アメックスビジネスカードは、アメックスのグリーンカードの「事業主バージョン」として、事業主限定で発行されているカードです。

事業主の方であれば、通常のアメックスカードを発行するよりも、上乗せしてサービスが付帯しているので、明らかにメリットの多いカードになっています。

「アメックスカードとアメックスビジネスカードのどちらを取得しようか迷っている」という方は事業主の方であれば、断然アメックスビジネスカードがメリットが多いです。

事業主の方しか発行することができないという特別なカードですが、そのメリットは多く、カードがそのまま有能な秘書として活躍するようなカードです。年会費は他のクレジットカードより高めに設定されていますが「有能な人を1人雇う」というコストに比べれば圧倒的にリーズナブルな価格です。

今回の記事ではアメックスビジネスカードについて

  • どのような特典があるか?
  • ビジネスカードだけのメリットは何か?
  • アメックスビジネスゴールドカードだけのメリットは何か?

についてご紹介します。

たった数万円で、事業の利益や自分の時間が格段に増えるようなサポートサービスが付帯しているので、是非参考にしてください。

1.アメックスビジネスカードの特徴スペック一覧表

提携ブランド AmericanExpress
支払日 毎月20日前後、翌月10日払い
※申込日によって個別に設定
年会費 12,000円+消費税
ポイント名称 メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 0.3%~1%
(交換景品により異なる)
ポイント有効期限 3年間
※1度でも特典と交換すると、有効期限は無期限になります。
ポイント優遇対象サービス ・ボーナスポイント・パートナーズ提携店
提携店での利用でポイント2~10倍
ポイントの提携
利用可能最低ポイント数 【景品交換必要ポイント】
1,000ポイント
(10万円利用相当)以上
【金券交換必要ポイント】
1,000ポイント
(旅行代金支払い充当 1,000円相当)
※「メンバーシップ・リワード・プラス」」登録時
1,500ポイント
(ファミリーマートお買い物券 500円相当)
2,000ポイント
(旅行代金支払い充当 800円相当)
3,000ポイント
(利用分との相殺によるキャッシュバック 900円相当)
3,000ポイント
(ヨドバシカメラ商品券/高島屋商品券/WebMoney 1,000円相当)
5,000ポイント
(10,000円毎に1枚利用できる各種クーポン 5,000円相当)
6,000ポイント
(10,000円毎に1枚利用できる各種クーポン 5,000円相当)
7,500ポイント
(10,000円毎に1枚利用できる各種クーポン 5,000円相当)
10,000ポイント
(10,000円毎に1枚利用できる各種クーポン 5,000円相当)
12,500ポイント
(コストコ商品券/全国百貨店共通商品券 5,000円相当)
20,000ポイント
(各種クーポン 10,000円相当)
ボーナスポイント 年間200万円以上(税込)利用で、
メンバーシップ・リワード30,000ポイントプレゼント
電子マネー付帯 QUICPay
チャージできる電子マネー 楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA
追加カード 6,000円+消費税
※発行枚数制限無し
ETCカード 500円+消費税
年会費割引
年一回以上のETC利用で翌年度年会費無料
国内・海外旅行保険 海外旅行保険付帯 有り
国内旅行保険付帯 有り
ショッピング保険 有り:最高500万円/90日間
(自己負担額10,000円)
ApplePay対応 対応
マイルの還元率 2%(1マイルの価値を2円と想定)
即日発行 無し

2.アメックスビジネスカードとアメックスビジネスゴールドカードの比較・アメックスビジネスゴールドカードの優れている点

①年会費で比較

カード種類 アメックス
ビジネスカード
アメックスビジネス
ゴールドカード
本会員
年会費
12,000円+消費税 31,000円+消費税
追加カード
年会費
6,000円+消費税
※発行枚数制限無
12,000円+消費税
※発行枚数制限無し
ETCカード
年会費
500円+消費税
年会費割引
年一回以上のETC利用で翌年度年会費無料

アメックスビジネスカードとアメックスビジネスゴールドカードの価格は約2.6倍ゴールドカードの方が高くなっています。

アメックスビジネスゴールドカードは、普通のアメックスゴールドカードより、年会費が2,000円ほど高くなっています。しかし、追加カードの値段は同じというスペックです。

アメックスビジネスカードとアメックスグリーンカードは年会費も追加カードの年会費も全く同じなので、事業主の方であればアメックスビジネスカードを申し込んだ方が、様々なビジネスに関する特典を得られるのでお得と言えます。

また、ビジネスゴールドカードも通常のゴールドカードより年会費が高いとはいえ、後ほどご紹介しますが、ビジネスカードで登録できる銀行口座は法人格のある法人代表者向けカードと、個人事業主向けカードの2種類があり

  • 法人代表者=法人名義の銀行口座
  • 個人事業主=個人名義の銀行口座

しか登録することができません。ですので、会費は会社の経費として計上することができ、節税対策の1つとしてカードの年会費を利用することができます。

個人でカードを所持して年会費を払うより効率的に経費をまとめて計算することができます。

従業員・役員にカードを発行することができる!

ビジネスカードの特徴の1つとして、家族カードだけでなく、従業員や役員にカードを発行することができます!

