毎日電車やバスで通勤されている方にとって、定期代は馬鹿にならない額になりますよね。

そこで、電車やバスの定期をクレジットカードで購入できるのか、ご紹介します。

クレジットカード支払いにした方がオトクになりますよ!


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

電車やバスの定期代はクレジットカード支払いできる?できる場合とできない場合がある?

電車やバスの具体例として、JR(電車)、東京メトロ(地下鉄)、新幹線を挙げて、実際に定期券をクレジットカードで購入できるのか、ご紹介します。

電車(JR)の場合

通勤手段としてJRを利用している人は多いのではないでしょうか。そこで、JRの定期代をクレジットカードで支払うことができるのか、まとめてみました。

  みどりの窓口 指定席券売機
JR北海道(Kitaca) 現金・カード 現金(カード不明)
JR東日本(Suica) 現金・カード 現金・カード(+多機能券売機)
JR東海(TOICA) 現金・カード 現金・カード
JR西日本(ICOCA) 現金・カード 現金(定期券自動発行機)
JR四国(ICOCA) 現金 なし
JR九州(SUGOCA) 現金・カード なし

 

JR北海道(Kitaca)では、「みどりの窓口」で、現金かクレジットカードで購入することができます。ちなみに、乗車券・特急券・定期券等の他に、特急定期券「かよエール」等もクレジットカードで購入できます。指定席券売機でもKitaca定期券を購入することができますが、クレジットカード使用が可能であることは記載されていませんでした。

JR東日本(Suica)では、「指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口」で、現金かクレジットカードでの購入が可能です。初回のSuica定期券購入、または磁気定期券からの初回変更時には、預り金(デポジット)500円が必要です。預り金(デポジット)はカード返却時に返金されます。

JR東海(TOICA)では、「指定席券売機、みどりの窓口」において、現金かクレジットカードで購入できます。ちなみに、「近距離きっぷ券売機」ではクレジットカードを使用できませんので、注意が必要です。

JR西日本(ICOCA)では、「定期券自動発行機」では現金で、「みどりの窓口」では現金かクレジットカードで購入できます。

JR四国(ICOCA)では、「みどりの窓口」では現金で購入できます。クレジットカードを利用可能かはホームページには載っていなく、直接問い合わせてもわかりませんでした。

JR九州(SUGOCA)では、「みどりの窓口」で、現金かクレジットカードで購入することができます。新規購入の際には、定期運賃とデポジット(500円)が必要となります。

地下鉄(東京メトロ)の場合

地下鉄として代表的なのは、東京にある東京メトロですよね。そこでの定期券の購入にクレジットカードが利用できるのか、ご紹介します。

東京メトロ(PASMO)では、「定期券うりば、多機能券売機」で、現金かクレジットカードを利用できます。クレジットカード利用の際は、暗証番号が必要で、支払い回数は1回のみとなります。これが多機能券売機になります。

新幹線の場合

新幹線を通勤で利用している人は、定期代が最も高額になっているのではないでしょうか。そこで、新幹線の定期代をクレジットカード支払いできるのか調べてみました。

通勤用新幹線定期(FREX)、通学用新幹線定期(FREXパル)は、「定期券うりば」のある最寄り駅で、現金で購入することができます。また、最寄り駅に「みどりの窓口」があれば、クレジットカードでの購入もできます。ちなみに、新幹線のICカード定期を販売しているのはJR東日本だけです。また、JR東海では、新幹線定期は発売されていません。

 

電車・バスの定期代をクレジットカード払いに変更する3つのメリット

1つ目のメリットとして、クレジットカード支払いにすることで、ポイントが貯まることですよね。定期代となれば、金額が大きいので、貯まるポイントも多くなります

2つ目は、引き落とし日をまとめることができることです。その場で支払う必要がないので、現金を持ち歩く必要がありませんし、口座から直接引き落としてくれるので楽ですよね。

3つ目は、支払い管理が楽になることです。クレジットカード支払いをすれば、明細書が届くあるいはダウンロードできるので、いつ定期代を払ったか明確になります。そうすれば、お金の管理がわかりやすくなって、楽になりますよね。

 

電車・バスの定期代をクレジットカード払いに変更する方法

電車・バスの定期を購入する場合は、1ヶ月分や3ヶ月分などを一括で購入することになります。そのため、次回定期券を購入する際に、クレジットカード支払いにすれば大丈夫です。

JRでは利用開始日の14日前から購入することができます。みどりの窓口で購入する場合には、営業時間に気を付けましょう。主なみどりの窓口の営業時間は以下の通りです。

主要駅 みどりの窓口の営業時間
札幌(内勤事務室) 5:40~24:00
仙台 5:30~22:30
東京 5:30~23:00
名古屋 4:50~23:20
大阪 5:30~23:00
高松駅 4:20~23:00
博多駅 5:30~23:50

 

地下鉄(東京メトロ)の定期を購入する際は、定期券うりば、あるいは多機能券売機を利用します。定期券うりばの営業時間は、大体の駅が7:40~20:00(無休)になります。多機能券売機の営業時間は始発~終電です。

新幹線も初めての利用の場合、および継続して利用の場合のいずれも、利用開始日の14日前から発売されます。定期券うりばやみどりの窓口の営業時間を確認して購入しに行きましょう。主なみどりの窓口の営業時間は、上記の表と同様です。

 

クレジットカード支払いの注意点

クレジットカード支払いにするときに注意することがあります。

それは、クレジットカードのショッピング枠を超えないことです。

クレジットカードのショッピング枠をあまり大きく設定していない場合には、半年分の定期券を購入した場合などにショッピング枠に引っかかってしまうかもしれません。

そのため、専用のクレジットカードを発行しておくことがおすすめです。

 

毎月の支払いに登録するならこの3つの条件に該当するクレジットカードがおすすめ!

1つ目は、ポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードです。

クレジットカードのポイント還元率は1%が標準です。そのため、ポイント還元率が1.0%以上のカードを選びましょう。

2つ目は、年会費無料のクレジットカードです。

せっかく、定期代をクレジットカード支払いにしてポイントを貯めても、年会費にお金を取られてしまったらもったいないですよね。そのため、年会費無料のカードを探しましょう。

3つ目は、入会特典のあるクレジットカードです。

クレジットカードに新規入会する際に、商品券やポイントなどの何かしらの特典があるクレジットカードだと、よりオトクになりますよ。

 

電車・バスの定期代はクレジットカード支払いにするとオトクに!

電車やバスの具体例として、JR、東京メトロ、新幹線を挙げて、クレジットカード支払いができるのか、ご紹介しました。

結果として、ほとんどの定期代がクレジットカード支払いが可能でした。

そのため、今まで現金で定期代を支払っていた人は、クレジットカード支払いに変更してみてはいかがでしょうか?そのときに利用するクレジットカードとしては、ポイント還元率1.0%以上・年会費無料・入会特典あり、のものがおすすめです。

定期代は大きな金額になるので、クレジットカード支払いにして、オトクにポイントをゲットしましょう!


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い