

SPGを最もお得に利用する方法ですが、まずはカードのキャンペーンを存分に利用することです!2017年8月30日まで、入会で最大20,000ポイントが獲得できるキャンペーンを実施しています!!

通常のキャンペーンでは10,000ポイントですが、今だけ2倍の20,000ポイントです!獲得条件は

  • 入会後3ヶ月以内に10万円のカード利用=10,000ポイント
  • 2017年9月30日まで、2回宿泊毎に2,000ポイント=最大10,000ポイントまで

合計20,000ポイントが獲得できます。

期限が迫っているので最大ポイントを獲得するのは難しいかもしれませんが、「入会後3ヶ月以内に10万円のカード利用」は十分に射程圏内です。1ヶ月34,000円の利用なので、生活費をクレジットカード払いしてれば、簡単に達成してしまいます。

10,000ポイントを通常の100円=1ポイントの方法で貯めようと思うと100万円のカード利用が必要なので、入会後3ヶ月は意識的にクレジットカード支払いにして10万円は利用しましょう。

お得に利用するコツ2:提携ホテル利用時は絶対にカード払い!

期間限定キャンペーンではポイントが3重に重なって付与されます。

SPGの提携ホテルの利用の場合

  • 通常特典100円=1ポイント
  • キャンペーン特典=100円=1ポイント
  • ゴールド会員特典=1ドル=3ポイント

の3つが重なって付与されます。

例えば、1泊1万円のホテルに宿泊したとすると、ポイントは500ポイント貯まります!つまり100円=5ポイント貯まる計算となり、還元率は5%とクレジットカード業界でも最高ランクの水準までに高まります!

もちろん無理に利用する必要はありませんが「職業柄、ホテルでの宿泊が多い」という方は、ポイントが有り得ないスピードでザクザク貯まっていくので、積極的に利用していきましょう。

ポイントが貯まったら家族や恋人などと海外のホテルでポイントを利用するのも良いでしょう。

お得に利用するコツ3:『無料宿泊特典』は繁忙期に、高ランクのホテルで!

このカードの最大のメリット『無料宿泊特典』は、それだけで年会費を取り戻せる最高の特典ですが、どうせ利用するのであれば、最高ランクのホテルで、通常では気が引けるような繁忙期価格の時期に利用しましょう!

メリットの部分でも紹介しましたが、『無料宿泊特典』では2名まで無料で宿泊することが可能なので、場合によっては1泊6〜8万円×2人の宿泊費をタダにすることができます。

このカードの肝となるのは、やはり2年目以降毎年貰える『無料宿泊特典』なので、上手く活用することで、人生にとって最高の思い出を作るキッカケになる特典です。

 

6.最後のまとめ

いかがだったでしょうか?

SPGアメックスカードは特典が盛りだくさんで少し混乱するかもしれませんが、要点をまとめると下記のようになります。

  • SPG系ホテル利用者はカード取得必須!
  • 2年目以降に貰える『無料宿泊特典』は年会費以上のメリット!
  • GW、お盆、クリスマスの繁忙期でも高額高級ホテルで無料宿泊!
  • 世界中5,500店舗以上のホテルでSPGゴールド会員のVIP優待!
  • 空港ラウンジ無料利用可能!
  • 手厚い国内・海外旅行保険が付帯!
  • 「万が一」でもプロテクションサービスで安心!
  • 海外でのトラブルも専属秘書のようなサポートデスクが利用可能!

というカードです。

ホテルを利用しない人にとってはコスパ最悪のカード。しかし、ホテルを利用する人にとってはクレジットカード業界の中で最強のカードという非常にターゲットが絞られているカードです。

このカードの本領発揮は2年目以降なので、ライフスタイルに合うようであれば、すぐに取得することをオススメします!

【アメックスカード特集】総合人気ランキング
ゴールドカード人気No.1!超定番の最強カード

▶アメックスゴールドカード

年会費:29000円+税
デザインかっこいい定番アメックスカード!

▶アメックスグリーンカード

年会費:12000円+税
高級ホテルの無料宿泊券を毎年もらえる!

▶スターウッド プリファードゲスト アメックスカード

年会費:31000円+税
デルタ航空のゴールドメダリオンになれる!

▶デルタスカイマイル アメックスカード

年会費:12000円+税
【アメックスカード特集】マイルが貯まるアメックスカード
デルタ航空のゴールドメダリオンになれる!

▶デルタスカイマイル アメックスカード

年会費:12000円+税
マイル還元率1.5%と最強クラス!

▶マイレージプラス・セゾンカード

年会費:1500円+税
高級ホテルの無料宿泊券を毎年もらえる!

▶スターウッド プリファードゲスト アメックスカード

年会費:31000円+税
ANAマイルが貯まりやすい!

▶ANAアメックスカード

年会費:7000円+税
【アメックスカード特集】年会費が安い!セゾンアメックスカードの種類


▶セゾンパール・アメックスカード

年会費:実質無料

▶セゾンブルー・アメックスカード

年会費:実質無料

▶セゾンゴールド・アメックスカード

年会費:10000円+税

▶セゾンプラチナ・アメックスカード
年会費:20000円+税
 
【アメックスカード特集】アメックスカードの知恵袋
 
絶対に損しないアメックスグリーンとゴールドの正しい選び方【完全保存版】
絶対に後悔しないアメックスゴールドとダイナースの正しい選び方
アメックスグリーンとゴールドどんな違いがあるか徹底比較
アメックスゴールドとプラチナの特典ヤバい!得られるメリット
アメックスゴールドじゃなくグリーンを申し込んだ10名にインタビューした結果
 
  アメックスゴールドの限度額は300万円?1000万円の支払いもできる?
アメックスゴールドとプラチナのインビテーション審査に必要な年収いくら?
アメックスのグリーンカードの審査基準は厳しい?年収いくら必要?
  アメックスのゴールドカードとプラチナカードの審査基準は?年収いくら必要?
 

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い