発行の条件は下記の通りです。

カードの種類
法人ro個人
追加カードの条件
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(法人名義)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(法人名義)

・申し込み項目はすべて基本カード会員が入力
・20才以上の方
・法人の役員または従業員の方
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(個人名義)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(個人名義)

・申し込み項目はすべて基本カード会員が入力
・20才以上の方
・役員または従業員の方
・基本カード会員様の2親等以内の親族の方

ゴールドカードと一般カードで条件の差はありませんが、経費の利用状況を一気にまとめられるため、個別に領収書などをまとめる手間が省け、事務処理の人件費などを削減することができます。

また、追加カードのポイントは全てカードを発行した本会員のカードにまとめられるため、経費分のポイントが本会員のカード集約して付与されるというメリットもあります!

そのメリットとこれらかご紹介するカード特有のメリットを総合して年会費に見合うカードなのかを総合的に判断していくといいでしょう。

②ポイント・マイル還元率で比較

【ポイント】

 カード種類 アメックス
ビジネスカード
アメックスビジネス
ゴールドカード
ポイント還元率 100円毎に1ポイント
特約店での利用 ・ボーナスポイント・パートナーズ提携店利用
ポイント2~10倍
ボーナスポイント 年間200万円以上(税込)利用で、
メンバーシップ・リワード30,000ポイントプレゼント
有効期限 3年間
※1度でも特典と交換すると、有効期限は無期限になります。

ポイントに関してはカードごとに差はありません。100円毎に1ポイントが付与されます。付与されるのは月に利用した金額の合計ではなく、「一度の会計ごと」なので、例えば198円の場合は1ポイントと、端数は切り捨てられます。ですので、端数が出れば出るほどポイント効率は悪くなって行くことになります。

しかし、個人であれば一度の利用金額が低いため、このような仕様はデメリットになるかもしれませんが、法人や個人事業でカードを利用する場合、出張の飛行機代や、必要用品など、高額になることが多いため、さほど気になるデメリットではないでしょう。

また、両方のカードとも年間の利用額が200万円を超えると30,000ポイントという追加ボーナスポイントが付与されます。通常利用で300万円の利用をしなければ貯まらないポイント一気に付与されるのは大きいですし、追加カードなどで従業員が経費などをカードで支払っていれば、不可能な金額ではないでしょう。

例えば一人でカードを利用していれば、月に約167,000円の利用が必要ですが、役員の方と2人で利用すれば約83,500円、更に従業員の方を含めて3人で利用すれば約56,000円と一人当たりの利用金額が少なくてもポイントボーナスを受けることができます。

無理矢理ポイントボーナスを狙う必要はありませんが、必要経費をただ払うより、アメックスビジネスカードで払えば、勝手にザクザクとポイントが貯まっていくと思えばメリットは大きいといえるでしょう。

【マイル】

 カード種類 アメックス
ビジネスカード
アメックスビジネス
ゴールドカード
ポイントとの
交換レート
2,000ポイント=1,000マイル
メンバーシップ・リワード・プラス加入で
1,000ポイント=1,000マイル
※ANAマイルは1,250ポイント=1,000マイル
マイル交換可能先 【スターアライアンス】
ANA、シンガポール航空、スカンジナビア航空、タイ国際航空【ワンワールド】
キャセイパシフィック航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空プリヴィレッジクラブ【スカイチーム】
デルタ航空、フライング・ブルー(エールフランス航空・KLMオランダ航空)、アリタリア-イタリア航空、チャイナエアライン【なし】
ヴァージン・アトランティック航空、エティハド航空、エミレーツ航空
メンバーシップ・
リワード・プラス年会費
3,000円+消費税/年間
ANAマイルへの
ポイント移行
コース年会費
5,000円+消費税/年間

ビジネスカードを発行する方は飛行機などを利用する方が多いのではないでしょうか。現在では時期によって新幹線より飛行機の方が安いという時代ですので、マイルを貯めている方は個人、法人限らず多くなっています。

ビジネスカードではゴールドカードとの違いとしては、ゴールドカードの方がANAマイルへの移行手数料が無料というメリットがあります。日本国内の利用であればANAを利用することは十分に有り得るので、メリットと言えるでしょう。

ただし、ANAは2017年度の初頭から、ポイントとマイルの交換レートが1,000ポイント=1,000マイルから、1,250ポイント=1,000マイルと若干悪化しています。

そのため、アメックスビジネスカードでは、レートが悪化した上に移行手数料が必要というデメリットがありますが、ANAは使い勝手が良いので実質的にはそれほどレート悪化による影響はそれほどないと考えて良いでしょう。

③国内・海外旅行保険で比較

【海外旅行傷害保険】

カード種類 アメックス
ビジネスカード
アメックスビジネス
ゴールドカード

付帯条件

利用付帯のみ 利用付帯、自動付帯
本会員のみ自動付帯あり

死亡・
後遺障害

最高5,000万 【利用付帯】
最高1億円
【自動付帯】
最高5,000万円
※追加カード会員は
自動付帯無し
傷害治療 最高300万円 【利用付帯】
最高300万円
【自動付帯】
最高200万円
※追加カード会員は
自動付帯無し
疾病治療 最高300万円 【利用付帯】
最高300万円
【自動付帯】
最高200万円
※追加カード会員は
自動付帯無し
救援者費用 最高400万円 【利用付帯】
最高400万円
【自動付帯】
最高300万円
※追加カード会員は
自動付帯無し
賠償費用 最高4,000万円 【利用+自動付帯】
最高4,000万円
※追加カード会員は
利用付帯のみ
携行品損害 1旅行中最高30万円
自己負担3,000円
年間限度100万円
【利用+自動付帯】
1旅行中最高50万円
自己負担3,000円
年間限度100万円
※追加カード会員は
利用付帯のみ
家族特約 あり あり

海外旅行傷害保険に関しては、ゴールドカードの方が圧倒的に有利です!

利用付帯に加え、自動付帯が利用できます。利用付帯とは、旅行や出張の際に交通費などをクレジットカードで支払うと補償を受けることができるサービスで、自動付帯とは、旅行、出張中にクレジットカードを利用しなくても、事故や怪我をした時にカードを持っているだけで各種の補償を受けることができるサービスです!

そもそも、アメックスのカードは一般カードから旅行傷害保険が充実しており

  • 楽天カード
  • Yahoo!JAPANカード
  • 三井住友カード

など他のクレジットカードのゴールドカードレベルか、それ以上の保険が付帯しています。ですので、アメックスビジネスゴールドカードは他のクレジットカードのプラチナカード級の保険が適応されます!

特にビジネスカードとなると飛行機を利用することが一般の方に比べて多くなる場合があるでしょう。

  • プライベートでの旅行
  • 社員旅行での旅行
  • 出張の際の渡航

など、様々な場面で保険が適用されるので、自身を含めた、家族カード会員や追加カードを持った従業員の方にも保険が適用されます。

ゴールドカードの場合は、追加カードに『自動付帯』はないのが玉に瑕ですが、従業員の方であれば出張の際などの旅費などはクレジットカードで支払うことを目的としてカードを発行するので『利用付帯』で最大1億円の補償を受けることができ、十分なメリットといえるでしょう。

【海外旅行傷害保険・家族特約】

カード種類 アメックス
ビジネスカード
アメックスビジネス
ゴールドカード
付帯条件 利用付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 最高1000万円 最高1,000万円
傷害治療 最高300万円 最高200万円
疾病治療 最高300万円 最高200万円
救援者費用 最高400万円 最高300万円
賠償費用 最高4000万円 最高4,000万円
携行品損害 1旅行中最高30万円
自己負担3,000円
年間限度100万円
1旅行中最高50万円
自己負担3,000円
年間限度100万円

『家族特約』とはカードを所持している方の家族にも保険が適用されるサービスです。例えば

「小さい子供を海外旅行に連れて行きたい」
「妻と海外旅行に行きたい」

などという場合、海外で家族が事故での怪我、病気などになった場合はカードを所持していなくても一定額が補償として受けることができます。

ゴールドカードより一般カードの方が保証金額の最高額が高いものもありますが、他のクレジットカードには『家族特約』自体が付帯していないことがほとんどなので、嬉しいサービスです。

日本では事故や怪我で病院に行っても、多くて数万円の治療費で済みますが、海外では骨折や胃炎などで数日間入院しただけで200~500万円の医療費を請求されることが当然のように有り得ます。

「子供が階段で転んで骨折した!」
「水が合わなくて胃炎を起こした!」
「交通ルールが分からなくて事故にあった!」

など知らない文化、土地では何が起こるか予想することは難しいです。ですので、任意で保険と合わせてこのような補助的な保険があると安心して旅行を楽しむことができます。

【国内旅行傷害保険】

カード種類 アメックス
ビジネスカード
アメックスビジネス
ゴールドカード
付帯条件 利用付帯のみ 利用付帯のみ
死亡・後遺障害 【本会員】
最高2,000万
【本会員の家族】
最高1,000万円
【追加カード会員】
最高5,000万
【本会員】
最高5,000万
【本会員の家族】
最高1,000万円
【追加カード会員】
最高5,000万
入院費用 補償なし 補償なし
手術費用 補償なし 補償なし
通院費用 補償なし 補償なし
家族特約 あり あり

国内旅行傷害保険に関しては一般カードとゴールドカードの補償は同じです。

「え?年会費が20,000円くらい違うのに補償が一緒なの!?」と思うかもしれませんが、確かに国内旅行傷害保険だけで見ると年会費に納得いかないと思います。

しかし、海外旅行傷害保険では圧倒的にゴールドカードの方がメリットがある上、国内旅行の補償ではゴールドカードにしかない特別な補償が付帯しています!それが「国内旅行航空便遅延費用保険」という保険です。

保険の内容は下記のようになっています。

国内旅行航空便遅延費用保険
※ゴールドカード会員のみ
保険適応項目 補償内容
乗継遅延費用 1回の到着便遅延につき2万円まで
出航遅延、欠航、
搭乗不能費用
1回の出航遅延、欠航もしくは運休または搭乗不能につき2万円まで
受託手荷物
遅延費用
1回の受託手荷物の遅延につき2万円まで
受託手荷物
紛失費用
1回の受託手荷物の紛失につき4万円まで
注意事項 ・対象航空のチケットが証明書になります
・本会員のみ利用可能な保険です

上記のように

  • 飛行機が遅れた場合
  • 飛行機が欠航した場合
  • 手荷物の到着が遅れた場合
  • 手荷物が紛失した場合

などにそれぞれの補償を受けることができます。

日本国内便での手荷物の紛失はそれほど多くないものの、台風や強風などで飛行機が遅延、欠航することは十分に考えられます。

その際に、自分で負担した食事代、宿泊費などを補償してくれるというサービスがゴールドカード限定で付帯しています。

【ショッピング保険】

アメックス
ビジネスカード
アメックスビジネス
ゴールドカード
利用条件 国内・海外問わず 国内・海外問わず
年間保証限度額
[自己負担額]
500万円
[10,000円]
500万円
[10,000円]
補償期間 90日間 90日間

一般カードとゴールドカードのショッピング保険に違いはありません。

カードで購入した商品について、破損・盗難などがあった場合、最大500万円の補償は十分すぎる補償です。年間500万円保証はプラチナカード級の補償額で、一般カードやゴールドカードで受けられる補償額にしてはかなり高額です。

一般カード、ゴールドカード共に事業のための必要用品やオフィス用品などにはソファーや照明など、高額になるものもあるので、そういった商品が破損していた場合などには、年間限度額500万円の保証が付いていれば、多少高いものでも安心して購入することができ、ご自身のオフィスを快適な用品を揃えることができます。

④優待特典で比較

カード種類 アメックス
ビジネスカード
アメックスビジネス
ゴールドカード
【トラベル・サービス】
空港ラウンジサービス
手荷物無料宅配サービス
※往復

※往復
エアポート送迎サービス
空港パーキング
無料ポーターサービス
空港クロークサービス
エアポート・ミール
海外トラベルサポート
オーバーシーズ・アシスト

オーバーシーズ・アシスト
国内旅行
航空便遅延費用保険
海外用レンタル携帯電話特別割引
国内レンタカー5%OFF
京都観光ラウンジ
一休.com優待特典
特選の宿が5%オフ 「日本旅行」
「Expedia」優待
「アップルワールド.com」5%オフ
限定特典「H.I.S.」
チケットアクセス
【プロテクション】
カードの紛失・盗難時の緊急再発行サービス
ショッピング・プロテクション
リターン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
オンライン・プロテクション
【エンターテイメント・ショッピング・その他】
アメリカン・エキスプレス・セレクト
ダイニング・トレンド
ゴールド・ワインクラブ
コットンクラブ
新国立劇場
ゴルフ関連サービス

アメックスビジネスカードでは、アメックスカードで受けられる優待特典のほとんどを受けうることができますが、「ビジネスカード」ということで、各サービスがビジネスカード向けに改良されて提供されています!

トラベルの優待特典

共通で受けられるトラベル特典として

  • 空港での優待特典
  • 海外で緊急時のサポートデスク
  • 会員限定の旅行割引サービス

などがありますが、ビジネスカードを所持する方のライフスタイルにとって、最もメリットがあるのは

  • 空港での優待特典
  • 海外で緊急時のサポートデスク

でしょう。

一般カードとゴールドカードで受けることができるサービスは下記のようになっています。

特典内容 サービス詳細
空港ラウンジサービス 全国28空港39カ所の空港ラウンジを無料で使用することができます。
手荷物無料宅配サービス 出国時、帰国時にスーツケース1つを、通常利用往復3,000円〜4,000円のところ、無料で空港や自宅へ宅配してくれます。
空港パーキング 空港周辺のパーキングエリアを最大40%offで使用することができます。
無料ポーターサービス 空港の駅から登場口まで、到着口から空港の駅までなど、荷物を運ぶ際に専属のスタッフが運んでくれます。
空港クロークサービス 出発時間までサービスカウンターに荷物を無料で預けてゆったりと過ごすことができます。
エアポート・ミール 空港のレストランで利用できる1,000円割引クーポンを貰うことができます。
海外トラベルサポート 海外でトラブルが起こった時に、24時間、365日体制で通話料無料のトラベルデスクのサポートを受けることができます。

仕事の際は出張で、プライベートの場合は旅行で、それぞれのサービスが空港の利用を更に快適にしてくれます。

この中でも特筆するべきは

  • 空港ラウンジサービス
  • 海外トラベルサポート

の2つでしょう。

空港ラウンジサービスでは、全国28空港39カ所の空港ラウンジを無料で利用することができます。ビジネスカード利用している方であれば、空港でもパソコン作業をしたい方や、混雑した待ち合い場所では安らげない人も多いでしょう。

そんな時に無料ドリンクや、フカフカのソファーでゆったりと、飛行機が出発するまでの時間を過ごすことができます。

カードの提示で利用できる空港は下記の通りです。

アメックスビジネスカードの使用可能空港ラウンジ一覧(クリックで開きます)

ビジネスマンにとってちょっとした隙間時間でも、自分の体調管理や休憩、パソコンでのメールチェックなど、貴重な時間になります。飛行機が出発するまでの時間を修学旅行生や外国人で混雑した一般の待ち合い場所で過ごすより、快適なラウンジで過ごせるメリットは金額以上に精神的なメリットを得ることができます。

 

そしてもう1つの「オーバーシーズ・アシスト」ですが、普通のアメックスカードではゴールドカード以上でしか受けることができないサービスをビジネスカードでは一般カードから受けることができます!

海外で何か分からないことや緊急事態が発生した場合に、24時間365日、通話料無料で問い合わせることができる、いわば『全世界どこからでもサポートしてくれる専用の秘書』のような存在のサービスで、秘書のいない個人事業主の方や法人役員の方にとっては人件費無料で受けられる嬉しいサービスです!

対応してくれる内容の一覧は下記の通りです。

・航空券の予約、発券、予約の再確認、変更
・ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取消
・レンタカー・現地ツアー・レストラン・ゴルフコース・各種チケットの案内、予約、取り消し
・カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
・電話による簡単な通訳サービス
(業務の場合を除きます。)
・通訳派遣のアレンジメント
・健康電話相談、医師、歯科医、病院、弁護士の紹介

これらのサービスを本会員、本会員の家族、追加カード会員が受けることができます。

更にオーバーシーズアシストでは、『緊急支援サービス』というサービスが付帯しており

  • 24時間電話医療相談
  • 病院の予約・入院手配
  • 簡単な通訳サービス
  • 帰国手配サービス
  • 上限5,000USドル立替え資金援助サービス

などの手厚いサポートを受けることができるため、付き添い無しで海外などに出張に行かれる事業主の方には、もはや専属の従業員を連れて行っているかのようなサービスです!

また、ゴールドカードのみ限定で受けられるサービスとしては、『エアポート送迎サービス』があり、出発時、帰国時に会員専用タクシーを格安料金で利用できるサービスが付帯しています。

プロテクションの優待特典

アメックスビジネスカードに付帯しているプロテクションは下記の4つがあります。

種類 サービス内容 備考
ショッピング・
プロテクション
カードで購入した商品について、破損・盗難などがあった場合に補償してくれる。 ・年間限度額500万円
・自己負担1万円
・購入から90日以内
リターン・
プロテクション
国内・海外問わず、カードで購入した商品の返品について、購入店舗が受け付けてくれない場合、購入から90日以内であればカードが補償してくれる。 ・年間限度額15万円
・一商品3万円まで
・購入から90日以内
・商品が正常に機能するもの
・対象外商品あり
※動物、セール品、家など
キャンセル・
プロテクション
カードで支払った旅行・コンサートなどのイベントを対象に、急遽行けなくなった場合などのキャンセル料をカードが補償してくれる。 ・カード会員は
年間10万円まで
・カードの家族は
3万円まで
・自己負担1,000円または
キャンセル料の10%
オンライン・
プロテクション
心当たりの無いインターネット上でのカード利用について全額補償してくれる。

上記の内、キャンセルプロテクションのみゴールドカード会員が利用できるサービスとなっています。キャンセルプロテクションでは下記のサービスについて補償が適用されます。

  • 国内旅行契約、海外旅行契約に基づくサービス
  • 旅館、ホテル等の宿泊施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 航空機、船舶、鉄道、自動車等による旅客の輸送
  • 宴会、パーティの用に供する施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 運動、教養等の趣味の指導、教授または施設の提供
  • 演劇、音楽、美術、映画等の公演、上映、展示、興行

名目上では「旅行・イベント」ですが、カードを利用して予約した出張の航空券や、お付き合いのためのパーティー費用など、各種業務でも急なキャンセルが有り得るものにまで補償が付帯しているので

「怪我で入院をしてしまって海外出張に行けなくなった」
「風邪で地方出張に行けなくなった」
「子供が熱を出して、企業のイベントに出席できなくなった」

などという場合にも無駄なお金を払うこと無くプロテクションの補償を受けることができます。

もちろん業務上でも利用できますが、プライベートでの旅行・イベントの際もこのサービスは利用することができるので、仕事、プライベート両方の視点から見ても非常に安心してカードを利用できるサービスです。

エンターテイメント・ショッピング・その他

アメックスビジネスカードに付帯しているエンタメ系、ショッピング系のサービスは下記の通りです。
種類 サービス内容
アメリカン・エキスプレス・セレクト 国内外の100以上の地域で食事・宿泊・買い物で会員優待割引を利用することができます。
ゴールド・ワインクラブ カード会員専用で入手困難な希少価値の高いワインを購入することができます。
コットンクラブ 東京丸の内にある「コットンクラブ」にて有名アーティストのライブなどの予約を優先的に予約できたり、利用の際にドリンクサービスなどの優待を受けることができます。
新国立劇場 オペラ・演劇・バレエなどの舞台が開催される新国立劇場で、チケットなどを優先的に予約することができます。
ゴルフ関連サービス 有名なゴルフ場、会員制のゴルフ場などのコース予約を電話一本で行なうことができます。また、コースによっては割引サービスを受けることができます。
アメックスカードでは上記のように、
  • 食事
  • 宿泊
  • イベント
  • アクティビティ
などについてのカード会員特典サービスが豊富にあります。
  • ゴールド・ワインクラブ
  • コットンクラブ
  • 新国立劇場
  • ゴルフ関連サービス

はゴールドカード会員限定のサービスで、カードのランクが高いほどエンタメ系、ショッピング系のサービスは充実していきます。

「業務上の為にカードを発行するので遊びの際にカードを利用するのは気が引ける」という方もいると思いますが、利用した明細は一括で管理できるので、経費で落ちるもの、落ちないものは一発で判断することができ、「出費をまとめる」という点ではいちいちレシートや明細書を保管しておかなくて良いので、かなりの手間が省けます。

⑤アメックスビジネスカードの独自特典で比較

カード種類 アメックス
ビジネスカード
アメックスビジネス
ゴールドカード
カード年会費は経費計上
四半期管理レポート
カードご利用代金明細書サービス
ビジネス・セービング
ビジネス・コンサルティング・サービス
ヘルスケア無料電話相談
ライフサポート「クラブオフ」
ビジネス情報サービス
「ジー・サーチ」年会費無料
「ビジネス情報調査代行サービス」年間登録料無料
ミーティング・スクエアの利用
ビジネス・ダイニング
by ぐるなび
ビジネス・カード
会員様限定イベント
アメリカン・エキスプレス
JALオンライン

次にアメックスビジネスカードの最大の特徴の特典についてですが、普通のアメックスカードと違い、個人事業主の方や、法人格の方に向けて作られたカードなので、その分ビジネスをサポートするようなサービスが充実しています。

年会費は経費として計上可能!

まず、アメックスビジネスカードの発行は個人事業主と法人の方に限られているので、カード自体の年会費が経費として計上することができます!つまり、事業を行なっている方であれば、普通のアメックスカードを発行して年会費を支払うより、経費で支払えるアメックスビジネスカードを発行した方が、節税対策などの1つとして年会費を利用できることになります。

アメックスカードの年会費は他のクレジットカードの年会費より高くなっているので嬉しいサービスです。

その他、アメックスビジネスカードとゴールドカードで利用できる共通の独自サービスは下記のようになっています。

四半期管理レポート 3ヶ月ごとの利用記録を会員別・業種別に集計してご報告。ムダな経費のチェック、コストカットの明確化が計れます。
カード利用代金明細書サービス 利用金額や店名、業種を日付順に記載した明細書を、ビジネスカードをお持ちの社員さまごとに毎月発行。
ビジネス・セービング ビジネスに役立つ幅広い業種のサービスを、割引などの特典とともにご利用いただけます。
ビジネス・
コンサルティング・サービス
株式会社 船井総合研究所によるビジネスコンサルティングを会員価格で利用することができます。
ビジネス情報サービス
「ジー・サーチ」年会費無料
入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、人物情報など日本最大級のビジネス情報を年会費無料で利用でき、市場の動向をサーチすることができます。
「ビジネス情報調査代行サービス」
年間登録料無料
国内外の企業について与信概要情報調査、信用情報調査、企業スクリーニングなどの情報をまとめて提供してもらえる、通常年会費50,000円が発生するサービスを無料で利用することができます。

会社の経費をまとめて「見える化」!

上記のサービスの中で、どの企業にも役に立つサービスは『カード利用代金明細書サービス』です。使いカードを発行して社員が利用している経費を全て1つにまとめて「見える化」することができるので、いちいち領収書の提出を求めたり、立て替えて貰って後日お金を渡すなどの手間のかかる作業を行なう必要がなくなります。

「(経費で落としたいけど、時間が立ってしまって言い辛い…)」
「(この前の経費、建て替えたけど社長が何も言って来ないからこちらから言うしかないのか…)」
「(領収書を沢山出してくるけど、本当に必要経費なんだろうか…?)」

などの会社という上下関係のある場所で起こりがちな「言いたいけど言えない」ということがハッキリと明細として1枚にまとめられるので、社内での意思疎通がスムーズになり無駄なフラストレーションをゼロにすることができます!

業務業利用するサービスのコストカット!

もう1つ特筆するべきは『ビジネス・セービング』というサービスで、社員や自身がビジネスを行なう上で必要になる経費を削減できる様々なサービスが提供されています。2017年8月現在、ビジネス・セービングで利用できる特典は下記のようになっています。

加盟店 優待特典内容
宿泊・ショッピング・ダイニング
・JRホテルグループ
・東急ホテル
・ウェスティンホテル
・ホテルオークラ
など100件以上の施設
優待料金または最大78%割引で利用可能
SELECTS ダイニング 国内200以上のレストランで最大20%割引のご優待を受けられる、会員だけのご優待プログラム
・ANAインター
コンチネンタルホテル
・ANAクラウン
プラザホテル
・ウェスティンホテル
・帝国ホテル
・各料理店
など100件以上のダイニング
食事代金の10%〜20%を割引
配送・車
・オリックス自動車
・西濃運輸
・ソクハイ
・ハーツレンタカー
・ヤマトホームコンビニエンス
など
各種サービスを10〜30%割引
オフィス
・Yahoo!リスティング広告
・ベルシステム24
・ダイヤモンド社
・プレジデント社
利用料金、会費などを会員価格で利用可能

上記のように、ビジネスの出張・接待・業務に必要なサービスについて各種割引がされます。

これらのサービスを個人で受けるとしてもさほどメリットはありませんが、日常的に仕事で利用する方にとっては、場合によって毎日利用する方もいるでしょう。その場合、年間で考えると大幅なコストカットができるサービスです。

ゴールド会員限定のビジネスサービス!

ゴールド会員限定で受けることができるサービスは下記の通りです。

  • ミーティング・スクエアの利用
  • ビジネス・ダイニングby ぐるなび
  • ビジネス・カード会員様限定イベント
  • アメリカン・エキスプレスJALオンライン
ミーティング・スクウェアの利用

アメックスビジネスゴールドカード会員専用のラウンジとして国内でも最高峰とされるホテル「帝国ホテル」のビジネスラウンジを利用することができます。

会員登録制で月会費21,600円(税込)で1日1回、最大2時間まで利用可能です。日割り計算すると1日720円で、このクオリティで720円は驚愕の値段でしょう。

この帝国ホテルのビジネスラウンジは一般の方は会員登録することができません!アメックスカード会員の中でもゴールドカードとプラチナカードを持っている方に完全限定とされているサービスです!

そのため
「料金が安いけど周りがうるさい…」
「予約が殺到していて中々商談用の部屋が取れない…」
「貸しスペースの管理人がいい加減でサービスが悪い…」

などのストレスは一切なく、最高峰の帝国ホテルで気持ちよくラウンジを使用することができます。

その他のベネフィットとしては下記のようなものがあります。

【帝国ホテル「ミーティング・スクエア」のベネフィット】
・同伴者1名まで無料
・ホットコーヒー、緑茶、紅茶、ミネラルウォーター無料
・Wi-Fi無料
・各種新聞/雑誌の無料貸出
・帝国ホテルのルームサービス(有料)

同伴者2名からは追加料金が必要で、一度に利用できる人数は3名までですが、商談などの大事な話の際には、ひと味違うラウンジで行なうことであなた自身の信用や印象も全く違うものになるでしょう。

ビジネス・ダイニングby ぐるなび

こちらもゴールドカード以上の会員限定のサービスで、例えば

「京都に出張で来てるのですが、接待で質のいいお店を予約したい」といった相談を専門のコンシェルジュに頼めば、予算、人数、場所を考慮して最善の選択肢を提案してくれます。

自分でちまちまと時間をかけて探す必要がなく、折り返しの電話で相談内容に見合う提案をしてくれます。慣れない土地や場所決めでの時間節約にもなり、様々なビジネスシーンで利用できるサービスです。

ビジネス・カード会員様限定イベント

2017年からビジネスゴールドカード会員限定のイベントが開催されるようになり、次のイベント開催は8月に決定しています。

今後も、グルメ、コンサート、お寺・博物館、ファッション、スイミングなど多様なイベントの開催が予定されており、有名歌手の会員限定コンサートなど会員限定イベントも充実しています。

これらの情報はゴールドカード会員限定でメルマガや利用明細と一緒に会報誌として送られてきます。

「ビジネスに関係ない娯楽ならあまり必要ないな」と思うかもしれませんが、ビジネスゴールドカード限定というところが肝で、参加される方も同じカードを持った会員です。

つまり、法人などの事業主の集まりなので、必然的にビジネスチャンスの宝庫とも言えるイベントになることは間違いないでしょう。

新しいアイデアや視点が見つかる娯楽以上のメリットがあるサービスです。

アメリカン・エキスプレスJALオンライン

JALのオンラインサービスで、24時間365日いつでもどこでも国内線の予約、発券が可能な法人向けのインターネット予約サービスです。ゴールドカード会員限定のサービスで、使用料や年会費は0円で登録することができます!

このサービスに登録すると全国の「サクララウンジ」を利用できるクーポンが5枚発券されます。通常の空港ラウンジとは違い

  • アルコールが無料で飲み放題
  • おつまみ、軽食がバイキング形式
  • シャワーやマッサージチェアの設置

など、最高級の空間でくつろぐことができます。

サクララウンジが設置されている空港は下記の通りです。

・新千歳空港
・青森空港
・仙台空港
・羽田空港
・成田空港
・小松空港
・中部空港
・伊丹空港
・関西空港
・岡山空港
・広島空港
・松山空港
・福岡空港
・熊本空港
・宮崎空港
・鹿児島空港
・那覇空港

アメックスビジネスカードに付帯している通常の空港ラウンジと一緒に、出張や旅行の際に上質な空間でリラックスできるサービスで、「JALオンライン」に登録するだけで利用できるメリットしか無いサービスです。

アメックスビジネスゴールドカードだけの優待特典

アメックスビジネスカードのゴールドカードだけの特典としては、まとめるとか下記のようになります。

【アメックスビジネスゴールドカードの優れている点】
・海外旅行保険が最大1億円
・自動付帯の海外旅行傷害保険、最大5,000万円
・海外旅行傷害保険の家族特約の内容充実
・航空便遅延費用補償(国内)が付帯
・帝国ホテル東京のビジネスラウンジが利用可能
・東京駅からの手荷物宅配サービス(当日)
・ビジネス・ダイニング by ぐるなびサービス
・アメリカン・エキスプレス JALオンライン
・キャンセル・プロテクション
・ヘルスケア無料電話相談
・ゴールド・ワインクラブ
・京都観光ラウンジ
・エアポート送迎サービス
・コットンクラブ
・新国立劇場
・情報誌(IMPRESSION GOLD)

上記はゴールドカード会員だけの特典で、アメックスビジネスカードには付帯していません。一番大きな違いは旅行保険に『自動付帯』がついていることでしょう。「カードを持っているだけで特典の効果が発揮される」というサービスで、万が一の際には非常にありがたいサービスです。

その他のサービスを総合して考えると、「有能な秘書をプライベートでも仕事でも使える」といったイメージです。

  • 保険、補償
  • 国内・海外旅行サポート
  • グルメ
  • ビジネス
  • エンタメ

それぞれのプロフェッショナルが、カード会員専用のコンシェルジュとして日常生活や業務をサポートしてくれることと同等のサービスを受けることができます。

アメックスビジネスカードとゴールドカードの年会費の差は19,000円ですが、額面だけでみれば「カードのために19,000円か…」と思うかもしれません。しかし、「有能でプロフェッショナルな秘書を一ヶ月19,000円で雇えるか?」と考えると、人件費で19,000円に抑えることは難しいでしょう。

恐らく国内・海外でも適応できる人材を1人雇えば、人件費だけで月400,000〜500,000円必要になってきます。そう考えるとゴールドカードにするメリットは十分にあります!

 

3.年会費を払ってアメックスビジネスカードゴールドカードにする価値あるのか?

年会費だけの価値が本当にあるのか?を知るためには、様々な視点から見ることが必要です。

例えばビジネスカードは事業主の方が発行できるカードなので、発行する方は必然的に「社長」となることが多いでしょう。この記事を読んでいただいている方も恐らく何かしら事業を行なっている方だと思います。

事業主の方であれば、お金より大切なモノが『時間』です。

事業主であれば時給制ではなく、実質能力給といっても過言ではないでしょう。つまり、事業を経営し、アイデア、商談、打ち合わせなどに使う時間がイコールでお金に変化していきます。

そう考えるとゴールドカードで得られるメリットは年間33,480円、月間2,790円の価値があるのか?という計算になってきます。

前述しましたが、様々なジャンルを網羅した優秀な秘書1人を雇うと考えてください。その秘書の月給が2,790円だとしたら、安いか高いか?はすぐに判断できると思います。

カードサービスの他の目に見えないメリット

事業を行なっている方であれば、取引相手の方との間で最も大切になるのは『信用』ではないでしょうか?

例えば、商談やお付き合いの際に、カードで支払う場合、デパートで発行されているようなカードで支払った場合と、アメックスゴールドカードで支払った場合の相手の印象はどうでしょうか?

アメックスカードはもともと世界中の富裕層向けに発行されていたカードです。昔は医者や弁護士などの決められた地位の人しか持つことができませんでした。

そのため、「アメックスゴールドカードを持っている」ということは世界中どこにいても、それだけで信用を得られるステータスカードとして機能します。

つまり、アメックスのゴールドカードを持つことはあなたがそれだけの価値があることを暗に示す手段ともなります。そう考えると年会費を支払って持つ価値は十分にあるでしょう。

4.最後のまとめ

いかがでしたでしょうか。

ビジネス界では有名ですが、『パレートの法則』という別名『8:2の法則』という法則があります。よく「ビジネス業務のうち、利益に繋がっているのは2割りのみで、残りの8割は無駄な時間だ」と言われています。

経営をしていると、夢中になってしまい、全てのことが重要に感じてしまうことが多くなり、結果的に無駄な作業が山積みになっていることがあります。

そのような業務を1つずつ調べ、効率化を図れるのがアメックスビジネスカードです。

  • 経費の計上業務
  • 従業員の管理
  • 会食場所の予約・確保
  • 旅行のコンシェルジュ

など、様々な業務を全てカードのサービスに任せることができ、人件費や業務のコストカットや自分の時間を作るといった莫大なメリットが含まれたカードです。

早めに導入すればするほど時間と共に企業の利益も自分の時間も増えていくでしょう。

【アメックスカード特集】総合人気ランキング
ゴールドカード人気No.1!超定番の最強カード

▶アメックスゴールドカード

年会費:29000円+税
デザインかっこいい定番アメックスカード!

▶アメックスグリーンカード

年会費:12000円+税
高級ホテルの無料宿泊券を毎年もらえる!

▶スターウッド プリファードゲスト アメックスカード

年会費:31000円+税
デルタ航空のゴールドメダリオンになれる!

▶デルタスカイマイル アメックスカード

年会費:12000円+税
【アメックスカード特集】マイルが貯まるアメックスカード
デルタ航空のゴールドメダリオンになれる!

▶デルタスカイマイル アメックスカード

年会費:12000円+税
マイル還元率1.5%と最強クラス!

▶マイレージプラス・セゾンカード

年会費:1500円+税
高級ホテルの無料宿泊券を毎年もらえる!

▶スターウッド プリファードゲスト アメックスカード

年会費:31000円+税
ANAマイルが貯まりやすい!

▶ANAアメックスカード

年会費:7000円+税
【アメックスカード特集】年会費が安い!セゾンアメックスカードの種類


▶セゾンパール・アメックスカード

年会費:実質無料

▶セゾンブルー・アメックスカード

年会費:実質無料

▶セゾンゴールド・アメックスカード

年会費:10000円+税

▶セゾンプラチナ・アメックスカード
年会費:20000円+税
 
【アメックスカード特集】アメックスカードの知恵袋
 
絶対に損しないアメックスグリーンとゴールドの正しい選び方【完全保存版】
絶対に後悔しないアメックスゴールドとダイナースの正しい選び方
アメックスグリーンとゴールドどんな違いがあるか徹底比較
アメックスゴールドとプラチナの特典ヤバい!得られるメリット
アメックスゴールドじゃなくグリーンを申し込んだ10名にインタビューした結果
 
  アメックスゴールドの限度額は300万円?1000万円の支払いもできる?
アメックスゴールドとプラチナのインビテーション審査に必要な年収いくら?
アメックスのグリーンカードの審査基準は厳しい?年収いくら必要?
  アメックスのゴールドカードとプラチナカードの審査基準は?年収いくら必要?
 

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い